今や東海地区どころか、日本のエモーショナルロックバンドとしての地位を確立したARUが初のフルアルバムをリリースする。元々バンド未経験のメンバーが集まり、それ故ピュアな感情を楽曲にぶつける希少なバンドではあった。が、今回のアルバムは「感情」はそのままに、演奏力、アレンジ力、そしてバンド・楽曲に対する姿勢が格段に進化している。ハイペースなリリース、ハードなツアーを経て辿り着いた「All Things In The Moment」は今現在のARUの最高傑作であると断言する。

 

Q.フルアルバムとしては初めてですよね。やっぱりミニとは違いますか?

Hayashi(B)(以下:H):今回はしっかりとコンセプトを持って作ったんですよ。今までの2枚のミニアルバム…1stの勢いだったり、2ndのクオリティだったりっていうのを全部ひっくるめて「こういう感じのアルバム」っていうのを組み立ててから、順番に曲を作っていったんです。だから割と時間をかけて臨むことができました。


Q.計画性があったってことですね。

Yu-ichi(Vo.G)(以下:Y):メチャクチャありましたね!

Q.じゃあ、みんな比較的楽に出来た感じですか?

Takeshi(Key)(以下:T):日にちがあった分、楽といえば楽だったんですけど、シングルのツアーと被ってたんで…僕は、ちょうどその時期に自分のパートのレコーディングがありまして…(笑)。ホント、イライラして!口の中の皮がはがれました、ストレスで。(一同爆笑)

Saichin(Dr)(以下:Sa):最初はみんな「初のフルアルバムなんだから、(ライブとか)予定入れるのやめようぜ」みたいに気を使ってたんですよね。だからドラムを録る時は、全く予定も入ってなくて、全然楽でしたね。その後は、どんどんライブが入ってきて、入り前にレコーディングしたり、ライブ終わりでレコーディングしたりって大変になっていきましたね(笑)。みんなは大変だったと思いますよ…僕は全然大丈夫でしたけど(笑)。

Y:ホントにノイローゼになるかと思ったっす。(一同爆笑)

Q.アルバムのコンセプトはしっかり決まってたんですか?

Y:僕の中では、もうガッチリ決まってましたね。前の「ALIVE」を出した時には、「次はこういうものを」っていうのがあったんで。

Q.聴いた感じ、1stのメロディック・パンク的な要素と、2ndの歌もの的な要素が上手く混在してると思いました。

Y:元々、どっちをやりたいとかじゃないんですよね。洋楽にもJ-POPにも影響を受けてるんです。だからバンドをやるならメロコアも歌ものもやりたかったんですよね。意識してどっちかをやろうとかじゃなくて…もうそういう括りが変なんじゃないかな?って感じてて。そういう意味で今回はかなり自然な感じで出来たんじゃないかと思うんです。

Q.なるほど。逆にフルアルバムだからこそ表現できた部分も大きいんじゃないですか?

Y:そうなんですよ!今までの2枚のミニアルバムって、ちょっと色が分かれちゃったと思うんですよ。自分たちで自分たちのジャンルを作り上げようとしちゃったんじゃないかな。今回は11曲あったことで、全部を表現できたんです。

Q.他のメンバーも最初にコンセプトを聞いた段階でイメージは出来てたの?

T:あーー。実はあんまりコンセプトは聞いてなかったんですよね。(一同爆笑)教えてもらえずに、曲を作ってく段階で少しずつ聞かされて…2人(HayashiとYu-ichi)は話してるっぽいですけど…。(一同爆笑)愚民どもには教えてくれないんです…。(一同爆笑)

Q.それじゃ、ギターのアレンジも大変だったんじゃないの?

Shunsuke(G.Cho)(以下:Sh):ドラムとベースを録った状態でもらって、そこにギターを乗っけるっていう作業が多かったですね。でも、スタジオである程度の全体像は見えてたし、歌もある程度は分かってたんで、そこまで大変じゃなかったですね。やっぱり「歌」が一番前にくるじゃないですか。だからそれを殺さないようにしつつ、勢いも出せるように考えました。


Q.自分たちで、このアルバムを聴いてどう思います?

Sa:僕は今までの音源って聴きたくないんですよ。理想ってあるじゃないですか。自分たちの作品を聴いた時に「もっと出来たんじゃないか?」って思っちゃうんですよね。だから聴いてるだけで「マジ鬱陶しい!」ってなっちゃう。でも、今回のアルバムは普通に聴けるんです。それは自分が…自分たちが…まだまだですけど、少しでも理想に近付けたからじゃないかって思うんですよね。メンバーの色んな想いも素直に聴けるようになったし。


Q.ARUというバンドの理想にも近づけたんじゃないですか?

Y:それはホントに思います!結成当初、バンドをやったことのないメンバーで始めたバンドだったから、僕がメンバーに理想を押し付けてたと思うんです。「こうしたい」「このフレーズはこう!」「このドラムはこう!」ってしてきたんですけど、最近は「この曲こうしてほしいな」って思った時には、メンバーそれぞれが色んなことをやってくれてる。それが僕が考えたものより良かったりするんですよね。そういうのがちょっとだけ出てきたんですよ。
普通のバンドだったら当たり前なのかもしれないですけど、みんながみんな、自我を持ちだしたというか…こう、多分みんなの頭の中でも絵を描いてるのかなって感じることが多くなってきて。ある意味、僕の主張とみんなの主張で喧嘩するわけじゃないですか。そういうことができる状況って理想に近いと思うんですよね。より良いものを作るという意味で、必要なことだと思うし、現状に満足しないっていうのも大切なことだと思うし。

T:僕はもう全くのゼロから始めたんで、何も分からなくて…答えも何だか分からんぐらいの感じだったんで。僕のゴールってYu-ちゃんの思い描くARUだと思うんですよ。そこに少しだけ近付けたんじゃないかなって思うんですね、愚民なりに。(一同爆笑)

Sh:やっぱり前は「ここはこうして!」みたいなのが多かったんですよね。今回は、そういうのを減らしていきたいなっていうのがあって…愚民としては(笑)。ただ、それでも「ここちょっと違うんじゃないの?」みたいなのはあったんで、僕はまだまだ愚民だなと。(一同爆笑)

Sa:今回は自分が叩くドラムだったらよくね?ぐらいに考えることが出来ましたね。ここにこういうドラムがあったらカッコイイとかじゃなくて、自分が「ここでこう!」って思ったんなら、それが一番いいんじゃないかって。

H:5人が5人でちゃんと自分のフレーズを持ってきて、それが上手く重なって一つの音になったと思いますね。バラバラなわけじゃなくて、それぞれがちゃんとARUに向かったんじゃないかな。


Q.ものすごく良いタイミングでフルアルバムが作れたのかもしれないですね。

Y:ホントに思い描いた通りにはいってないですけど、今出来うるMAXには出来ました!みんながみんなで出来るARUのフルアルバムを作ろう!って言った最終形です。現時点での最高傑作です。今の時点では、僕らこれ以上できん!(一同爆笑)


Q.タイトルの意味を教えてください。

Y:「All Things In The Moment」で「全ての物事は、その瞬間の中にある」っていう意味なんですけど…。去年のツアー始まる前ぐらいの頃にずっと思い描いてたのが、このアルバムのジャケに描いてある「輪」なんですよ。仏教とかで「輪廻転生」とか「カルマ」とかあるじゃないですか。物事はまた同じように繰り返していくっていうことが頭の中に残ってたんです。
前回のアルバムを出した時に、個人的に色々考えることがあって。こんなに苦しいのに、バンドを続けていくって意味があるんだろうか?とか、自分は音楽が大好きだし、音楽を続けていきたいとか。そういう身近なところから、人は死んだらどこへ行くんだろうか?っていうところまで考えちゃって。


Q.すごいところまで行くね(笑)。

(一同爆笑)

Y:(笑)それぐらい色々考えまくってたんです。ことあるごとに悩むの大好き、みたいな(笑)。人間ってそういう時期ってあるじゃないですか。で、客観的に見て「俺、マジカッコイイ!」みたいな。(一同爆笑)そういう時間が僕は好きで。
そうやって色々考えた時に、全くどうなるか分からんな、と思ったんですよ。でも、俺が死んだら意識はなくなるけど、絶対に次があるんだと思うんですよ。それが違う形なのか、同じ形なのかは分からないけど、物事って絶対に続いていくんだと思うんですよ。それはARUも一緒で。ARUはこのまま絶対に続けたいし、音楽は絶対やめたくない。この先ARUがどうなるのかは分からないけど、続けていきたい。
で、続けていけばライブをするじゃないですか。ライブってたった30分のことなんですよね。そのたった30分のためにARUをやってる。それって何なんやろう…って思ったんです。また悩んじゃって(笑)。「何なんやろう?」なんですよ、全てはこの瞬間の中にあるんだけど、それっていうのは「何なんやろう?」なんです。それが何なのかは分からないけど、その瞬間のために命だけは注いでやろうと思ったんですよ。
だからこそ「All Things In The Moment」「全ての物事は、その瞬間の中にある」っていうタイトルを付けたんです。


Q.最後の曲で、1曲目のイントロに戻っていくっていうのも、その発想からきてるってことかな?

Y:そうです!それはこのジジイ(Hayashi)のアイディアなんですけどね(笑)。イメージを伝えたら、そういうアイディアを出してくれまして。やっぱ歳食ってる分、いいこというんですよね。(一同爆笑)終わりは始まりで、始まりは終わりでっていうアルバムにしたかったんです。
そういう想いがあって、ジャケにこうやって円を描くのであれば、アルバムの内容も円であるべきであって、その中に色んな感情を詰め込むことが出来れば、本当に伝えたいARUの本質っていうのが届くんじゃないかなって。


Q.今回のツアーってGLORY HILLをはじめ、ジャンル問わず様々なバンドと一緒にやるんですね。

Y:シングルを出した時に、完全なる歌ものバンドと3バンドで15箇所ぐらい一緒に回ったんですよ。若干浮いてたところもあるんですけど、浮かなかったところもあるんですよね。で、これはメロコアとやっても歌ものとやってもイケるぞ!って気付いちゃって。両刀な自分たちに…バイな自分たちに気付いちゃって。(一同爆笑)
他のバンドと表現方法が違うことが、逆に気持ち良かったんですよね。きっとその気持ち良さっていうのは、メロコアやエモのバンドとやっても味わえるんじゃないかなって。ドSでありドMみたいな(笑)。それこそホントに俺らの思い描いてたジャンルレス…歌ものでもなくメロディックでもなくARUなんだっていうことなんじゃないかなって。


Q.このアルバムを聴いてくれるみんなにメッセージをお願いします!

T:今出来るARUの全てを注ぎ込んだアルバムです。どの曲を好きになっても間違いないと思うので、是非よく聴いてライブに来て楽しんでください!

Sh:今回はコーラスが良い感じに入ってます。ライブでもコーラスマイクを3本立てて歌うんで、それを楽しみに来てくれるといいですね。一緒に歌ってくれたら最高です!

Sa:とんでもないカスどもばっかりが作ったクズアルバムですけど、聴いてください。(一同爆笑)お願いします(笑)!

H:今回アルバムを作る時にライブ感を出したいっていうのもあったんで、もう暴れたり楽しんだり出来る曲から、じっくり聴ける曲まであるんで、CDだけじゃなく、ライブも楽しんでほしいですね。

Y:…みんなと一緒です!(一同爆笑)

 

Member:
Hayashi (B)
Shunsuke (G.Cho)
Yu-ichi (Vo.G)
Takeshi (Key)
Saichin (Dr)


HPアドレス:
http://radcreation.jp/aru/

 

ARU
1st Full Album
All Things
In The Moment

TRUST RECORDS
[RCTR-1005] 発売中
¥2100(税込み)

01.All Things In The Moment
02.Shine
03.My World
04.Birth
05.MOMENT
06.Blight
07.piano
08.Lily of the hope
09.Growing
10.close to me
11.Not too late


All Things In The Moment TOUR 09-10

-11月-
1日名古屋R.A.D w/buck number.EDDY
2日愛知 豊橋ell KNOT w/GLORY HILL
7日岐阜BRAVO w/TOTALFAT.SHANK
10日新宿ACB HALL
11日千葉LOOK w/UNLIMITS.TRIBAL CHAIR
13日宇都宮HELLO DOLLY
  w/LOCAL SOUND STYLE
15日水戸LIGHT HOUSE
  w/LOCAL SOUND STYLE
27日四日市CHAOS w/EDDY
28日岐阜BRAVO w/EDDY.RADICAL ARTS

-12月-
1日高知X-pt w/GLORY HILL
3日高松DIME w/GLORY HILL
5日岡山クレイジーママキングダム
  w/GLORY HILL
6日広島並木ジャンクション
  w/GLORY HILL
8日松山サロンキティ w/GLORY HILL
9日周南TIKI-TA w/GLORY HILL
11日福岡DRUM BE-1 w/GLORY HILL
23日栄R.A.D 招待ライブ
26日神戸STAR CLUB
27日大阪FANJ-TWICE w/EDDY

-1月-
16日滋賀U-STONE
31日名古屋CLUB QUATTRO
  Tour Final ONE MAN

※スケジュール追加予定あり

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved