2007年、深瀬慧・中島真一・藤崎彩織・DJ LOVEの4人により結成されたロックバンド『世界の終わり』。自分達の手でゼロから作り上げたライヴハウス「club EARTH」。そこで共同生活をしながら音楽活動をする彼らから発せられるのは独自の視点で世界を描写する惑いのないストレートな言葉。すっと心の琴線にやさしくタッチする限りないメロディーセンス。まだ幼さ、あどけなさを残す天性の歌声。ドラム、ベースレスの特異な編成から生み出される独特なサウンド。それら全てが奇跡的にバランスを保ち、「世界の終わり」は表現される。2月にタワーレコード限定で発売されたシングル「幻の命」での衝撃的なデビューを経て、4月7日、待望のファーストアルバム「EARTH」がリリースされた。世界の終わりが、今、始まる。

 

Q.どのように結成されたのですか?

深瀬:幼馴染みです。メンバーは幼稚園、小学校、中学校、高校のどこかが一緒です。


Q.ライブハウスCLUB EARTHを自分達で作られたのはどういう経緯で?

深瀬:今のラブは二代目なのですが、きっかけは初代ラブ(彼もまた幼馴染み)の家出でした。彼が家を探していたところ、「みんなで音楽が出来る所に引っ越しなよ。」って僕が発案しました。これを聞いた中じん(中島:G)が賛同してくれて2人で物件を探し、今のEARTHに出会いましたが、思った以上に基地は広く、仲間に恵まれたので「ライブハウスを作ろう」という大きなプロジェクトを遂行することになりました。


Q.そのCLUB EARTHで共同生活されているんですよね?どのような生活をされているのですか?

藤崎:家族と同じです。苦しい事も、楽しい事も一緒に見て感じて生活しています。朝起きて「中じん、昨日寝言で「待ってー」って言ってたよ」とか話しながら一日が始まって、作曲して録音してアレンジして、時には映画を見たりお酒を飲んだりしながら過ごしています。


Q.「世界の終わり」というバンド名に込められた想いを訊かせてください。

深瀬:自分の中で、自分の世界が終わった瞬間があって、その時に思ったんです。終わりから始めようって。


Q.詩の中で「死」や「終わり」という言葉が随所にあったり、動物や自然が感じているであろう痛みを歌にされていますが、その先に「愛」や「温かさ」を感じるのは何故でしょう?

藤崎:例えば大好きな人に会った時に、「もう二度と会えないんじゃないか」と不安になったりするじゃないですか。「好き」という気持ちが強いと、人は結構終わりを見てしまうものなんです。同じ様に世界の終わりの歌詞を書いている僕の根底には、「生きる」という事がとても好きだという気持ちがあります。生きている事が好きで、生きているこの世界を愛しているからこそ、終わりを見てしまうからだと思います。


Q.こういう世界観をポップな曲調で表現するのは?

深瀬:音楽はコミュニケーションだと思っているからです。「話を聞いて欲しいから、仲良くなりたいから、出来るだけ面白く話したい。」と思っています。


Q.絶望的な世界を歌にする中で、世界に希望はありますか?

深瀬:世界の終わりの音楽はよく「表裏一体」だと言われます。不幸と言うのは同時に幸せな事であるし、辛い事は楽しい事と同じである様に、絶望というのはすなわち希望だと思います。だから「絶望」か「希望」かというのは、単純にアングルの問題の様に思いますね。


Q.世界の終わりを通して伝えたい事、歌っていきたい事は?

藤崎:私達4人が世界を縮小させ、密度をあげていくことでより遠くの世界に音楽が届くのだと思っています。その時は、世界に希望と情熱を取り戻したいと思います。



世界の終わり:
LOVE(DJ) 藤崎彩織(Key) 深瀬慧(Vo.G) 中島真一(G)

【HPアドレス】
http://sekainoowari.jp/

 

世界の終わり
1st ALBUM
EARTH
LACD-0176

2010/04/07 release

\1,890(tax in)/\1,800(tax out)




Heart the eartH Tour

■4月7日(水)下北沢CLUB QUE
■4月9日(金)渋谷QUATTRO
■4月17日(土)タワーレコード渋谷B1
■4月22日(木)広島CAVE-BE
■4月24日(土)福岡DRUM LOGOS
■4月25日(日)大阪2nd Line
■4月27日(火)横浜BBストリート
■5月5日(水)京都MOJO
■5月7日(金)福井CHOP
■5月8日(土)富山SOUL POWER
■5月10日(月)金沢VAN VAN V4
■5月12日(水)新潟JUNK BOX mini
■5月13日(木)長野J
■5月14日(金)名古屋CLUB ROCK'N'ROLL(ワンマン)

■5月16日(日)大阪sound-channel(ワンマン)
■5月17日(月)神戸STARCLUB
■5月21日(金)甲府KAZOO HALL
■5月22日(土)八王子MatchVox
■5月30日(日)ROCKS TOKYO
■6月1日(火)仙台MACANA
■6月4日(金)札幌Sound lab mole
■6月12日(土)渋谷O-NEST
  スペースシャワー列伝 
  〜第八十一巻 鮭団(サーモン)の宴〜

ツアーファイナル
■ 7月10日(土)渋谷O-WEST

最新の情報は、世界の終わりオフィシャルHPにて(http://sekainoowari.jp/

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved