GOING UNDER GROUNDの松本素生がプロデューサーにヒダカトオル(BEAT CRUSADERS)を迎え、ソロ・プロジェクト『SxOxU』を始動させた!参加メンバーは田淵ひさ子(G)(bloodthirsty butchers)、みずえ(Dr)(つしまみれ)、Superflyなどで活躍する岩崎なおみ(B)、andymoriの藤原寛(B)、後藤大樹(Dr)と錚々たる顔ぶれ。英詩による90'sオルタナ・ギター・ロックを軸に、カオティック且つエモーショナルなサウンドを打ち出している。その中に彼の持ち味である透き通った爽やかな歌声とメロディが上手く生かされた傑作である。

 
Q.まずはソロ・プロジェクトを始めようと思ったキッカケを教えてください。

松本:そんな大々的にやるつもりではなくて。去年ぐらいから考えてはいたんですけどね。丁度GOING UNDER GROUNDのツアーも終わって「このタイミングだな」って感じで。
で、CDをどこから出すとかも全然考えずに、ヒダカさんを誘って。そこから始まったんですよ。何でって言われると…全然理由なんてなくて…ただ、やりたかったんですよね。


Q.特に明確なビジョンがあったわけでもなく?

松本:全然!曲とかもなかったし。ずっとGOING UNDER GROUNDのサイクルでやってきて…こう、それとは別に、ふざけたこともやりたいなっていう。ホントにビジネス的な部分は置いといて、クリアにやりたいなって思ってて。
GOING UNDER GROUNDとSxOxUの何が違うのかって聞かれたら「人は一緒だけど、着てる服が違う」っていうぐらいの認識ですかね、自分の中では。曲の作り方も一緒だし…やってるメンバーと、やり方が違うっていうだけで。


Q.プロデューサーにヒダカさん(BEAT CRUSADERS)を迎えた理由は?

松本:ご存知の通り、彼は頭の切れる人だし、ふざけ方も知ってる人じゃないですか。元々、俺ビークルメッチャ好きで、CDも買ってチェックしてたんですよね。
で、去年のいしがきミュージックフェスティバル(岩手県盛岡市で行われたイベント)で、初めて対面したんですよ。


Q.え?そうなんですか!結構古い付き合いなんだと思ってました。

松本:そうなんですよ。意外ですよね。で、「スゲェ好きなんですよ」って話して。「またまた〜」なんて(笑)。ホントに好きだったからGOING UNDER GROUNDのプロデュースをしてほしいって話したら、「全然良いよ!」って。
その後、打ち上げで色々話してたら、ヒダカさんがGOING UNDER GROUNDのプロデュースをしてくれるなら、「こうなればいいのにな」って俺が常々思ってた部分と、ヒダカさんがGOING UNDER GROUNDに対して、「良いんだけど、ここがもうちょっと欲しいな」って思ってた部分が一致してて。これはやるしかないなってなったんですよ。
でもGOING UNDER GROUNDのレコーディングは終っちゃってたから「次回は!」ってなってて。そこでソロの話が持ち上がってきたんですよ。もう、アポなしでライブに押しかけましたね(笑)、黒埼マーカスまで、「ソロのプロデュースやってください!」って。とにかくヒダカさんとやりたかったんですよね。


Q.ヒダカさんと一緒にやってみてどうでしたか?

松本:基本的に2人ともドSなんですけど、「今回は俺、Mに回りますから!」って(笑)、「お尻洗って待ってますから!」って(笑)。黒埼で話した時には大体どんな感じにするかっていうのは決まって。やってみて…最高でしたね!もう、「分かってらっしゃる!」っていうね。
これ以上やったらカッチリしすぎちゃうし、ここまでやらなきゃこういうものにはならないしっていうのはあるんだなって。


Q.曲作りはどうでした?

松本:曲はもう全部俺にお任せで。「良い曲だったら何でもいいよ」って。で、最初の何曲かは「まだですな」みたいな返事で(笑)。
『Don't want to be alone』が出来た時に、「こういうことですね」となって。最初の段階ではメジャー流通どうこうも考えてなかったんで、2人して好き勝手やろうって決めてたんですよね。「じゃあエンジニアはこの人に頼もうぜ」とか、「音もピーピーいっちゃおうぜ」みたいな。90年代のUSオルタナって、今やってる人いないから、あれを今やっちゃおうぜとかね。
曲の作り方はGOING UNDER GROUNDと変わらないんだけど、アレンジとかサウンドをオルタナっぽくしていくっていう。


Q.メンバーはどのようにして決めたのですか?

松本:後ろ女の子だったら渋くない?ぐらいの(笑)。何回か打ち合わせして、出てきたキーワードが「90年代」とか「Dinosaur Jr.」とか「アルビニ(Nirvana、Pixies等を手掛ける名エンジニア)」とかで。それでバックが女の子となったら、ギターは田渕さんしかいないだろう!と。もう田渕さんのギターはマストでしたね。


Q.そしてbloodthirsty butchersの吉村さんも参加しているという!

松本:レコーディング中にメシの時間ぐらいになると、チューハイ持ってフラっと現れて(笑)。で、ギターを爪弾いてる。「そのフレーズいいですね」「弾いてやろうか?」「ギャラ出ないっすけど」ぐらいのノリで(笑)。『VOID』って曲はまさにそういう状況で生まれた曲で。
もう吉村さんは缶チューハイ4、5本飲んでる状態で(笑)、「ハードコアとは」みたいな話になって。Dischordとかの話をみんなでしてたら、「ちょっと録ってみる?」って(笑)。そのままノリで5テイク歌わされて(笑)。


Q.タイトルも楽曲も完全にハードコアですもんね。こういった音楽も好きなんですか?

松本:そうそう!ヒダカさんと「何か1曲欲しいよね」って話してて、ハードコアの話になって。「実は俺VOID好きなんですよね」って言ったら、吉村さんがノってきちゃったんですよ。「ハードコアっていうのはよ、立ち方だからよ」みたいな。「左足前だよ、まず」って(笑)。「じゃあちょっとやってみよう」って(笑)。


Q.完全にノリと勢いで(笑)。

松本:そうなんですよ!だって録るの決まってなかったですもん!ホントは6曲+ボーナス1曲の7曲入りになる予定だったんですよ。次の日、歌入れだったんですけど…吉村さんのOKが出るまでやらないといけないじゃないですか。「明日歌入れです」とかも段々言えない雰囲気になってきて(笑)。
頑張って5テイクやって、声出なくなりましたもん!(一同爆笑)


Q.これに関係してるんじゃないかと思うんですけど、ロゴが…。一瞬「SxOxB」と見間違えました!

松本:『SxOxU』ですからね!最初は色んなバンド名を考えてたんですけど、何か小賢しいなって。松本素生なんだし「SOU」でいいんじゃないの?ってなったんですよ。「SOUならx入れるしかねぇだろう」ってヒダカさんが言い出して(笑)。そこでxが入っちゃったっていうね。


Q.ジャケとロゴだけみたら、完全にハードコアのバンドですもんね!

松本:みんなで悪ふざけしたんですよね!「ソロです」っていうノリでやってるつもりもなかったし、それが出るとカッコ悪いって思ってたから。結局ソロっていう名目ではあるけど、ちゃんとバンドとして機能するようにやりたかったんですよ。始まり方が、好き勝手やろうっていう感じだったから。とにかくどこから出すとか、そういうの一切考えずにやってたんで。
で、2曲ぐらい録ったところで、リリースの話が来て、ヒダカさん一瞬顔がマジになる!みたいな(笑)。「え?」みたいな(笑)。「タイアップも付いたらしいっすよ」「え?」みたいな(笑)。


Q.SxOxUとして表現したいこと、伝えたいことを教えてください。

松本:GOING UNDER GROUNDって良くも悪くも、カッチリしてるんですよね。カッチリ商品にしなきゃいけないんじゃないかっていう、固定観念みたいなのがあって。俺は、それって違うんじゃないか?っていうのがあったんですよ。別に何やったっていいし。マジメにやりたくないから音楽とかやってるはずなのになぁって。だからフザけちゃえ!っていうことですかね。アー写もジャケもフザけちゃえ!って。
多分GOING UNDER GROUNDのファンの人たちからしたら、俺がハードコアやDischordが好きっていうのは意外だと思うんですよね。自分としては分け隔てなく好きなんですけど。だから…GOING UNDER GROUNDだけでやろうとすると、やりにくいってことですよね。何かこう…やりにくいなぁ…みたいな。
でも、誰かと一緒にふざけることによって、そういうのがボーダレスになっていけば良いと思うんですよ。


Q.シングルでは英詩バージョンと日本語詞バージョンを収録してますが、アルバムは英詩メインですね。何か意図するところがあるのでしょうか?

松本:一生懸命やりましたっていう風になったらカッコ悪いっていうのが、俺もヒダカさんもあって。だったら英語じゃない?みたいな。日本語でやると良くも悪くもGOING UNDER GROUNDの人のソロでしょ?ってなっちゃうじゃないですか。
最初はアー写も外国人に出てもらおうかと思ったぐらい(笑)。まぁそれも小賢しいんでやめましたけど(笑)。


Q.結果的には英詩で良かったんじゃないでしょうか?楽曲にも合ってるし。英詩は初めてですか?

松本:そうなんですよ。思いの外いけたな!っていう感じですね(笑)。俺、英語の歌詞は全く書けないんで、ハーフの友達に書いてもらって。発音もネイティブの人にも伝わって、意外と大丈夫でした。
あとは、歌入れが楽でしたね、英語だと。やっぱり日本語だと直球で伝わりすぎちゃうし、言葉の意味とかにも引っ張られるんですよ。それがなかった分、歌の意味でメッセージを伝えるのではなく、鳴り様で伝えるっていうか。それが良かったですね。


Q.M-4『Summer's gone』ではサビで「sayonara, my sweet days」とさらっと日本語も入れてますが。

松本:これはビークルの『JAPANESE GIRL』を聴いて、いいなって思って。それをそのまま…「パクっていいですか?」って(笑)。あと、「DAY」の歌い方もヒダカさんにリスペクトを込めて歌いました(笑)。「DAY AFTER DAY〜」のね(笑)。
そういえば、『Roller Coaster』にハンドクラップが入ってるんですけど、あれスタジオ行ったら勝手に入ってて(笑)。「あれ?こんなの入ってましたっけ?」って言ったら、「一応ハンコ押しといたから」って(笑)。「ヒダカ印を押しといたから」って(笑)。


Q.今までの話をまとめると、すごく気楽に、すごくフザけてやった結果、良いものが出来たっていう感じなんですかね?

松本:そこはやっぱ、ヒダカさんがプロデューサーに居たから、曲の良し悪しの判断がまずあって。「この曲ならどれだけフザけても大丈夫」っていうのがハッキリしてたんですよね。完成度の低いものでフザけたら、ただの遊びになっちゃうし。そこは目をギラギラさせてましたよ、ヒダカさん(笑)。


Q.東海地区の皆さんにメッセージをお願いします。

松本:GOING UNDER GROUNDとは間逆なので、新しいバンドがデビューしてCDを出したと思ってもらえらば。それを聴いて「いいな」って思ったら、ライブに来てほしいかな。ライブもほとんどCDと音像は変わらないです。ライブで出来ることしかやってないんで。何かこう…フレッシュな感じがしていいんじゃないかな(笑)。

 

My Space:http://www.myspace.com/sxoxu

 

SxOxU
ALBUM
SxOxU
PCCA.03039

NOW ON SALE

¥1,890(税込)


SxOxU
SINGLE
Funny Sunny Day
PCCA-70264

NOW ON SALE

¥800(税込)

 

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved