竹内電気が進化した。もちろんこれまでだって竹内電気は彼らが影響を受けてきた沢山の音楽を自信のフィルターを通して体現してきたし、思いついた面白い事を全力で楽しんできた。そんな竹内電気が、全45箇所を廻った大規模なツアーや、「YOU&I」での意識改革を経て、バンドとして確信的に進化したのだ。ポップマジシャンと呼ばれる所以もそこにあるのだろう。今までよりも赤裸々に綴られた歌詞も、新しくチャレンジした事も、変わらない事も、これまでもこれからも、竹内電気の全てをポップに放電(電気だけに)した歴史的名盤の誕生です。

 

Q. 「HITS!!」「OK!!」「SHY!!」の3部作を経て、バンドが物凄く変わったよね。

山下:単純に曲を作るにあたってメンバーで話し合う時間が増えたんですよ。今まで結構自由にやってきたんですけど、ちゃんと方向性を決めてやるようになりましたね。

竹内:どういうものを作りたいかっていうのがメンバー間でそんなに遠くなくなってきたんですよ。次はどういう作品を作ろうかっていうイメージが5人共そんなに遠くなかったんですよ。もちろん話し合いもしたけど自然と同じ方向を向くようになったのは大きな変化ですね。


Q.それは長いツアーを経験したからこそ?

竹内:そうですね。45本っていう長いツアーをやって、本当にずっと一緒にいたんで。それまではメンバーそれぞれ何を考えているかわからなかったし、やりたいって思ったことを漠然とやってただけだったんで。良い意味でも悪い意味でも適当だったし。
でも今回から、「これをこうしたいからこういう曲を作ろう」っていうちゃんとした理由がある曲ばかりなんですよ。僕ら、成長しましたね。

斉藤:そういうのって人に言ってもらうんじゃないの?(一同爆笑)


Q.アルバムタイトルの付け方も変わったよね?前なら「OK!!」にしても「HITS!!」にしてもタイトルを思いつきで付けてからアルバムを作っていくって言ってたじゃない?今回の「PLAY」は何故かそういう感じがしなくて。これまでのタイトルに必ず付いていた「!」が無くなった事がそう思わせるのかもしれないけど、勢いだけで決めていないっていう。

斎藤:するどい。今回はタイトルもみんなでちゃんと話し合って決めたんですよ。アルバムのイメージはメンバー全員遠くなかったんで、それを象徴する単語をみんなでリストアップして。これまでの流れも汲んで単語のタイトルが良いっていうのはあったんですけど、ちゃんと意味のある単語で意味のあるタイトルになりましたね。
メンバーそれぞれ考えていたタイトルはあったんですけど、誰もが想像しえなかったところにこの「PLAY」って単語が転がっていたんですよ。それで全員がこれが良いんじゃないかって。誰かの強い意志じゃなくてバンドの意志で決めたタイトルだから、こういう決め方が出来たのは大きかったですね。

山下:「!」を外したのは、今まで付いてたけどもういいんじゃないかって。そんなノリ。


Q.アルバム収録曲はシングル「YOU&I」以降に作った曲ばかり?

山下:「YOU&I」の前に作った曲もありますね。それまでに作った曲は演奏が出来てからメロディーをのせる感じなんですけど、「YOU&I」以降に出来た曲は歌から作っています。

竹内:丁度良いバランスだと思います。

斎藤:良い感じにグラデーションしてるんじゃないかと。


Q.これまでの竹内電気は、80年代90年代J-POPへのオマージュが散りばめられていたと思うんですよ。でも今回のアルバムはそういう要素も含みつつ、すごく現在な感じがしました。

山下:逆に今までが凄く狙ってたんですよ。80年代90年代のアレンジっぽくしようって。でも今回はそういうのが特に無かったから現在っぽく聴こえるのかもしれないですね。

竹内:ちょっと前までは本当に80年代の音が出したかったんですよ。だからそういう機材を使っていたし。でも今回からはそういうイメージだけじゃなくて、その曲その曲に合わせたアレンジをするようになりましたね。

斉藤:今回から歌のメロディーや歌詞に合った音作りを心掛けましたね。


Q.詩も変わったよね。これまではモテない男の子の妄想物語的な感じだったのが、なんか一歩踏み出したような。

斉藤:イジけていたりウダウダしている時間が減ったのかもしれない。思った事はすぐ行動に移せるようになってきたし、そういうフットワークの軽さや思いの強さが歌詞の変化に繋がったとは思います。人間性も少し変わったかも。まあ根っこの部分は一緒ですけどね。

山下:詩に関しては振り切った感はあります。キャラも出てきたし。あと僕はせっかく歌ってるんで曲に落とし込めるような詩が伝わるのかなって思って書いています。
これまでは斉藤やサティフォの詩を僕が歌ってたんでフィクションっていうか作り物っぽい感じでわざと歌ってたんですけど、「YOU&I」から意識的に歌い方も作り方も変えていますね。

竹内:「YOU&I」が出来た時に凄いなって思ったんですよ。こんなメッセージのある詩を書いちゃったんだって(笑)。それに引っ張られて今回からは自分で感じた事を詩にしてみようって思うようになりました。


Q.ではアルバム収録曲を順に追っていきたいんですけど、まずはアルバムのオープニング曲M-1「テレパシー」。これこそ竹内電気な曲だよね。

斉藤:これはもう瞬発力のみのザ・竹内な曲ですよ。曲が出来た次の日には歌詞があるような。今までのノリで(笑)。

竹内:ライブを凄く意識した曲ですね。ジェットコースターみたいに目まぐるしい展開もあってクラップもあって。ライブの一曲目でやりたい曲ですね。アルバムに入れようってなって一時間くらいで詩を書きました(笑)。意味はそんなに無いです(笑)。今までの竹内電気っぽい感じです。でも勢いは今まで以上にあると思います。

斉藤:「SHY!!」とのギャップはこの一曲目で相当感じてもらえるはずですね。


Q. M-2「bye,my side」は、まさかの2ビート。

竹内:メロディーに合ったリズムを考えてたら苅谷君がいきなり叩き始めたんですよ(笑)。

斉藤:賛否両論あったんですけどね(笑)。

山下:これはやりすぎじゃないかって(笑)。

斉藤:決してヤケクソな訳じゃないです。(一同爆笑)


Q. 年を重ねていくとバンドを続けていく事の出来ない仲間もいるじゃない。そんな仲間達に向けた「竹内電気はずっとここで歌っているよ」っていうメッセージだと感じました。

斉藤:まさにその通り。全部言われちゃった(笑)。

竹内:友達の解散ライブを見に行った時に凄く寂しかったんですよ。みんな辞めちゃうなって。それで初めてこういう詩を書いてみたんですよ。メンバーにも詩を見せて。

斉藤:そんな事初めてだったんで戸惑いました(笑)。あとはメロコアって僕ら世代の共通言語みたいなものだから、こういう曲で去っていく仲間を送り出してあげたかったんです。去年は本当に仲間のバンドが辞めていくのが多かったんで。

竹内:でも俺達は辞めないぞっていう決意の曲でもあります。


Q.ここでシングル曲M-3「YOU&I」。この曲は竹内電気の第二章スタートと言っても過言じゃない気がします。この曲をリリースした時のお客さんの反応とかどうだった?

斉藤:初披露の時から凄く反応が良かったですね。今まで新曲の初披露って独特の緊張感があるんですけど、その時はツアーも終わったばかりで自信もあったんで勢いのある曲になりましたね。

山下:凄く大事な曲です。


Q. M-4「rhapsody」は竹内電気の魅力でもある山下君と斉藤君の掛け合いがどこか懐かしい気がしました。

斉藤:僕は保守派だったりもするんで(笑)。曲作りのスタンスはそんなに変わっていなくて、こういう掛け合いは昔からあるアイディアですね。

 

Q.次はいかにも斎藤君らしいM-5「Jyanga Jyanga」ですが、これぶっ飛んでるよね(笑)。

斉藤:ここまではっちゃけた事はなかったですからね。打ち上げではあったけど(笑)。音楽においてはメランコリーな部分を大事にしていたんで(笑)。


Q.サビの「死ななきゃ生きてるね」っていう歌詞はどういう意味があるの?

斉藤:全然無いです(笑)。30秒くらいで書いた詩です。(一同爆笑)

竹内:死ななきゃ生きてるって深そうなんだけどね。

斉藤:意味はない。(一同爆笑)


Q.こんなふざけた曲のあとにM-6「帰り道」が来るあたり竹内電気らしいよね。サビの斉藤君のピュアすぎる歌声に涙が出ました。なんか会いたくなる。  

斉藤:照れくさい(笑)。でも凄く歌いやすかったですね。歌詞がサティフォのメランコリックな世界観がよく出てて好きです。

竹内:可愛らしい曲に合う詩を書きました。そういう曲にピュアな斉藤の歌がね(笑)。


Q.でもキモイとかモテないとか散々言われてきて、バンドの資料にまで書かれて、そういう人って絶対にピュアだと思うし、そんな斉藤君だからピュアな歌を歌えるんだよね。

竹内:深読みしすぎですよ(笑)。


Q.その流れでM-7「アンラッキー・レボリューション」の「陽気なフリも疲れるし」って歌詞があるでしょ?あれだってキャラクター先行な部分もあった竹内電気が音楽で勝負していく決意を感じたんだけど。また深読みしてる?

斉藤:大丈夫です。その通りですよ。

山下:このレコーディングは大変だったね。イメージが出来ていないままレコーディングに入った曲なんで。ソリッドで荒々しくもできたし、ネオアコっぽくも出来たし。結構悩みましたね。

斉藤:それで作曲者の僕が決めてこういうアレンジになりました。

竹内:アルバムの中心になるようなポップな曲だよね。


Q. M-8「Don't Stop The Time」は竹内電気の音楽の引き出しの多さに驚かされました。

斉藤:ファンキーな曲が今回少ないなって思って作りました。偽ソウルみたいな。ソウルを変てこにした感じで。


Q.続くM-9「HOW!?」は最初聴いた時、レッチリかと思ったんだけど(笑)。

竹内:なんですかね、この曲(笑)。ロックなリフからファンキーになって、Bメロは早口だし、サビは変だし、苅谷君は2バス踏み出すし(笑)。アルバムに入れて良いのかってくらい変な曲なんだけど、ギャグ要素のある曲がアルバムにあっても面白いかなって。未だに正体が分からない曲です。

山下:悪ノリしすぎました。


Q.アルバム後半にぴったりのM-10「STAY」。この曲は「SHY!!」の延長線上にある曲だと思うんだけど。

斉藤:かもしれないですね。いろいろ話し合った結果、サビのメロディーが物凄くAORっぽいっていうか、80年代産業ロックの匂いがする事に気付いたんですよ。それでシンセを入れたり、コーラスいっぱい入れたりして音作りも拘りました。これこそオマージュですね。今までで一番拘ったオマージュです。
歌詞も一番冒険したかも。ちょっと強気な事を言ってみたり。まあ目線は合ってないですけど(笑)。


Q. M-11「もしも」はボーカリストとしての山下君の決意表明だと感じました。

山下:レコーディング中に全く歌えなくなったんですよ。自分で作った曲なのに借りてきた猫みたいになっちゃって。それでその歌えなかった時に思った事をそのまま書いてみました。歌で悩まされた事のある人にしか歌えない詩だと思っています。歌う事が楽しくて仕方ない人は歌えないと思う。


Q.それでアルバムを締めくくるM-12「Jubilee」ですが、この曲は竹内電気史上、最高のラブソングだと思います。

山下:この曲は「YOU&I」の続編なんですよ。言葉選びも、登場人物も、強気な感じも。「YOU&I」のその後みたいな。それと同時に聴いてくれる人とバンドの関係もこういう風になりたいっていう思いも込めています。

斉藤:一番竹内電気らしい曲でもあるよね。メンバー共通してこの曲をアルバムの最後にしたいって、みんなが共通してぶれなかった曲ですね。個人的に凄く好きな曲です。


Q.このアルバムを引っさげてツアーも始まりますね。

竹内:この「PLAY」ってアルバムはタイトル通りライブ向きなアルバムだと思うよね。自分達でもどういうライブが出来るか凄く楽しみだし。早くライブやりたいですね。充電しすぎてるんで(笑)。

斉藤:曲も勢いがあるし、ライブも絶対みんなで楽しめるはずだから。みなさん遊びに来てください。自信満々です。

山下:今までで一番思いが詰まったアルバムが出来たんで、聴いてくれた人が自分なりに汲み取ってライブに遊びに来てくれたら嬉しいです。

竹内:良いアルバムが出来たので、変わった竹内電気を生で体験して欲しいですね。今まで好きじゃなかった人も、もう一回だけ見にきてください。

斉藤:チャンスをくれ。(一同爆笑)

 

HPアドレス:  http://takeuchidenki.com/

 

竹内電気
Album
PLAY
VICB-60052

NOW ON SALE

¥2,500(税込)




 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved