TWOFOUR 濱口晶平-24ショウヘイのベースは眼鏡で弾く-
前のページに戻る
-November 2012

どうも、またまた、日にちが空いてしまいましたね。

おくればせながら、まず、2YOU五周年おめでとうございます!

大変お世話になりっぱなしでして、なかなか恩返しもままならないんですが。

いつも感謝しております。

さて今回のコラムは

iGOと行く東北珍道中豪遊ツアー"

題名からして安っぽいですが、10月6日〜10日にかけて、東京〜青森の弾丸ツアーを
iGOのベースとして、参加してきました。

、約五日間いってライブは二日という大変ふざけきったツアーだったんです。

ようするに半分以上は旅行でした、、それでも僕にとっては大好きなiGOでベースが弾けるということで

スタジオからちゃんとできるか不安でしたが、やっぱり長年の付き合いでもあるiGOの曲は身体に染み付いて
いたので、そこはいい感じできました。

というわけでこっからは記憶をたどって書いていくので、、うまくかけるかわかりませんが、、、

"初日"
朝みんなでしょうごさんの家に集合して、スタッフとして参加してくれる、
しょうごさんの幼馴染のひろきくんの車でなぜか東京に用があるclimb山内さんも乗せて。

男6人でまずは初日新宿に向かう、案の定車内では笑いが絶えず、、
24のツアーでは大体途中みんなおとなしくなるのにつねに誰かがたのしく話している、。

ちょうどBGMがHUSKING BEEのベストに変わって盛り上がっていると、リーダー茜谷さんが
「あかん、しょうごうんこ出る」といいだした、そこで昼休憩もかねてサービスエリアに。

茜谷さん以外のみんなで昼ごはんを食べつつ、僕が茜谷さんの調子を心配していると、
みんなが「いつもの事だから大丈夫だよ」と、どうやら年中お腹をくだしてるらしく。

みんな全く心配する様子もない、
とりあえずやっぱり心配なので一応僕がいつも持っている即効性のある薬をあげた。
(こっからリーダーにとっては大変な旅になるのだがこのときは誰も知るよしもない)

そうこうしてるうちに初日の東京は新宿JAMに到着。。

この日は出演者が沢山でるイベントだったので、リハ無し、出番はトリ前。

緊張が高まる、しかも僕がベースを弾くというのを聞きつけて
the SHUWAのゴエさん、竹電サティフォ、exTWOFOUR今井、
たまたま取材で東京にいた柴山さん(2you、ONEBYONE)など仲間たちが集合してきた、余計緊張は高まる。

緊張をほぐそうとしてくれたのか、出番1時間前くらいに今井が軽く一杯やろうかと、
誘ってきた僕は正直ベースの復習をしたかったから悩んでたら、
しょうごさんやひろきくんに「大丈夫、大丈夫」とうながされて、すぐ近くの韓国料理屋に。

しょうごさんは青森まではビールを飲まないと豪語してたのに、、簡単に覆した。さすがや。。

ま、でもすごい短い時間だけど、30分くらい飲んだおかげで気持ちに余裕ができた。

そして流れ込むように控え室で本番をまつ、自分のバンドでは感じられない緊張感を感じつつ。
それでもくだらない話をして笑いが絶えないとこがさすがiGOだ。

そうしてまもなく本番がはじまった、初日は30分セット。

もうあっという間だった、僕のなれないピック弾きにやじを飛ばす仲間達の声も耳にまともに入ってこないくらい
、あがってしまってたけど、、後半はやっぱり気持ちよくできました。
ちょうど緊張とける手前で終わった感じだけど、、まずまずといったところだった。

ただ個人的にやはり、iGOのフロント二人と、憧れの先輩とステージに上がる嬉しさは格別だった。

補足すると、数年前、茜谷さんとしょうごさんの前身バンドJERKBAITの大ファンだった僕からしたら、
考えられない光景だからだ。

ライブ後に今井がにやにやしながら、酔っ払って妙なダメだしをしてきたのが面白かった。
「濱口くんはもっとできる!」あいつも一緒にJERKBAITを見に行った仲だから、
多分ぼくの照れくさそうにしてるのがつたわったのだろう。

新宿の夜は終わって、仲間達とお別れをしてそっから夜走りでチームiGOは青森八戸へ。

2日目八戸

夜明けと共に岩手に入って、二戸で休憩中外で寝袋をひろげて眠るひろきくんにみんなで冷ややかな目をしつつ、
変なテンションの茜谷さんは小学生ばりにひろきくんの肛門をいじってはしゃいでいる。

やっぱり八戸が近いというのがリーダーのテンションを奮い立たせてくれているのか、平和な光景だ。

そしてもう疲れとか眠気とかを飛び越えていよいよ八戸に到着しました。

とりあえずまだ時間があるので、まずはご飯をたべることに噂にはきいていた八食センターに、、。

元iGOのベースけんたの両親がいるうえたいら精肉店に挨拶に、中からやさしそうなケンタママと一件強面で
ケンタにそっくりなパパがでてきた、どうもーと挨拶をしてるとパパが僕の顔をみて「しょうちゃん!」

ばっちりけんたの周りの人間のことはしっかり把握してるようで、TWOFOURのしょうちゃんと覚えてもらっていたようで、
こうすけの実家が寿司屋ってことまで知っていました。

ありがたいというか嬉しい初対面、するとママが「せんべい汁がもうすぐできるからまってて」と

休憩室で各々生牡蠣とかさんまの刺身とかを買って早速一杯のんでいると、休憩室に次々と美味しそうなおかずと
ご飯とせんべい汁が運び込まれて、とんでもない昼ごはん! 

そこに本日お世話になる、八戸ROXXの店主ゆきさんも合流してみんなでごはん。。

着いてそうそう食べたことのないおいしいごはんを頂いて、お腹いっぱいに。

そして、iGOが前から仲の良いROXXスタッフのよしとさんのお墓参りに行って、よしとさんの実家によって線香をあげて、
僕はお会いしたことないけど今日はよろしくお願いします。と挨拶をした。

そっからいよいよ本日の現場ROXXに到着、すごく雰囲気の良い生鳴りが気持ちいいライブハウス。

さくっとリハを終え一旦ホテルにチェックイン。数時間それぞれ休憩して、、

さぁライブ、しょうごさん、フッキーとコンビニにいって一本缶ビールを飲みながら、
ライブハウスに戻ると八戸iGOのお客さん達が、挨拶を交わしながら今日はまた昨日と違った緊張感が、、

そりゃそうだ年に1,2回しかこれない八戸でiGOの事を待っているお客さんにいい
ライブを見せれなかったら話にならない。。

それを思ったら一気に緊張感が、、僕は他のバンドを見る余裕もなく本番まで曲を確認する。

なんと1時間セットだからだ、トータル14曲、、ワンマン並みのボリューム。

そしていよいよライブ、、、。

1青春
2ドロップヒーローワールドエンド
3ミッドナイトデベロッパー
4世界の真ん中
5アンテナ
6バリアフリー
7プレイバックブルーハート
8ミッドランドカオス
9ウクライナの風
10クロスオーバー
11IN THE CITY
12野良のブルース
〜en〜
オールドパッション
パーフェクトリバティーボックス

のっけちゃいまして、このボリュームどうすか。。
いやー沢山みすったりましましたけど相当気持ちのっけれました。

改めて、名曲が多いなと心底噛み締めました。。
ただ茜谷さんのウクライナの前のMCにかんしては目をつぶろうとおもいます。。

でも正直ウクライナとクロスオーバーは僕の中でも大切な曲だったので、
すっごいグァー!!!と熱い気持ちでできました。

見てた人はどう思ったかはわからないんだけど。

自分的にいいライブができたと思う、終わるのが少しさみしかったくらいだ、、

帰っていくお客さんに「次はTWOFOURできてください」といわれた、
いやー正直びっくりしすぎて、変なリアクションになってしまった、、もちろん必ず行きます。。。

これでとりあえずライブが終わり、ROXXで打ち上げに、上平家からお寿司の差し入れが入り。
ライブハウスでの中打でありえない豪華さに。。。。おいしいお酒を飲みつつ。。
しょうごさんの「さぁ明日から豪遊だ」という言葉に。
胸をときめかせながらその日はほろ酔いでホテルに戻る。。

もうすでに青森さいこうなんですけど。。後編につづく。。

今回はここまででいったん、、

最後に告知、、もうすぐ我々TWOFOURのアルバムがでます!!

「みらいについて」
2012 11.21(WED) release! LJRCD-OO2 ¥2,000(w/t) LifeJamRecords
1いんとろだくしょん
2ヘッドフォンとマイクロフォンの距離
3Rainbow After Rainfall
・僕らは傘も持たずに
・rainfall
・レインバード
・幽霊たちは踊る
・小さな夜の夢
・in rainbow
4☆彡がきれい
5夢にまで
6みらいについて

大作です!!!チェックよろしくです!!

そしてレコ発
2013/1/14(man祝) 名古屋 CLUB Rock'N'Roll
TWOFOUR "みらいについて"リリースパーティー
TWOFOUR ONEMAN SHOW!!
o/s 18:30/19:00 adv/day 2,000yen/2,500yen (D別500yen)
プレイガイド
L-code:45525 イープラス(11/17発売)

よろしくおねがいします!!!

晶平

前のページに戻る
Copyright(C) 2YOU MAGAZINE All rights reserved