Loading the page...

サイフォニカ

 

名古屋を中心に活動するスリーピースギターロックバンド、サイフォニカ。前作『夜驚症』でトリプルヴォーカルとしてのスタイルを確立し覚醒した彼らだが2017年2月のワンマンをもってベースの彩菜が懐妊のため脱退を発表。ファンは勿論、一番近くにいたメンバーも驚いたという。この報告を受けてバンドが何を考え何を決めたのか。バンドにとっては大きな決断となったのは言うまでもないがこれからはバンドの夢、彩菜の夢をそれぞれ追っていくという。この号が出る頃には脱退ライブとなるワンマンも終わりサイフォニカも彩菜も新たな道を進み出しているだろう。メンバーを送り出し更なる飛躍を目指すサイフォニカをこれからも追っていきたい。竹内信太郎、ちゃんかな、そして彩菜のサイフォニカとしては最後のインタビュー。そして新たに2人体制となったサイフォニカより届いた3人でのラスト音源についても話を訊いた。

Q.彩菜ちゃん、おめでとうございます。

彩菜:ありがとうございます。

 

Q.報告を受けてメンバーはどう思いました?

ちゃんかな:びっくりしました。電話で「妊娠してるかも」って聞いて、何よりその数日後にライブが決まっていたから、色んな感情より先に「万が一妊娠していたらライブハウスの方に相談して喫煙環境とかも確認しなきゃ」とか、そういう妊婦に対しての接し方で頭がいっぱいで。

竹内:僕も電話がかかってきてびっくりし過ぎて「こういうときってどんな反応してあげたらいいの?」なんて気の利かない返事しか出来なくて。電話を切った直後は、実感もないしバンドがどうなってしまうのかっていう不安の方が正直強かったです。

 

Q.彩菜ちゃんもメンバーに伝えるのは勇気がいったんじゃないですか?

彩菜:不安でした。私は結婚もしてなかったし、そんなつもりもなかったので…。パートナーのこと、バンドのこと、子供のこと、色々考えてバンドに素直な気持ちを伝えることにしたんですけど、どう考えてもバンドには迷惑しかかけないなって。

 

Q.その時点で脱退することは決めていたのですか?

ちゃんかな:最初は「戻ってくる」って言っていました。でも信太郎と2人で色々相談する中で無理なんじゃないかって話になって。冷たく聞こえるかもしれないけど私達は1年間を無駄にしたくなくて。このメンバーでサイフォニカを続けたかったけど、私も信太郎もまだまだ音楽中心の生活をしたいしバンドが良くなっているタイミングだったしサイフォニカを止める訳にはいかなくて。でも簡単に割り切れる訳じゃないから…。信太郎は凄く落ち込んでたよね。

竹内:彩菜ちゃんは僕が思っていても口に出来ないようなことを理解して代弁してくれる人だったんですよ。だから抜けちゃうことが訳分からなくて。だけど彩菜ちゃんには幸せになって欲しいから。サイフォニカは全員がそれぞれ家庭に問題を抱えていたから新しい命を授かる以上はその子には幸せになって欲しい気持ちが強くて。だから「幸せにならないと許さない」って気持ちで彩菜ちゃんを送り出すことにしたんです。

ちゃんかな:幸せにならなかったら張り倒すよね(笑)。

 

Q.今回配信される3曲はこのメンバーで最後の曲となる訳ですが。

ちゃんかな:「海鳴り」は信太郎と彩菜ちゃんの共作なんですけど、本当はこのタイミングで発表する予定じゃなかったんです。でも彩菜ちゃんが歌っているし今出さないと勿体無いなって。「えらいひとたち」も最初は彩菜ちゃんと信太郎で歌っていたんですけどバンドのこれからを考えたら私と信太郎が歌った方が良いと思って変えました。

彩菜:ちゃんかなが体調悪くてスタジオに来れない日があって。そこで2人で作ったのが「海鳴り」なんです。

ちゃんかな:「曲出来たよ」って言われてびっくりしたもん(笑)。

 

Q.「朧花火」はバンドがこうなること予言していたような曲ですよね。後々ワイドショーで深読みされるような。

竹内:そういうレベルですよね(笑)。

ちゃんかな:怖いよね(笑)。

竹内:僕が作詞作曲して彩菜ちゃんに歌ってもらったんですけど、もろ今の状況とリンクするなって。曲を書いた時点ではこうなるなんて想像もしていなかったので自分でも驚きました。夢を追っている人とその夢が途絶えてしまった人の心情を歌った曲なんですけど、もろ今ですよね。

 

Q.3人で見てきた夢に新しい夢が加わって、これから3人の人生がまた楽しみですね。

彩菜:私の新しい夢はサイフォニカが売れたときに子供に「私もこのバンドのメンバーだったんだよ」って伝えることなんです。

ちゃんかな:彩菜ちゃんは見た目がバンドマンっぽくないから「お母さん、バンドやってたんだよ」って言っても「え?嘘でしょ?」って言われるよ(笑)。

彩菜:そこは動画という証拠があるので(笑)。

 

Q.前作『夜驚症』でサイフォニカの武器としてトリプルヴォーカルが確立したと思うのですが今後はどういうスタイルになっていくのですか?

竹内:当面はサポートメンバーを迎えて僕とかなが歌っていくスタイルになると思います。そこは変わっていかざるを得ないなって。なので表現の仕方は変わっていくと思います。でも核にあるものは変わりたくないし、今回のことで自分の中で起きている変化もあるけど、何もブレていないものを吐き出していきたいと思っています。勿論新しいメンバーが入ることで変わる部分もあると思うけど、それでも芯は何も変わらない自信がありますね。

ちゃんかな:新しくメンバーになる人にもかっこいいなって思ってやって欲しいしサイフォニカというバンドに誇りを持って欲しくて。年内にはそんなメンバーを迎えたいし、制作もしたい。それを考えると今二人でできることはひたすら曲を作ることで。曲を作りながら自分たちが今後どうなりたいのか、向かい合わされてる気がします。
信太郎:メンバーが決まって僕らの音にどんな変化が表れるかはまだわかりませんが、それでも曲げられない自分達の信念のためにサイフォニカは進んでいきたいです。

 

 

 

 

サイフォニカ

 

メンバー

竹内信太郎(Gt、Vo)

彩菜(Ba、Vo)

ちゃんかな(Dr、Vo)

 

※掲載順

彩菜(Ba、Cho) 竹内信太郎(Gt、Vo) ちゃんかな(Dr、Cho)

 

LIVE

サイフォニカ 360°フロアワンマンライブ
「あなたと同じ地平に歌う」

2/26(日) 今池リフレクトホール

 

http://park22.wakwak.com/~saifonica/

 

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>