村松拓(ABSTRACT MASH /Vo、G)、生形真一(ELLEGARDEN/G)、日向秀和(ストレイテナー/B)、大喜多崇規(FULLARMOR /Dr)という強靭な個性の集合体、Nothing's Carved In Stone。シーンに衝撃を与えた1stアルバム『PARALLEL LIVES』から約1年、ワンマン・ツアーや数々のフェス出演などを経て、より「バンド」となったNothing's Carved In Stoneの確固たる意志が詰まった2ndアルバム『Sands of Time』が届いた。「バンドの状況が良いからこそ出来たアルバム」と語る村松と生形に話を訊いた。

 

Q. シングル「Around The Clock」のワンマンツアーはどうでした?

生形:あのツアーもそうだし、その前の「PARALLEL LIVES TOUR」もそうだけど、やっぱりツアーを回るって事は俺らにとっては重要だったかなとは思いますね。

村松:やっぱりバンドはツアーで変わっていくものですからね。

生形:ライブの流れっていうか、


Q.ライブだけでなく、一緒の時間を共有する事でより「バンド」になりますもんね。

生形:やっぱり仲良くなるし、まだまだ結成したばかりなので一緒に旅をする事でお互いの性格や趣味や好きな食べ物とか、初めてわかる事もあるんですよね。そういうのを全部ひっくるめてツアーが俺らの中ではポイントにはなっていると思います。

村松:お互いの立ち位置もわかってきたんですよ。ツアーで本当に「バンド」になったと思います。


Q.みなさん別でバンドをやられているので、当初は一時的なプロジェクトだと思ってる人もいたと思うんですが、今は完全にパーマネントのバンドとして認識されていますしね。

村松:それが伝わっているのが凄く嬉しいですね。やっぱりやるからには本気でやろうって思っているので。

生形:「こっちが本気であっちがサイド」みたいなのはあまり好きじゃないんですよね。そこは最初にメンバー間で意志を固めました。そこだけはしっかりやろうよっていう。やるからには全部本気でやろうって。


Q.一個一個確立された物がドッキングした時の威力ってこんなに凄いんだって思いました。キン肉バスターとキン肉ドライバーがドッキングしたら…。

村松:マッスルドッキングになるみたいな(笑)。

生形:ハハハ(笑)。でもやっぱりそこがバンドをやってる意味だと思うんですよね。バンドマジックってよく言うけど、1+1=無限大になるって事がバンドでは起こりえると思うんですよね。

村松:うちのバンドは特にそういうのは強いと思いますね。

生形:メンバーを探す時に誰と一緒にやろうかって事を妥協しなかったのは大きいかもしれないですね。


Q.よりメンバー間も固まって「PARALLEL LIVES」の頃とは楽曲の作り方も変わったんじゃないですか?

村松:俺は1stの音源に関しては制作にそこまで関われなかったんですよ。

生形:そうだね。拓ちゃん(村松)がバンド入った頃には何曲か出来てたもんね。

村松:シングル「Around The Clock」の制作から変わったよね。ツアー中に曲を作ったり。

生形:どんどん4人で作る感じになっていってるね。最初はやっぱり俺が言い出しっぺだから色々やらなきゃって思ってた部分もあったんだけど、今はバンドとしてみんなでやれるようになってきた。
もちろん最初から俺だけでやろうなんて思ってはいなかったですけどね。

村松:でも気張ってた所は今よりあったよね。

生形:うん、そうだね。やっぱり不安だったしね。どう思われるかとか、受け入れてもらえるかとか。でもツアーであれだけ沢山の人に良いって言ってもらえる事がわかったので、1stの頃に比べたら良い意味でやりたい事をやれましたね。
もちろん1stでもやりたい事をやっているんだけど、それは肩にガンガン力入れてやってたから。
今はもう少し客観的に見れるようになったし、良い意味でリラックスしてやれましたね。

村松:バンドの状況も凄く良いし。


Q.今回のアルバムにはテーマはあるんですか?

生形:テーマは特に無いよね(笑)。みんな色んな音楽を聴くし、やりたい事が溢れているんですよね。その中から今俺達がバンドとして消化できそうな物を選んでいった感じですね。そういった曲を集めていったのが今回のアルバムです。


Q.確かに全11曲、バラエティに富んでいますもんね。あとNCISの曲って1曲1曲が凄くドラマティックだと思うんですよ。1曲の中に物語があるというか。

生形:まさにその通りで、1曲1曲ちゃんと物語がある曲が集まれば、アルバムとしても完成されたものが出来ると思うんですよ。それがわかっているからこそテーマは決めなかったんですよ。
コンセプトアルバムはコンセプトアルバムで好きですけどね。拓ちゃんはやりたがっていたもんね。

村松:うん。でもやるなら徹底的にやりたいですね。歌詞なんか特に面白いかもしれないよね。いつか作ってみたいです。


Q.7月から始まるツアーも楽しみですね。

村松:そうですね。新曲をライブでやるのも凄く楽しみだし。俺らは1回のツアーでライブの中身がどんどん変わっていくバンドだと思うんですよ。
アルバムの曲もツアーで育っていくと思うし、濃密さも変わっていくだろうし。だからライブには何度来てもらっても楽しめると思います。

生形:各地方で待っていてくれる人がいるって事は本当に有難い事なので、その期待を裏切らないようにしたいですね。きっと俺達はツアーの中で同じようなライブは1度たりともしないと思うんですよ。
ライブは1本1本全力でやるし、だからこそツアー初日とファイナルでは違うライブになってるはずなんです。それが全力でやってる証拠だと思うんですよね。


Nothing's Carved In Stone:
生形真一(G)、日向秀和(B)、村松拓(Vo、G)、大喜多崇規(Dr)

【HPアドレス】
http://www.ncis.jp/

 

Nothing's Carved In Stone
NEW ALBUM
Sands of Time
GUDY-2004

NOW ON SALE

¥2,520(税込)




Sands of Time Tour

■7.10(土) 横浜Bay Hall
■7.14(水) 松本ALECX
■7.16(金) 新潟CLUB JUNK BOX
■7.18(日) 高崎club FLEEZ
■7.19(月祝) 金沢EIGHT HALL
■7.21(水) 京都磔磔
■7.23(金) HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
■7.25(日) 青森Quarter
■7.26(月) 郡山CLUB #9
■8.10(火) 鹿児島SR HALL
■8.12(木) 熊本DRUM Be-9 V2
■8.15(日) 米子BELIER
■8.17(火) 松山SALONKITTY

-ワンマン-
■8.30(月) 福岡DRUM Be-1
■9.01(水) 広島NAMIKI JUNCTION
■9.10(金) 大阪BIG CAT
■9.11(土) 高松DIME
■9.17(金) 名古屋CLUB DIAMOND HALL
■9.20(月祝) 札幌PENNY LANE 24 
■9.22(水) 仙台darwin
■9.25(土) 赤坂BLITZ

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved