前作より約1年半。その間に数々の大型フェスに出演し、2010年3月には赤坂BLITZでのワンマンも大成功させたknotlamp。待ちに待ったアルバム『Dot of the Galaxy』は期待以上の大傑作に仕上がっている。深い意味を込められたタイトルも、前作以上に幅を広げた楽曲も、説得力が増した歌詞も、その歌詞を届ける「歌」も…全てが今までのknotlampを越えている。ライブ直前、熱い気持ちをVo. KIETに語ってもらった。

 

Q.発売が延期になると聞いた時はビックリしましたけど、その分素晴らしい内容になってますね!

KIET:遅れたのは、一概にこれだけっていう理由はないんですけど…作品を出すっていうことに対してどこに一番重点を置くかって考えて、それが発売日通りに出すということではなくなったと言いますか…。時間内に収めるためだけのレベルの作品なら出さないほうが良いんじゃないかって。中途半端な作品出すぐらいなら発売をやめたいぐらいの気持ちで。まぁ「それはマズい」ってなったんですけど(笑)。


Q.ファンに対して、中途半端なものを出すのが裏切りなのか、発売日を遅らせることが裏切りなのかって考えた結果なんですね。

KIET:どっちにしろ約束は果たせていないので、そういう意味ではファンに対してすごく申し訳ないなっていう気持ちが大きくて。でも…だからこそ、この作品を頑張って良いものにして「これなら発売日が遅れたのも納得できる」って思えるぐらいのものにしたかったんですよね。


Q.余計にプレッシャーがかかったんじゃないですか?

KIET:ホントそうですね。もうレコーディングのために東京に移動してからは、ずーっと毎日曲を書いてたんですけど、書いても書いてもダメで。良いなと思えるものができなくて、これは果てしないのかなと思ってましたね。ただ、追い込まれた分ちゃんと納得のいくものができたと思います。


Q.じゃあ手応えは感じてる?

KIET:手応えもありますし、これを早くファンの元へ届けたいっていう気持ちにもなりましたね。でも、それとは別に「制作が終わりました」ってなった日に…ツアーが始まる10日ぐらい前だったんですけど、その終了した日に「ああ、次の作品作りたいな」って思ってしまったんですよ。そういう意味では、この作品に満足はしてないのかもしれないです。


Q.音楽の幅が広がりましたよね。

KIET:そうですね。自分たちの一番「ここ」っていう部分を残しながら少しずつ幅は出していきたいっていう考え方をずっとしてはいるんですけど…。結局、「ここ」っていう部分だけじゃなくて「色んなことができるバンド」っていう芯を作りたいんですよ。色んなことがやれるバンドっていうのに憧れてるんで。
例えば、速い曲や激しい曲をって追っかけてるバンドっていうよりは、色んな幅を持ってるっていうところにknotlampらしさがあるっていう風に思われたいんですよね。もちろん自分たちがそうなりたいからこそ、そう思われたいんですけどね。


Q.根本にメロディの良さがあるから、どんなアレンジでもknotlampらしさは失ってないと思いますよ。

KIET:それはうれしいです!


Q.今回はスピードに全く頼らずにメロディだけで勝負してる曲もありますよね。

KIET:やっぱり制作の度に、今までになかったことを少しずつ取り入れたいっていう気持ちが強いんで。まぁダメだって思われたら、ダメでいいし。ちゃんとメロディ…歌があれば何をしても伝わるんじゃないかなって。


Q.今回は特に「歌」を突き詰めたのかもしれないですね。

KIET:毎回、突き詰めようとは思ってるんですけどね(笑)。でも、1作品出すごとに責任感っていうのは、うれしい話、どんどん増していってるんですよね。そういう意味では今までで一番考え悩んだんではないかなという気がしますね。


Q.そういう気持ちが一番現れてるのがM-11の『Until you sleep』なんじゃないかって思うんですが。アコギのみで弾き語りっていう。

KIET:あーー、そうですね。あの曲を入れるかどうかっていうのを最後まで迷ってて。出来上がった後も、どうしよう?って(笑)。でも、最後はやっぱり好きなことをやろうっていう原点を重んじました。


Q.歌に力があるっていうことを再確認できる内容だと思いますよ。

KIET:速い曲とか、バンド演奏とは全然違うところで、声だけで聴いてもらうみたいなところをファンにも表現したかったというのがあって。
最終的にこの曲を入れようと思ったキッカケが、赤坂BLITZで…これはまだ誰にもまだ話してないんですけど、赤坂BLITZ(のワンマン・ライブ)でアンコールでアコギでやらせてもらって。それが思った以上に評判が良くて「ああ、こういうやり方でも伝わるんや」ってなってきたんですよね。だったらシンプルな、アコギと歌だけっていう曲も入れてもいいんじゃないか?って思うようになったんです。


Q.この曲を聴いて思ったのは、knotlampってどの曲もアコギ1本でやってもカッコイイんじゃないかってことなんですよね。

KIET:ありがとうございます!多分、僕らのことをそういう風に言ってくださる人は、すごく分かってくれてる人だと思いますね。ホントに良いと思ってる人がそうやって言ってくれるって僕は思ってます。間違いなく伝わってます!うれしいです!


Q.ロックだから、パンクだから、だけではなく「歌が好き」って思ってもらえたら最高ですね。

KIET:そうですね、それはホントにうれしいですね!やっぱり世間ではメロディック・パンクとか、やれどうのこうのとか言われて、色んなバンドと比較をされたり、そういうシーンの中にいるっていうイメージがあると思うんですけど…。
もちろんそういうのも大事だし、重んじてる部分もあるんですけど…。でも最終的にはやっぱり「歌」で…バンドっていう枠…アレンジとか激しいビートとか、そういうのを取り払った時に、アコギだけでやってもちゃんと「歌」として成り立っているのか?っていうところで勝負できる材質というか、メロディの質があるバンドになりたいなっていう思いが強いんです。


Q.アルバム・タイトル『Dot of the Galaxy』にはどんな意味が込められてるんですか?

KIET:これはホントに深い意味があって。直訳すれば「宇宙の中の点」っていう意味なんですけど。
「ペールブルードット」っていう…僕、天文学がすごい好きでなんですよ。考古学とか(笑)。で、アメリカのとある天文学者が、ものすごい望遠鏡を使って、衛星から地球を撮った写真があって。それが真っ暗な宇宙の闇の中に、薄い青い地球の光がポーンってあるんですよ。それをペールブルードットっていうんですけど、天文学会では伝説のセリフで。
音楽とは全く関係ないですけど、単純にすごいなぁって思ってたんですよ。「宇宙の中では地球は青い点やったんや」って思って。ロマンがあるなぁって。
で、今回アルバムタイトルを考える中で、今の世の中って悪いことばっかりっていうイメージがあって。苦労してる人のほうが多いっていうイメージが強いんですよ。時代は暗いんだなって…。不景気で仕事につけない奴も周りにいっぱいいたりとか、不幸を背負って苦労してる人がホントに多くて。でも、その中でもみんな、「点」ぐらいの希望は持ってるんじゃないかっていう気持ちがあったりして。その「点」をどんどん増やしていけば全部が光になると思うんです。そういう願いも込めてます。
僕個人にとっては、そういう意味があるんですけど、『Dot of the Galaxy』「宇宙の中の点」っていうものの意味は聴いた人に委ねたいなっていう気持ちが一番大きいですね。聴いた人それぞれが、感じるままに受け止めてくれれば、それが一番大事だと思います。できれば前向きな想像をしてほしいな。


Q.ほんの小さな「点」をネガティブに受け止めるのか、ポジティブに受け止めるのかっていうことですね。

KIET:そうなんですよね。それがすごく美しいというか。影があるから、苦労があるから、一個の点が綺麗に見えるっていうのもあると思うんですよ。そういう見方もできるんじゃないかなって。色んな意味を持つ言葉で、深くて良いなって思って付けました。


Q.そういえば現在はまだ九州に住んでるんですか?

KIET:住んでます(笑)。まだ東京に引っ越してないんですよ(笑)。


Q.何か歌詞も曲も九州在住だからこそ生まれてくるものもあるんじゃないかと思うんですけど。

KIET:なくはないでしょうね。家族も、地元の友達も当然九州にいるわけじゃないですか。レコーディングとかで東京に来て、自分らの家がない状況で生活してると、大都会の人波の中で「たった一個の石ころなんやな」って気持ちになることがあるんですよ。


Q.ハングリーな部分というか、「負けたくない」っていう気持ちも伝わってきますしね。

KIET:ありますね!もうそこですね。一番重要なのはそこなんですよね。前向きな姿勢を伝えたい、笑ってほしいみたいな部分が大切なんです。聴いた人が、これ(knotlampの音楽)をキッカケに、何かがちょっとでも良いほうへ進むんだったらそれが一番なんで。その為だったら、自分は何にでもなりたいって思うんですよ、変な話。
さっきの話に戻るんですけど、ジャンルとかじゃなくて…「こういうジャンルだから、こういう人が聴く」っていうのを超えて、「歌」として伝えたいなっていうのが常にあって。でも、それって裸じゃないと伝わらないと思うんですよ。だから歌詞に関してはホントに普段自分が考えてることを、かなりリアルに書いてます。
聴いた人が俺と飲みに行けば、「コイツがこういう歌を歌うなら信じていいな」って思ってもらえるんじゃないかな。


Q.それは、こうやって話してても分かりますよ。特に今回の作品は発売延期という不測の事態があって、より一層自分自身と対峙したんじゃないですか?

KIET:ありますね。音楽に向き合う時間が増えたっていうことは、必然的に自分と向かい合う時間が増えたっていうことですからね。


Q.さっきの話ですけど、例えばジャンルにこだわって活動してるバンドからしたら「ポリシーがない」っていう風に捉えられちゃうかもしれないですけど、knotlampは「ジャンルにこだわらないことがポリシー」なんでしょうね。それを超えて伝えたいことがあるっていう。

KIET:そうですね。もちろんジャンルにこだわって活動してるバンドは素晴らしいと思います。でも、俺らは常に前のものを壊したいっていう気持ちがあるんですよ。1作前の作品を壊して次に行きたいっていうのがあるんで、ホントに「ジャンルにこだわらない」ってことがポリシーかもしれないですね。


Q.じゃあ今回のアルバムも「前作を壊そう」っていうテーマだったんですか?

KIET:そういうつもりではなかったんですけど…振り返ってみればあったんだと思います。前と違うことをやろうとか、もっと幅のあることをやろうとか、テイストを変えよう、音の作り方を変えよう…録音の方法も今までとは全部変えたんですよ。そういうことも含めて「今までと違うものを」っていうテーマがあったんだと思います。


Q.歌に関しても今まで以上に力が感じられますし。

KIET:それは毎回狙ってるんですけどね(笑)。でも、それが結果的に顕著に出たんだと思います。


Q.今回のアルバムを聴いてツアーに来てくれる皆さんにメッセージをお願いします!

KIET:進化し続けるバンドなんで、俺らの理想はまだ全然高いところにあります。でも、そこに向かって一歩ずつ着実に進んでる実感はあるので、応援してくれてるみんなが「アイツらホント良いバンドになったな」とか「ホント良い作品出すな」っていうところに絶対辿り着くので、期待しててください!


Q.実は今回のツアーはレコ発になる予定だったわけじゃないですか。これを経験してのレコ発ツアーだから、その頃にはまた進化してるかもしれないですしね。

KIET:そうなんですよ。それは絶対あると思います!


Q.そういえば『Until you sleep』はライブでも聴けるんですか?

KIET:バンド・バージョンっていうのはないですけどね。元々この曲って、途中からバンドが入ってきてガーッってなっていくアレンジを試みてたんですけど、何か余計なことをしてる感じがしちゃって。やっぱりこの曲は「歌」だけでいいんじゃないかって。
だからライブでもアコギでやります!あのBLITZ以来、考えが変わったんでアコギでやることにもすごく意欲的なんですよね。ライブに来る人は、それも楽しみにしててもらいたいですね!

 

knotlamp:
KIET(Vo.G)、TETSUNARI(G.cho)、TOHRU(B.cho)、AKIHIKO(Dr.cho)

【HPアドレス】
http://knotlamp.com/

 

knotlamp
NEW ALBUM
Dot of the Galaxy

2010.9.7 Release!!

R3RCD-095 初回限定盤 \2,990(税込み)
※DVD付(2010.3.25 赤坂BLITZ 「THE GROWING SQUARE」ライブ映像収録)
R3RCD-096 通常盤 \2,415(税込み)


Dot of the Galaxy TOUR 2010

■09/29 滋賀U☆STONE
■10/01 松阪MAX'A
■10/02 岐阜CLUB ROOTS
■10/04 清水JAM JAM JAM

追加公演ファイナルワンマン決定!!
■10/30(sat)  名古屋 BOTTOM LINE
  問)SUNDAY FOLK PROMOTION:052-320-9100

 



 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved