soulkidsが止まらない!名古屋オルタナボーイズこと我らがsoulkidsから、バンドの可能性をグン!と拡げた「COSMIC HERO」から1年、またもやとんでもなく突き抜けた名盤「ENDLESS SUMMER」が届きました!今作では柴山(Vo.Gt)のピアノ、西田(Gt)のシンセなど、新しい要素も加わりその世界観は更に深みを増し、バンドの「覚悟」と「決意」を強く感じさせる楽曲と歌詞からは今のsoulkidsの自信やモチベーションの高さが窺えます!彼らをずっと見て来たからこそ断言できます!今のsoulkidsは無敵です!

 

Q.今のsoulkids、はっきり言って過去最強じゃない?

柴山:前のアルバム「COSMIC HERO」のツアーは、本数はそんなに多くなかったんですよ。それで、もっとやれるだろうっていうのが自分達の中であって。じゃあ「もっとやれる」の「もっと」は何かって突き詰めていって、それをライブや楽曲製作に反映させていった結果かもしれませんね。

角谷:今は素直に純粋にやりたい事が出来てると思いますね。背伸びしないわけじゃなくて、例え背伸びしたとしても自分達のやれる範囲を把握してるっていう。

西田:自分達の色を素直に出せているかも。前までは勢い重視な所もあったかもしれないけど、今回はより深みを増せたと思うんですよね。

深谷:初恋の嵐ツアーでかなりの本数のツアーを回って、自分の中で目標が見えたのは大きいですね。


Q.過去最長ツアーだったもんね。

柴山:頭からアクセル踏んで挑んだツアーだったんですよ。そういうテンションでツアーを回ると、空気をいかに自分達の物にしていけるかっていう意識でライブが出来るんですよね。得られる結果も、お客さんのリアクションもわかり易くなったっていうか。外に向けてライブしようって意識にだんだん変わっていったので、前のツアーと比べると一皮も二皮も剥けれたかなっていう。

西田:各箇所で色々試せたというか。「今回はここをこうしよう」とか「今回こうだったから次はこうしてみよう」っていう毎回何かしらのステップが踏めたツアーでしたね。

深谷:ライブ毎に毎回違うライブになってたと思うんです。だから自分達もお客さんも楽しめたんじゃないかなって思いますね。

角谷:年を重ねるに連れて面白い事をしたくなるんですよ。「COSMIC HERO」である程度固まったものを更にどう面白くしていくかって事を常に考えているので。


Q.「ALOHA!!!」で深谷君が入った事で男臭さが増して、角谷君が戻ってきて二人で歌えるっていう新しい武器を得て、西田君がMCをするようになって…おかしくなって(笑)。以前にも増して凄く「バンド」になったよね。

柴山:音を鳴らしている時点での発想や責任感や存在感が、もっともっと密になってみんなで音が出せてると思うんですよね。

角谷:前より言いたいことが言い合えるようになったんです。メンバーが二人変わって最初はやっぱり付き合い立てのカップルみたいに遠慮しがちだったけど、今はもう全部取っ払ってるから。

柴山:気を使ってても仕方ないしね。

深谷:ラブラブな状態です(笑)。


Q.西田君なんて一番変わったんじゃない?MCのキャラとか凄いもんね。

西田:そうですね。今のあの無茶な感じは前のツアーから始まったんですけど(笑)。各地で色んな空気感を味わって快感になってきています。今はMC担当っていう自分に与えられたポジションを死守しようと思っています(笑)。


Q.そして遂に待望のアルバムがリリースされますが、タイトル「ENDLESS SUMMER」の意味は?

柴山:今回のアルバムは突き抜け感やエネルギッシュな感じは残しつつ、前よりも深みや色気、音楽的な本質、真相を拡げた感じを出せたと思っていて。今のバンドのムードとして、お客さんと自分達の距離感を縮めたいって気持ちがあるんですよ。だからこのアルバムを聴いて、ライブに遊びに来て、みんなで終わらせない夏にしようって意味を込めています。


Q.アルバムがM-1「レムスイミン」で始まるのが凄く気持ち良いです。

柴山:寝るか覚めるかの状態って、意識の中でもベッドの上でも、何となく泳いでいるような感じがして。そこから飛び出していく感じが曲や歌詞のイメージと合ってたり、アルバムの始まりとしてはぴったりだと思います。


Q.M-2「アネモネ」は何といっても角谷君とのツインボーカルが印象的でした。

柴山:プリプロで翔平に歌ってもらったら、甘酸っぱさの中にパワーも感じたから二人で歌う事になったんですよ。僕らの曲ってどっちかと言えば縦ノリよりは横揺れの曲が多いじゃないですか。ちゃんと縦でのれる曲を作ろうと思ったんですよね。かと言ってノリノリなだけじゃなくてちゃんと歌えるメロディーでのれる曲を作ろうとして出来たのが「アネモネ」で。

角谷:まだ昔、soulkidsが三人でメロコアをやっていた時は僕も歌ってたんですよ。

柴山:僕と翔平のツインボーカルで(笑)。

角谷:だから僕としては懐かしいなって感覚ですね。曲もアレンジも、僕らが当時好きだった西海岸の感じが含まれてて。だから突き抜けた感じにはなりましたよね。


Q.「COSMIC HERO」くらいから、soulkidsが根っこに持ってたけどsoulkidsとしてはアウトプットしていなかったものを解放した感じがします

柴山:年々、やっていく内にシンプルにアウトプット出来るようになったかも。

角谷:内向き加減だったのが外に向いたのかもしれませんね。


Q.それが全面に出たのがM-3「DAIMOND」ですよね。

柴山:何でもありですからね(笑)。

角谷:シンセあり、2ビートあり。

西田:シンセは僕が弾いてるんですけど、新しい楽器を触るのは楽しいですよね。


Q.シンガロングパートなんて最高だよね。

柴山:やりすぎでしょ?(笑)

西田:何故か今になって若返っていくっていう(笑)。

柴山:バンドが良い循環でまわってる証拠なのかもね。


Q.M-4「JellyFish」からはバンドの強い決意を感じます。

柴山:ツアー回ってると色んな所に行ったりするんですけど、人生とは世の中を泳いでいく事なんじゃないかって考えた事があって。何処に住んでるとか、遠くにいるとか、そういう問題じゃなくて、その状況をどうやって乗り越えていくかって事が人生って事なんじゃないかって思って。それで自分に置き換えて、何でバンドやってるのかっていう覚悟や決意を曲にしました。


Q.M-7「ラブソング」M-9「White house」は結婚ソングだよね?

柴山:僕、今27歳なんですけど、周りに結婚する友達が増えてきたんですよね。僕も年頃だし、愛について正面から向き合って歌詞を書いてみました。ラブソングをちゃんと歌うっていうのはシンガーとしての大きな目標だと思いますね。


Q.M-10「ENDLESS SUMMER」の世界観が凄くsoulkidsっぽい。

柴山:この曲とM-7「ラブソング」は僕はギターじゃなくてピアノを弾いてるんですよ。曲をいかに表現するかっていう挑戦でしたね。世界観を出すっていう事に対して、みんなそれぞれアプローチし合いながらアレンジを考えたんですよ。歌詞は英語だけど、情景は浮かぶ様なアレンジが出来ましたね。


Q.このアルバムを聴いて思うのはsoulkidsがやってる事は「音楽」だなって。ジャンルも、シーンも、それこそ前に柴山君がMCで言ってたけど2ビートも、8ビートも関係ないやっていう。

柴山:そうですね。良い物は良いってちゃんと言える環境を作りたいし、自分達がいつも良い状態でいたいんですよね。

角谷:全部繋がってると思うんですよ。今、俺達は素直に自分達に影響を与えた音楽をアウトプット出来てると思っているし。

深谷:ジャンルで区切られるけど、ニュアンスが違うだけですもんね。

西田:もしかしたら今僕達はジャンルとジャンルを繋げられる居地にいるのかなって。自分達の音楽を聴いてくれる人と一緒に色んな音楽を取り入れて楽しめる状況になって来たのかなって思っています。

柴山:僕達はタレントや芸能人になりたい訳じゃなくて、あくまでも音楽がやりたくて、それを表現するためにこのバンドがある訳で。自分達が良いと思っている事をやってる訳だし、出来るだけ沢山の人に良いと思ってもらいたいし。その為には何だってやるし。真っ向勝負するしか無いんですよ。お客さんとも、僕らを取り巻く環境とも。だから良い物は良いって、みんなに言わせたいんです。その覚悟と決意はあります。


Q.ではアルバムを聴いてライブに来てくれる人にメッセージを!

西田:今の自分達のやりたい事を詰め込んだんですけど、みなさん…どう?っていう…。

柴山:浩二、大丈夫?ちょっと弱いけど大丈夫?(一同爆笑)

深谷:とにかく聴いて欲しいですね。そしてライブに来て欲しいです。

角谷:みんなで遊ぼうぜ!

柴山:初恋の嵐ツアーで人を巻き込む半径が大きくなったと思うんですよ。それを今度のツアーでは更に大きくして、また次にはもっともっと大きくして。自分達でシーンを作りたいし、ムーブメントを起こしたいですよね。そのつもりでやっているので巻き込まれにライブハウスに来てください(笑)。

 

soulkids:
西田浩二(Gt) 角谷翔平(Ba) 深谷陽一郎(Dr) 柴山慧(Vo.Gt)



【HPアドレス】
www.soulkids.info

【Myspace】
http://www.myspace.com/soulkidses

 

soulkids
3rd full album
ENDLESS SUMMER
XWCG-10002

2010/05/19 ON SALE

¥2,300(税込)


soulkids
4th single
Jellyfish
XWCG-30003

NOW ON SALE

¥315(税込) ※タワーレコード限定販売


■5/14(fri) 名古屋CLUB JB's
■5/22(sat) SS/MC 2010
■5/31(mon) 浜松G-SIDE
■6/5(sat) 名古屋大学東山キャンパス 豊田講堂前特設ステージ “NAGOYA ROCK FES '10”

■6/6(sun) LACHIC presents SAKAE SP-RING 2010
■6/17(thu) 岐阜BRAVO
■6/20(sun) 名古屋CLUB DIAMONDHALL

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved