2009年は彼らにとってまさに激動の一年だった。2ndミニアルバム「REBOOT」のスマッシュ・ヒットに始まり、同アルバム収録曲『Believer』がレコチョク・ロック専門サイト邦楽チャートで1位獲得、ツアーの衣装スタイリング&Tシャツデザインを地元の名古屋モード学園の学生たちとコラボレーション!etc…。常に話題の中心には彼らがいた。そんな彼らが2010年1月27日、遂にシングル「Hello Mr.my yesterday」でメジャーデビューを果たすこととなった!地元・名古屋から全国へと羽ばたいていくHundred Percent Freeの決意。そして地元・名古屋に対する熱い気持ちを語ってもらった。

 

Q.いよいよメジャーデビューですね!おめでとうございます!今の心境を聞かせてください。

Ko-KI:そうですね…インディーズの頃からやってきた、お客さんに楽しんでもらうっていうことと、良い曲を作っていくっていうスタンスは、メジャーにいったからといって変わらないです。正直、メジャーに行けてうれしいっていう気持ちはありますけど、スタンス的には何も変わらないです。

SIG:環境が変わったのは事実なんですよね。僕らが変わってなくても、周りの見方が変わっていくんで。環境に流されずに、変えちゃいけない部分っていうのを、改めて考えましたね。

B-BURG:一人でも多くの人に聴いてもらいたいっていうのは、ずっとみんなが思ってたことなんで、そういうチャンスを与えてもらえるっていうのはすごくうれしいことなんですけど…その分、自分自身と向き合っていきたいなっていう気持ちはやっぱりありますね。

KAZ:みんなが言ってる通り、自分たちの中では変わってない部分だと思うんですけど、良い演奏をしていきたいっていう。そこをしっかりやっていくだけだって僕は思います。

Tack:やっていくこと自体は変わらないと思うんですけど、一人でも多くの人に知ってもらうキッカケであればいいなと思いますね。


Q.「REBOOT」発売前後で、状況の変化が激しかったように思いますが、自分たちとしてはどう受け止めていましたか?

SIG:「REBOOT」前後で一番大きな出来事っていうのがベースが抜けたことだったんですね。それこそバンド結成以来の大事件だったんで(笑)。ベースがいないバンドになって…まぁマイナスから始まったんですよね、ベースがいなくなったってことで。
そこから始まって、それをゼロに変えて、更にプラスにもっていく中で、それぞれのポジションで負担が大きくなったわけですよ。一人いなくなった分、それをメンバーそれぞれが支えなきゃいけないじゃないですか。そういうことがあって、それぞれ個々強くなってるとは思います。よりメンバー間で話すようになった…会話もするし、理解しあえたように思います。
ズバズバ言って、昔だったらケンカしてたようなことでも、今は話し合いが出来る。今さっきもしてたんですよ(笑)。そういう会話が出来るようになったことが大きいなって思いますね。

Ko-KI:ライブでの各々のポジションが明確になってきて。それを踏まえた上でのミーティングをして、よりブラッシュアップしたライブを目指して…っていう気持ちが大きくなりましたね。


Q.動員が増えたり、H.P.Fのことを認知する人が増えたりしていることに対してはどう思ってますか?

SIG:単純にうれしいですよね。例えばツアーに出たときにその土地土地で待っててくれる人がいるっていう状況がうれしいです。反応があったんだなってことが。

Tack:輪が少しずつ広がっていってるんだなっていうのを実感してますね。「REBOOT」を出してからの流れで、ライブだけじゃなくて、Zip FMの番組とかを聴いて反応してくれる…ライブにはまだ来れてないんだけど、番組にメッセージを送ってくれるとか、ブログをチェックしてくれるとか、ネットで映像を見てくれるとか、そういう人が少しずつだけど増えてきてて。
これを持続して更に色んな人に伝えていきたいなって思います。


Q.先日のell.FITSALLでのライブを観せていただきましたが、昔以上に場をコントロールしているように感じました。ツアーを経て自分たちとして変わったことってありますか?

SIG:例えばツアー中って当然ずっとライブなわけじゃないですか。そうすると「昨日やった失敗を今日はしないぞ」とかなるじゃないですか。ごく当たり前のことなのかもしれないですけど、そのことだけに集中できる時間があったおかげで…「次はこういう風にやってみよう」って試してみたりとか。そういうのが出たっちゃぁ出たのかもしれないですね。

Tack:個人個人で失敗したことを次につなげるように反省することも沢山あったんですけど、僕らってライブ終わるとすぐバンドで反省会をやるんですよね。それがちょっとずつそれぞれなりに生かせるようになってきたのかなって思いますね。
打ち上げでもメンバーで集まってあーだこーだってやってることのほうが多いですし(笑)。

Ko-KI:僕はライブに関して最初から最後まで…「起承転結」っていう言葉をホント意識してますね。「起」「承」「転」ときて「結」…フィナーレに向かえるまで意識してますね。そういうこともメンバーと話し合うことが出来るようになって。

KAZ:メンバーそれぞれが、すごく色々と考えてるんだなってことが分かるようになりましたね、終わった後のミーティングとかで。

B-BURG:さっきSIGも言いましたけど、やっぱりベースがいなくなって、自分の役割を考えるようになったんですよね。自分はDJとして何をしていけばいいのかって。トライ&エラーなんですけど…成長したっていうよりは、そういうことに向き合うことが出来るようになったんだと思います。


Q.「REBOOT」のブレイクやメジャーデビューによって、より音楽に向かうことが出来るようになったのかもしれないですね。

SIG:まぁそうせざるを得ない状況なので(笑)。他事考えてる暇がないぐらいライブばっかりだったんで。もちろんその中に色んな失敗もありましたけどね。それを糧にやってきて、その集大成がこの前のell.FITSALLのライブだったのかもしれません。


Q.今回のシングルに「Boom Boom Dreamer」はインディ時代からの人気曲ですよね。これをこのシングルに入れようと思ったのは何故でしょう?

SIG:メジャーに行ったからって変わらない自分たちっていうのを提示しようとした部分もありますね。曲調はダンスロックなんですけど、僕らが今までやってきたことの延長上で「H.P.Fらしい」ものだと思います。
丁度MK-U(ベース)が抜けて最初に出来た曲なんですよ。ダンスロックっていう新しい自分たちも見せることが出来たし、今回メジャー第一弾のシングルにふさわしい曲なんじゃないですかね。


Q.メジャーでやっていくことに対する自分たちなりの決意を聞かせてください。

SIG:元々メジャー志向だったんですよ、ホント最初っから。その考え方の下メンバーも集まってきたので。だからメジャー行くのは当たり前というか。これは通過点でしかないんですよね。現状に満足なんかしてないし、もっと多くの人に…言葉には出さなくていいと思うんで普段は出さないんですけど、一人でも多くの人に…っていう思いはあります。

KAZ:ホントに通過点っていう言葉がすごく当てはまると思います。メンバーは誰も満足はしてないと思うし、もっと先のヴィジョンも見えてるんでそこに向かってるだけです。


Q.「とりあえずここまで来た」っていう感じ?

SIG:まさしくその通りです!この先もっと進化していくだろうし、変化もしていけばいいと思うし。ただH.P.Fらしさ…歌で表現するっていうのがH.P.Fらしさだと思うので、その他の部分で色んなことに挑戦していきたいなって思ってますね。


Q.メジャーデビューっていうのが、応援してくれてるファンへのプレゼントにもなるかもしれないですね。

SIG:そうですね。僕ら自身はメジャーでもインディでも変わりはないというものの、応援してくれる人からしたらやっぱりうれしいと思うんですよね。何て言うのかな、恩返しじゃないけど…今まで応援してくれてありがとうっていう意味にはなったんじゃないかな。
…そういう感謝もあるんだけど、それに自分たち自身がごまかされちゃいけないって部分があるんですよ。やることは変わらない、音楽を追求することは変わらないですから。
ただ、角度を変えて見れば、お客さんたちに一つ返すことが出来たかなって。まだまだ返していきたいものはいっぱいあるんで!


Q.H.P.Fが今までと変わったこと・変わらないこと・変わりたくないことを聞かせてください。

SIG:丁度さっきのミーティングでそういう話をしてたんですよ。全員に譲れないものを聞いたりしてメンバー同士確認をしあって。「何のために音楽をやってるのか」って。そこは変えちゃいけないものだと思うんです。
結局、音楽に関することはどこまでも追求しなきゃいけないと思ってるんで、そこは変えずに。ただ、環境の変化で受け入れなきゃならないこと…もう僕らだけの夢じゃなくなってきてるんですよね、H.P.Fというバンドが。
事務所の人間をはじめ、関わってくる人数が増えていくわけじゃないですか。そういう人たちのことも頭に入れて活動をしていかなきゃならないと思ってます。


Q.メジャーに行くことによって、良い意味でも悪い意味でもやりたいこと・やらなきゃいけないことって出てくると思います。でも、H.P.Fっていうバンドはその枠の中で、しっかり楽しめるバンドだと思います。

SIG:結局、音楽がやりたいために音楽やってるんですよ。だから音楽で遊べば良いと思うんです。それ以外やりたくないことは…もちろんあります。正直「これミュージシャンの仕事かよ?」って思うことなんかいくらでもあるんです。だけど、音楽を楽しむためにやるっていうか…全然いやいやでもないし。全員が受け止めてると思います。


Q.結果的に「より音楽に向かう」ことができて、それがまた「より楽しむ」ということに繋がっていってる感じがしますね。

SIG:そうなんですよね。まだまだ入り口で、この先にもっともっと楽しいことはあると思うし、逆にキツいこともあると思います(笑)。でも、それって今までずっとメンバーで話してきたことなんです。それこそ事務所と契約するずっと前から。
そこに直面して嫌になっちゃうヤツもいるかもしれないけど、僕らはそれもクリアしてきてるんですよ。クリアしてきてるってことは本質で理解してるからだと思うし。…でもまだまだあると思いますよ(笑)。


Q.でも、きっとそれを乗り切れるぐらい音楽を楽しむことができる自信もあるっていう。

SIG:そうですね!楽しめなきゃ、これから先に行けないんで。


Q.地元のファンにメッセージをお願いします!!

Ko-KI:最近ブログなんかでメジャーに行くことを喜んでくれる人が多いんですけど、中には「寂しい」っていう意見もあるんですよ。僕らはより良い音楽を作っていこうと思ってるので。お客さんに対しては今まで通り変わらず、前に進んでいくという気持ちがあるので、応援してもらえればうれしく思います。

SIG:今のメンバーで流行り廃りの存在で終わりたくないっていうのがあって。時代に残るような曲を作っていきたいと思ってます。ファンに対してって感じではないかもしれないですけど、意思表示として、そういうバンドを目指してるよって伝えたいですね、音楽で。

B-BURG:名古屋で、地元で応援してくれてる人たち、一人一人に僕らに対する何かしらの気持ちがあると思います。今回メジャーデビューっていうのがあって、僕らはその先に「こうありたい」「こうなりたい」っていう自分があります。
ステージと客席の距離が少し離れるだけでも寂しいって言ってくれる人もいるかもしれない。でも、僕ら…もっと言うと自分自身、変わりたくない、変わっちゃいけないっていうのを、これから先もずっと突き詰めていきたいなって。そういう部分もこれからも見てくれるとうれしいなと思いますね。

KAZ:新旧問わず、僕らの音楽を好きって言ってくれた人たちが「間違ってなかった」ってことを証明できるようなバンドになります!

Tack:色んな人に支えられて…名古屋があったからこのメンバーは出会えたし、音楽もやれた、お客さんとも出会えた。これからも形は変わっても気持ちは変わらず…もっと楽しいところに連れて行きたいと思ってます!これからも応援よろしくお願いします!

 

Vo&MC: Tack
Vo&MC: Ko-KI
Gt: SIG
Dr: KAZ
DJ: B-BURG

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved