サンボマスターの音楽に救われた人は何人いるのだろう。2000年に結成されたサンボマスターは、この10年間、時には優しく、時には厳しく、何よりもリアルを歌ってきた。過剰なまでに真っ直ぐな歌は、あらゆる世代の悩める心に突き刺さり、沢山の心を救ってきた。けどそれはサンボマスターも同じだった。落ち込んだ時、立ち直れない時、サンボマスターもサンボマスターに語りかけていたのだ。同じ時代、同じ傷を持った、沢山の仲間がいる。僕達はサンボマスターのライブに足を運ぶ事で世界が変わる気がするんだ。5thアルバム「きみのためにつよくなりたい」は、きみのためで、僕のためで、サンボマスターのためなのだろう。この愛に溢れたアルバムがあなたにも響きますように。

 

Q.今年はサンボマスター結成10周年ですよね。

木内:言われて気付きました(笑)。

山口:あんまり実感ないですね。バンドやる前からずっと一緒にいたからねえ。結構他のバンドの方が10周年10周年って仰ってるし、まあウチはいいんじゃないの?って(笑)。

木内:黙っておこうぜって(笑)。

山口:バレないように黙っておこうぜって(笑)。言いたくなったら10周年って言えばいいよね、くらいの。

木内:再来年くらいまでとっておこうよ。(一同爆笑)


Q.その辺はひっそりと(笑)。では昨年から3枚のシングルをリリースして満を持してのアルバムリリースですが、出来上がってみた手応えはどうですか?

山口:前と同じ事をしたくなかったんですよね。新しい事をやりたかったんですよ。2010年に「こんなのどうですか?」って言える物が作りたかったので、自分達的には満足していますよ。


Q.確かにアルバムの始まりのM-1「ラブソング」は新しいサンボマスターの始まりを予感させますよね。

山口:何がロックンロールかみたいな事をよく言われるんですけど、そもそもロックかロックじゃないかなんて小さい事言ってるのがロックンロールじゃないと思うんですよ。自由がいいですからね。この曲はシングルで出した時も実際反響が大きかったし。


Q.聴く人によって恋人なのか、家族なのか、もしくは好きなバンドなのか、色んな解釈があると思うんですけど、共通するのは大切な人に会いたくなるって事だと思いました。

山口:ありがとうございます。そう思ってくれる方々に聴いて欲しいんですよ。ゼロ年代に無くしたものが多かったでしょ。生き別れ、死に別れいっぱいありましたから。まずそこに訴えかけたかったからアルバムの始まりを「ラブソング」にしました。


Q.M-3「できっこないを やらなくちゃ」を集団下校中の小学生が「あきらめないでどんなときも♪」って歌ってるのを見た事があるんですよ。

山口:有り難い話ですねえ。本当に有り難いですねえ。それ凄い事ですよね。
落ち込む時や、人間どうしても立ち直れない時ってあるじゃないですか。なんか今までは「お前頑張れよ」みたいに上から目線になっちゃうのが怖かったんですけどね。「お前に言われたくないよ」みたいな。
でもこれだけ落ち込んで自分に歌ってるんだし、ジョン・レノンの曲で「しっかりジョン」ってあるんだけど、あのジョン・レノンだって自分で言ってるんだからタブー無しでいいよなって作った曲なんですよね。だから小学生の子供達に歌ってもらえるなんて本望ですよ、本望。有り難い話ですよ。


Q.この曲に救われた人は沢山いると思いますよ。

山口:ああ。救われて欲しいし自分も救われたいですよ。考える事はみんな一緒だと思うんですよね。俺、自分の事あんまり落ち込まない人間だと思ってたけど、やっぱり落ち込みますもんね。
さっきの「ラブソング」にも繋がってて、やっぱり人がいなくなったら落ち込むし、立ち直るの大変なんだなって思いますもん。だからこういう曲がみなさんの心に響いてくれたんじゃないかなって。


Q.サンボマスターの歌詞に出てくる「僕」と「君」を自分に置き換えて聴いてる人も多いと思います。しかも「僕」も「君」も自分に置き換えられるっていう。

山口:本当に有り難いですよ。よくそう言って頂くんです。それって本当に光栄な事だと思っていて。僕がよく言ってるんだけど、みんなの夜に忍び込む様な曲を作りたいんですよね。それは3人で共有して作ってるんですよ。曲は僕が作るんですけど、2人とも自分の曲として意見を言う訳ですよ。そういうのがみなさんに届いているのならば凄く嬉しいですよね。それが新しいやりたい事だったりしますので僕にとっては非常に光栄な事です。


Q.M-7「君を守って 君を愛して」の「完璧にはできないけれどでも絶対君を幸せにするよ」って歌詞は世の男性は共感しまくると思うのですが。

山口:そこが歌いたかったりするんですよ。本当はもっと小難しく歌詞を歌ってみるって事に憧れたりもするんですけど、そうなると自分の心に燃えてるものが伝わらなくなるんですよね。夜中に書いたラブレターが恥ずかしいなんてよくみなさん言うじゃないですか。僕はあれを歌詞にしたいんですよね。
今回のアルバムでやりたかった事は、無かった事を有りにしたかったんですよ。「完璧にはできないけれどでも絶対君を幸せにするよ」なんて歌詞はこれまでのロックじゃ「そりゃ無いでしょ」って言われると思うんです。でもそれをサンボマスターが歌う事で有りにしたいんですよね。でもそれを聴いて下さって解って頂いたので、この時点で今まさに有りになったんですよ。
あとメンバー2人がこの詩に関して駄目って言わなかった事が僕の中ではでかかったりするんですよ。ロックが好きで、それこそfOULとかbloodthirsty butchersを聴いてきた2人が認めてくれるって事が僕にとっては自信になりますよね。


Q.無かった事を有りにするって意味では、聴いた人の世界を変える事もそうだと思うんですよね。例えば手首を切ってしまう人だったり、自分で命を絶ってしまう人だったり、そういう人にこそM-4「世界をかえさせておくれよ」は聴いて欲しいです。

山口:本当にね、そういう人に厳しい世の中ですからね。とにかくライブ来てくださいよ。別に俺らじゃなくて良いから誰でも良いからライブ行ってくださいよ。頼むから死なないでライブ来て欲しいですよ。ああ、でも死なないでくれって言うのも厳しい言葉なのかもしれないけど…。でも君はいた方がいいよ。でもそうやって変わってくれたら嬉しいよね。


Q.救われたい人や気付いて欲しい人と一緒にサンボマスターのライブに行きたいですからね。サンボマスターのライブってメンバーと沢山の仲間達と同じ時間、同じ空間を共有したなって凄く思うんですよ。僕も君も一人じゃないって。

山口:有り難いですねえ。今回のような作品になったきっかけもライブにあるんですよね。その前の年に100本くらいライブやったんですよ。その時のみんなの感じを見てて前と同じ事やってたら共有できないなって。みんな凄くハッピーな感じでサークルモッシュしてて、それを見て俺は凄く良いと思ったんですよ。あの雰囲気は自分達の曲作りに影響を与えてくれますよね。
名古屋のお客さんも毎回熱いですしね。この前もスペアザ(SPECIAL OTHERS)と一緒に行ったんですけど、名古屋のお客さんの良い所はサンボマスターだろうがスペアザだろうが音楽がヒップだったら盛り上がってくれるってイメージがあって。そういうのは製作にも影響されますよね。


Q.名古屋のバンドのイメージはどうですか?

山口:名古屋は何と言ってもthe原爆オナニーズっていうとんでもないバンドがいますからね。

木内:若い頃から憧れのバンドですよね。

山口:木内は柏なんですけど、柏はハードコアシティーだからね。

木内:10代の頃やってたバンドで対バンさせてもらった事があるんですよ、それが今またこうやってイベントとかに呼んでもらったり出来て本当に光栄ですね。

山口:あとはやっぱりNOT REBOUND。良いよねノットリね。

木内:フラワーカンパニーズとか。

山口:nobodyknows+の方々もいるね。名古屋凄いね。まあでも名古屋はパンクのイメージが強いのかな。

木内:名古屋を沸かせられたらどこでも沸かせられるって昔から言われてて。だからお客さんも厳しいのかなって構えてたんだけど最初から凄く受け入れてくれたんですよ。だから今でも思い入れはありますね。

山口:あとはメシが美味いですよね。名古屋メシ。

木内:矢場とんが銀座に進出していますよ(笑)。

山口:木内が日本で一番好きなお店が味仙なんですよ。

木内:味仙の矢場店です(笑)。本店も美味しいけどちょっと味がマイルドなんですよ。矢場店の台湾ラーメンと麻婆豆腐だけ食べてれば幸せです。前乗りして行きますからね。

山口:ホルモンも美味いですよね。つじホルモンとがんこちゃんね。名古屋良いなあ。


Q.では今回のツアーも名古屋は楽しみですね。

山口:名古屋は好きな街だからね。ライブも絶対良いライブしたいですね。皆さんいつも最高に盛り上がってくれるので最高のライブで御返ししたいですね。

木内:2月にスペアザと行った時は盛り上がってくれてありがとうございました。7月に名古屋に行きますので楽しみにしてて下さい。

近藤:良いライブをすれば次に繋がるってイメージが名古屋はあって。毎回またやってやろうっていうきっかけになるライブが出来るんですよね。またそういうきっかけになるようなライブにしたいと思っています。



サンボマスター:
山口隆(唄とギター) 近藤洋一(ベースとコーラス)  木内泰史(ドラムスとコーラス)

【HPアドレス】
http://www.sambomaster.com/

 

サンボマスター
5th ALBUM
きみのためにつよくなりたい
MASTERSIX FOUNDATION SRCL-7270

NOW ON SALE

税込価格 3,059円




きみのためにつよくなりたいツアー

 ■7.11(日) 名古屋 CLUB QUATTRO

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved