トリプル・ボーカルの圧倒的な存在感で全国を疾走する4ピースバンドREAL REACHがライブ会場限定ミニアルバム「4 color」を挟み、全国流通盤としては約1年振りの4thアルバム「LIVE!!LIFE!!VIBE!!」をリリース!タイトル通り、ライブがライフワークだと語る彼らを体現する全10曲収録のアルバムは、どこまでもライブ感に溢れたまさにLIVE!!LIFE!!VIBE!!な名盤!風邪で欠席の政雄(Vo.G)の分まで残りのメンバーにじっくり話を訊いてきました!

 

Q.リリースのペース、早いですよね。バンドの今の勢いを表してるんじゃないですか?

Yasu(Vo.B):ありがとうございます!

Yo-suke(Vo.G):僕ら、曲を作るのが早いんですよ。周りの友達のバンドに比べても圧倒的に早いもんな。

Yasu:そうやね。確かに早いなあ。

Yo-suke:曲が出来たらライブでやりたいやん。それでライブでやったら音源化したくなる。それを続けていたらリリースのペースも早くなるっていう。


Q.でもファンにとっては嬉しい事ですよね。

Yo-suke:そうですよね。でも周りはついて来れていないかもしれませんけどね(笑)。

Yasu:「え?もう出すのー!?」って。(一同爆笑)

悠-suke(Dr):(笑)


Q.しかもその間は、ツアーもかなりの本数回ってるじゃないですか。

Yasu:はい、それはもうがっつり回ってますね(笑)。

悠-suke:(笑)

Yo-suke:だから「レコ発」っていうのを、区切りをしっかり付けないと自分らでも曖昧になっちゃうんですよね。

Yasu:どこからどこが、どのツアーなのかってね。

Yo-suke:アルバムもツアーしながら曲作ったりしてるし。


Q.まさにアルバムタイトルのような生活なんですね。

Yo-suke:そうなんですよ。今回のタイトルは政雄が直感で決めたタイトルなんですけど、響きも凄く良いし、「ライブも生活も全部一緒にしていこうぜ」っていう今の俺らを表す言葉が出てきたんでこのタイトルに即決でしたね。

Yasu:政雄が「LIVE!!LIFE!!VIBE!!」って言った瞬間、「ソレや!」って(笑)。


Q.ライブがライフワークだからこそのタイトルだと。

Yo-suke:そうですね。まあ、韻を踏んでるんだか踏んでいないんだかよく分からないですけどね。(一同爆笑)

悠-suke:(笑)

Yo-suke:でもインパクトもあるし、俺らっぽいなっていうのもあって。曲もライブでやれる曲が多かったんで。

Yasu:それを意識して選曲したのもあるしね。

Yo-suke:やっぱり原点に戻るっていうか、ライブハウスのキッズ達に向けて僕らから何がアプローチ出来るかっていうのを考えたら凄く良いアルバムが出来ましたね。


Q.M-1「By myself」は今のREAL REACHを体現するような名曲ですね。

Yasu:この曲はアルバムのリード曲にもなってるんです。Yo-sukeが曲を持って来た時に、直感的にこの曲が押し曲だなって思ったんですよ。確かに今のREAL REACHっぽいですね。僕はこの曲を一番に押しました。

Yo-suke:押したか押してないかはどうでもいいねん(笑)。曲の話せんか。(一同爆笑)

悠-suke:(笑)

Yasu:曲の話か。うーん、曲の話…。

Yo-suke:あるやろ?ライブをイメージして作ったとか。

Yasu:あ、ライブをイメージして作ってます(笑)。アルバム全曲そうですよね。あとこの曲の歌詞は政雄が書いたんですけど、あいつの歌詞は応援歌みたいなのが特徴だったりするんですよ。
REAL REACHからのメッセージソングでもあるし、今のREAL REACHの現状を歌ってる感じもありますね。

Yo-suke:曲が出来上がった時に「これがREAL REACHだ」ってメンバー全員が一致したのがこの曲ですね


Q.M-2「CHANCE」に励まされる人も多いと思います。

Yo-suke:これも涙ばっかり流してたらあかんぞっていうね。

Yasu:言うたらこれも応援歌ですよね。あとM-3「BRAND NEW DAY」の歌詞が俺は凄く好きで。政雄が書いたんですけど、背中を後押し出来るような良い言葉をチョイスして書いてて。歌詞にはホンマ思い入れもありますね。


Q. どんな事を歌ってるんですか?

Yasu:もし現状が崩れ去っても、神様が自分に与えてくれたチャンスやと思えっていう。もう一回やり直すチャンスをくれたから、何回でも挑戦しようっていう事を歌ってますね。俺はこの歌詞が大好きですね。


Q.今回、再録された曲も入っていますね。

Yasu:これはリミックスなんですよ。

Yo-suke:M-5「Everything's gonna be alright」とM-7「flower」ですね。ライブ会場限定アルバム「4color」に入ってた曲をリミックスして収録しました。


Q.その「4color」ではメンバーのソロ曲もありましたが今回は?

Yo-suke:M-6「JANJAN」、M-8「Sunday」、M-9「SHE」はソロ曲ですね。

Yasu:作った人が作詞、作曲も全部自分でやるっていうね。

Yo-suke:編曲も歌うのも全部ね。M-6「JANJAN」は政雄が、M-8「Sunday」はYasuが、M-9「SHE」は俺が。「4color」でやったソロが自分らでもしっくりきたんですよね。結果、アルバムの色にもなったよね。


Q.今後、ソロは定番化していきそうですか?

Yo-suke:ひとつの夢なんですけど、ソロのアルバムを作って3枚組で出したいんですよね。ソロをやるようになって、バンド全体で曲を作るときの幅も広がるんですよね。アレンジも各々でやってるんで、結果REAL REACHの曲にも活かされるんですよね。

Yasu:ソロ曲って、自分の頭の中で作ってくるから出来上がりも早いんですよ。他の曲と違って意見する、される事なくそいつに任せるっていうか。

Yo-suke:それで知らされる事もありますよね。自分では「それは無いやろ」って思ってた事を、ソロやからそいつにやり通されて、出来上がったものを聴いた時に「こういうのもありなんや!」って。

Yasu:「俺はこう行く!」みたいに突き通すからね。

Yo-suke:自分の中で無しだと思っていた概念を壊してくれるんですよね。メンバー同士で崩し合えるのは凄く良い事だと思うんですよ。だからこれからもアルバムではソロはやっていきたいですね。


Q.ソロを経てバンドが集結した時の力って凄いと思うんですよ。やっぱりソロでは自分のカラーが出ると思うんですけど、そこで培ったものをバンドに持ち寄った時の爆発力って凄いですもんね。

Yo-suke:やっぱりそれが大きいですよね。聴いてきた音楽もそれぞれ違うしソロ曲もそれぞれ違う感じの曲やけど、その個性が集まった時がREAL REACHだと思うから。

Yasu:ソロをやることで責任感も出てきたし、バンドに活かせれば良いですね。


Q.アルバムを締めくくるM-10「ラフ・マイダーリン」は?

Yo-suke:この曲は悠-sukeに向けて歌った曲なんですよ。言うたら気持ち悪くなるかもしれんけど(笑)。悠-sukeを題材に書いた歌詞なんですよ。CDを聴いて確認して下さい!

悠-suke:(笑)

Yo-suke:全10曲、濃いアルバムになりましたね。


Q.このアルバムを引っさげてのツアーも始まりますが、名古屋は7月17日に名古屋クラブ・クアトロでワンマンライブも決定してますね。

Yo-suke:名古屋ではワンマンは何回もやってるんですけど、クアトロでのワンマンは初めてなんですよ。挑戦でもあるし、楽しみでもありますよね。ツアーを回って来たREAL REACHの成長を見て欲しいですね。

Yasu:名古屋のライブはツアーのセミ・ファイナルになるんですよ。なのでアルバムの曲達もツアーで育って迎えるライブになると思うので、楽しい夜にしたいですね。ぜひぜひライブに遊びに来てください!


Q.あの…。悠-sukeさん、ずっと笑ってくれてるんですけど(笑)、今回のツアーでも悠-sukeさんのソロコーナーは用意されてるんですか?

悠-suke:「ラフ・マイダーリン」っていう僕の曲があるんで大丈夫です!

Yo-suke:それ人が作っとるがな。(一同爆笑)

悠-suke:いや、僕はもうそれだけで満足なんです!

Yo-suke:でもライブでは悠-sukeにしか出来ない事をやっていこうかなって思ってますよ。今までみたいに悠-sukeが歌うだけじゃお客さんも飽きてきてはるんで(笑)。

Yasu:新しい事をやっていかないとね。

悠-suke:はい!エンターテイナーな感じでいきます!(一同爆笑)


REAL REACH:
政雄(Vo.G)Yo-suke(Vo.G)Yasu(Vo.B)悠-suke(Dr)

【HPアドレス】
http://www.real-reach.com/

 

REAL REACH
NEW ALBUM
LIVE!! LIFE!! VIBE!!
FWCD-1001

NOW ON SALE

\1,890




"LIVE!!LIFE!!VIBE!!"TOUR

■7.17(Sat)名古屋CLUB QUATTRO(ワンマン)

■7.18(Sun)大阪府心斎橋QUATTRO(ワンマン)

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved