i GO 茜谷有紀-ピッチャー池田に代わりまして、福間。-
前のページに戻る
-January 2012

2011年が終わり、いつもとなんら変わらないスピードで2012年がやってきた。

どんな大惨事が起きても同じ時間が流れるし、この時間ってやつだけは誰しもが平等だ。

 

飲み屋紹介のコーナーも完結して、無趣味なおれにはコラムなんて向いてへんなあとか思いながら、
仕事の合間に即興で詩を書いてみた。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

夢を見ているここは現実の世界

夏が来るのを待ち焦がれているのだろう

 

夢を見ているここは現実の世界

そのまた遠い夏が来ることなんて考えてもないだろう

 

夢を見ているここは現実の世界

毎日毎日

かなしみを切り取っては

小銭の代わりに貯金箱に投げ続ける

はみだしものを

君に預けるわけにはいかないな

そう思ったら

五年くらい前にやっとおぼえた錬金術を唱えて

天空から

ゆっくり時間をかけてふりまくんだ

丸い地球の全面が

黄金色に染まるように

ゆっくりと

ゆっくりと

 

夢を見ているここは現実の世界

遠くの君も空を見上げて同じ角度で首を動かしているだろう

 

夢を見ているここは現実の世界

遠くの君も太陽が沈むのを待って一人で動こうとしているだろう

 

夢を見ているここは現実の世界

遠くの君も夜が明ける頃には現実の世界が変わっていればなんて夢みたいなことを一瞬思ったりしているだろう

 

夢を見ているここは現実の世界

夢を見ているここは現実の世界

なにもかも動いているんだ

 

準備はできたか

殺意と凶器はこの街にも溢れている

 

前のページに戻る
Copyright(C) 2YOU MAGAZINE All rights reserved