Jr.MONSTERがMachine Recordsに移籍! Machine Recordsといえばdustbox、OVER ARM THROWを擁するメロディック・パンクの代表的なレーベルである。そこからジュニモンがリリースされるとなれば、否が応でも期待は高まる。移籍第一段アルバム「A NEW STATE」は、そんな期待を大きく上回る過去最高傑作だ!彼らの音楽は彼らにしか鳴らすことが出来ないということを実感させられる。一つのスタイルを貫いてきたバンドだからこそ辿り着いた本物のオリジナル・サウンドがそこにはある!

 

Q.まず、絶対聞かれることだとは思うんですけど…移籍について教えてください(笑)。

EJIMA:絶対来ると思った!(一同爆笑)理由はあれですよ、NOT REBOUNDと一緒(笑)。

KEV:NOT REBOUNDが一番知ってるかもしれないっていう。(一同爆笑)


Q.まぁそうなんだろうけど(笑)。

EJIMA:(元居たTigerhole)レーベルがなくなっちゃったから?

KEV:まぁなくなって、どうする?ってなった時にMachine Recordsから誘ってもらったっていうところなんですけど…。Tigerholeでお世話になってた人たちがみんな辞めちゃって、それならそのレーベルにいる意味ってないんじゃないかって思ったんですよね。


Q.ジュニモンだったら他のレーベルからも引く手数多だったと思うんだけど、Machine Recordsに決めた理由っていうのは何だったんだろう?

EJIMA:レーベルのヤツがタメ(同い年)で、野球部で、共通の知り合いがいたから。


Q.野球部デカいんだ(笑)。

EJIMA:野球部とタメっていうのはデカい(笑)。

KEV:それ友達になったキッカケみたいな感じじゃん。(一同爆笑)

EJIMA:でも、ホントにそれで「コイツと一緒に作品作りたいな」って思ったんですよ。前から知り合いではあったけど、色んなタイミングが重なって「これが縁なのかな」って。


Q. Machine Recordsに移籍するっていう噂は前々から聞いてたんですよ。でも話が出てからかなりスパンがあったでしょ。それは何があったんだろう?

EJIMA:それはね、あの〜…俺たちが曲を作ってなかったから。だから、待っててもらったっていう。(一同爆笑)向こうはずっと待ちぼうけしてたっていう(笑)。

NAMIKI:結構、一方的に待たせてた(笑)。「ウチからやりたいっていう話だけど、曲出来てるの?」「出来てないです」みたいな(笑)。

EJIMA:「そっちがやるっていうなら曲を作りましょうよ」と。(一同爆笑)


Q.じゃあ制作に入ったのは割りと最近なの?

KEV:いや、これが制作に入ったのは1年ぐらい前なんですよね。ただ、最初は曲作りの進みがすごい遅いんで…。で、ケツを決めないとダラダラしちゃうんで、ケツを決めて。ホント、ケツ決めないと全然駄目なタイプなんですよ。


Q.でもジュニモンって昔っからそうじゃない?

KEV:昔っからですね(笑)。


Q.移籍するからって構えたわけでもないんでしょ?

EJIMA:特にそれは関係ないですね。多分、どこから出しても今回の作品の曲作りはこうなってたと思うし。でも、レコーディングをやる、物を作るっていうことに対しての気持ちは、今までとは全然違う。一個一個確実にやりたいっていうか、気持ちっていう意味では今までだって当然あったんですけど、更に乗ってるっていうか。そんな感じでレコーディングができて。で、(レーベルの人も)ずっと居てくれたから、楽しくレコーディングができたっていうのもありますね。

KEV:レコーディングを楽しくやれたっていうのは初めてかもしれない。関わる人がどうこうではなくて、レコーディング自体の雰囲気がすごく良かった。

EJIMA:何か今回RECのON・OFFがすごい良くて。ブースに入ったらON、ブースから出たらOFF、みたいな切り替えが上手くできた。曲順に関しても3人だけで決めたんじゃなくて、みんなで決めたんですよ。第3者を交えて「客観的にどうか?」っていうところで。


Q.レーベルも含めて、しっかりとしたチームになれたっていう感じ?

KEV:ああ、それはすごい感じてますね。レコーディングの時はエンジニアの人と、レーベルのヤツと、メンバーの5人で1つのチームとしてやれてたから、雰囲気良くやれて…ない時もありましたけど(笑)、ほぼ良い状態でやれてましたね。


Q.前のアルバムの時ってレコーディングで苦労してたイメージがあったんだけど、今回はそういう苦労もなく?

EJIMA:…色々ありましたね。(一同爆笑)

KEV:サクッっていう感じではなかったけど…。ホントに楽しくやれましたよ。


Q.今作はいつものジュニモンの作品ではあるけど、雰囲気は今までとは違うと思うんだけど。

EJIMA:雰囲気良く作れたから、結果的に曲のムードとかそういうものに反映されてるのかなって。


Q.うん。振り幅がぐんと広くなってるように感じる。

EJIMA:そうなんですよ。「俺たち持ってたな」みたいな(笑)。


Q.そういえば現メンバーで守備位置が定着して10年だよね。そういうのも関係あるのかな?

KEV:え?ああーそういえばそうですね。

EJIMA:メンバーより詳しい(笑)。

KEV:並ちゃんって10年なんだ?俺、今知った(笑)。

NAMIKI:俺、密かに噛み締めてた。言わなかったけど…。(一同爆笑)


Q.今までよりもコーラスの厚みがあるように感じるけど、これは意識的にそうしたの?

EJIMA:うーん。意識したのかな…。ライブに来てくれる人をイメージして作ってるから、そういう風になってるのかもしれないですね。一緒に歌ってもらおうって。


Q.それこそOi PUNKに通ずるようなシンガロングもあるし。

EJIMA:そうそう、あのユニティーな感じが出したくて。そこは全部ユニゾンで歌ってるんですけど、そういうのも狙ってますね。コーラスも振り幅広くて、今回はギャーギャー言ってるのもあれば、上行ったり、今までは下行かなかったけど下行ってみたり、あとは横に行ってみたり(笑)。まぁ横はユニゾンなんですけど。


Q.そういうことが出来るようになった理由っていうのは何なんだろう?

EJIMA:1曲1曲を良いものにしようっていう気持ちですかね。全曲、ライブでレギュラーになるだろうっていう曲作りを目指してましたからね。やらなくなっちゃう曲のないアルバムにしようっていう。持ち時間さえあれば全曲やりたい。全部今回のアルバムの曲だけでもいいんじゃないかっていうぐらいのものにしたくて。
基本、楽曲的には今までとそんなに変わってないけど、その中での最も良いものが出来たんじゃないかと思うんですよね。だから…次出すの怖いですよね。

KEV:得意の次回作の話出たよ。(一同爆笑)


Q.(笑)とりあえず、現時点での最高傑作ができたってことだよね。

EJIMA:そうなんです!そのせいで次回作のプレッシャーが…。(一同爆笑)


Q.まだ考えなくてもいいんじゃないかな(笑)。結成当時からのスタイルを貫いた中での最高傑作だと思うんですけど、メンバーそれぞれは何か意識的に新しいことに挑戦したりはした?

EJIMA:挑戦しましたよ!未だに弾けないですけどね(笑)。
あと、今回は歌のキーを低めに設定して曲を作っていったんですよ。キーを低めに設定することで、歌の表現力っていうのを出してみようって提案して作ってもらったんです。それがなかなか難しくて、でも心地良くて。最初はちょっと歌いにくかったんですけどね、これ大丈夫か?って(笑)。張って歌ってないから。でも、張って歌えばいいってことでもないだろうって。張らずに違った意味で表現したいなっていうのが大きかった。張るだけが俺たちのスタイルじゃないよっていう。


Q.確かに歌の幅は全然広がってるよね。

EJIMA:もっと広げたいんですけどね。


Q.あ、まだ先があるんだ!じゃあ次回作はそれでいいんじゃない(笑)?

EJIMA:あ!そうですね。その手があるか。(一同爆笑)

KEV:ドラム的には、これをした、あれをしたっていうのは特にないんですけど…。EJIMAのベースが結構動いてるんで、その裏でシンプルに叩いてるのが良いんじゃないかなっていう結論に達しまして。逆にそういうところに気を使った感じですね。ベースが映えるようなドラムをって。あんまり難しくしすぎちゃっても…分かりやすいほうが良いだろうと。それがウチのスタイルだと思うし。

NAMIKI:ギターもいつもと変わらないですけど…挑戦は常に自分なりにはしてますけどね。

EJIMA:カッコイイ(笑)。

NAMIKI:今回はギターがどうこうよりも、曲作りが難しかったですね。キーを下げて作るとか(笑)。曲作りはちょっと悩みましたね。


Q.今回はミッドな曲にもしっかりとノリがあるように感じるんだけど、それも苦労した点の一つなんじゃない?

NAMIKI:あれはホント難しかったです(笑)。

KEV:特にM-11の『Not going back』なんかは曲作りが難航しましたね。色んなリズムを試してみたり、構成を変えてみたりと結構悩みましたね。

EJIMA:下手したら、ただのJ-POPになっちゃうんで。


Q.前作までだと、ミッドな曲って「聴かせる系」な仕上がりだったと思うんだけど、今回はちょっと違うというか、ライブでやったらちゃんと体が動く感じじゃないかと。

EJIMA:曲順が良かったんですよ(笑)。

NAMIKI:いやいや、ちゃんと狙ってますよ!そういう風に作ったんですよ。

EJIMA:ベース・ラインも結構凝ってるけど、あれ出来るの実際?っていう。(一同爆笑)まぁレコ発までには何とか…どっちに集中したらいいか分かんない、歌かベースか(笑)。


Q.ああ、それはすごく分かる(笑)。でも、ちゃんと弾くんでしょ?

EJIMA:もちろん。でも、もっとやってやろうかとも思ってます。CDではこうだったけど、ライブではこう!みたいな感じで。
実際、今回歌入れてからベースを取り直したりもしたんですよ。エンジニアの人的には「ポール・マッカートニーみたいなベース」をやってみたかったみたいで。でも、それをやってみたらベースが派手になりすぎちゃって…「派手だね」で終わりです(笑)。そういうことも試したんですよ。前回のレコーディングの時に「こういう録り方もあるんだよ」っていうのを教えてもらってたんですよ。
結局、俺ってライブやってくうちにベース・ラインが変わってくんですよ、手癖とかで。それだったら歌入れた後に、もう一回考えてやりゃあいいじゃんって。なるほどなぁと思ってやってみて…却下ですよ、派手すぎて。(一同爆笑)


Q.でも、新しい試みの一つとしてはアリでしょ?

EJIMA:そうそう。やってみてダメだったらいいんですよ。やんないでダメとか言ってたら分かんないままだし。…まぁホントはスタジオでやってこいって話なんですけどね(笑)。


Q.もしかしたら次のレコーディングではそれが生きてくるかもしれないし。

EJIMA:そうなんですよ。それを考えるとやっといて良かったなって思うんですよね。


Q.フル・アルバムとしては2年ぶりだけど、今までもずっとこのペースじゃない。だからこそ作品ごとに成長していってるように思うんですよ。年に1枚とかだったら、こうはなってないんじゃないかと。

EJIMA:そう思いますね。作品を出すことがルーティーンって思いたくないし。そういうのが俺の中にはあるんですけど…。
ビジネスの話になっちゃうと「年1枚でしょ」ってなっちゃうんですよね。でも、年1枚出すっていうのは…それもいいんでしょうけど、毎回毎回クオリティ…自分らが満足できるものが作れるかっていうと、俺たちは無理だと思うんですよ。ライブもやりたいし、ツアーもやりたいしって考えるとこのペースがいいのかなって。


Q.何か、次回作どうしていいか分からないって言ってたけど、このインタビュー中にちょっと見えてきたような気がしますね(笑)。まぁ次回作のことは、また次回聞かせてもらうとして(笑)、今回のアルバムを聴いてライブに来る人にメッセージをお願いします!

NAMIKI:今までで一番ライブを意識したアルバムになったと思うんで、ツアーでみんなの反応見るのも楽しみの一つなんですよね。だから、アルバム聴いてライブのことイメージしてほしいです!

EJIMA:団結ですね!…ん?何か違う…一回とりあえずパスでお願いします。

KEV:パス!?パスかぁ…うーーん。面白いアルバムになってると思うんで、ライブも楽しい感じになると…違うなぁ。

EJIMA:楽しんでほしいっていうのは、もう大前提だからね。…熱くなっちゃえばいいじゃん!っていうか。熱くなれよ…かなぁ。うーーん。でも熱くなっちゃうよなぁ。

KEV:もうNAMIKI以下同文でお願いします。(一同爆笑)


Q.(笑)いやいやいや。また次回作の話になっちゃうけど、次にまた良いものができたらこのアルバムの中からもやらない曲…時間的な問題でやれない曲も出てくるわけじゃないですか。今回のツアーでしか聴けない曲もあるかもでしょ?そういう意味でも重要なツアーになるんじゃないかと。

EJIMA:なるほど、そうですね。…じゃあもう一回やります、ツアー。(一同爆笑)ツアー終わったら、今度は逆周りで(笑)。


Q.締めにくいなぁ(笑)。…じゃあ、このアルバムの聴き所、聴いてほしいところを教えてください!

EJIMA:歌詞は英語なんですけど、共感できる部分があるんじゃないかなって思ってるんです。だから楽曲やメロディだけじゃなく、歌詞も読んでほしいなって。そしたらライブが、より楽しめるんじゃないかな。

KEV:1曲1曲、捨て曲のないアルバムだと思うんで、全部の曲を楽しんでもらいたいです!

 

Jr.MONSTER:
MASATOSHI EJIMA(Vo.B)、HIROAKI"KEV"MITSUGI(Dr.Cho)、DAISUKE NAMIKI(G.Vo)

【HPアドレス】
http://jrmonster.com

 

Jr.MONSTER
NEW ALBUM
A NEW STATE
FGCA-24

9/22 ON SALE

\2,500 (税込み)


A NEW STATE TOUR 2010

■10/03(日) 新代田 FEAVER
■10/11(月) 豊橋 LAHAINA
■10/12(火) 京都 WHOOPEE'S
■10/14(木) 富山 SOUL POWER
■10/15(金) 新潟 JUNK BOX
■10/17(日) 札幌 KLUB COUNTER ACTION
■10/19(火) 八戸 ROXX
■10/20(水) 仙台 BIRD LAND
■10/23(土) 横浜 F.A.D
■10/24(日) 千葉 LOOK

■10/30(土) 熊谷 HEAVEN'S ROCK VJ-1
■10/31(日) 長野 J
■11/06(土) 神戸 BLUE PORT
■11/07(日) 福岡 GLAF
■11/09(火) 熊本 DJANGO
■11/10(水) 大分 T.O.P.S
■11/12(金) 松山 SALON KITTY

TOUR FINAL
■11/27(土) 十三 FANDANGO
■11/28(日) 今池 HUCK FINN
■12/01(水) 渋谷 O-WEST

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved