Loading the page...

メンバー

鈴木重厚(Vo、Gt)

藤原美咲(Ba、Vo)

たけむらともひろ(Dr)

 

L→R

藤原美咲(Ba、Vo)たけむらともひろ(Dr)鈴木重厚(Vo、Gt)

そこに鳴る

 

KOGA RECORDSが放つニューカマー、そこに鳴るが物凄い。初全国流通作品「I'm NOT a pirolian

のリリースより先行して公開された「pirorhythm stabilizer~only your world~」のミュージックビデオで披露した3ピースとは思えない音像、テクニカルなギター&ベースのユニゾンタッピングやツーバスドラミングが各方面で話題沸騰。一躍シーンに躍り出た3人の圧倒的なセンスに裏付けられた突然変異的サウンドは時代を引率する可能性を大いに秘めている。鈴木重厚(Vo、Gt)、藤原美咲(Ba、Vo)たけむらともひろ(Dr)という3人のトライアングルが織り成す音楽が日本中で鳴る日もそう遠くないだろう。

 

 

 

Q.CDを再生した瞬間に襲いかかるようなタッピングのユニゾンに衝撃を受けました。

鈴木:あははは。狙い通りです(笑)。

 

Q.やっぱり(笑)。そこに鳴るはどうやって結成したバンドなのですか?

鈴木:僕とドラムは高校の先輩後輩で。

藤村:私はmixiで知り合いました。

鈴木:最初は凛として時雨のコピーバンドでした。

 

Q.では凛として時雨がみなさんのルーツ?

鈴木:そこは否定出来ないですね。でも楽器を始めたきっかけは亡くなった祖母で。僕は元々音楽がやりたかった訳じゃないんですよ。祖母は毎年誕生日に「何か買いな」ってお小遣いをくれていたんですけど、小5の誕生日に自分が亡くなるのを見越して予めプレゼントを用意しておいてくれて。それがギターだったんです。だから祖母が買ってくれなかったらバンドをやっていないと思います。

たけむら:僕もバンドにはあまり関心がなく最初はKinki Kidsが好きでした。その後、高校の軽音楽部でベースを始めたんですけど部活にドラマーが少なくてパートチェンジしたんです。

藤村:私は小学生の頃に聴いたBUMP OF CHICKENに衝撃を受けてギターを始めました。中学の頃はギターでバンドをやっていたんですけど、凛として時雨にハマって、mixiを見ていたら凛として時雨のコピーバンドがベースを募集していたのでギターからベースに変わったんです。

 

Q.なるほど。そこに鳴るというバンド名の由来は?

鈴木:それが特に深い意味はなくて。

藤村:聴いてくれた人それぞれの解釈で意味を付けてもらえば良いかなって。

鈴木:「そこ」って抽象的な言葉かと思われます。ゆえに様々な解釈があるのではと思われます。

 

Q.楽曲の構成やメロディーからはアニメソングやメタルのような様式美も感じたのですが。

鈴木:所謂「良いメロディー」って主観的に作ることって不可能だと思うんですよ。だから僕は客観的にメロディーの善し悪しの基準を設けようと思った。その基準となるのがアニソンなんですよね。

 

Q.なるほど。ギターとベースのユニゾンタッピングだったりドラムのツーバスだったり、各パートがせめぎ合いながらも凄くシンプルに聴こえるのはメロディーの良さだと思います。

鈴木:そこは目指していることなので嬉しいです。これまで色んな人に「何をしたいか分からない」って散々言われてきたので(笑)。良いって言ってくれたのはレーベルの古閑さんが初めてでした(笑)。

 

Q.今作には「I’m NOT a pirolian」と名付けられていますが、ピロリアンというのは?

鈴木:ピロピロしている人達ですね(笑)。僕らはタッピングとかやっていますけど本物のメタラーに比べたら全然ピロピロしてないと思うんですよ。なんちゃってピロピロなんです(笑)。

 

Q.あれだけアルバム冒頭からピロピロしておいて(笑)。

鈴木:そうなんですけどね(笑)。でも「もっとピロピロしてるバンドいるよ」っていう皮肉も込めているのかも…って今思い付きました(笑)。

 

Q.それでもM-1「pirorhythm stabilizer~only your world~」のイントロに衝撃を受ける人は多いと思いますよ。

鈴木:引っ掛かりにはなりますよね。3rd demoに入っている「6月の戦争」という曲でギターとベースのユニゾンでタッピングをしたんですよ。それが凄くうけたのでイントロからやったらインパクトあるだろうなって。

 

Q.はい。思わず笑ってしまいましたから。

鈴木:それですよ。意表をつきたいし、笑いを取りにいきたいんです。音楽は人を笑顔にするべきだと思っているので。あのイントロも楽器をやっている人こそ笑えるはずだし。「馬鹿だな」って(笑)。

 

Q.M-5「さらば浮世写し絵の如く」からは和の要素も感じました。

藤村:この曲は以前無料配布していたんですけどそれがきっかけでバンドを知ってくれた人もいて。歌詞もメロディーも和をイメージしていますね。

鈴木:笑いながら歌詞を書きました(笑)。

藤村:以前の音源を持っている人は変化や成長も感じて頂けるかと。

たけむら:「pirorhythm stabilizer~only your world~」と「さらば浮世写し絵の如く」はルーパーを使っているんですけど、この2曲が出来てバンドの雰囲気が変わったんですよ。ある意味転期になった曲だと思っています。

 

Q.今作はこれまでの集大成でもあると思うのですが今後のヴィジョンは何かありますか?

鈴木:長くなってもいいですか?僕、バイク好きの友達がいるんですけど、昔彼は丸いライトのバイクに乗っていて。でも段々ライトの好みの形が変わっていって「昔の自分が丸いライトをかっこいいとか言っていた意味が分からん」って言うんです。音楽も一緒で、J-POPから入る人が多いと思うんですけどマニアックなものを聴くようになるとJ-POPを好まなくなる人っているじゃないですか。でも僕は最初に好きになった気持ちを忘れたくないんですよね。それより、J-POPを聴いている人がバンドに興味を持つきっかけとなるような存在になりたいんです。ELTばっかり聴いていた僕が凛として時雨を聴いて変わったように。そういうバンドに僕らもなれたらなって思っています。

バンド名:そこに鳴る

タイトル:I'm NOT a pirolian

4月8日(水)発売

KOCA-84 / 1,315円(+税)

 

 

http://sokoninaru.com/

【そこに鳴る I’m NOT a pirolian リリースツアー】

2015.5.27(wed)仙台 enn2nd

2015.5.28(thu)熊谷HEAVEN'S ROCK

2015.6.3(wed)新潟CLUB RIVERST

2015.6.4(thu)松本ALECX w/午前四時、朝焼けにツキ

2015.6.19(fri)京都MOJO

2015.6.20(sat)大阪2nd Line

2015.6.21(sun)岡山CRAZY MAMA 2nd room

2015.6.23(tue)神戸Star Club w/NECOKICKS / Bentham

2015.7.5(sun)下北沢SHELTER

2015.7.10(fri)名古屋UPSET

…and more! 詳細はオフィシャルサイトにて

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>