神戸の片田舎で育った少年達がギターを手にしてバンドを組んで、不安定な10代の焦燥感や満足できないイライラを歌い叫ぶ…っていう、まるで「グミ・チョコレート・パイン」の世界観を体現したようなバンド、黒猫チェルシー。パンクでサイケでクレイジー、だけどどこかナイーブなあの感じ。10代の青くもドロドロした衝動。数々のフェス出演や、ボーカル渡辺大知が映画「色即ぜねれいしょん」(みうらじゅん原作/田口トモロヲ監督/共演・峯田和伸、岸田繁ほか)で主演をつとめるなど、各メディアが注目する中、早くも届いたセカンド・ミニ・アルバム。勢いが止まらない黒猫チェルシーに大注目です。

 

Q.どうやって結成されたのですか?

澤竜次(Gt)(以下:澤):もともと僕と岡本(Dr)と宮田(Ba)は一緒にバンドをやってたんですよ。その後も、同じ高校に行った岡本と3ピースのバンドを組んだんです。そうしたら同じクラスにバンドをやってる渡辺がいて。渡辺が初ライブをやるからって見に行ったんですけど、それが物凄くかっこよくて。その瞬間に「渡辺とバンドを組む!」って思いましたね。
それでその3ピースのバンドが行き詰まってきてたのもあって、昔一緒にやっていた宮田を誘い、渡辺に声をかけて黒猫チェルシーを結成しました。
でも完全に遊びのバンドのつもりで2、3回ライブが出来たらいいなぁくらいだったんですけどね。でもやってるうちにだんだん楽しくなっちゃって。


Q. それが高校1年の頃なんですよね?バンドはいつ頃からやり始めたのですか?

澤:小学5年生くらいからやってるんですよ。岡本と宮田の他に2人メンバーもいました。中2の頃に宮田が一度脱退したんですけどね。


Q.小学生の頃にバンドをやろうって思ったきっかけは何だったのですか?

澤:ボン・ジョヴィのライブ映像をテレビで見て楽しそうだなって思って、仲の良かった岡本に「バンド組もうよ」って誘ったんですよ。でも練習はスタジオとかじゃなくて山に行くんです。僕はアンプ内蔵ギターを持って、みんなは楽器なんて持っていないから木の枝で切り株を叩いたりしていました(笑)。


Q.渡辺さんはいつから音楽に興味を持ったのですか?

渡辺大知:(Vo)(以下:渡):中学生の頃に音楽の授業でギターを習い始めたんですけど、家にギターがあったから学校で習った曲を家でも練習したんですよ。それが楽しくなってきて、次はバンドをやりたくなったんです。
でも周りに音楽の話をする人が全然いなかったので、バンドをやりたいって思っているだけでした。それで高校に入ってから同級生のライブを見に行ったんですけど、自分はまだバンドも組めていないのに同い年でライブをやっている人がいるっていう状況に凄く燃えたんですよ。何とか自分のバンドを組んで、やっと出来た初めてのライブを澤達が見に来てくれたんです。
バンドに誘ってもらって嬉しかったし、黒猫チェルシーを組んで良かったと思っています。


Q.この4人でどういう音楽をやろうと結成したのですか?

澤:最初はパンクバンドがやりたくて始めたんですよ。短くてストレートなパンクっていう感じの。遊びで30秒の曲を作ったりもしていましたね。

渡:スターリンみたいなバンドがやりたかったです。


Q.凄い名前が出てきましたね。10代でそういう音楽をやっているバンドって…。

澤:いないですよね(笑)。

渡:でも学校で音楽の話が出来る人なんていないと思っていたけど、澤を中心に段々パンクが広まっていったよね。次第に話せる友達も増えていって。

澤:文化祭でスターリンやINUのコピーをやっていますからね(笑)。洗脳です。

渡:僕も洗脳されましたからね(笑)。それと、スターリンみたいなバンドがやりたいって思っていたら、結成半年くらいで遠藤ミチロウさんと対バンさせてもらいました。組んでくれた地元のライブハウスに感謝ですね。


Q.その後CDをリリースする訳ですが、どういった経緯でレーベルと出会ったのですか?

澤:DECKRECからリリースされているバンドが好きで聴いていたんですよ。毛皮のマリーズとかKING BROTHERSとか。それで事務所の人にどこから出したいか聞かれて「DECKREC!」って。それが去年の話ですね。


Q.どうやって曲は作るのですか?

澤:ファースト・アルバムの頃は、僕が作った曲を渡辺に聴かせて、それに合わせて適当に歌ってもらっていたんですよ。ライブで自然に出た言葉を歌詞にしていたから、ライブを重ねる度に歌詞も完成していく感じでしたね。

渡:でも今はみんなで音を出しながら作るようになりました。


Q.それはアルバムを出して何か心境の変化があったとか?

渡:東京に出てきて環境も変わって、曲に対してだったりアルバム全体のイメージだったりを練れるようになったんですよ。前は勢いだけでやっていたのが楽しかったんですけど、今回のアルバムはちゃんと考えて作る事が出来たのでファーストと聴き比べてみてほしいですね。

澤:ファーストは結成当初からやっていた曲を記録してみんなに聴いてもらうって意味合いが強かったんですよ。でも今回はひとつの作品として聴けるものを意識して作ったので全体を聴いた時の印象はファーストとはかなり違うと思います。ストーリー性も出てきてるし。


Q.ストーリー性という面では「南京錠の件」でのミドリの後藤まりこさんとのデュエット曲なんか最高ですよね。

澤:神戸にあるヴィーナス・ビレッジという橋に、カップルが愛を誓うおまじないで南京錠を付けるって伝説があるんですよ。それを題材にした曲なので、女の子らしい可愛いい部分と絶叫する感じの部分の両方を持ってるミドリの後藤さんに歌ってもらいたいなって思って参加してもらいました。
デュエットすることによって男女の恋物語みたいな歌になればと思ったら、後藤さんの声とマッチしてなんだか物凄い曲になりました。

渡:その曲も含めてアルバム全体でぜひ聴いて欲しいです。


Q. 渡辺さんは、映画『色即ぜねれいしょん』の主演でも話題になりましたね。

渡:最初はドッキリかと思っていました。絶対に嘘だと思ったし。


Q.映画とバンドでは表現したいことや伝えたいことって違ったりするんですか?

渡:演技の事は今でも全然分かっていないですけど、映画もバンドも自分を解放することが大事だと思うんですよ。照れていちゃいけないし。そういう意味では意気込みや感覚は似てるんですけど、やっぱり完全に同じものとは思えないですね。
バンドは4人で音を出すからその中にいる気持ち良さがあるんですけど、映画をやってみて思ったのは意外と孤独なんですよね。自分との戦いなんです。でも見てくれたり聴いてくれたりする人はどう思うんでしょうね。作る上で音楽も映画も似ているとは思うんですけどね。まだちょっと分からないですね。


Q.2月にはいよいよ名古屋での初ライブも決定していますね。

澤:名古屋初なのでどんな感じなのか凄く楽しみです。ファーストもセカンドも両方聴いて頂いて、曲を知った状態で見に来て欲しいですね。

渡:初めての場所でやるライブって本当に楽しみなんです。音楽はどうだとか難しいことをいろいろ考えすぎちゃうと面白くないので、気楽に楽しみに来てください。

 

黒猫チェルシー
1st. full album
黒猫チェルシー
DCRC-0064

NOW ON SALE

¥1,890(税込)

恐るべき十代の暴走!パンク、サイケデリック、ガレージ・ロック…。アンダーグラウンド・ミュージックからの影響を、神戸の片田舎で育った少年たちが、素朴かつ素直な感性でエクスプロージョン!黒猫チェルシー、衝撃と衝動のファースト・アルバム!


黒猫チェルシー
2nd. full album
All de Fashion
DCRC-0066

NOW ON SALE

¥1,995(税込)

サイケデリックでクレイジー。衝動的でありながらナイーヴ。デタラメな音楽も純粋なメッセージも表裏一体!ファースト・アルバム『黒猫チェルシー』以上にロックとしか呼びようのないセカンド・アルバム!


 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved