インディーズシーンに大きな衝撃を与えた2ndミニアルバム「Symmetoronica」から約1年振りのリリースとなる3rdミニアルバム「Blue,under the imagination」を完成させたcinema staff。「想像の下の青」と言う意味を持つタイトルには、「青」=「先にあるもの」と言う言葉がキーワードとなっており、「想像によって造り出していく」「自分自身の感覚を信じて活動していく」そんな決意が表現されているという。セルフプロデュースで作品を完成させた事による自信、覚悟、決意を全身から放つ今のcinema staffに、レーベルとの関係、音楽やバンドに対する姿勢、アルバムについて、じっくりと話を訊いた。

 

Q.前作「Symmetoronica」から1年、バンドの状況も変わったんじゃない?

三島:かなり変わりましたね。その中でも一番変わったのはレーベルとの付き合い方だと思うんですよ。最初はわからない事だらけで僕らは必死に進むだけでしたが、その関係性が徐々に僕らのやりたい事とレーベルの意見を上手く併せてやる方法が見えてきたんですよね。

飯田:それで凄く世界も広くなったし、自分達が何がやりたいかも見えてきた1年でしたね。

三島:今、レーベルとの関係も凄く良いと思うんですよ。やっぱり信頼してますしね。


Q.残響も、バンドとの信頼関係がしっかりしているからこそ任せられる事も増えてきてるのかも。

三島:そうですね。例えば僕らがちょっと「違うかな」って思う事は先にレーベルから「これはちょっと違うよね?」って言ってきてくれるし、強行スケジュールのライブでも僕らがやりたいって思うライブは「やりたいんでしょ?」って先に言ってくれるような関係になりましたね。


Q.ライブの反響もどんどん大きくなっていってるよね。

三島:ツアーで地方に行っても沢山の人が来てくれるのは嬉しいですね。あと男性のお客さんが増えたのは本当に嬉しいですね。

久野:バンドやってるような高校生くらいの男の子が「好きです」って言って来てくれるとテンション上がりますよね。


Q.あとcinema staffはバンド仲間や先輩バンドからやたら可愛がられるよね。

辻:それは本当に嬉しいですね。

三島:僕ら、素直だとは思いますね(笑)。

飯田:好きな先輩バンドにはとことんくっついて行くんですよ(笑)。

三島:あと先入観は無くそうって思っています。ライブを一緒にやって「こういう事を考えてこういう事をやっているんだ」っていう本質的な事がわかったら、僕らはとことんリスペクトする姿勢でいるんですよ。

久野:バンドマンの心理としては当たり前の事だと思うんですよね。

三島:名古屋の諸先輩方の事は本気でリスペクトしてるから、その先輩達も本気で相手してくれるんだと思っています。


Q.今回のアルバム「Blue,under the imagination」のタイトルにはどんな意味があるの?

三島:漠然と色を入れたいなって思っていて。これまでの2枚のミニアルバムには一貫したテーマって無かったんですけど、今回はアルバム全体を統一した世界観にしたかったんですよ。それで「青」ってキーワードを決めて。
人によって「青」のイメージは全然違うと思うんですけど、僕がイメージする「青」は先にあるものの象徴としての「青」なんですよ。学校を卒業して社会に出た上で音楽活動をしていく決意も含まれてるし、今回はセルフプロデュースなんですけど、自分達の感覚でやっていく覚悟も含まれたタイトルなんですよ。だからある意味、これが1stアルバムだとも思っています。


Q.セルフプロデュースでやってみてどうでした?

飯田:自分達でやる事は本当に決意がいる事でした。もちろんkonoさん(te')にプロデュースしてもらった2枚に比べると不安もありましたよ。
でもプリプロの音源を聴いて感動したんですよ。録った歌と、録った演奏をスピーカーで聴いた時の歌が合致していて、やっと自分達でレコーディングが出来るって思いました。

三島:やっぱりこれまではkonoさんのフィルターを通す事で、konoさんの中でのcinema staffだったんですよ。もちろんそれで良い作品が出来たと思っているんですけど、「自分達でもやれるぜ!」っていう確信を今回のアルバムで持てましたね。
もちろん残響のスタッフと選曲やアルバムの打ち合わせはしましたけど、基本的には僕らの感覚で作らせてもらいましたね。


Q.アルバム全体でイメージを統一したって言ってたけど、照準を合わせた曲があったりした?

三島:M-2「君になりたい」ですね。イメージ通りに曲が出来なくてフラストレーションが溜まってる時に出来た曲なんですよ。やりたい事をやりたい様に表現できているバンドを見て、なんで自分には出来ないのか悩んだんです。
そんなフラストレーションの中で生まれた辛辣な曲なんですけど、一心不乱に作ったら自分達のカラーが見えてきたんですよね。そういう手応えがあった曲なので今の僕ららしさがよく出てると思います。


Q.この曲はメッセージ性も凄く強いですよね。

三島:僕らはcinema staffとして出来る事と出来ない事をよくわかっているつもりなんですよ。じゃあ出来る事の中で1番かっこ良い事をしようって曲を作っているんですけど、「君になりたい」はあの時点での僕らの全てをぶち込んだ曲なんですよ。集大成と言うか。

飯田:歌詞は全部三島が書いてるんですけど、歌う者としていつも何度も何度も読み返すんですよ。でもこの「君になりたい」の歌詞はすんなり入って来たんですよね。「君」っていうのが女の子だとは全く思わなかったし。

三島:最初、スタッフに恋愛の曲って言われたんですよ。それで「気持ち悪ッ!」って(笑)。

飯田:そうやって周りに言われて初めて「ああ、そういう解釈も出来るんだ」って思ったくらいで。やっぱり誰かのようになりたくてにバンドをやってる気持ちが痛いほどわかるから、すんなり入って来たし気持ちも込めやすいんですよ。


Q.「君になりたい」だけじゃなくて今回の6曲とも全部そうなんだけど、三島君が書く詩はもう飯田君にしか歌えないと思うんだよね。

三島:それはあると思いますね。

飯田:僕は三島が作る歌詞が好きだし、歌いたいんですよ。三島の書いた詩なら自分の言葉のように歌える事に気付いたんです。

三島:一応歌詞は僕が書いていますけど、僕はこの3人の為に書くし、3人は僕の為に演奏してもらってると思ってるんです。歌詞も、最終的なアウトプットは飯田の口から出るんだから、それはもう飯田の言葉だと思うんですよね。そしてもちろんcinema staff全員の言葉でもあるんですよね。


Q.みんなに前から訊いてみたい事があったんだけど、何かを表現したいって思った時に何故音楽やバンドを選んだの?

久野:僕は最初Hi-STANDARDに憧れて「ああいう風になりたいな」ってバンド始めたんですけど、今は好きなバンドやかっこいいバンドと対バン出来るのが凄く楽しいし刺激になるんですよね。だから世の中に僕らしかバンドがいなかったら、僕はきっとバンドはやっていないと思います。

三島:僕らはバンドキッズのままだと思うんですよ。何なら加速してるかもしれない。あと、新しい音楽に出会ったら今やそれを紹介できる立場にもなっているっていうのが誇りにも思うんですよね。そんな幸せな事ないなって。本当にバンドが好きなんですよ。


Q.確かに対バンしたバンドのTシャツとかすぐ買ってるもんね(笑)。CD屋にもよく行ってるみたいだし。最初に話が出たけど、やっぱり音楽に対して素直なんだよね。

辻:昔と何も変わってないだけですよ。

久野:僕らからしたら普通の事ですからね。音楽が好きだからバンドもやるしCDも買うし。

三島:表現ありきでバンドを始めたっていうよりか、バンド始めた結果、表現したい事が出て来たのかもしれませんね。

久野:バンドやる楽しさや、僕らが面白いと思った音楽を共有したいんですよ。

飯田:共有したいっていうのは凄くわかるね。

三島:それがキーワードかもしれないですね。


Q.特にcinema staffのお客さんは、そうやってバンドが紹介した音楽をちゃんと自分の耳で判断して聴いてくれる人が多い気はするよね。

三島:そういうレスポンスは本当に嬉しいですね。

久野:例えばライブのSEで使ってるclimb the mindの曲もお客さんから「あの曲は誰の曲ですか?」って聞かれるんですよね。そうやって僕らきっかけで次の音楽に繋がってるのは凄く嬉しいです。

飯田:今回のツアーのブッキングには辻が関わっていたんですけど、自分達のライブを褒められるのと同じくらい対バンをお客さんに褒めてくれると嬉しいですね。


Q.そのツアーなんですが、タイトルが「想像上の辻」という何だか凄い事になってるけど(笑)。

三島:思いつきとしか言いようがない(笑)。

久野:辻が想像したツアーって事で良いんじゃない?

飯田:完全に後付けだけどね(笑)。

三島:あまり洒落た感じにはしたくなくて。僕は辻フィーチャーでいきたいんですよね。これからもずっと(笑)。


Q.辻君はどんなツアーを想像してる?

辻:各地に一緒にやりたいバンドがいるんです。好きなバンドにはジャンル関係なく出てもらってるので本当に楽しみです。

三島:「君になりたい」の歌詞じゃないですけど、僕らには出来ない事がいっぱいあると思うんです。でも僕らにしか出来ない事もいっぱいあると思うんですよ。それがこのツアーに凄く表れていると思いますね。それが僕らのオリジナリティーだと思っているし。

久野:フェスに出るのも、小さいライブハウスででやるのも一緒なんですよね。

三島:やりたいか、やりたくないか。面白いか、面白くないかってだけの話ですよね。


Q.では最後に読者にメッセージをお願いします。

飯田:4人で細かい所まで作った作品なので楽しんで聴いて下さい。

久野:各地面白いと思えるバンドと一緒にやらせてもらうので、ぜひライブに遊びに来てくださいね。

三島:先入観を持たずに聴いてください。今の僕らのベストだと思ってるのでリアルな反応が欲しいですね。

辻:ツアーもいっぱい回るので、ツアーで出会ったバンドとの打ち上げ込みでの死闘を、北斗の拳で言うところの無想転生としてツアーファイナルで出せたらいいなと思います。


Q.ツアーで出会ったバンド達は…。

辻:強敵と書いて「トモ」と読みます。(一同爆笑)


cinema staff:
辻 友貴(Gt) 飯田瑞規(Gt/Vo) 三島想平(Ba) 久野洋平(Dr)

【HPアドレス】
http://www.cinemastaff.net/

 

cinema staff
NEW ALBUM
Blue,under the imagination
ZNR-094

2010/07/07 release

2,300yen(tax in) (CD+LIVE CD)




"Blue,under the imagination" Release Tour
〜想像上の辻〜

■7/19(月) 下北沢 SHELTER
■7/28(水) 新潟 CLUB RIVERST
■7/29(木) 金沢 vanvan V4
■7/31(土) 松本 ALECX
■8/1(日) 名古屋 CLUB UPSET
■8/3(火) 浜松 FORCE
■8/4(水) 高崎 Club FLEEZ
■8/12(木) 京都 CLUB METRO
■8/13(金) 神戸 太陽と虎
■8/15(日) 岡山 CRAZY MAMA 2nd Room
■8/17(火) 徳島 club GRINDHOUSE(ex.JITTERBUG)
■8/18(水) 松山 SALONKITTY
■8/20(金) 長崎 DRUM Be-7
■8/21(土) 福岡 DRUM SON

■8/23(月) 広島 CAVE-BE
■8/24(火) 米子 BELIER
■8/26(木) 大阪 十三Fandango
■9/1(水) 横須賀 かぼちゃ屋
■9/2(木) 柏 ALIVE
■9/4(土) 埼玉 HEAVEN'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
■9/5(日) 水戸 LIGHT HOUSE
■9/7(火) 旭川 CASINO DRIVE
■9/8(水) 札幌 SPIRITUAL LOUNGE
■9/10(金) 盛岡 Club Change
■9/11(土) 仙台 MACANA
■9/13(月) 千葉 LOOK
■9/25(土) 代官山 UNIT (※ワンマンライブ!)

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved