名古屋新世代メロディックパンクシーンを担う超期待のエース、PipeCut Wedding!前作「Better to ask the way than go astray」から10ヶ月振りに届いた渾身のフルアルバム「Face the Music」が完成!この10ヶ月間で70本に及ぶライブと4枚のオムニバスCDに参加するなど、精力的に活動をする事で全国に名を知らしめてきた彼ら。弱冠23歳の彼らが送る最高純度のメロディックパンクは多くの人を虜にする事間違いなし!物語はここから始まる!

 

Q.2009年にミニアルバム「Better to ask the way than go astray」をリリースしてバンドの環境って変わりました?

Ken:とにかくツアーに出るって事自体が始めてだったんですよ。県外でライブをやった事も無かったし。だから「Better to ask the way than go astray」をリリースした事で名前が広がっていくのが凄く嬉しかったですね。地方でも僕らを知ってくれてる人がいるっていう。
あと知名度だけじゃなくて、自分達の幅も広がっていったし。

Kyohei:本当に感謝してます。


Q.前作から今までの10ヶ月間はどういう活動をしてたの?

Ken:ひたすらツアーですね。レーベル・ツアーもあったし、色んなバンドとツアーに行ったり。初めて行く所にも沢山行かせてもらって名前を広げる作業をしていました。
僕ら元々バンドの知り合いも全然いなかったんで、少しは友達も出来ました。0が1にはなったかな(笑)。


Q.周りの反響は?

Ken:親に「その名前だけは何とかしろ」って言われました。(一同爆笑)

Kyohei:僕も言われました(笑)。

Ken:あとはバンド名もアルバムタイトルも長いってみんなに言われました(笑)。


Q.あの…みんな駄目出しばっかり(笑)。

Ken:はい(笑)。前のタイトル、僕らでもうろ覚えですもん。「Better to askうんちゃらかんちゃら〜 」って(笑)。だから今回はタイトルも潔く「Face the Music」って。


Q.潔いですね。ではタイトルの意味は?

Ken:結果を受け入れるっていう意味があるんですけど、もちろん前作を含めてですけど、これから起こる全てにおいての結果を認めるっていう意味ですね。


Q.アルバム全体を通して物凄くライブ感がありますね。

Ken:ありがとうございます。自分達がライブでやりたくなる曲ばかり入れたので、ライブ感は全曲あると思いますね。自分ら的にも気持ち良いアルバムです。そうですね…、「気持ち良い」をコンセプトにしました。

MITSURU:完全に今考えただろ(笑)。

Ken:でも前作が何もかも初めてで手探りのところから事もあったんですよ。それを踏まえて今回は挑んだので、ステップアップ出来ているつもりです。良い音源が出来たと思っていますし。

MITSURU:前作よりもかなり聴きやすくなってると思うんですよ。今回のアルバムはメロディーが純粋に入ってくるし、お客さんにも伝わると嬉しいですね。

Kyohei:僕達はメロディーが主なので、パッと聴いただけで僕らがやってる事をお客さんに感じ取ってもらえるだろうし、音源を聴いて一瞬でライブがイメージ出来るアルバムが出来たと思うんですよね。だからライブにも来て欲しいし。


Q.M-1「Trust View」はバンドの勢いも凄く出てる名曲ですよね。

Ken:この曲でPVも録ってるんですよ。メンバー全員気に入ってる曲です。最初はアルバムの最後に入れようと思ってたんですけど、レコーディングの時に「最初でしょ」って言われて「ですよね!」って(笑)。僕ら長いものには巻かれるスタイルなんで(笑)。

MITSURU:PV撮影も大変だったんですよ。

Ken:撮影予定場所がアスベスト問題で使えなくなって、急遽場所を変えたり。あとこのアルバムのジャケットも「Trust View」に合わせてイメージして作ったんですよ。それくらい僕もメンバーも思い入れのある曲です。でも僕が好きなのはM-2「2nd Stage」です(笑)。


Q.え、今までの話は?(笑)

MITSURU:僕も「2nd Stage」が好きです(笑)。曲を作ってる時にKen君にギターだけで聴かせてもらったんですけど、その時点で既にかっこ良かったんですよ。
歌詞も「ここからまた始まる」みたいな感じで、本当はアルバムの1曲目希望の曲だったんですよ。勢いもあるし、この曲を聴くとここから始まるんだって気持ちになりますね。

Kyohei:僕は個人的にはM-10「Let me hear your voice」が大好きなんですよ。僕らの曲って勢いのある曲が多いんですけど、この曲のメロディーが涙が出るほど好きで。特にサビのメロディーが最高なんですよ。

Ken:本当に良いアルバムが出来たね。


Q.ではバンドの今後の目標は?

Ken:僕らはまだまだ発展途上だし、もっと自分達から出る感情を音楽で表現できるようになりたいんです。それが目標かも。その為にもライブはいっぱいやりたいですね。
ライブで僕らは成長できるし。前作を出した頃と今の僕らじゃ全然違うと思うので、今の僕らを見に来て欲しいです。


PipeCut Wedding:
Kyohei(Dr.cho) Ken(Vo.G) MITSURU(B.cho)

【HPアドレス】
http://sound.jp/pipecut_wedding/

 

PipeCut Wedding
NEW ALBUM
Face the Music
TNAD-0013

2010/07/07 Release

1890円(税込み) THE NINTH APOLLO




■07/09 熊谷blue forest
■07/10 渋谷KINOTO
■07/20 下北沢SHLTER
■07/22 名古屋RAD
■07/24 広島CAVE-BE
■07/29 寝屋川VINTAGE
■07/30 大阪新神楽
■08/14 名古屋R.A.D
■08/15 新宿ACB
■09/01 磐田FM-STAGE
■09/04 下北沢屋根裏
■09/10 高松DIME

■09/12 徳島CROWBAR
■09/18 宇都宮HEAVEN'S ROCK
■09/19 高崎SUN BURST
■09/20 熊谷blue forest
■09/24 名古屋R.A.D
■10/03 福岡
■10/09 広島BAD LANDS
■10/10 東広島AMIGO
■10/11 米子BELIER
■10/12 松江eulus

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved