Loading the page...

メンバー

GEN(Ba、Vo)/HIROKAZ(Gt)/RYU-TA(Gt、Cho)/KOUHEI(Dr、Cho)

L→R

RYU-TA  KOUHEI  GEN  HIROKAZ

04 Limited Sazabys

 

名古屋を代表するフォーリミこと04 Limited Sazabysが、キャリア初となるフルアルバム「CAVU」を引っさげメジャーシーンに突撃!航空用語で「限りなく視界良好」という意味を持つ「CAVU」というタイトルが付けられた今作はバンドの進む未来を暗示したような内容となっており、これまでのフォーリミもこれからのフォーリミも詰め込んだ更なる飛躍を決定付ける1枚となっている。誰にも止めることが出来ない勢いで日本中に旋風を巻き起こすフォーリミの無限の可能性を思う存分感じて欲しい!

 

 

 

Q.メジャーデビューおめでとうございます!

GEN:ありがとうございます!

 

Q.初のフルアルバムを完成させた率直な気持ちは?

GEN:ちゃんと出来て良かったです(笑)。フルアルバムを作るのは初めてだったんですけど、今までより制作期間も長く、その期間にライブも沢山あったので中々大変でしたけど、物凄く良い作品が出来上がって安心しています。

 

Q.2014年はバンドの状況が大きく変わった年だったのでは?

GEN:そうですね。夢だった音楽でご飯が食べられるようになりましたから。バンドを始めた頃はCDを出すことが夢だったんですよ。その夢が叶ったので次は音楽で食べていくことが夢になったんです。でも最初のCDを出してから4年経ってやっと叶いました。

 

Q.インディーズデビューしてからの4年間は色んな苦労や葛藤、挫折もあったのではないですか?

GEN:滅茶苦茶ありましたね。「Marking all!!!」をリリースして前のレーベルを離れてからは自主で「ANTENNA

を作って、ライブのブッキングもグッズ制作も何もかも自分達だけでやって。地に足をつけてやっていました。

HIROKAZ:今振り返ると大事な期間だったよね。

GEN:CDを出したくても出せなかったんですよ。だからフォーリミって「若いバンドが出てきたな」ってイメージもあると思うですけど、意外と苦労しているっていう(笑)。

 

Q.その頃ついた馬力みたいなものは今に活きていますよね。

GEN:そう思います。

 

Q.その後、「sonor」「monolith」とリリースを重ねていく中でバンドを取り巻く環境は一変したと思うのですが、状況の変化は感じていますか?

GEN:感じつつ、感じないようにしていますね。いや、勿論感じていますよ。でも基本的に僕らは何にも変わってないので。周りが「フォーリミやばいな」って騒いでいる感じ。

KOUHEI:今まで手が届かなかったような先輩と一緒にやれる機会が増えたのは嬉しいですね。でもそういう先輩を間近で見ることで、先輩が強すぎるなって改めて思いました。

GEN:それはあるね。一緒にやらせてもらうバンドがどんどん強くなってきているから僕らはまだまだだなって実感することは多いです。「俺達最高だぜ!

って感覚はそんなにないかな。

RYU-TA:逆に焦っているくらいだもんね。

 

Q.だけど今作のタイトルには「視界良好」という意味を持つ「CAVU」と名付けられていて。そこにはバンドの状況の良さや自信が表れていますよね。

GEN:そうですね。勿論アルバムは自信作です。メジャーで初のリリースなので変わった部分も出したいし、今までのフォーリミの良い部分もがっつり入れたかった。だからバンドを始めた頃のような疾走感は更に加速していますし、その上で感情に訴えかけるような部分も意識して作れたと思います。

 

Q.2回目の初期衝動のようなものも感じます。色んなもの背負った上での再スタートというか。

GEN:それすごくしっくりきます。フォーリミを8年やってきて、今回こうやってメジャーデビュー出来たことで新しいスタートを切った感覚は凄くあって。ひとつのゴールでもあったけどやっとスタートに立った気持ちというか。

RYU-TA:第2期フォーリミが始まった気がしますね。

 

Q.前に進む姿勢や未来に向かう気持ちはM-1「days」やM

2「Terminal」によく表れていますよね。

GEN:まさに。「monolith」でそれまでの自分達を出し切ったことで、「YON」から前を見ている気持ちは歌詞にも曲にも出るようになったんですけど、今回は更に前を向いている気がします。自分の中のネガティブじゃない部分がどんどん出てくる感じ。

KOUHEI:「YON」の頃は絞り出して前を向いていた気がするんですよ。でも今はGENが本当に前向きになっているなって歌詞を読んで思います。

 

Q.歌詞の書き方も変わりましたよね。

GEN:変わりましたし、増えましたね。

 

Q.はい。M-12「milk」のようなラブソングをフォーリミで聴けるなんて思ってなかったですもん。

GEN:こういう曲を僕が歌うなんて自分でも思っていなかったです。大人になったのかな。若い頃には絶対書けなかっただろうし。

KOUHEI:大人になったと思うし、たまにどれが本物のGENなんだろうって思うときがあって。それくらい色んなGENがいるんですよ。

 

Q.GEN君は色んな音楽を聴いているしライブも見ているじゃないですか。そういう「音楽ファン」な部分が振り幅としてアルバムには反映されていますよね。今まで出してこなかったGEN君の要素を解放しているイメージというか。

GEN:確かに今回は曲数も多いのでこれまで出してなかった部分も出していますね。M-8「knife」とかも愛を歌っていることには変わりないんですけどピュアではない部分も出せたし。

 

Q.「knife」は歌詞も曲もアレンジも衝撃でしたね。GEN君のラップとRYU-TA君のダミ声の使い方、サビの転調など、新しい要素だらけで

GEN:「どう転調させるか」っていうのは今回のアルバムのひとつテーマとしてあって。サビで転調している曲がアルバムに4曲くらいあるのかな。メロディーでサビ感を出す手法もやってきたんですけど転調でサビ感を出すのは新鮮でした。新しい技、覚えちゃいましたね(笑)。

 

Q.この曲はRYU-TA君の使い方も新しいですよね。

GEN:これ新しいですよね。

HIROKAZ:良い低音感が出ている。

GEN:いつものシャウトとは違ってダミ声でリズム感を出せていて。言葉的にも濁点多めの歌詞なので声という楽器を使っている感覚はあるのかも。

RYU-TA:えっと…。歌わせてもらってます。(一同爆笑)

 

Q.「鬼さんこちら」の引用から始まるM-10「me?」のような遊び心も良いですね。

GEN:歌詞は完全に遊んでいますね。この曲は完成するまで歌詞もメロディーもコードもかなり変わりました。

KOUHEI:テンポも何回も変わったしね。

GEN:アルバムのトータルバランスも考えたらアレンジがどんどん変わっていったんですよ。

HIROKAZ:アルバムにやられたよね(笑)。

GEN:でも結果的にフォーリミらしい馬鹿ポップ感が出せたと思います。

 

Q.そういうポップ感はM-5「Higher」でも炸裂しています。

GEN:アルバムが出来ていく中でポップなものが少ないなって思ったんです。それでアルバム制作の最後に作ったのが「Higher」なんです。

 

Q.アルバムのバランスを考えて足りない部分を補てんしたと。

GEN:そうですね。曲数が多くてよく分からなくなったりもしたんですけど(笑)。同じような曲ばかりでも面白くないしなって。

HIROKAZ:そういう意味でもM-4「fiction」ではまた違うアプローチが出来て。

 

Q.「fiction」のリフ押しな感じはアルバムのアクセントとなりますよね。

KOUHEI:あのリフはRYU-TAが合宿でひとりで弾いていたリフを広げていったんです。

RYU-TA:かっこいいリフが出来ました(笑)。

 

Q.M-7「Grasshopper」、M-11「Any」、M-13「Buster call」といった初期の楽曲もリメイクされていますが、このタイミングで再録したのは?

KOUHEI:「Any」はライブでずっとやってるけど自主で出した1000枚限定だったのでいつか再録はしたかったんですよ。

HIROKAZ: やっと形に出来たよね。

GEN:元々フルアルバムのタイミングで入れたいねって話はしていて。この3曲は全部ライブでもやっているし、その中でアレンジもどんどん変わっていっているので今回再録することにしました。

 

Q.昔の曲を歌っていると当時のことを思い出したりしますか?

GEN:「Buster call」は特にありますね。まだデモを作ってた時代からからある曲なので。メジャーデビューのタイミングでこの曲を入れることで出来て「Buster call」も喜んでいると思います(笑)。

 

Q.アルバムを聴いていて最後にこの曲が始まった瞬間、これまで見てきたフォーリミのライブの光景が一気にフラッシュバックしました。お客さんが10人くらいしかいない中で全力で歌っていた「Buster call」がここまで来たんだなって。

GEN:本当そうですよね。

KOUHEI:僕も当時は客として聴いていましたからね。

GEN:うん。この曲は思い入れが強いです。

 

Q.しかし攻めまくったアルバムになりましたね。

HIROKAZ:攻め攻めです(笑)。守ってはいないですね(笑)。

KOUHEI:今までで一番ライブを意識したアルバムなので早くライブでガンガンやりたいです。

RYU-TA:幅が広がってメジャーに勝てる要素が出来たなって思います。

GEN:メジャーデビューして、もっと色んな大人の方と絡むかと思いきや、ゲストもプロデューサーもアレンジャーも入れずメンバーだけで作りあげたアルバムなので「この4人でメジャーで戦っていくぞ!」って感じですね。「やるぞ!」みたいな。

 

バンド名:04 Limited Sazabys

タイトル:CAVU

【初回生産限定盤(CD+DVD)】

COZP-1025/1026 ¥3,000(+税)

【通常盤(CD)】

COCP-39047 ¥2,400(+税)

 

http://www.04limitedsazabys.com/

04 Limited Sazabys 「CAVU tour 2015」

 

4月10日(金) 【千葉】千葉LOOK

4月12日(日) 【東京】八王子Match Vox

4月14日(火) 【石川】金沢vanvanV4

4月15日(水) 【福井】福井CHOP

4月17日(金) 【富山】富山Soul Power

4月19日(日) 【長野】松本Alecx

5月01日(金) 【茨城】水戸LIGHT HOUSE

5月06日(水) 【香川】高松DIME

5月07日(木) 【高知】高知X-pt.

5月08日(金) 【愛媛】松山double-u studio

5月10日(日) 【大分】大分club SPOT

5月16日(土) 【福岡】福岡Queblick

5月17日(日) 【広島】広島ナミキジャンクション

5月21日(木) 【山梨】甲府KAZOO HALL

5月22日(金) 【神奈川】Club Lizard YOKOHAMA

5月29日(金) 【兵庫】music zoo KOBE太陽と虎

5月31日(日) 【京都】KYOTO MUSE

6月04日(木) 【愛知】豊橋club KNOT

6月05日(金) 【静岡】浜松MESCALIN DRIVE

6月12日(金) 【岡山】岡山CRAZYMAMA 2nd Room

6月13日(土) 【滋賀】滋賀B-FLAT

6月14日(日) 【三重】三重M'axa

6月19日(金) 【栃木】HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2

6月21日(日) 【群馬】高崎club FLEEZ

6月23日(火) 【新潟】新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE

6月25日(木) 【宮城】仙台MACANA

6月26日(金) 【岩手】盛岡CLUB CHANGE WAVE

6月28日(日) 【北海道】札幌Bessie Hall

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>