ELLEGARDENを活動休止した高橋宏貴(Dr)が、THE TRANSFORMERの本郷信(Gt)とminimal HuggのKyokoとMARCHという最強布陣で結成したロックンロールバンド、Scars Borough!昨年4月にリリースされた1stミニアルバムの衝撃から1年。ツアーを経験した事で強固されたバンドの今が詰め込まれたロックンロールアルバム「Stroke」がリリース!ロックンロールの本来の姿を現在に取り戻すべく現れた救世主Scars Boroughの開けっ広げなロックンロールこそ真実なのです!踊らされるな!踊れ!

 

Q.結成からの1年はどうでしたか?

Kyoko:とにかくこの1年はライブ一筋だったよね。ミニアルバム「Scars Borough」を作って40本のツアー回って、良い意味でメンバー間の人間関係も深まったしね。


Q.ツアーを経験する事でバンドがよりバンドになりますもんね。

Kyoko:固まるねー。

本郷:ライブが全てだと思うし真実だと思うんですよ。変な話、CDなんて今の時代どうにでも出来ちゃうから。「じゃあどんなライブが出来るの?」って事がバンドの力な訳で。40本ツアーをやって、より自分達の中で「Scars Boroughとは何だろう?」っていうのが明確化しましたね。


Q.「Stroke」というタイトルは?

Kyoko:一撃って意味があって。強すぎるイメージでも無く、ラフに「一撃」っていう。1曲1曲、一撃喰らわすぞっていう。


Q.それを訊いて感じたのですが、この数年でロックがなんだか難しい物になってしまったと思うんですよね。頭を使わないと聴けないようなロックもあったり。

Kyoko:ね!迷惑だよね!(一同爆笑)


Q.でもこのアルバムはそういう所にまさに一撃喰らわす事が出来ると思います。

Kyoko:本当にストレートだしね。

本郷:頭で考えられないからね。

Kyoko:美味しいか美味しくないかでしかないから。


Q.かと言って単純な訳では無く、ロックンロールっていう軸がしっかりあった上で、詩も楽曲もバラエティに富んでいますよね。

Kyoko:色んな事やってるよね(笑)。

本郷:今回は全員が作詞してるんですよ。

Kyoko:みんなそれぞれ私のイメージで詩を書いてくるんだけど、全員ビンゴなんですよね。「嘘―!?そんなんじゃないじゃん!?」って言うより「え!バレた!?」っていう。だから伝えたい事は全員一緒なんですよね。

本郷:Kyokoがこのバンドの象徴でもある訳なので、「こいつの事を書けばいいんだ」っていう。じゃあKyokoってどんな奴かって言うと思いっきり開けっ広げなんですよ。その開けっ広げ感を詩の中に盛り込んでいます。

Kyoko:開けっ広げ(笑)。

本郷:あと、うちらとしてはロックンロールっていう伝統的な物を守るなんて意識は更々無くて。むしろそのロックンロールの中でどれだけ遊べるかっていうね。今回のアルバムは身軽さをテーマにもしてるし。徹底的に遊んでやろうって。


Q.遊べるバンドも少ないですよね。ジャンルにしろシーンにしろ、レールがあったり。その点でもScars Boroughは何でもやれるなって。

Kyoko:何でもやれる分、難しい所もある。レールに乗っかってないから伝わり難い事もあるんですよね。でもそれが伝わった時は凄く嬉しい。だからロックンロールだけでレールを走ろうって事も無いし。ジャンルとしてのロックンロールとは思っていないんですよ。気持ちとしてのロックンロールだと思ってるんで。


Q.全身からロックンロールが滲み出ていますもんね。だからこそ若い世代に聴いて欲しいですよね。

Kyoko:そう!本当よ!どうしてもロックンロールって大人のイメージがあるじゃない。これいつ頃からなんだろう。迷惑だよね(笑)。

高橋:なんかみんな堅いですよね。

Kyoko:頭良さそう。

高橋:そうあるべきみたいな風潮があるように感じて何だか楽しめていない気がしますね。

Kyoko:なんかマニュアルがあるのかもね(笑)。

高橋:ポストロックが出てきたくらいからその風潮があるのかも。ポストロックは嫌いじゃないですけど。


Q.でもどのジャンルと共演しても一撃喰らわせる迫力がScars Boroughにはありますよね。

Kyoko:凄く嬉しい。一撃喰らわせたいです。


Q.また長いツアーが始まりますが、意気込みを聞かせてください!

高橋:前回のツアーを回った事で変わったと思うんですよね。見たことある人も俺達の変化や進化を感じられると思うから。また一緒に遊びたいです。

本郷:今回のアルバムで自分達としては第2期Scars Boroughっていうイメージがあって。より開けっ広げなライブが出来ると思うので、ライブに来てくれる人も心を開けっ広げにして遊びに来て欲しいです。

Kyoko:ライブハウスって特別な空間だから。外には現実があって中には違う世界があって。ライブが終わって外に出た時はまた違う気持ちで帰るっていうね。その空間を一緒に楽しみたいです。ねえ、MARCH、全然喋ってないじゃん!

MARCH:…頑張ります。(一同爆笑)


 

Scars Borough:
本郷 信(G) Kyoko(Vo) MARCH(B) 高橋宏貴(Dr)

【HPアドレス】
http://www.scarsborough.com/
【Myspace】
http://www.myspace.com/scarsborough

 

Scars Borough
new ALBUM
Stroke
GUDY-2002

2010/04/07 RELEASE

\2,520-




Scars Borough "Stroke Tour"

■06/11 (金) 浜松MESCALIN DRIVE
■07/10 (土) 名古屋ell.SIZE

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved