今や全国規模で感電者中!愛知が誇るポップ・マジシャン、竹内電気! センチメンタルでキュンとくる竹電内気なセカンドアルバム「SHY!!」のリリース、それに伴う初の全国ツアー(全45ヶ所!)、東名阪QUATTROワンマン、数々のフェス出演と、目まぐるしく走りまくる竹内電気から、早くもニューシングルが届きました!大規模なツアーを経てバンドが辿りついた答えとは?新曲に込められた想いとは?いつにも増して真面目に語る山下桂史(Vocal/Synthesizer)、斉藤伸也(Guitar/Vocal)の二人に、シビれちゃうような話を聞いてきました!(電気だけに!)
 

Q.まずはバンド史上最長のツアー、お疲れ様でした。

山下桂史(以下:山):ありがとうございます。45本、まさにKONJOHツアーでした。

Q.それこそデモ音源の頃から竹内電気のライブをずっと観てきたけど、このツアーからライブに対するメンバーの姿勢が凄く変わった気がします。

山:一本一本のライブの反省をメンバーで話し合うようになって、少しずつ変わっていった感じですね。45本のライブがそうさせたと思います。

Q.特に山下君なんて同じ人間とは思えないくらいポップなライブをするようになったよね。

山:よく言われますね。自分もライブを楽しまないと、観ているお客さんだって楽しくないだろうって思うようになって。
斉藤伸也(以下:斉):
やっぱりかっこいいバンドって、お客さんと勝負していたり、一緒にライブを作っていたりするんですよね。ツアーで沢山のバンドに出会って、見習う事が沢山あったんですよ。対バンしたバンドから吸収して、自分達なりに気付いた事を今のライブに活かすようにしています。

Q.良いツアーだったんだね。振り返ってみてどう?

斉:UNISON SQUARE GARDENと何ヶ所か一緒で、前から仲は良かったけど、どんな奴らなのかも分かってきたし、あいつらもお客さんと勝負するタイプのバンドだから学ぶ事も多かったです。あとはSCOOBIE DO先輩には、お客さんの煽り方だったりライブハウス全体の空気の作り方を勉強させてもらいましたね。
山:ツアーに入ってから、今まで分からないままやっていた事をメンバー内で話し合うようになって。それぞれの思いを確認し合いながらやるようになったのが、KONJOHツアーで得た事ですね。
斉:バンドの状況は凄く良いと思う。

Q. ツアーが終わって、夏は「ROCK IN JAPAN FES」や「SETSTOCK'09」といったフェスにも出演したんだよね。

山:楽しかった。それに尽きます。
斉:オープニングアクトだったり、離れたステージだったりしたんだけど、それでも本当にいっぱいお客さんが観に来てくれて。竹内電気っていう名前をみんなが知ってくれている事が嬉しかったですね。凄く盛り上がってくれて一緒にライブしている感じもしたし。

Q.ツアーにフェスに大忙しだった中、シングルがリリースされる訳ですが、いつ曲を作っているの?

斉:4月くらいから作っていたんですけど、ツアー中も作っていましたよ。

Q.今回の2曲を聴かせてもらって、気になる事があって。それぞれ山下君と斉藤君が詩を書いているけど、どっちの曲にも共通して「僕」とか「君」って言葉が使われていて。これまでの竹内電気の曲には無いよね?「僕」や「君」って。

斉:そうなんですよ。その通りです。
山:違う意味合いでの「君」はあったけど、「僕」は初めてですね。
斉:思い浮かべての表現はあったかもしれないけど、対比して「僕」と「君」って歌った事はこれまでは無かったです。

Q.そう言いきれるきっかけが何かあったりしたの?

山:僕は「SHY!!」までの流れをぶっ壊して作りたいって思っていたんですよ。詩も曲作りも。今まではバックトラックが先に出来てから歌やメロディーを乗せていたんだけど、今回は弾き語りで作ったんですよ。メロディーがある状態からバンドで色付けをしていく感じで。今回、「僕」や「君」ってはっきり歌っているのは、実は狙ってやっているんですよ。今までとは違う主人公の話を作ろうと思って。詩は僕と斉藤とサティフォが書いているんだけど、これまでは割と近い性格の登場人物だったから。今回は全然違うものにしたかったんです。
斉:これまでの僕の詩は恋をモチーフにした詩が多かったんですよ。でも恋じゃなくて、頑張ってみんなで何かを成し遂げるとか、友情とかをモチーフにはしました。

Q.竹内電気の口からはっきり「君」って言われた事が無かったからドキッとしました。

斉:ツアーを周ってきて、お客さんと対峙する事が多かったんですよ。それで「僕」と「君」っていう。お客さんの顔がはっきり見えるから。意識してというよりかは、無意識のうちに対峙出来ていたんじゃないかな。

Q.これまでに「HITS!!」「OK!!」「SHY!!」っていう流れで来て、じゃあ次はどう来るのかなって思っていたんですよ。「SHY!!」が大人の雰囲気を持ったアルバムだったし。そうしたらバンドっぽい2曲が届いてビックリしました。

山:ツアー中に作ったからなのかも。ライブで「SHY!!」の曲をやっていて、そこで足りないと思ったような物を、今回作った感じです。
斉:「SHY!!」の曲がライブでの見せ方が難しくて。大人っぽい曲が多かったので。幼児退行では無いけど、久し振りにはっちゃけたのもやってみたいと思って。原点回帰プラス現在進行形みたいな感覚です。

Q.早くも次のアルバムが楽しみなんだけど、視野には入れているの?

斉:もう曲は作っています。歌を軸にした曲が増えそうですね。もちろん今までの竹内電気を捨てる訳じゃなくて、手札をとにかく増やして、色んなタイプの曲が出来るようなバンドになりたいです。もともとやりたい事がいっぱいあるバンドなので。今回のシングルで可能性が物凄く増えたと思うから、これを軸に前のやり方も今のやり方も全部ひっくるめて、本当に新しい竹内電気をみんなに見せたいです。

Q.東名阪とレコ発・2マン・ツアーがありますね。名古屋は誰とやるんですか?

斉:GOING UNDER GROUNDと2マンです。僕は個人的にライブを観に行ったりしていたくらい大好きなので、本当に楽しみですね。
山:メンバー全員が共通して聴いていた数少ないバンドのひとつです。BEAT CRUSADERSやthe band apartと一緒くらいメンバー全員に影響を与えたバンドなので。
斉:GOING UNDER GROUNDは、竹内電気の歴史を語る上で外せないバンドなので名古屋で2マンが出来るのは嬉しいです。

Q.そうやって自分達が聴いてきたバンドと一緒にライブするのは楽しいよね。

山:単純に嬉しいですね。
斉:まさかユニコーンと一緒にライブをする日がくるなんてね。誰一人、考えてもいなかったからね(笑)。
山:一緒にやったなんて恐れ多いけど(笑)。自分達の出番が終わったら、完全にお客さん側にスイッチしちゃうしね。でも後々考えてみて凄い事だなって思います。
斉:バンドをやってきて本当に良かったって思います。

Q.なんだか凄く真面目なインタビューになっちゃったね(笑)。じゃあこの辺でどうでもいい話でもしておく?最近打ち上げとか相変わらず酷いの?

斉:最近の打ち上げは割と紳士ですよ(笑)。ドライ・マティーン的な(笑)。
山:あぁ、でも福井の打ち上げは酷かったね。
斉:福井はcinema staffが一緒だったんですよ。打ち上げでcinema staffの辻がやらかしまして。完全にスパークしていたよね。

Q.辻ロックフェスティバルね(笑)。

斉:やっぱりあいつは名古屋の宝だから(笑)。もう打ち上げに関してはcinema staffに託しました(笑)。
山:素晴らしい後輩が出てきて嬉しい限りです(笑)。
斉:今後の打ち上げシーンをリードするのはcinema staff辻だ。(一同爆笑)

Q.頼もしいね(笑)。では最後に2YOU MAGAZINEの読者にメッセージをお願いします。

山:竹内電気は今、本気で自分達が楽しみながら、お客さんに楽しんでもらえるようなものを作ろうと頑張っているので、ぜひライブに遊びに来てください。よろしくお願いします。
斉:今の竹内電気、心も身体も良い時期なので、会いに来て欲しいです。

Q.身体も(笑)。

山:身体の意味はわかんねえ。(一同爆笑)

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved