Loading the page...

蒼山幸子(Vo、Key)

沙田瑞紀(Gt)

藤咲佑(Ba)

澤村小夜子(Dr)

ねごと

 

ねごとが「5」から約2年振りとなるフル・アルバム「VISION」を完成させた。メンバー全員が作詞を手掛けるなど個々の個性を発揮したミニアルバム「“Z”OOM」を経てリリースされるセルフ・プロデュースによる今作は、バンドとして鳴らしたい音を自らの手で掴みとった意欲作となっている。結成時、学生だった彼女達は環境の変化とともに音楽との向き合い方も変わり、それが楽曲や活動の大きな進化をもたらしたという。その結果彼女達が辿り着いた音楽は自由を手に入れ活き活きとした生命力を感じる楽曲たちだった。今作「VISION」について話を訊く。

 

 

 

Q.今作、間違いなくねごと史上最高傑作ですね。

蒼山:嬉しいです。自分達でも自信作だなって、胸を張って言えるアルバムになりました。

 

Q.アルバムとしては「5」から2年振りのリリースですがこの期間はバンドにとってどのような期間でした?

蒼山:成長期であり、挑戦期でしたね。

澤村:ライブも沢山やったし、バンドとして凄く成長したよね。

沙田:色んなものをインプットしてアウトプットしてきた期間でした。それがバンドを固めていったと思う。

蒼山:「5」を出した頃は学生だったので、そこから抜け出して自由な時間や寝る時間も増えたことで心に余裕が出来たのも大きくて。

 

Q.環境の変化がバンドに与えた影響は大きい?

蒼山:大きいですね。時間が出来たことで、じっくり音楽と向き合えるのがこんなに幸せなことなんだなって実感しました。だから何をやるにしても前向きなんですよ。ねごとはライブバンドとしてしっかりやっていきたい気持ちが強いのでライブを沢山やることで自信にも繋がりました。それにライブを沢山やると曲作りやレコーディングにも反映されるんですよね。そういう波が「“Z”OOM」くらいから予兆としてあって。それが凄く楽しいんです。「楽しい」って音楽をやる上で凄く大切だなって思うんですよ。勿論、悩みながら音楽を生み出すことも大事だけど、今はそれよりもこみ上げてくる楽しい気持ちやエネルギーを形にしたいなって。

 

Q.でもそういう気持ちに辿り着くまでには色んな葛藤もあったと思うんです。でもM-5「シンクロマニカ」を聴いて、ねごとはその葛藤の先に答えを見出したなって。

蒼山:そうなんです。「5」を制作していた頃は凄くもがいていて。「ねごとらしさって何だろう」っていう答えが中々出なくて衝突したり、色んな挑戦もしたけど目の前が見えなかったり。その暗闇を突き抜けたいと思って作ったのが「シンクロマニカ」だったんです。この曲が出来たことでバンドを進めていく覚悟も高まりました。

 

Q.バンドの転期になった曲だと。

蒼山:はい。見えない壁を打ち破った曲ですね。音楽が楽しいってことを再確認出来たから自信にも繋がったし。

 

Q.まさに「“Z”OOM

はそういう作品でしたよね。メンバー個々がそれぞれのやり方で音楽を楽しんでいるのが凄く伝わりました。

澤村:メンバーそれぞれが面白いと思うことをやろうって。それで全員が歌詞にも挑戦したり。

沙田:それまではじっくり作る作業って中々なかったんです。学生とバンドの両立をしていたので考える時間がなかった。でも時間に余裕が出来てしっかり音楽と向き合えるようになったことで今の私達がやりたいことをやろうって思えるようになったんです。

 

Q.それは今作「VISION」に繋がっていますね。

藤咲:「“Z”OOM

がなかったら今回のアルバムは出来なかったんじゃないかな。「“Z”OOM

で「私達はこれだ!」っていうものを確信したので。だから今回の制作は制約を設けないで自分達から出てきたものを素直に形にしようっていうところからスタート出来たんです。

澤村:それが今のヴィジョンだよね。

蒼山: 曲を作る中で「こうじゃなきゃいけない」「こういう歌詞じゃなきゃいけない」っていう制約をなくしたんです。OKラインを良い意味で下げたというか。そういう意味では凄く自由になったのかもしれない。

沙田:試行錯誤の末にね。

 

Q.M-2「アンモナイト!」M-11「黄昏のラプソディ」のようなストレートなラブソングをシングルでリリースしたことからもバンドの挑戦心と自由さ、あと自信を感じます。「今これがやりたいんだもん!」っていう。

澤村:やりたいんだもん(笑)。

蒼山:かわいい。(一同爆笑)

藤咲:でも本当にその通りで、恋をテーマに歌詞を書くのが初めての試みだったんですよね。それまではどういう風にもとれる歌詞でぼかしてきたので。でも今はストレートに惜し気もなく歌えるようになったんです。

 

Q.それはバンドの地盤が固まったことも作用しているのでは?

藤咲:本当にそう思います。

澤村:だからこそ胸を張って自信作と言えるアルバムが出来たんだなって。メンバーそれぞれというより、ねごととして1曲1曲に向かっていけたし、バンドとしての音楽愛がアルバムを聴いてもらえれば伝わる作品になったと思うんです。

 

Q.制作段階でこういうアルバムになることは想像していましたか?

澤村:ヴィジョンとしてはありましたね。

沙田:「“Z”OOM

を作る段階で、今までよりもっとナチュラルに溢れ出るものを曲にして、生きた心地のする生命力のあるアルバムになったらいいなっていうヴィジョンはありました。そうやって作業していく中で完成したものに「VISION」と名付けたんです。

 

Q.え?タイトルを付けたのはアルバムが完成してからなのですか?

沙田:そうなんですよ。このアルバムが出来て「もっと先を見たいな」っていう未来へのヴィジョンが見えたんですよ。それはアルバムが出来た後に感じたことだったので。

 

Q.なるほど。次のヴィジョンに繋がるようなM-13「憧憬」でアルバムが終わるのも納得です。

沙田:はい。未来に繋がっていくイメージですね。

 

Q.この曲の他にもM-1「未来航路」、M-12「Time machine」と未来がテーマになっている曲が多いのも今作の特色かと。

蒼山:気付いたらそうなっていましたね。無意識に未来に向かっているんだなって。

澤村:そういうモードなんだろうね。ライブが楽しくて、レコーディングも順調に進んで、っていう勢いがバンドのムードを先に進めていったのかも。

 

Q.そういう勢いはM-7「GREAT CITY KIDS」に如実に表れていますね。

蒼山:「GREAT CITY KIDS」は唯一スタジオでセッションして作った曲なんですよ。

沙田: 久しぶりにセッションで作ったよね。

蒼山:こういう作り方も初期はやっていて。結果的にすごく自然に歌う事が出来ました。

 

Q.初期っぽさでいえばM-6「コーラルブルー」は初めてねごとを聴いた頃を思い出すような曲でした。

澤村:そうなんですよ。この曲は演奏していても凄く楽しいです。

 

Q.恋する女の子の気持ちをロマンチックに歌ったM-10「ドリーミードライバー」は凄く可愛い曲ですね。

藤咲:今までだったら恥ずかしくてやれないと思います(笑)。でも「黄昏のラプソディ」や「アンモナイト!」が出来てストレートに歌うからこそ分かり易いんだなって思って。それで思いっきり恋の歌を書いたら未来が拓けるんじゃないかなって思って作りました。これも挑戦ですよね。

 

Q.様々な挑戦をした今作でバンドが得たものってありますか?

澤村:うーん。血と肉?

沙田:肉体的な生々しさとか。

澤村:あと「これでいこう」っていうひとつの軸が明確に出来たかな。それまでは悩んでいる時期もあったので。

藤咲:色んな場所でライブをしていく中で、例えばフェスとかに出ると音楽にノリを求めているお客さんが多い印象があって。だから私達もそこに寄せていかないといけないと思って意識した時期もありました。でも今は自分達らしく自分達のやりたい音楽をやれているし、「音楽に浸るのも楽しいよ」って自信を持って言えるようになったんです。

 

Q.胸を張って自分達のやりたい音楽をやれるようになったと。

蒼山:はい。何の縛りもいらないんだなって。 凄く誇れるアルバムが出来ました。

 

Q.その自信を秘めた今作を引っさげワンマンツアーも開催されますね。

澤村:ワンマンのツアーは初めてなんですよ。ワンマンって来てくれる人の人生の一夜がねごとの為の夜になるってことじゃないですか。なので遊びにきてくれる人が「幸せだな、来て良かったな」って思える瞬間を見せてあげたいなって思います。ねごとに時間を割いてくれる人に良い夢を見せてあげたいです。

沙田:音楽好きだけじゃなく、初めて音楽に触れるような人にも聴いて欲しいアルバムだし、「音楽って素晴らしいな」って思ってもらえるような橋渡しが出来たら嬉しい。その第一歩として「VISION」を聴いて欲しいし、その先にあるワンマンにも遊びに来て欲しいです。音楽で一緒に遊べたら良いな。

 

Q.ツアーで「VISION」がどう成長していくかも楽しみです。

蒼山:私達も凄く楽しみです。自分で言うのもなんですけど凄くキラキラしているアルバムなんですよ。まるで心に風が吹いたような、「前に進もう」とか「頑張ろう」って思える陽のエネルギーがあるアルバムなのでみんなに聴いて欲しいです。

藤咲:最高のアルバムなので聴いて欲しいんだもん(笑)。

澤村:だもん、出た!(笑)。

バンド名:ねごと

タイトル:VISION

【初回生産限定盤】【CD+DVD】

KSCL-2546~7

¥3,700(+税)

※デジパック仕様

【通常盤】【CD】

KSCL-2548

¥2,870(+税)

※初回仕様:LIVE & RECORDING フォトカレンダー封入

 

 

 

www.negoto.com

ねごと presents "お口ポカーン?!初の全国ワンマンツアー2015~VISIONは続くよどこまでも♪~"

3月24日(火)千葉LOOK

3月26日(木)栃木 HEAVEN'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2

3月28日(土)神戸 太陽と虎

3月30日(月)岡山 CRAZY MAMA 2nd Room

4月4日(土)岩手 the five morioka

4月5日(日)宮城 仙台 enn 2nd

4月12日(日)北海道 札幌cube garden

4月17日(金)石川 金沢 vanvanV4

4月18日(土)新潟 CLUB RIVERST

4月25日(土)高知 X-pt.

4月26日(日)香川 高松 DIME

4月29日(水・祝)愛知 NAGOYA CLUB QUATTRO

5月16日(土)広島 Cave-Be

5月17日(日)福岡 BEAT STATION

6月6日(土)大阪 UMEDA CLUB QUATTRO

6月7日(日)Zepp DiverCity(Tokyo)

【初回生産限定盤】【CD+DVD】

【通常盤】【CD

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>