PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
里帰り
名古屋を中心に活動するピアノ、アコースティックギター、ベースからなるトリオバンド、里帰り。2009年10月にcolla discよりリリースされた「今日のできごと。」が音楽ファンの間で支持され、名古屋インディーズシーンにおいてひときわ異彩を放つ存在としてその名を広げていった。そしてondo recordsからリリースされる2ndミニアルバム「ぼくとあなた」。ここには誰もが共感するであろう6編のラブソングが詰まっている。懐かしさ、ほろ苦さ、暖かさ、優しさ。音楽と恋の温度がそのまま込められた素晴らしい作品となっている。この温度があなたに伝わりますように。

Q.1stミニアルバム「今日のできごと。」を出して状況は変わった?

淳平:それまでがほとんど名古屋の中でしか活動してなかったので、ツアーで色んな所に行ってみて各地の方が知ってくれてるのは驚きましたね。 

ゆり:そうだね。「今日のできごと。」をリリースしてからはじめて県外にライブしに行ったので知らない人達が知っててくれる喜びと驚きはありましたね。

 
Q.地元の名古屋のライブはどう?

淳平:女の子のお客さんが増えたよね?

心太:ありがとうございます(笑)。

ゆり:里帰りのお客さんは可愛い子が多いってよく言われます(笑)。ロックも好きだけどやわらかい音楽やアコースティックが好きっていう女の子が多い気がしますね。


Q.では今回の2ndミニアルバム「ぼくとあなた」ですが、里帰りのラブソング集のような印象を受けました。

ゆり:気付いたら全部恋愛の曲ばかりでした。恋愛における自分と相手のことを歌っているのでタイトルも「ぼくとあなた」って。


Q.聴く人にとっての「ぼくとあなた」に置き換えて聴ける曲ばかりですよね。

ゆり:きっと私達が普通の恋愛をしてきたからなんじゃないかな。

淳平:自分の中では大恋愛でも人に話したら「それ、普通じゃん」みたいな(笑)。そういう経験が重なって曲が出来ているので聴いてくれるみなさんとも重なるのかなって。

ゆり:私達が歌ってるのは大恋愛じゃなくて日常的な恋愛ソングだから。


Q.決して韓流ドラマのような展開ではないっていう。交通事故にあって記憶を失って、実は兄弟で…みたいな。

淳平:ないですね(笑)。普通の恋愛をしてるみなさんに聴いて欲しいですね。


Q.里帰りの音楽からは凄く温度を感じます。楽しくて温度が上がってる時もあるし、悲しくて温度が下がってる時もある。そういう様々な心情やその時の温度が今回の6曲から感じ取れる気がします。

ゆり:音楽をやっていて人の温かさを感じる瞬間はいっぱいありますね。あと里帰りって優しくて暖かいってよく言われるんですけど、そうじゃないところもあると思うんですよ。人間臭いっていうか。


Q. そういう部分にも寄り添ってくれるのが里帰りなのかも。

ゆり:だったら凄く嬉しいです。


Q. M-1「テノヒラ」はアルバムの始まりにぴったりなポップな曲ですね。

ゆり:この曲の詞に悩んでる時にへきれきの小竹克昌さんに相談して言葉や単語を色々頂いたんですよ。それを私がまとめて歌詞にして。手を繋いでいるイメージの曲です。

淳平:チーナやviridianのメンバーにも参加してもらって豪華な曲になりました。

ゆり:こういうアッパーチューンを里帰りでやったらどうなるかなって思って作りました。


Q. M-2「微熱」は今作で唯一ボーカルが掛け合いですが「小鳥」のような対話ではないですよね?

淳平:そうですね。対話というより雰囲気的には表面と裏面のような感じかもしれないですね。あとは歌詞も曲もゆりのアレンジに寄り添っていくような。

ゆり:「小鳥」は完全に対話形式で書きましたけど、いつもは「ここ歌いたいから歌うね」とか「ここは淳平ね」みたいに結構適当なんです(笑)。


Q. M-3「変幻自在」は裸でぶつかることの勇気をくれるような曲ですよね。

淳平:好きな人に対して「俺、凄いんだぜ」「俺、かっこいいんだぜ」って自分以上のものをみせようとするじゃないですか。 でもそれって結局自分が傷つくことになると思うんですよね。そういう事を書いた曲です。

ゆり:この曲も恋してる人は共感できると思う。


Q. 別れをテーマに書かれたM-4「レインソング」。

淳平:別れた後の忘却というか。現実に戻れていない自分を描写するかのように書きました。


Q. 里帰りは詞を書いた人が歌うわけではないんですか?

心太:前作は書いた人が歌ってましたけど今回は違いますね。

淳平:なんでだろう(笑)。

ゆり:私は淳平の声が好きだし、淳平も私の声が大好きだと想ってくれてるだろうし(笑)。だからお互いの声が聴きたいって思ってるの…かな(笑)。


Q.M-5「桃色毛布」は男が共感するラブソングなのかも。

淳平:若いころに「バンドでビッグになるんだ」とか「東京行くから」って当時の彼女に大口叩いてて。それでライブをしに東京に行った時に「いつか言ってた街に来たよ」って。

ゆり:そういう意味なの?ゆりは付き合ってた彼女の地元に来たんだと思ってたよ。

淳平:違う違う。東京にライブに行って…。

ゆり:そっちじゃないほうが良い!(一同爆笑)

 
Q.M-6「いつかはまた」は短くて静かな弾き語りですが。

ゆり:里帰りのイベントや特別なライブの時に短い曲を作ってオープニングで歌うんです。そういうショートチューンをアルバムにも入れたくて作りました。お互い納得出来なかったこともいつかは笑いあえたらいいねっていう歌詞です。


Q.素晴らしいアルバムになりましたね。

淳平:「ぼくとあなた」は「里帰りとリスナーさん」であって「リスナーさんとその知人」であって、色んな角度から聴いて欲しいです。

ゆり:この作品を聴いて良い恋して欲しいですね。


Q.このアルバムを引っさげていよいよ千種文化小劇場(ちくさ座)でライブですね。

ゆり:やっと実現します。ずっとちくさ座でやりたかったので。

淳平:何より僕らが楽しみにしてきたライブなので、今までよりはじけたライブになると思います。ろまん編と言ってるくらいなので(笑)。

心太:僕は今からMCが心配です(笑)。今から滑るのが想像できるだけに(笑)。

ゆり:大丈夫。きっと特別な日になるよ。

 

里帰り:
心太(bass) 
ゆり(vocal & piano)
淳平(vocal & acoustic guitar)

【HPアドレス】
http://sato-gaeri.com/

里帰りアルバム

里帰り
2nd mini album
ぼくとあなた
ORAA-60002

2010年11月10日(水)発売

1,890円(税込) ondo records

里帰り ぼくとあなたリリース記念ワンマンライブ
夜の演奏会 -千種座ろまん編-

2010年11月13日(土)
名古屋市千種文化小劇場ちくさ座

開場:17時  開演:18時 チケット
前売2,500円 当日2,800円 
企画制作:ondo records

(問)ジェイルハウス 052-936-6041
前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993