Q.前作「BETTY'S BUGGY」でその時点でのGOLLBETTYの完成形を見た気がしていたのですが、あのアルバムを作った事による次へのプレッシャーは凄かったんじゃないですか?

G-YUN(Vo)(以下:G):まさにその通りで、「BETTY'S BUGGY」はメンバーがそれぞれ持っている力の更に上のものを搾り出して作ったGOLLBETTYの集大成的アルバムだったんですよ。正直、やりきっちゃった感があって。なんとか症候群…。

MISSY(Gt)(以下:M):燃え尽き症候群?

G:そうそれ(笑)。だからあのアルバムのツアーが終わった時に「この先、どうしたらいいんだろう?どういう風に音楽をやっていけばいいんだろう?」ってメンバーと凄く話し合いましたね。

Q. どんな話し合いだったの?

G:メンバー同士でいろんな話をしていく中で「なんでGOLLBETTYをやっているんだろう?」って考えた時に、みんな共通してライブが好きだって事を再確認したんですよ。じゃあライブが好きだっていうナチュラルな感覚のまま曲を作ってみようってなって。

M:それで「IF!」って曲が出来たんですよ。GOLLBETTY史上一番シンプルかもしれない曲なんだけど、作っている時に凄くナチュラルな状態で出来たなって思って。「IF!」が出来てから今回のアルバムのコンセプトというか、どういう風に曲作りをしていくかみたいな事が見えてきたんです。

G:「BETTY'S BUGGY」で自分達以上のものを搾り出した分、いろんな意味で幅も凄く広がっていたんですよ。だから気を張らずにシンプルなものでもかっこいいって思えるようになりましたね。そこからはもう、ナチュラルで心地良いロック感のある曲達が「ポンポンポン!」って出来てきて。


Q.今までは「みんなが持っているGOLLBETTY像」をがむしゃらに体現してきたと思うんですよ。元気でパワフルでスピードもあってっていう。でも今作では、その勢いは残しつつどこかリラックスしている印象があります。

G:肩の力を抜いて音楽が出来るようになったのかも。音楽って音を楽しむって書くじゃないですか?その言葉通り、いろいろ悩んだりする事も含めて楽しんでやっていますね。ね?

M:うん。「BETTY'S BUGGY」の頃までは、お客さんから求められているGOLLBETTYっていうのを僕は凄く意識して作っていたんですよ。テンポが速い曲だったりライブで盛り上がれる曲だったり。でも今回は、より自分達が気持ち良いと思える曲や自然と出てきたものを意識して作ったんです。だから前と比べるとあまり速い曲とか無くて、今まで聴いてくれていた人には変わったって思われるかもしれないんですけど、でも凄く自然な流れなんですよね。その意識の違いが、テンポが速くなくちゃいけないみたいな固定概念を壊してくれましたね。だから今回のアルバムは自然体で出来た曲ばかりですね。


Q.akkinさん(myuuRy/ex.ジェット機)をプロデューサーに迎えてみてどうでした?

M:「BLUE JEWEL」「Dandelion」「Thank You」をお願いしたんですけど、今までずっとセルフでやってきたから僕達には無いアレンジや音作りだったり、僕達は音数が多いからそのバランスだったりを勉強させてもらいました。

G:今までだったらボーカルが駆け上がる感じだったらホーン隊も一緒に駆け上がっていたんですけど、そこであえてホーン隊を下げる事でボーカルが際立つっていう事に気がついたり。この三曲だけじゃなくて他の曲も聴いてもらって音質の相談をしたり、アレンジも「ここの歌はこうしたいんです」って言うと「じゃあこれはどう?」みたいなやり取りも出来る環境で。本当にめちゃ優しいし、めちゃ良い匂いするし(笑)、一緒に作っている感じは凄くしましたね。もう一人のメンバーみたいな感覚で参加して頂いたので楽しかったです。

M:akkinさんと出会ったのが、アルバムの曲が半分くらいしか出来てなかった時期だったので、その後の曲作りに凄く活きてきましたね。アレンジも音作りも。

G:アルバムの中で凄く成長できましたね。


Q.アルバムタイトル「SCRAMBLE」に込められた意味は?

G:人が出会うって凄い事だなって思ったんです。この物凄い数の人の中から出会う奇跡って本当に凄いなって。それで、スクランブル交差点で人がすれ違っていくのを見て、ライブと似ていると思ったんです。ひとつの場所に集まって音楽を共有するんだけど、顔を覚える訳じゃなかったり、それぞれの生活に戻るんだけど、もしかしたらまた会えるかもしれなかったり。そういうのがあのスクランブル交差点の人の行き交う感じとリンクして。 どの歌詞のストーリーもまずは「出会い」があるって意味を込めて「SCRAMBLE」にしました。
今までは自分のコンプレックスや痛みを消化して前に進みたいんだっていう願望を歌にぶつけていたんだけど、いろんな人と出会ってきた中で、もっとナチュラルに今の自分の中にあるこの温かいものを残さなきゃって思ったら、迷うことなくサラサラ詩が書けたんですよ。本当に肩の力が抜けましたね。「いいじゃん!」って。アルバムタイトルに「GOLL」も「BETTY」も付いてないけど「いいじゃん!」って。英語の詩も曲にあってれば「いいじゃん!」ってね。本当に自然に、ナチュラルに。


Q.長いツアーを周って12月27日にはダイアモンドホールでワンマンがありますね!

M:アルバムの最後に収録されている「SCRAMBLE」って曲はダイアモンドホールのワンマンのラストを想定して作った曲なんですよ。ツアーを周ってきて「お帰り」「ただいま」っていう感じの曲を作りたくて作った曲なんで、成長して名古屋に帰って来るのでダイアモンドホールでこの曲を一緒に歌いたいですね。

G:ライブっていう空間も凄く良い出会いの場所だと思うんです。しかもワンマンって事でみんな同じ気持ちで集まる空間だから愛でいっぱいになると思うんです。このアルバムを聴いて、温かい気持ちを持って、12月27日にはダイアモンドホールという交差点に集まってもらえたら嬉しいです!

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved