1999年に大学のサークルで結成されたthe HANGOVERS。これまでにミニアルバム3枚、シングル1枚、アルバム1枚と精力的にリリースをしてきた彼らから届いた2ndアルバム「the portable terminus」は古き良きロックへの敬意と現在のロックへの回答が詰め込まれた最高傑作。レコード好きのCD世代が描いたアナログでも配信でもないロックアルバムについて、Vo,Gtの1031に話を訊いた。

 

Q.どうやって結成されたのですか?

1031:大学のサークルで結成しました。結成当初のメンバーはもう僕だけなんですけど、ドラムのシンディ君はサークルの後輩で、ケンチュルビックは違うバンドをやっていたんですけどベースを探してる時に声をかけました。結成した頃から僕が曲を書いて歌ってるので音楽性は一貫してる所もありますが、細かい部分では変わってきてますね。


Q.「ザ」で始まって「ズ」で終わるバンド名がここまで似合うバンドも中々いないですよね。

1031:まさに「ザ」で始まって「ズ」で終わるバンド名じゃなきゃ絶対嫌だったんですよ。逆に言えば「ザ」と「ズ」の間の単語は何でも良かったくらい。ハングオーバーっていうのは好きな音楽の中から引っ張ってきたんですけど、意味をとられちゃうと全然違う人相やイメージを想像されちゃうのが弊害ですね(笑)。


Q.the HANGOVERSきっかけで洋楽を聴くリスナーも多いと思うのですが。

1031:だと本当に嬉しいですね。


Q.M-1「着ぐるみとバルーン」の歌詞で「マイネームイズジャックなんて歌ってさ」って歌詞があったり。

1031:「マイネームイズジャック」っていう曲が実在するかどうかも含めて探して欲しいんですよね。今の世の中でそういう手間を受け手に課すのって絶対NGになってるじゃないですか。でも僕はそういう事にロマンを感じているし。
「マイネームイズジャック」っていうのが架空なのかどうか、気になったらレコード屋さんに行って探すっていう執念からロマンチックさは生まれると思うんですよね。
そういう仕込みを僕はよく曲や詩に散りばめるんですけど、僕らの音楽が少しでも音楽の歴史を探求するきっかけになってもらえれば嬉しいです。そういう風に音楽に触れる楽しみはずっと持っていたいですね。ボタンひとつで買えちゃう音楽の聴き方よりも愛情も深まる気がするんですよね。


Q.the HANGOVERSの洋楽カヴァーアルバムとか聴きたいですね。

1031:それは昔からの夢ですね。いつかやってみたいです。想像するだけで楽しいですよね。


Q.M-4「slippling away pt.3」は昔からある曲なんですよね?

1031:結成した頃に書いた曲なんですけど、もうずっとやっていなくて。今のメンバーも知らないくらい古い曲で。今回、昔のデモテープとかを掘り起こして。合作ってニュアンスが相応しいくらい変わってはいるんだけど元々はその頃の曲です。


Q.これはpt.1やpt.2もあるのですか?

1031:例によってこの曲名もある曲のタイトルを敬意を込めて拝借してるので、そのオリジナルをpt.1、デモテープをpt.2とちょっとしたジョークで位置づけています。


Q.M-6「555」のコーラスが凄く良いですよね。曲調は違うけどビートルズが1本のマイクでコーラスしているような絵が浮かびました。

1031:嬉しいですね。コーラスもアレンジもコード進行も含めて、BPMが早かったとしてもやっぱり根っこはビートルズだったりその頃の音楽が下地になってるので、こういう早い曲でも匂いは出るんですよね。どう頑張ってもハーフパンツが似合う感じにはなれないし、ビートルズが加速した感じにはなりますよね。


Q.でも決してそういった音楽の焼き直しじゃなく、現在のエッセンスも入ってるから新しくも聴こえます。

1031:物真似になっても仕方ないし、なるべく埃を被らない様な感覚で作りたいというのは意識してるのでそれが伝わっているのなら幸いですね。


Q.ではこのCDを聴いてライブに来てくれる人へメッセージを。

1031:間違いなく価値のあるアルバムが作れたと思っています。一人でも多くの人に解って欲しいっていうか。うん、でも逆に僕の為だったりもするんですけどね。理解者が増えて欲しいっていう。でもそういう痛切な孤独感を感じてる人にはきっと届くと思います。そういう人にこそライブに来て欲しいですね。



the HANGOVERS:
シンディ(Dr) 1031(Vo.Gt) ケンチュルビック(Ba)

【HPアドレス】
http://www.thehangovers.jp/
【Myspace】
http://www.myspace.com/thehangoversjp

 

the HANGOVERS
2nd ALBUM
the portable terminus
GUDY-2003

NOW ON SALE

\2,100-




the portable terminus JAPAN TOUR 2010

 ■07/03(Sat) 名古屋ell.SIZE

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved