明日、照らすの音楽がこんなにも聴く人の心に真っ直ぐ響くのは何故だろう。聴く人がこんなにも感情移入するのは何故だろう。それはきっと、笑ったり泣いたり怒ったり、退屈をかみ殺したり、そんな映画やドラマには決してならない毎日を、明日、照らすも僕達も生きているからなんだろう。明日、照らすに自分を重ねては時には涙し時には笑い時には怒る。そうやって明日、照らすを聴いていたんだろう。「このアルバムはあなたが聴いてくれて始めて完成する」と語る村上。これは明日、照らすの「それから」。あなたの「それから」はどんな?

 

Q.「素晴らしい日々」を出して状況は変った?

村上:変った部分と変ってない部分がありますね。環境はやっぱり変わったし、バンドとして見られるようにはなりました。でもやってる事は何も変わってないんですよ。バンドなんて結局やる事は限られてますからね。曲作ってライブ演ってCD出してっていう。それが流通に乗ったか乗ってないかっていうだけで。

伴:お客さんも沢山見に来てくれるようになりましたけど、それもお客さんが注目するようなイベントに呼んでもらえるようになったっていう方が大きいのかもしれません。


Q.誤解を恐れずに言うと、昔は明日、照らすって孤立してたと思うんだよね。でも「素晴らしい日々」を出してからは協力してくれる人や何か一緒にやろうよって声をかけてくれる人が増えたんじゃない?

村上:それはありますねえ。

伴:僕ら天邪鬼なところがあって。自分からは認めないくせに、認めてくれたら認めるよっていう嫌な奴なんですよ(笑)。そういう意味では僕らも心を開きやすくなったのかもしれないですね。


Q.そうやってバンドの状況が変っていく中、まさかのドラムが脱退と。

村上: そうですね。でも僕は分かってましたからね。前のツアーを組んでいる時から「ツアー終わったら俊(ex.明日、照らす:酒井俊輔:Dr)は辞めるんだろうな」って思ってましたから。言われたら言われたで驚きましたけど。


Q. そこで解散じゃなく2人でも続けようって思ったのは?

村上:いや、CD出してなかったら辞めてたでしょうね。

伴:やっぱり僕は若干迷ったんですよ。ここで辞めようかなって。それはきっと友哉も思っただろうし。でも自然の流れで続けようってなったんですよ。

村上:別に口には出さなかったもんな。でもまだ辞める訳にはいかないなって思ったんですよね。


Q.CDを出して色んな地方に行くようになって沢山の人に出会った事も大きいんじゃない?

村上:いや本当にそうなんですよ。だって地方行ってライブするじゃないですか。そうするともう1回この場所で、もう1回この人の前で歌いたいって思う事ばっかりなんですよ。うん、また会いたい人ばっかりですね。


Q.では今回のアルバムだけど、「それから」に込められた想いは?

村上:自分が「こうなったらいいな、ああなったらいいな」って思ってた頃からのそれからですよね。
僕と伴は何か面白い事が出来るんじゃないかって思ってバンドを組んで、色んな事を考えたり色んな事をやってみたりしたけど、果たしてどうだったかなって。
ドラマや映画は輝いてる瞬間だけ抜き取ってるから素敵に見えるけど、その主人公の物語のその後は意外と平凡な生活だと思うんですよね。僕はそういう物語にはならない日々も歌っていきたいんですよ。


Q.明日、照らすの音楽を聴く人や、明日、照らすのライブで涙を流す人って、自分に置き換えて聴いてると思うんですよ。聴く人それぞれが自分の人生に置き換えて共感するっていう。

村上:ああ、だからこのアルバムがその人にとって特別なものになるかどうかって、その人に近い経験があったり、その人に当てはまる出来事があるかどうかが重要だと思うんですよね。その人がずっと聴き続けてくれるかどうかって、その人が同じような事を思った事があるかどうかが大きい気がしますね、僕は。
そういう意味では「このアルバムが滅茶苦茶良い!」って感じる事はあまり幸せな事じゃないのかもしれないけど。でももしもそうだとしたら大事に聴いてくれたら良いなとは思いますね。


Q.それだけ歌詞がリアルなんだと思うけど、これは全部実体験なの?

村上:全部が実体験って訳じゃないですね。でもあの時こうなったら良かったなとか、本当はこういう事を思ってたのになっていう事も含まれています。


Q.きっと良い恋愛してるんだろうなって。

村上:無茶苦茶よく言われますね(笑)。


Q.こんなふうに想われたら幸せだろうなって女の子は思うんじゃない?

村上:いやあ、僕と付き合うのなんてそんな良いものじゃないですよ。


Qまあそれは薄々感じてたけど(笑)。

村上:ちょっとやめて下さいよー!

伴:フフフ。

村上:歌詞には出来るんですけど実際は思ってても言わないし、思っててもやらない事も沢山あるんで。

伴:ツンデレだからな。

村上:極限です(笑)。

.

Q.じゃあアルバムについて。幕開けは静かに公園で弾き語るM-1「それから」で始まりますが。

村上:前作同様、短い曲を入れたいなって思ってたんですよね。どんな人間がどんな考え方して歌ってるんだって事をちゃんと知ってもらってからアルバムが始まるっていう。


Q. M-2「あの娘を返せ」は凄く生々しいよね。

村上:生々しくしてますね。だってタイトルが「あの娘を返せ」ですからね。「水だけで2、3日は暮らせるくらい」って歌詞があるんですけど、「そんな事言うか?」って思って最後まで悩んだんですよね。でもあの娘をどれくらい返して欲しいか表現するにはもうそれしかないなって。

伴:そういう意味では「ビタミン」に近いかも。


Q.M-3「バレンタインコーリング」は浮気を本気にした子の歌だってライブでいつも言ってるけど。

村上:語弊があるかもしれないけど、男の浮気って身体の浮気だと思うんですよ。でも女の浮気って心の浮気だと思うんですよ。そう思いません?

伴:名言出ましたね(笑)。

村上:イメージですよ?でもそんな気がするんだよなあ。


Q.M-4「西海岸マーチ」には初期衝動も感じました。

村上: 所謂西海岸って言われる音楽が高校生の頃に好きで聴いてて。「西海岸」って表現が滅茶苦茶嫌いなのでわざと使ったんですけどね。
高校生の頃なんて大した悩みもないし、ただ毎日生きてるだけで楽しかったんですよ。でもそこから先、そんな事ばかりじゃないんですよね。でも高校生の頃に聴いてた音楽を聴いたらその時の気持ちも思い出せるし、朝が来るのが怖くなっても「今まで楽しい事あったじゃない」「胸張っていかなきゃいけないんじゃないの?」っていう自分に対するメッセージでもあるんですけどね。


Q.M-5「見た夢」はどこか孤独を感じました。

村上:山下清の「清の見た夢」って絵をずっと覚えてたんですよね。
結局僕の見た夢なんて高校の夢を見たのに昔の彼女だけ廊下にいなかったとか、その彼女に寝込みを襲われるような夢を見ただとか、人に話したり絵にしても誰も魅了できない夢なんですよね。
山下清みたいに一つ目のお化けが出てきたり、巨大な蜘蛛が現れて自衛隊が戦うみたいな文学的にも表現的にも優れた夢は僕には見れないんですよ。でもね、その昔の彼女の夢を見た時にこれはあの子からのSOSなんじゃないかって思ったんですよね。そういう曲です。


Q.M-6「ダウンタウンヒーローアンドヒロイン」は、聴きながら自分の親を想って何度も涙しました。「美味しいランチを食べると電話する。今度は一緒に行こうねとか言ってみる。生きてる間にあと何回行ける?なんて生きてる間にあと何回聞ける」なんて、いつも僕が母親としてる会話だよ(笑)。

村上:ハハハ。まあ聴く人によって家庭環境も違うからピンとこない人もいるとは思うんですけど、僕にとって親父とお袋はダウンタウンのヒーローであってヒロインなんで。この曲を作ってる時にたまたま家族旅行に行く機会があって。その時に「家族ってこういう事なのかな」って思ったんですよね。


Q.大人になって初めてわかる事なのかもね。

村上:そういう意味では「それから」ですよね。「それから」じゃなかったら絶対に口から出ないような言葉だと思いますよ。


Q.M-7「ワルツ」は友哉が誰かを救おうとして書いた曲だと感じてるんだけど。

村上:そうですね。僕意外の誰かの事を何とかしたいって思って書いた曲です。…救いたい人がいましたからね。後にも先にもあれだけ真剣にどうにかしたいって思う事はないのかもしれないですね。


Q.この曲もそうだけど、明日、照らすの音楽を必要としてくれる人って絶対いると思う。

村上:もし僕らの音楽に力があるのなら、どうにかしたいってずっと思っています。


Q.M-8「ワゴンタイガー」は映画「男はつらいよ」の世界観?

村上:そうですね。ワゴンタイガーって車寅次郎って意味なんですよ。本当はLast Days Of April(スウェーデンのエモ・バンド)みたいにしようと思ったんですけど。

伴:よくそんな事言えるな。かすりもしてないぞ(笑)。

村上:スウェーデンポップみたいな曲にしようと思ったんだけどなあ。

伴:全然ジャキジャキ言っとるやん(笑)。


Q.「口笛でツキを呼ぶ」って歌詞が凄く良いよね。

村上:僕のなかで寅さんってそういうイメージなんですよね。風の向くまま気の向くまま旅をしてるんですけど、自分の心持ちひとつでどうにでもなるって思ってる人なんで。

伴:そういう軽さが曲にも出てるよね。

村上:軽いけど芯がある感じですよね。まさに寅さんですよ。


Q.さっきも言ったけど、M-9「ジュリエット」を聴いて友哉は良い恋愛してるだろうなって思ったんだよ。

村上:まあ言われるでしょうね(笑)。この曲は最後の歌詞だけ決まってなかったんですよ。そんな時に長久手の万博で「となりのトトロ」の「サツキとメイの家」に行ったんですよ。それで縁側に座って、ぼーっと湖を眺めてた時に「あぁ、このままでいいな」って思ったんですよ。「何かになりたい」とか「このままじゃ終わらない」って思ってた部分があったと思うんですけどあの瞬間肩の力が抜けたんですよね。

伴:この曲は今までの明日、照らすと違うイメージがあると思うんですよ。僕らの詩って未練とか別れとか多いけど、この曲は認めてあげる優しさを持った曲だと思います。少し成熟したイメージがありますね。


Q.明日、照らすの曲って「別れたあの人は何してるかなあ」ってイメージの歌詞が多いけど、この曲の主人公は幸せなのかなって思ったんだよね。

伴:それは決して想像した「幸せ」ではないかもしれないけど本当の幸せに気付いたのかもしれないですねえ。

村上: 「これも幸せだな」っていうね。

伴:大人になって仕事をして大切な人が出来て家族が出来て感じる幸せに少し触れた曲かもしれないですね。


Q.伴ちゃんも子供が大きくなる頃だし。

伴:あの、何を言ってるんですか(笑)。

村上:今、伴の子供反抗期ですからね。(一同爆笑)

伴:意味が分からない。


Q.ハハハ。ではアルバムを締める最後の曲M-10「燃える夏」。

村上:新しい事を始めようとしたらやっぱり大変だし、朝も憂鬱だし。例えそれが夏だとしても。僕にとってそういう夏があったんですよ。でもね、いつかこの夏を絶対に笑い話に出来るようにならなきゃいけないって思ってたし。憂鬱で不安でどうしたらいいか分からなかったけど、だからこそすがり付く様にそう思ってましたね。


Q.明日、照らすにとってこのアルバムはどういう物になった?

村上:このアルバムはもう僕らだけの物じゃなくなりましたね。聴く人のこれからのためのアルバムになったら良いなって思うんですよね。
もしかしたら、もしかしたらですよ?ここから先、このアルバムを聴いた事でその人の100個ある苦しい出来事が99個になるかもしれないし、ため息が一個減るかもしれない。それでいいんですよ。っていうかそれがいいです。
もしこのアルバムに力があって、このアルバムに役目があるんだとしたらそれだけですね、僕は。きっと伴も。僕らだけじゃバンドじゃないんで。楽器持ってスタジオで合わせてるだけじゃバンドじゃないんですよ。やっぱり誰かに聴いてもらってやっとバンドなんで。
だからこのアルバムも作っただけじゃアルバムじゃないんですよね。聴いてくれた人や、これから聴いてくれるかもしれない人が受け取ってくれて初めて完成するので。そういう人のためのアルバムだったら良いなって心から思います。

 

【HPアドレス】
http://asstellus.com/

 

明日、照らす
1st ALBUM
それから
OBOCD-011

NOW ON SALE

\2000(tax in) ONE BY ONE RECORDS


「それから」リリースツアー
■9/4(土) @群馬 前橋 DYVER
■9/5 (日) @栃木 宇都宮 HELLO DOLLY
■9/12(日) @東京 新宿 スモーキン・ブギ
■9/18(土) @兵庫 神戸 music zoo 太陽と虎
■9/19(日) @福岡 福岡 SPIRAL FACTORY
■9/25(土). @三重 四日市 club CHAOS
■10/2(土) @埼玉 熊谷 BLUE FOREST
■10/3(日) @横浜 関内 BB STREET
■10/9(土) @高知 高知 劇場歌小屋の2階
■10/10(日) @徳島 徳島 CROWBAR

■10/17(日) @長野 松本 ALECX
■10/24(日). @岐阜 岐阜 BRAVO
■10/30(土) @愛媛 松山 SALON KITTY

東阪ツアーファイナル
■11/7(日) @大阪 十三 FANDANGO
■11/13(土 @)東京 渋谷 O-CREST

レコ発ファイナルワンマン
■11/21(日) @名古屋 今池HUCK FINN
  明日、照らす presents [ほんとのワンマン]

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved