KEN BANDがメンバーチェンジ後、初のフルアルバムをリリースする。良き理解者サージを失い、どうしていいかわからなくなる事態に陥ったこともあったという。しかし、そこは流石のKen Yokoyama!過去最高にパワフルで、ストロングで、そして彼らしいアルバムを作り上げた。そこには新加入のメンバーMinami、Jun Grayへの信頼も大きかったようだ。ロックに対する姿勢、シーンに対する気持ち、家族や仲間への愛情、怒り、悲しみetc…。「人間・横山健」の全てをぶち込んだ大名盤『Four』はあなたの人生を変える1枚になるかもしれない。アコースティック・ライブが終わった直後、興奮冷めやらぬ楽屋にて話を聞く。

 

Q.現在のメンバーで初のアルバムとなりますが、手応えはどうですか?

Ken:今までのアルバムが出来た直後の感情を否定するわけではないんだけど、こんなに手応えがあるのは初めてだっていうぐらい強い手応えがある。元々アルバムを作る前からイメージはあって。そのイメージっていうのは「すごく強いアルバム」「ストロングなアルバム」っていう。一本筋の通った強いアルバムを作りたくて。
楽曲が〜調とかさ、そういうのじゃ全然なくて、とにかく強いアルバムっていうのを考えた。1曲1曲、「これは強いか?」「これは強いか?」っていう風に自問自答を繰り返して…結果ものすごく強いアルバムが出来たと思ってる。だからねぇ…ホント今まで関わってきたアルバムの中で一番うれしいかもしれない。まぁ比べたくはないし、比べるものではないんだけどね。


Q.前はサージが曲作りのアイディアも出していましたが、サージがいないことで何かバンドに変化はありましたか?

Ken:すごいデカかったのよ、それがホントに。最初、どうしていいか分かんなくなったの。『Third Time's A Charm』(3rdアルバム)なんてサージとのコラボレーション・アルバムみたいになっちゃってたからさ、最終的には。サージはほっといてもアイディアをどんどん出してくれるし、それに甘えちゃってたところもあるんだよね、俺も。
で、一から自分のケツを叩かなきゃいけなくなって…でも腹をくくっちゃえば、走り始めちゃえば大丈夫だったよ。


Q.そういう意味では、ソロとしての1stに近い気持ちでやれたのかなって思うんですけど。

Ken:そうなのよ。『The Cost Of My Freedom』(1stアルバム)ではネタ出しから全曲自分でやって、演奏は周りにいる友達とやった。今回は歌詞も曲も全部自分でアイディア出して…そこでやっぱり「横山健」としての純度は高まるわけじゃない。そこにライブでもずっと一緒にプレイしてるKEN BANDが肉付けしてくれたわけだから、ベストな感じだよね。


Q.今までよりもバンドっていう感じなんですよね。

Ken:普通にソングライターが一人いるバンドっていう感じ。面白いことに、より一層バンドになってるよね。


Q.それはやっぱりメンバーに対する信頼が強くなったからなんでしょうか?

Ken:特に新しく入ったMinamiちゃんとJunさんが強烈でね。もうプレイヤーとして…もちろん他にも才能のある人たちなんだけど、一番はプレイヤーとして一級品だと思うのよ。


Q.曲を味付けする能力っていうのも高いですよね。

Ken:うん!ホント!特にJun Grayがヤバいよね!ベース聴くと、何でJun GrayがJun Grayなのかって分かるよね。


Q.ホントに聴くと分かるんですよね。実は今回の作品の芯の部分になってるように感じます。

Ken:元々バッドボーイズ・ロックとかハードコアとか幅広くやってた人だからね!とにかくワル(笑)。その芯の部分っていうのは、俺も実感してて、うれしいところでね。このまま行けるところまで行きたいなってすごい思ってる。


Q.タイトルは4枚目だからってことですよね?

Ken:そう。4枚目だから『Four』っていうのと、ツェッペリン(Led Zeppelin)とかさ、Black Sabbathとかさ、4枚目に「4(Four)」って付けてる名盤が多いじゃない。ホントはもっと長ったらしい名前も考えたの。なんだけどね、メンバーに話しても「うーん、もっとシンプルなのがいいんじゃないかな」って。メンバーも多分、その『Four』っていうところの何かをキャッチして『Four』がいいなって思ったんじゃないかな。


Q.強いアルバムという意味ではタイトルも強くて良いんじゃないですかね。

Ken:『Four』っていうタイトルに値するぐらい強いアルバムが出来たっていうね。あとは、初めて4人で作ったからっていうのもある。他にも色んな意味が上手く合わさってさ。どんな捉え方してもらってもかまわないよ、「これはマイケル・ジャクソンの追悼なんだろうな」とかさ(笑)。


Q.前作に比べるとギターが前に出ているように感じます。これは意識的にそうしたんですか?

Ken:意識的にそうしたわけではないけど、今回は今までで一番こだわって弾いたんだよね。あと、ギターのベーシックトラックって2本録るんだけど、今まではそれを全部自分一人で弾いてた。前任のコリンはレコーディングには参加させてなかったの。何故なら、俺はギタリストだから、入ってるギターは全部自分で弾きたかったから。
ところが今回はMinamiちゃんが参加して片チャン全部Minamiちゃんが弾いたんだよ。それで良い意味で競い合ったんだろうね。それが多分、今回のギターの勢い…音量でいったらそんなにデカくないと思うのね。ただ勢いはホント強烈でしょ?二人いたからっていう強みが出たかもしれないね。


Q.M-2『What It Means To Love』の歌詞が素晴らしすぎて感動しました!これは何について歌ってるんですか?

Ken:具体的なこともあるんだけど…人を愛するっていうこと…男が女の人を愛することとか、子供を愛することとか、友達を愛することとか、色んなことを重ねて。こう、言葉で終わっちゃうような上辺のものってイヤじゃない?ホントは言葉って必要だったりもするんだけど…「違うんだ!こうやって愛することもあるんだよ!」っていうのを出したかったんだよね。


Q.M-3『Punk Rock Dream』はまさに横山健!という出来ですが、これまた歌詞が気になります。「あなた」というのは、ひょっとしてFAT MIKEのことですか?

Ken:みんなFAT MIKEだと思うでしょ?でも、別に誰っていうわけではないの。ただ、自分がパンクロックに育ててもらって、色んなところに連れてってもらってさ。「あなた」っていうのは、ホントにFAT MIKEかもしれないよね、それは俺にも分かんない。…でも、そこで「彼です!」とは言いたくないのね。色んな人がいたし、色んなバンドがいたし、色んな楽曲があったし、そういう自分が当時憧れてたシーンそのものに対する歌なんだよ。


Q.M-4『Your Safe Rock』、これは去年のフェスの経験から生まれた曲だと思うんですが、パンクにとって問題提起というのは大切ですよね。「毒にもなれやしない」って言葉にすごく意味があると思います。

Ken:あれ以降、「ロックって何だ?」って考えるようになったんだよね。「パンクって何だ?」っていう以前に「ロックって何だ?」って。
やっぱり「毒にも薬にもならないようなものってロックじゃねぇんじゃないか?」って思うのよ。すごくオジサンな意見かもしれないけど。時代が流れてさ、ロックが誕生して何十年も経って、ロックっていう言葉の意味が逸脱してるんじゃないかって思うの。
そこら辺のヤツがエフェクター買ってきて「ギャーンッ」って歪ませたらロックか?って。そんなわけないじゃない?やっぱり。で、それが運良くメジャーデビューしてカテゴリーされるのがロックか?って。フザけんな!って思うんだよね、やっぱ。


Q. 元々良い子のものではないですもんね。

Ken:それこそ、名古屋には原爆オナニーズっていうバンドがいてさ。あの人たちは、みんな仕事しながらバンドやってるけど、やっぱり精神性はすごいわけじゃない。だからマトモなところに籍は置いてるけど、マトモな生活はしてないと思うんだよね。バンドやってないとバランスが取れないんだと思うよ。人生の辻褄が合わないんだと思うの。そういう人がロックに選ばれた人だと思う。そういう人が鳴らすのがロックなんだと思う。


Q.少なくとも「お茶の間レベル」で評価されるようなものではないってことなんでしょうね。心に何か抱えた人がやるものだと思いますし。

Ken:そうそうそう!と、思うんだよね。今まで俺ってさ「100人いたら100通りのロックがある」とかね、「100人いたら100通りのパンクがある」とか言ってたんだけど…ちょっと甘かったかなぁと思って。そんなこと言ってたら、みんな勝手に「ロックイエー!」「パンクイエー!」になっていくなと思ってさ。
だから、ここで一つ考え変えました…じゃないけど、言うようにしました!っていう宣言でもあるんだよね。


Q.1周回ったのかもしれないですね。始めた頃ってみんなパンクやロックの精神性にすごくこだわりを持ってたはずなんですけど、広がることに対する喜びに傾倒しすぎた部分もあるのかなぁと感じます。

Ken:そうなんだよ。ロックじゃないものもロックって言われるようになって、今日ハガキのコーナーでも読んだけど、「ライブハウスの敷居が低くなった」っていうのもあってさ。それが、良いのか悪いのかっていうのもさ…。
ライブ・シーンに身を置いてる俺からしたら、そこで受けてる恩恵も大きいって分かってるわけよ。でも…でもさ、言わずにはいられないんだよね、もう。


Q.そんな重いテーマの曲の中M-6『Cute Girls』のようなPOPで冗談めいた笑える歌詞もあって。

Ken:(笑)。もうね(笑)、全部一緒。全部一緒なんて乱暴なこと言ったらいけないのかもしれないけど、でもこれが40歳のオジサンの本音なのよ(笑)。「ロックって何だ?」っていう側面もあれば、若い娘見てニヤニヤする側面もあるわけ(笑)。やっぱ若い娘の胸の谷間はエエなぁって(爆笑)。


Q.その後のM-7『Don't Make Me Pissed Off Fuckin' Son Of A Bitch』M-8『Falling From Grace』M-9『It's My Way, Go Your Way』の怒り3部作へと続く流れが痛快です。

Ken:『Don't Make Me Pissed Off Fuckin' Son Of A Bitch』は『Ricky PunksV』的な存在だよね。3部作っていうつもりは全然なかったんだけど…曲調で並べていったら、たまたまこうなっただけで。


Q.今日のライブで言ってた「この曲の後にこの曲をやるってことは、横山何が伝えたいんだろう?」っていうのを考えてしまいました(笑)。

Ken:(大爆笑)。そういう解釈好きよ!残念ながら3曲並べたことには特に意味はなかったけどね(笑)。


Q.M-10『Kokomo』はThe Beach Boysのカバーですよね。この曲にはどんな思い入れがあるのですか?

Ken:いや、あんまり思い入れはないのよ。
俺The Beach Boysの大ファンですごい好きなのね。The Beach Boysのファンなら、もっと古い曲をやるのが普通じゃない。でも、『Kokomo』って完璧に懐メロ・バンドと化した頃の曲でしょ。そこをやるのが面白いんじゃないかと思って。セル・アウトした楽曲を、俺らが屈託なく鳴らす、みたいな。
普通なら初期の「I Get Around」辺りとかさ、中期の「Pet Sounds」の辺りのものかをやるじゃない。もちろん「Pet Sounds」辺りのものをやったら、カッコ良いんだろうなって気はしたんだけど…まぁセル・アウト感満載な感じもまた良くて(笑)。ちゃんと本物のスチールドラムも借りて、俺がプレイしたの(笑)。


Q.実は意外と時間がかかってるんじゃないですか?

Ken:そうなんだよね(笑)。一番、手がかかってるかもしれない(笑)。録る前は、メンバーの中でも「まぁこれは録ってみてって感じだよね」っていう空気が流れたのね。でも、形にしたら、すごい良くて(笑)。やっぱ馬鹿やるにも全力でやってみるもんだなって。手ぇ抜いたら、ただの馬鹿になっちゃうし、笑えないから。これはホント、アルバムの味付けには良かったなって。


Q.M-11『Sleep』なんですけど、今日のライブでカバーしたSIONさんの「早く帰ろう」のアンサー・ソングなのかなと思ったんですが。

Ken:よく気が付いてくれた。あの歌詞に触発されて、俺なりの風景を書いてみたっていう感じ。もうちょっと家族のほうに寄ってはいるけど、男が抱えてる日々の切なさっていうかさ…全部、生きてること自体無駄なんじゃねぇか的な。そんなところを、どこで救えるかなっていうテーマがね。


Q.M-12『Let The Beat Carry On』は後輩たちへのメッセージですよね。

Ken:M-12、M-13辺りは他の人には遺言だって言われたよ(笑)。20代でこんなことは歌えなかったなぁ、ビートを絶やすな!なんて。もちろん若い世代へのメッセージでもあるけど、自分に言い聞かせてるところもあるね。


Q.M-11〜M-13なんかは30代、40代が聴いても共感できるんじゃないですかね。こういう曲をやることで30代や40代の人にも観に来てほしいっていう気持ちも伝わると思います。

Ken:そうだといいな。若いヤツに火をつけるのは簡単なんだけどさ、ちょっと諦めかけてる30代、40代の人に火をつけるってすごい難しいことだと思うんだよね。でも、すごくやりたいことなんだよ。それで俺自身にも火をつけてるところもあるんだ。


Q.昨年発売された「The Best New-Comer Of The Year」にも通ずる部分があると思います。

Ken:そうかもしんない。ああいうこれからのバンドにも伝えたいよね。


Q.Hi-STANDARDを始める時に「誰もやったことのないような音楽を」っていう気持ちがあったじゃないですか。そういう音楽が生まれることにも期待してるのかなって思いました。

Ken:ちょっと質問の内容とズレちゃうんだけど…最近うれしいことの一つにさ、「Kenさんのギター見てギター始めました」っていうヤツが、一端の人気バンドになってたりすんのね。それが全然メロディック・パンクじゃなかったりするのよ。どこが俺のギターの影響なんだよ!って(笑)。
でもさ、それが無性にうれしかったりするんだよ。何か新しいことをやろうとしたっていうのがさ。そういうのがあると歳取るのも悪いもんじゃないなって思ったりするんだよね。


Q.それこそ健君がオジー・オズボーンに憧れてギターを始めたけど、やってる音楽は全然違ったっていうのと一緒ですよね。

Ken:そうそう!メタルじゃねぇじゃねぇか!ってね(笑)。でも間違いなくそこから始まってるわけでさ。


Q. M-13『Still Burning』。楽曲も歌詞もアルバムの最後を飾るにふさわしい曲だと思います。遺言なんて言われることもあるみたいですけど(笑)。

Ken:(笑)。「死」っていう言葉がM-12、M13に出てくるんだよね。まだ別に自分が死ぬ予感なんてないんだけど、40歳になって着々と近くなってることも、また事実でさ。こればっかは誰にでも公平に訪れるもので。何か残したいのかもしんないよね。


Q.M-12、M-13はずっと先頭を走ってきた人だから言えることなんだろうと思います。別に疲れちゃったとかじゃないですよね?

Ken:全然全然!ただ、ちょっと見方が変わったっていうか。昔、言えなかった事が歳取って言えるようになったのかな。全然疲れてないよ!むしろ火がついてる(笑)。体は…そりゃ疲れは溜まりやすくはなってるけど、やりたいことはいっぱいある!


Q.ムーン・ウォークの練習したら足の甲が痛くなるけど(笑)。

Ken:ムーン・ウォークやると、足の甲がつっちゃうけどね(笑)。意味分かんないでしょ?若いヤツには分かんないだろうけど、40になってみ!?分かるから(笑)。10代の頃は5分で飲み込めたことがね、出来ないんだから!


Q.それでも、40歳の人が今から何かを始めたっていいんですよね!それがこのアルバムからは伝わってきます。

Ken:そうだよ!今からだって始めていいんだよ。感じてくれる人は歳関係なく火つけられたらいいと思う。


Q.意図はしてなかったんでしょうけど、この曲順だからこそ伝わることもあるんじゃないかなと思います。何となくストーリーとしても筋が通ってるし。

Ken:そうかもね。特別、歌詞の世界で並びは考えてなかったけどね。ホントいうとM-12、M-13は並べないほうがいいと思ってたの。でも、周りの意見で「逆に並べたほうが分かりやすいかもしれない」ってなって。


Q.結果的にはそれが良かったんだと思います。ものすごくすんなり入ってきましたし。

Ken:そうなんだ、良かった。M-1、M-2はラブ・ソングでさ…M-1なんて「ぶっ殺す」なんて言ってるけどラブ・ソングなのよ。別に女の人に向けたわけじゃなくて、何年も会ってない友達だったりとかさ、助けを必要としてたら「すぐに行ってぶっ殺すからよ!」っていう、ものすごく視野の狭いラブ・ソング。M-2は愛することについて歌ったラブ・ソングでしょ。これも並べるのはどうかな?って思ったりしたんだんだけどさ。色々悩んだけど、結果すごいストーリー性ができて良かったのかもね。


Q.隠しトラックがライブ向けすぎますよね!

Ken:これも実はお父さんだからできたことでさ(笑)。子供ってこういうシャッフルが好きなんだよね。何でこれをやろうと思ったかっていうと…長男坊が生まれてから、ずっとビデオを撮ってるわけよ。それをたまたま見直してたんだよね。
シャッフルの曲を俺が「ズンズタッタ、ズンズタッタ」ってやってたら、つかまり立ちしてこんなことしてる映像が入ってて。(横山さん立ち上がってお尻を振る)「これだ!」って思ったんだよね(笑)。それでやりたくなっちゃったの(笑)。


Q.最近じゃ隠しトラックを入れるバンドも減ってきましたが、これは何かこだわりがあるんですか?

Ken:こだわりとまではいかないけど、パッケージを手にしてくれた人に、一つ喜んでもらいたいっていう。昔はホント遊び心でやってたけど、今はそういう意味合いのほうが強いかな。まぁ違法ダウンロードとかで、出回っちゃうかもしれないけど、それでもやっぱりやりたいな。


Q.このアルバムはパッケージで聴かないと意味がないように思いますけどね。この曲順、ジャケット、隠しトラック全てにおいて。

Ken:やっぱりパッケージを残したいっていうのは絶対にあるよね。色んなところで討論になってるけど…パッケージが売れない時代になって、俺はミュージシャンとしても、レーベルのオーナーとしてもそういうことに面してるわけじゃない。
だからこそ、誤解を恐れずにいうとね、ミュージシャンに強いパッケージを作る能力がないんじゃないかと思うのよ。


Q.そうなんですよね。CDが売れないって言われてても、ビートルズのリマスター盤が出たらあれだけ売れるんですもんね。

Ken:そうそうそう、そうなんだよ。だから、レコード会社の姿勢も、隙間産業みたくなっちゃってさ、どこも。もっと性根を据えてやらんかい!って思うのね、そんなグチャグチャ言うぐらいだったら。俺らも配信は始めるけど、それは全部、パッケージを手にしてもらいたいが為の道を作ってるだけであって。


Q.ジャケや、歌詞カードの仕様や、曲間のコンマ何秒まで全てにこだわったものがパッケージなんですしね。

Ken:そうだよ!マスタリングの時なんか0.何秒前って曲間を決めていくわけじゃない。そこまで分かれとは言わないけど…聴いてくれる人にそこまで押し付けることって出来ないけど、作ってるほうはそこまで考えてるよってことなんだよね。


Q.作る側がそこで手を抜いちゃったら、パッケージの意味がなくなっちゃいますしね。

Ken:そうなんだよね!別にiTunesとかで買って聴いてくれてもいいんけど、パッケージをちゃんと手にして聴いてくれたほうが、より分かるアルバムを今回ちゃんと作れたと思う。でもさ、作る側が考えられるのはそこまでで、あとはホントみんなに育ててもらうしかないんだよ。


Q.東海地方のファンに一言メッセージをください!

Ken:俺、今回のアルバムで色々問題提起もしたし、悪口も言ってる。オッサンの戯言だと思ってもらってもかまわないけど、もしハッと思う人がいるんだったら、その気持ちをごまかさずに行動してほしいなって思う、ホントに。


Q.僕らがパンクやロックから教わったことなんでしょうしね。

Ken:俺、学校なんかで何にも教わってないと思う。パンクやロックから色んなことを教わった。そういうものを汲み取ってくれるアンテナを持ったヤツがいないわけないと思うんだ。だからそういう人のところに届きゃいいなと思う。

 

HP:
PIZZA OF DEATH http://www.pizzaofdeath.com/
MySpace http://www.myspace.com/pizzaofdeathcom

 

Ken Yokoyama
4th ALBUM
Four
PZCA-46

2010/3/10 ON SALE

¥2,300(税込)


Ken Yokoyama "Four Tour"
 5/20(木)清水JAM JAM JAM
 5/21(金)名古屋HUCK FINN
 7/1(木)名古屋DIAMOND HALL

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved