金森弘一郎(Vo、Gt)

井上洋一(Gt、Cho)

山村聡人(Ba)

外山明彦(Dr、Cho)

Loading the page...

飛べるトリ

 

名古屋発4ピースギターロックバンド、飛べるトリ。日常に擬態する「当たり前」の中に潜む「喜び」や「幸せ」を感じて欲しいという思いを胸に集結した彼ら。結成から僅か1年で1stシングル「裸の王様/逃亡者」、2ndシングル「人生ゲーム/飛べない鳥」と立て続けにリリース。そして2015年2月、バンドの勢いや自信が集約された3rdシングル「モダンサバイブ」を発表。聴く者の心を揺さぶる独自の歌詞世界、楽曲と歌唱スタイルで名古屋を中心に話題となっている彼らに注目して欲しい。

 

 

 

Q.飛べるトリはどのように始まったバンドなのですか?

山村:弘一郎(金森)がやっていたBeansというバンドと残り3人がやっていたMi-Solfaというバンドがそれぞれ同時期に解散して。当時から仲良かったんですけど、僕はベーシストとして弘一郎のバックで弾きたいとずっと思っていたんです。

外山:僕もこんなに凄いボーカルに出会ったことはなかったですね。

山村:それで弘一郎を誘ったのが飛べるトリの始まりですね。

 

Q.BeansとMi-Solfaはそれぞれどういうバンドだったのですか?

金森:Beansは僕がMr.childrenが好きだったのでポップな歌モノバンドでしたね。

外山:Mi-SolfaはASIAN KUNG-FU GENERATIONリスペクトな感じでしたね。

 

Q.どちらも飛べるトリとは違う感じだったのですね。

山村:そうですね。飛べるトリは自分達のルーツを出すというよりは今の音楽ニーズも考えて方向性を決めていて。

金森:やりたいことだけをやるのではなくて今の音楽シーンに求められている音楽であったりお客さんが何を求めているかを考えていて。

 

Q.歌詞の言葉選びも面白いですよね。

金森:使い古されたものじゃなく、より最先端なものを意識していて。僕らの世代だからこそ放てる言葉や言い回しってあると思うんですよ。例えばニュースを見て感じたことや、日本や世界がどうなるか、それに伴って人間がどうなるかを観察する中で見つけた言葉を歌ったりしているんです。

 

Q.社会的な問題を自分の世界観や生活とリンクさせて歌うのはMr.childrenやサザンオールスターズに通じるものがありますよね。

金森:桜井和寿さんの遠回しな表現とストレートな表現の絶妙なバランスは凄いですよね。勿論僕はそこには及ばないので、逆に桜井さんが使わない言葉を歌詞にしたいんです。例えば「コミュ障」のような言葉ってあまり歌詞に出てこないじゃないですか。僕はそういうその時代、世代の人しか使わない言葉を歌詞に入れていきたいんです。

 

Q.若者言葉を歌詞に入れることでリアルさが増すと。

山村:その方が若者にはストレートに歌詞が入りますよね。あとは「コミュ障」とか「ニート」とか、曲を聴いたときにフレーズや響きが印象に残るじゃないですか。

 

Q.引っ掛かりにはなりますよね。

山村:そこが弘一郎は上手いんですよ。

外山:同じ世代の人には共感してもらえると思います。僕も演奏に気持ちが入るし。

 

Q.「モダンサバイブ」は早口で言葉を詰め込む手法もインパクトがありますよね。

金森:そうですね。ネタ曲と捉えられることもあるかもしれないですけどただ面白い言葉を詰め込んでいるんじゃなく「現在を生き抜いていこうぜ

っていうメッセージも込めていて。

 

Q.インパクトもありつつメッセージ性も大事にしていると。

金森:「人生をかけて宣戦布告」という一節があるんですけど、実はその歌詞はメンバーに向けて書いていて。

山村:そうなの?初めて聞いた(笑)。

金森:前のバンドは僕がメンバーを蔑ろにした部分もあって解散したんです。でも今はメンバーを凄く大事にしたいと思っているんです。曲も歌詞もお客さんに届ける前にまずはメンバーを納得させたいなって。その上で人生をかけて宣戦布告したいなって。

 

Q.なるほど。ところで飛べるトリというバンド

も面白いですね。そもそも鳥は飛べる訳で。

山村:はい。当時、Mi-Solfaのボーカルが「目が見えて耳が聞こえるっていう当たり前のことを体感して欲しい、その当たり前のことが幸せだということを実感して欲しい」と話していて。そんな彼が体調を崩し歌が歌えなくなったんです。それで「当たり前が幸せなんだよ」というメッセージも込めて飛べるトリと名付けました。

 

Q.トリがカタカナ表記なのは?

山村:SNSでエゴサーチしたときに飛べるトリのほうが引っ掛かり易いなって(笑)。あと「飛べる鳥

だとバンドっぽくないですよね(笑)。

 

Q.結成1年で3枚のシングルをリリースと、ハイペースな活動ですね。

金森:壮絶ですね(笑)。でもこれくらいのペースでやらないとなって思っています。この1年間でかなり変わりましたよ。前のバンドと今じゃ歌も見た目も同じ人間とは思えないですから(笑)。

外山:僕らも少なからず変わった部分はあるけど弘一郎の変化は特に凄いよね。

山村:バンドとしての心境も変わったと思います。このバンドで売れたいって気持ちが強くなってきて。

金森:「5大ドームツアーをやりたい」って野望はずっとあるんですけど、最近その為に何をしていくかメンバーで話し合ったり今後の戦略を練ったりしています。

山村:飛べるトリで良い景色を見に行きたいですね。

 

Q.2015年はどういう活動をしていきたいですか?

山村:地に足を固めたいですね。名前だけが先行するのでなく実力が伴った活動をしたいです。

外山:結成1年目は音源を3枚出してきたので、今年はコンテストやオーディションにも積極的に参加して全国に飛べるトリの存在を知らしめたいですね。

金森:「演奏」の枠を超えた「ライブ」をしていきたいですね。熱い気持ちでぶつかり合えるようなバンドになっていければと思っています。結成から1年間、かけ足で活動してきたのでこのスピードは保ちつつ、まだまだ未熟な部分もあるのですが、だからこそ生まれる叫びを共感して貰えるように常に叫んでいきたいですね。

外山:名古屋から全国に飛び立てるように頑張りたいです。

山村:飛べるトリ、今年は飛ばすトリの勢いで頑張ります。(一同爆笑)

 

 

http://www.toberutori.com/

2015.02.01 Release

3rd Single『モダンサバイブ』

3/8 名古屋APOLLO BASE

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>