2007年、前身バンドrealとして結成された4人組が、2009年よりバンド名をKEYTALKと改名しKOGA Recs.からデビュー!現在進行するゼロ世代が放つ4つ打ちダンスロック、パンク、ギターロック、ジャズ、フュージョンを近未来系に再構築するこのセンス!あのTGMX氏をプロデューサーに迎え、初々しくもハイクオリティな超名盤をドロップ!断言します!KEYTALK、大ブレイクうぃる!!

 

Q.前身バンドのrealはどうやって結成されたのですか?

小野:高校の軽音学部で八木とASIAN KUNG-FU GENERATION、ELLEGARDEN、GOING STEADY、BRAHMAN等をコピーしていました。それがrealの始まりですね。

首藤:当時僕は違うバンドをやっててrealと対バンした事があるんです。それでrealのベースが抜けて加入しました。

小野:当時はボーカルがいなくて、僕がギターを弾きながら歌ってたんですよ。ボーカルを探しながら下北沢屋根裏で活動していました。
それで高校卒業後、大学に入ってからボーカルの寺中と出会って今のメンバーが揃いました。それがrealとしてのちゃんとした結成ですね。


Q.real時代はどのようなバンドだったんですか?

小野:元々はJインディーズロックに影響を受けて始めたんですけど、the band apartやUNCHAINを聴いてからやりたい音楽も固まっていって。

首藤:それからはそういったバンドのルーツを探ったりして勉強しましたね。

小野:the band apartに出会ったのは転機でしたね。それがrealのサウンドの軸にもなりましたし。


Q.realからKEYTALKに名前を変えたのは?

小野:realじゃインターネットの検索で引っかからないんですよね(笑)。

首藤:あとなんかrealってよくありそうだし(笑)。

小野:realって決めたのは八木なんですけど、ここだけの話、決めた瞬間から変えようって言ってたくらいで(笑)。まあそれでCDをリリースするきっかけに名前も一新しました。


Q.シングル「KTEP」をリリースしてみた反響は?

小野:まずは自分達が凄く嬉しかったですね。高校生でバンド始めた頃には夢にも思って無かった事なので。知らない人からとかtwitterでも反響があって、バンドをやってきて良かったと思いましたね。


Q.そのシングルのツアーでこれまで以上に沢山の人に出会って意識も変わったんじゃないですか?

小野:メンタル面で強くなれました。それに、色んな土地に行けたり各地のシーンの人達と関われたのは楽しかったし刺激になりましたね。


Q.今回リリースされるミニアルバム「TIMES SQUARE」にテーマはあるのですか?

小野:収録曲の中に時間を表す単語が4つ含まれているんですよ。それで「TIMES SQUARE」ってタイトルを付けて。

首藤:あと大学の研修でニューヨークに行ったんですけど、それでニューヨークにかぶれた結果、このタイトルになりましたね(笑)。

小野:アルバムとして一貫して言えるのは、ポップな歌物っていうのは意識していますね。全体的にキャッチーでサビでグッとくる感じもありつつ、やりたいサウンドも交ぜつつ、みたいな。好きな物はどんどん取り入れたいんですよ。


Q.それこそthe band apartやUNCHAINと、音楽性じゃなくてスタンスが似ている気がするんですよね。吸収した物の吐き出し方が似ているというか。

小野:それは凄く光栄なお言葉です。

首藤:ネタが尽きないように色んな音楽を聴きたいです。

小野:聴いたら聴いただけ貪欲に吸収していきたいですね。


Q. アルバムの手応えは?

首藤:凄く感じていますね。

小野:M-5「消えていくよ」は、サビは首藤、歌詞は寺中、アレンジは僕がつけたんですけど、かなり気に入ってます。こういう作り方は今後に活かしていきたいですね。

首藤:やりたい事も詰め込んでいるし、「KTEP」にも「TIMES SQUARE」にも収録されているっていう僕らの大切な曲ですね。


Q. M-3「トラベリング」はリード曲にもなっていますが。

小野:アルバムの曲も出揃ってきて、「あと何か入れようか?」って時にポッと出てきたのがこの曲で。それが遂にはプロモーションビデオまで撮るような曲になるという逸話を持つ伝説の曲ですね。そういう意味でもトラベリングですよね。

首藤:旅していますね(笑)。


Q.M-6「Sunday Morning」M-7「その一歩」のような曲が出来るのもKEYTALKの魅力ですよね。

小野:この2曲はアルバムを引き立てるために、プロデューサーのTGMXさんに「今までと違うテイストで作ってみたら?」って言われて。

首藤:幅を広げるきっかけになりましたね。


Q.やっぱりTGMXさんの存在は大きいですよね。

小野:物凄く勉強になりました。内側からじゃ気付かない事を第三者の目でズバズバ切り込んで来てくれるので、TGMXさんのおかげで本当に良い作品に仕上がりました。
あとはレコーディング中の雑談も楽しかったし、TGMXさんとエンジニアの及川さんが、ドラムの八木をいじめるのも面白かったですね。なんか微笑ましかったです(笑)。

首藤:毎日がエピソードです(笑)。


Q.レコ発ツアーも始まりますが、KEYTALKにとってライブとは?

小野:衝動ですよね。衝動を全面に押し出したいです。

首藤:ライブでやっている事がKEYTALKの全てです。自分達が楽しんでライブをやっているのがお客さんにも伝わると嬉しいですね。

小野:CDを聴いて少しでも良いと思って頂けたらぜひライブにも足を運んで欲しいです。


KEYTALK:
寺中友将 Vo./Gt. 八木優樹 Dr. 小野武正 Gt. 首藤義勝 Ba./Vo.

【HPアドレス】
http://www.keytalkweb.com/

 

KEYTALK
mini ALBUM
TIMES SQUARE
KOCA-59

2010/07/07 release

\1,890 KOGA / Groovie Drunker Records




■7/11(sun)下北沢SHELTER
■7/16(fri)名古屋UPSET
■7/17(sat)大阪野外音楽堂
■7/18(sun)岡山CRAZYMAMA
■7/19(mon)新潟JUNK BOX

■7/24(sat)長野JUNK BOX
■7/25(sun)仙台FLYING STUDIO
■8/11(wed)神戸VARIT
■8/12(thu)京都MOJO
■8/21(sat)下北沢SHELTER

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved