Q.結成の経緯は?

高津:高2の頃、文化祭に出るために坂とバンドを結成しようって話をしてたんですよ。

坂:2年C組の教室の前の廊下でね(笑)。

杉本:それで僕は2年B組だったんですけど、サッカー部の練習に行くためにC組の廊下を通りかかったんですよ。そうしたら「ピーター(杉本)、ボーカルやらない?」って呼び止められて。でも部活に早く行きたかったからその場で適当に「いいよ」って返事して(笑)。

立松:僕は高津と1年の時に同じクラスでした。その流れで。


Q.みんな同じ高校の同級生なんだね。ドラムの渡部君も同じ高校なの?

杉本:ある意味、同じ高校ですね(笑)。

高津:ドラムの渡部は#$○※×♯△なんですよ。


Q.え!?

坂:でもこれ、載せちゃ駄目です(笑)。

杉本:真相を知りたい方はライブに来て声をかけて下さい(笑)。


Q.敢えて載せます(笑)。シャビーボーイズって名前はどういう意味?

杉本:お決まりの単語帳で決めました(笑)。直訳するとみすぼらしいとかボロボロな男の子って意味なんですけど、かっこつけてない感じもしっくりきて。他にも色々候補はあったんですけどね(笑)。

立松:札幌蟹本家とかね(笑)。

杉本:イモライダーってのもあったね。(一同爆笑)


Q.うん、シャビーボーイズで良かったと思います(笑)。ライブハウスに出始めたのは?

高津:高校の頃はただ学園祭に出たいってだけだったんですよ。でもオリジナルをやり出してからはバンドが楽しくなってきて、大学に入ってから初めてライブハウスにも出るようになりましたね。

杉本:色んなライブハウスでやらせてもらいました。スタジオ音源を作ってからはUPSET、APOLLO THEATER、その頃オープンしたell.SIZEに出させてもらうようになりました。


Q.シャビーボーイズは動員が物凄いって噂を当時よく聞いたけど。

杉本:高校の友達がとにかく多かったんですよ。それこそ高校卒業してからのライブは僕らだけで動員100人以上ありました(笑)。でも文化祭の延長っていうか同窓会のテンションでライブハウスに集まってたんですよね。でもその貯金が切り崩されていって、今は残高ゼロです(笑)。

高津:やっとスタートに立った感じです。


Q.そのスタートに相応しいデビューミニアルバムが出来たんじゃない?

杉本:そうですね。今までのデモ音源は野生的だったんですよ。僕の歌に関していえば、メロディーとか音の流れとかどうでも良くて、ただバンドに合わせて大きな声を出したいだけだったんですね。でももっと自分達の生み出したメロディーに愛情を持った方がいいって事を学んで、価値観ごと変わったんですよ。自分が歌を作って自分で歌うってそういう事なんだって。それで悩んで苦労して出来たアルバムなので物凄く思い入れの強い作品になりましたね。


Q.「こんにちは未来」っていうタイトルにもバンドの決意が表れてるよね。

杉本:2009年は「これから俺達どうするんだ?」ってずっと悩んでたんですよ。でも協力してくれる人と出会って、やっぱり音楽が好きだし挑戦したい気持ちも強くなってきたんです。だからこらからのシャビーボーイズの先を示す新しい気持ちをタイトルに込めました。


Q.メンバーそれぞれ思い入れのある曲は?

坂:僕はM-6「サンフランシスコ」。結構長いソロがあるのでどうやって自分のギターを表現するか試行錯誤しながらレコーディングしましたね。

立松:僕はM-1「パンチライダー」の高い声で「パンチライダー!」って言ってるところに全ての照準を合わせました(笑)。あ、あとM-5「日々」がなぜかレコーディングで全然弾けなくて泣いちゃいました(笑)。

高津:初の全国流通だし今までの集大成みたいなアルバムにしたくて6曲中5曲は自主で発表してる曲なんですよ。それでM-3「no title」だけは唯一の新曲で。ずっと音楽を続けるかどうか悩んでて、そんな時にこの曲が出来て今の道を選べたので凄く思い入れがありますね。

杉本:高津と同じように僕もずっと悩んでて。結局誰について歌ったかって自分の為に書いた歌で。将来この曲を聴いた時、もし音楽を辞めてても感動するし、音楽を続けてても感動すると思うんですよ。


Q.「no title」っていうのは何年後かに自分達がどういう心境で聴いても埋められるために敢えて付けたタイトルっていう。

杉本:その通りですね。自分達だけじゃなくて聴いてくれた人に当てはまればいいなって。それが未来の僕でもあるし、今から聴いてくれる誰かでもあるだろうし。本当に僕らの「これまで」と「今」と「これから」が全部詰まったアルバムになりましたね。


Q.最後に訊きたい事があるんだけど、昔のブログで「いつかインタビューを受けるような事があったら訊いて欲しい事がある」って書いたの覚えてる?

杉本: ええ!?それ2年くらい前ですよ!覚えてます!凄い展開だ!


Q.それ、訊きます(笑)。シャビーボーイズにとって音楽とは何?

杉本:あぁ、ちょっと感動してます、俺。

立松:その頃確か俺は「音楽は炭水化物だ」って言ってたんですよ。でもそれを後悔してて(笑)。音楽はエネルギーなんですよ。あ、じゃあそのままで良いかもしれないです(笑)。

高津:音楽と同じくらい映画や漫画や小説からも影響を受けてるんですよね。それでも自分が音楽をやる事を選んだ事実が僕は嬉しいです。

坂:僕は教師を目指してた事があるんですよ。教師って子供達に伝えていく仕事じゃないですか。音楽も一緒だと思うんですよね。人に伝えて影響を与えれるのが教師や音楽だと僕は思ってます。

杉本:当時のブログでも書いたと思うんですけど、僕にとっての音楽は遊びなんですよ。ライブは楽しいし、家でギター弾くのも楽しいし。ずっと音楽で遊んでいたい。音楽はこれまでもこれからもずっと僕にとっては遊びです。

 

シャビーボーイズ:
杉本恵祐(Vo) 渡部信介(Dr) 高津直視(Gt) 立松伊智朗(Ba) 坂直貴(Gt)

【HPアドレス】
http://id47.fm-p.jp/3/SHABBYBOYS/

 

シャビーボーイズ
1st mini album
こんにちは未来
DQC-537

NOW ON SALE

\1,500[税込] Maylight




LIVE SCHEDULE

■9/17(金) 「ROCK the ROCK!!」
  池下CLUB UPSET
■9/27(月) 「SHAKE IT」
  池下CLUB UPSET

 


 

2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993 Mail: info@info@2youmag.com


opyright(C) 2009 2YOU MAGAZINE All rights reserved