2010年4月、遂にメジャーデビューを果たした毛皮のマリーズ!はっきり言ってこれは事件です、事件!4枚目のアルバムにしてセルフタイトルを冠した「これぞ毛皮ズ、これぞロックンロール」なグラマラスでスキャンダルなロックンロール・アンセムの誕生にドキドキとワクワクが止まりません!ロックンロールに生き、ロックンロールで死んでいく。そんな生き方が出来る希有なバンド、それが毛皮のマリーズなのです!断言しよう!日本の音楽シーンは毛皮のマリーズをもってひっくり返る!!

 

Q.正直、毛皮のマリーズのメジャーデビューはロック史において事件だと思います。

志磨:ありがとうございます。風潮として、ロックンロールをやるならインディーでD.I.Yでやらないとかっこ悪いみたいなのあるじゃないですか。でも「男子たる者、志は常に大きく」というか、ビッグになりたいっていう夢は持つべきだと思うんですよね。成り上がりっていうか。


Q.所謂ロックンロールドリームっていう。

志磨:そうですね。あとTV番組にしろ、野外フェスにしろ、施設が行き届いちゃってるから若いバンドの子が夢を見ないというか。例えば「Mステ出たい!」みたいな。そんな事言ったら馬鹿にされちゃうだろうし。だから我々がメジャーデビューするって事は、ロックバンドの復権じゃないですけど、色んな意味がある気がするんですよ。タダでデビューさせてもらったとは思っていないというか、行くからにはやって来いよっていう。


Q.毛皮のマリーズがメジャーに行く事で、メジャーがひっくり返る気がするんですよ。例えばいつまでも大御所バンドが先頭を走ってちゃ駄目だと思うんですよね。

志磨:まさにその通りですね。天下りじゃないですけど、リスペクトだなんだってのが流行っちゃって、今までやってきた人達が居心地の良いシーンになってるんですよ。なので諸先輩方にはご隠居して頂いて、後は若いバンドに任せて下さいっていう。それが我々がメジャーに行く理由でもあります。


Q.アルバム名がセルフタイトルなのは?

志磨:我々はあまり音楽のジャンルに拘ってる方では無いんですよね。ついついやりたい事もコロコロ変わっちゃうんです。例えば「戦争をしよう」(06年インディーズ1stアルバム)が原点かと言えばそうでは無く、あれはあれでその当時のマイブームだった訳で。今回4枚目のアルバムにして、我々は本当はこういうバンドですよっていうのが出来たんです。つまりこのアルバムが我々の核ですよっていう。そういう意味も込めて自身の名前をタイトルに付けました。


Q.今作では往年のロックンロールの必殺技がガンガン決まっていますよね。

志磨:3コードのロックンロールっていう。やっぱりこう言うのが得意だし、こういうルーズなロックンロールバンドって最近余りいないですし。


Q.M-1「ボニーとクライドは今夜も夢中」はグラムロック・ミーツ・歌謡曲な感じが最高です。

志磨:T-REXやニューヨーク・ドールズが好きなんですけど、井上堯之さんやジュリー、筒美京平さんの曲とか70年代の日本の歌謡曲にも、シンクロニシティなのか意図してなのか近いものを感じていて。そういう趣味丸出しの曲です。ルーツ廻りのきっかけになれば嬉しいですね。


Q.M-5「BABYDOLL」ではAxSxEさんをプロデューサーに迎えていますが。

志磨:AxSxEさんは紙の上だけで終わらせる人じゃ無いんですよね。精神論者というか。 曲を作ってる時は「熱量上げていこう!」とか「そこバーンっていこう!」みたいに細かい事は言わないんですが、編集に入ると一気に技術者になるんですよ。文武両立ですよね。知識もあって身体で音楽が出来るっていう。こう在るべきだと思いました。


Q.M-9「金がなけりゃ」も良いですね。今こんな事を歌えるバンドいないですよ。

志磨:こういうの久しぶりに聴きたいでしょ?っていう(笑)。こういうの歌っていかないと景気も良くならないと思うし。


Q. 例えば履歴書を書く時に「○○高校中退→ロックンロール」で食べていける世の中に、毛皮のマリーズならしてくれる気がするんですよね。

志磨:ロックンロールハイスクール留年組みたいな(笑)。28歳にしてようやく世の中に出ましたからね(笑)。でも本当に僕はロックンロールをまっとうしたいです。


Q.では毛皮のマリーズを通してやりたい事は?

志磨:僕はバンドしかやって来なかった人間なので、音楽を趣味のひとつとして片付ける事が出来ないんですよね。なので置き換えるならば「頭を使う」とか「趣味を磨く」とか「美意識を高く持つ」とか「人に優しくあれ」とか、そういう素晴らしい人生を最大限に謳歌して、完全燃焼して死にたいなっていう。
セックス・ピストルズみたいになりたいのかも知れないですね。ユーモアがあって、頭が良くて、スタイリッシュで。付け入る隙が無いようなああいう悪い奴になりたいです。ああいう社会現象にもなりたいし、ああいうかっこいいバンドになりたいです。


Q.だからこそメジャーでやっていく必要性があると。

志磨:そういう事なんですよ。セックス・ピストルズだってメジャーなんですよ?ロックンロール・スウィンドルじゃないですか。そういう事ですよね。



毛皮のマリーズ:
富士山富士夫(Dr) 志磨遼平(Vo)  栗本ヒロコ(Ba)  越川和磨(Gt)

【HPアドレス】
http://www.kegawanomaries.jp

 

毛皮のマリーズ
4th ALBUM
毛皮のマリーズ
COCP-36083

NOW ON SALE

\2,500




毛皮のマリーズ『Restoration Tour 2010 ONEMAN SERIES

■6/12(土) 名古屋アポロシアター
  〜APOLLO THEATER 10th ANNIVERSARY〜

毛皮のマリーズ『Restoration Tour 2010 VS SERIES

■6/29(火)岐阜ROOTS vs THE BAWDIES
■7/1(木)四日市CLUB CHAOS vs THE BAWDIES
■7/2(金)浜松窓枠 vs THE BAWDIES

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved