GOLDEN GOOSE完全復活!!活動休止から2年、新メンバーを迎え、GOLDEN GOOSEがストリートに帰ってきた!結成当初から地元豊橋を中心に絶大な人気を誇り、東海メロディックパンク・シーンを支えてきた彼らが、メンバー脱退によりその活動を止めたのが2008 年4月。シーン復帰を切望する声が鳴り止まない中、所属レーベルをkick rock musicからTRUST RECORDSへ移籍、メンバーチェンジ、さらにそれまでの英詩のパンクサウンドから日本語のロックバンドへのスタイルの転向と、バンドを一新させたGOLDEN GOOSE。これは変化ではなく進化!新生GOLDEN GOOSE、攻撃開始!!

 

Q.結成10周年にしていよいよ本格的に復活ですね。

HIRO:またバンドをやろうって気持ちにさせてくれたのは、RADIOTSのYOSHIYA君やDxAxMってブランドのSHiN君と何気なく喋ってた事でバンドを始めた頃の気持ちが戻ってきた事がきっかけで。
それで、オリジナルメンバーは俺だけなんですけど、結成10年になるしまた一緒に戦えるメンバーも揃ったから音源を作ろうって思ったんです。


Q.このタイミングで新メンバーも加入したんですよね。

HIRO:そうですね。TOSHI君はドラムの叩き方とか見て単純に一緒にバンドやりたいって思って声かけました。

SYU:俺は?理由無いの?(一同爆笑)

HIRO:ごめん(笑)。SYUは元々ボーカルだったから、俺より上手い奴がコーラスやってたら面白いと思って(笑)。


Q.今までのGOLDEN GOOSEを引き継ぎつつも、ライブの見せ方、音楽性、歌い方とか、全部が全部、飛躍的に進化しているように思いました。

HIRO:バンドが変わった事に対して、実は俺自身まだ着地点が見付かってないないっていうか、対応しきれて無いっていうのが本音だったんです。試行錯誤の途中というか。でもバンドの変化を進化と捉えてくれるのは凄く嬉しいです。


Q.歌詞が全部日本語になったのは?

HIRO:日本語で歌うようになって、自分が歌いたいメロディーを歌えるようになったんですよ。英語だと字数やニュアンスの問題でメロディー変えてたし。
ただ若い頃は英語の方がかっこ良いってだけだったかも。そういうのも一切無くなって、人に聴き易いメロディーを作りたくなりましたね。


Q.日本語で歌う事で、歌詞がすごく伝わるようになった。

HIRO:そこが狙いだったんですよ。恥ずかしい事でも歌っちゃえば良いじゃんって思ってるんですよね。音楽やってて年齢重ねるとどうしてもアーティスティックになりがちだと思うんですけど、俺は今ストレートに歌いたいんですよね。


Q.「DEAR」の歌詞とか、20代の頃のライブハウスで酔っ払って滅茶苦茶やってたHIRO君からは想像出来ないんですけど(笑)。

HIRO:アハハハ。僕、音楽で更生しました!(一同爆笑)


Q.確立したスタイルがあったバンドが、全く違うバンドになっていくのをメンバーはどう捉えてました?

SYU:俺はこれまでボーカリストとしてバンドをやってきたんですよ。だから今までのGOLDEN GOOSEらしさを尊重するべきか、自分の個性を出していくか凄く悩んだんですよね。
でも今までのGOLDEN GOOSEのイメージを俺がぶつけてもそれはHIRO君が言う勝負じゃない気がしたんですよ。俺はこの5人でGOLDEN GOOSEって事を証明したいから。

CASTLE:俺が7年前に入った時も、今までと同じ事をやってたら俺が入った意味が無いって思ってたんですよね。
活動休止中に違うバンドやったりしたけど、今回HIROから「もう1回やろうよ」って声がかかって、やっぱりもう1回GOLDEN GOOSEとしてステージに立ちたいって思ったんですよね。

SYU:まだこの5人の形になってライブもあまりやっていないから荒削りだと思うんですけど、持ってる魂は物凄いパワーを持っていると思うんですよね。

HIRO:今のメンバー最高ですよ。

DA-DA:HIRO君はマジで丸くなったね。今は俺らが逆にいじれるくらい良い距離感でいれるから。

CASTLE:昔は本当に輩でしたからね(笑)。


Q.あの…、うん、輩だった(笑)。

HIRO:いやいやいや(笑)。あの、色んな事を背負い込みすぎてたんですよ。でも歩み寄った時に、話し合えばそれに対して応えてくれるメンバーがいるし。
だから右も左もわからずやってきた9年間より、確実に今が楽しいんですよ。今と、これからの事を考えていきたいですね。


Q.確実に今が1番かっこ良いと思います。飾らなくなった気がするんですよね。人間のやってる音楽だなって思ったし。

HIRO:うわ、それ本当に嬉しいですね。俺はそういう音楽をやりたいんですよ。ガンガンに着飾ってた頃はそれはそれで本気だったし、でも今の俺らを見て欲しいんです。だからそうやって言ってくれるのはマジで嬉しいです。
時間はかかったけどようやく揃う物が揃ったと思ってるから。4年振りのリリースで、メンバーも変わって、レーベルも変わって、日本語にもなって、色んな事が新しくなったけど、今のGOLDEN GOOSEとしての自信作が出来たんですよ。だからこれから先、全国ツアーとか回れるバンドになるかどうかはわからないですけど、「東海地区にGOLDEN GOOSEあり!」みたいなバンドになりたいんですよ。
東海地区の核となるバンドの中にいれるように頑張ります。


GOLDEN GOOSE:
CASTLE(Gt.Cho) SYU(Gt.Cho) DA-DA(Ba) HIRO(Vo) TOSHI(Dr)

【HPアドレス】
http://goldengoose.radcreation.jp

 

GOLDEN GOOSE
NEW ALBUM
RCTR-1008

2010/08/04 release

¥1,680




■7/3(土) 名古屋栄R.A.D

■7/24(土) 豊橋ell.KNOT

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved