PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
DOPING PANDA

Q.初のベストですがこのタイミングで出そうと思ったのは?

Furukawa:今、自分達のスタジオを作ってから初のフルアルバムを作っているんですよ。来年の春くらいにリリースする予定なんですけど。その前にここで区切りたかったんです。
次のアルバムからは新しいDOPING PANDAのスタートなんだよっていうことが、まあ外に伝わらなくても良いんですけど自分の中で区切っておきたかったんです。
メンバーが変わる訳じゃないから第一期とか第二期とかそんな大袈裟なことじゃないんだけど、自分の中ではそれくらい新しいものになろうとしているっていう。自分に意思表示したかったのかもしれませんね。


Q.スタジオを作られたのは?

Furukawa:これまで色んなエンジニアさんと一緒にやってきたんだけど、自分が思ってる音に辿り着かなかったんです。それを繰り返してても作りたいものに届かないだろうなってずっと思ってて。
今はレコーディングもミックスも全部自分でやっているんだけど、当然エンジニアさんにやってもらったほうが商品としては完成度の高いものが出来ると思うんですよ。でも自分が思ってるゴールにはこのほうが必ず行けるか気がするんです。そのほうが自分の思った形で作品としてドロップ出来るんじゃないかって。


Q.そのほうが頭の中で鳴っているものをより具現化出来ると。

Furukawa:今までは録ってる段階から少しずつズレていって、ミックスが終わる頃には別の曲になってしまう。それが何とも解せなかったんですよね。
今、自分達でやるようになってそれが100%表現出来ているかって言われたらまだ出来ていないんだけど、原因が明確に分かるんです。エンジニアさんにお願いしてるときは何でこうなっちゃうか分からなかったから。出来上がりを聴いて、とにかく俺が思ってる曲とは違う曲になってると。だからミックスの確認のときに揉めることも沢山あったし、言い方悪いかもしれないけどそれっぽく仕上がって終わってるのが凄く嫌だった。
結局僕は音楽の本質に迫りたいんですよ。やっぱりここで鳴ってるスネアやキックの音がそのまま作品に残るべきだし、自分がアレンジした音は全て分離よく聴こえなきゃいけないし、どうしてこういうアレンジかっていうのが聴き手に伝わらなきゃいけない。
決してコマーシャルでインパクトのあるものだけが音楽じゃないんですよね。そういう意味で音楽の本質に迫りたかったっていうのはありましたね。


Q.ベストアルバム制作にあたり、自分達の音源を振り返ってみてどうですか?

Furukawa:あまり自分達の過去の音源を聴き返したりしないんですけど、久しぶりにインディーズの時代から歴史順に聴いてみたら成長してるんだなって思いましたね。
色んなバンドがいるから、スタイルを変えずにやってる人達もいれば、僕らみたいに全く違うものになっていってる人達もいると思うんだけど、特に僕の場合はずっともがきながら音楽のスタイルを変えたり音に対して挑戦してきたんです。段々自分の音楽に対するエネルギーの向け方や考え方が複雑になっていく感じは自分でも感じましたね。
最初の頃はAIR JAMの存在が大きくて、僕も入口はメロディックハードコアだったけど、そことは違う音楽を目指していく中でFRONTIER BACKYARDのTGMXさんと出会って。それでインディー時代でバンドに変化が加わっていったんだけど、その人達と袂を分かってメジャーに行って。そこからは音に対する戦いが始まっていって。
こうやって聴き直すと分かりやすく変化していってるなって思います。


Q.DOPING PANDAのデビューは奇しくも2000年のAIR JAMの直前でしたよね。 あの直後、Hi-STANDARDが活動を止めてDOPNG PANDAが所謂メロディックハードコアの流れからいち早く抜け出したと思うんです。「PINK PaNK」を聴いたときに凄く新しい何かを感じたんですよね。2000年以降の何かが始まった気がして。

Furukawa:それは凄く嬉しいですね。 やっぱりそこは意識していましたからね。


Q. しかもそこで留まらず、前衛的というか、新しいことをどんどん試してきて。そうやって10年やってきて、気付いたら後ろには沢山のフォロワーもいて。

Furukawa:「ダンスロック」みたいなことをメジャーに行ってすぐに言われだしたんです。でも「PINK PaNK」以降の僕らがやってきた音楽って別にダンスロックじゃなくて、さっき前衛的って話が出ましたけど、まさに前衛的でありたかっただけで。
音楽とは何か、自分にしか出来ないことって何かっていうことを追求してきた10年だったんで。所謂4つ打ちとエレクトロニクとデジタルとアナログと、みたいなバンドは確かに僕ら以降いっぱい出てきたような気はするんだけどね。でも後ろにそういうバンドがいるっていう感覚は無くて。
歩いてる道自体がずっと違う気がしてるんです。むしろ共感を覚えるのはそういう連中じゃなくて違うジャンルのバンドのほうが多いんですよね。


Q.全く違うジャンルのバンドとやるほうが刺激を受ける?

Furukawa:受けますね。特に同世代の違う畑で育ってきた人達と一緒にやると凄く刺激的ですよね。今度一緒にやるHiGEとかbonobosとか。POLYSICSも。
僕らの世代って良かれ悪かれAIR JAMのおかげでメジャーデビューっていうのが死語になってたし、アマチュアで始めたバンドのゴールがメジャーじゃなかったんですよね。もしかしたら今はもっと死語になってるかもしれないけど、あの頃はアンチテーゼがあったから。
そういうのってAIR JAMに影響受けたバンドだけじゃないんですよね。なんかこの世代のバンドってジャンル関係なく音楽に対するエネルギーの向け方が凄く強いんですよ。そういう人達からは刺激を受けることが多いです。


Q.そもそも入り口がメロディックハードコアだったDOPING PANDAが4つ打ちやダンスミュージックを取り入れるきっかけは何だったのですか?

Furukawa:ちょうどTAHITI 80とかDAFT PUNKが日本で流行ってクラブでもかかりまくってて。その頃は4つ打ちが進化しているものに聴こえたんですよね。もちろんハウスは昔からあったし、4つ打ちのビートなんてソウルとかファンクでも昔から当然あるんですけど、なんかその頃凄くパンクに感じたんですよね。 AIR JAMに影響を受けたみんなが2ビートでやってるメロディックハードコアよりもパンクに感じたんです。
それを模倣じゃなくてここ日本で、しかもAIR JAMにも出てたTGMXさんと俺達だから「PINK PaNK」みたいな作品が生まれたんだと思いますね。それがダンスロックだとも思ってなかったし。


Q.ダンスロックといわれるシーンについてはどう思いますか?

Furukawa:今、やっと飽和した感じですよね。「PINK PaNK」から8年かかってやっと自分達の思ってたことが飽和するんだなってくらいのことしか考えてないですよ。だからシーンを作ってやろうとかじゃなくて、聴いたことない音楽を作りたいし、聴いたことない音楽が頭の中で鳴ってるっていうだけです。
当時、僕らの周りのバンドはみんな口を揃えてAIR JAMをやりたいって言ってたんですよ。でも僕はそこが一番ピンと来なかったんです。なんで先人がやってることを目指すんだろうっていう。だからダンスロックのバンド集めてAIR JAMみたいなことやろうとか、シーンを作ろうとか思わないですよね。もともとコミュニティとか苦手なんで(笑)。


Q.だから色んなシーンを転々としたり。

Furukawa:そうですね。そこの集団が飽和すると抜けていったんで。最初はHawaiian6達と一緒にガンガンやってたし、the band apartがそこに交じってきたくらいにTGMXさんと出会って音楽の本質に向かっていくようになって。またそこでの関係が飽和するとメジャーに行きもっと音自体を追求するように向かっていって。
それで今回また自分の中で区切りがつきそうで。エンジニアまで外してなんか段々一人になっていって(笑)。でも向かってる先は自分の中で明確にあるんですよ。


Q.でもみなさんとの関係も一周したんじゃないですか?

Furukawa:そうですね。またTGMXさんと一緒にイベントやるようになったり、2010年はHawaiian6とも久しぶりに一緒にやったんで。不思議なもんですよね。
だから昔ガッツリ一緒にやってた人達とは、考え方が違ったりして袂を分かってもこうやって戻ってくるんだなっていう感覚はありますね。


Q.これからはどのような活動をしていきたいですか?

Furukawa:とにかく音楽を続けたいです。僕が言う音楽を続けるってことは他の仕事があってその合間に音楽をやるっていうことではないんです。
もちろんそうやって音楽をしている人もいっぱいいるしそれもライフスタイルだと思うんだけど、僕はやっぱり365日音楽のことを考えてないと音楽をやってる気になれないんですよ。
綺麗ごとみたいになっちゃうけど、いつか本当に自分が鳥肌が立つような作品を一作品でも作れたらいいなって思っていますね。

 

DOPING PANDA:
Yutaka Furukawa(Vo.G.Programming and ROCK STAR)
Hayato(Dr.Cho)
Taro Houjou(B.Cho)

【HPアドレス】
http://www.dopingpanda.com/

アルバムジャケット

DOPING PANDA
NEW ALBUM
BEST OF DOPING PANDA
SRCL-7492〜7493

2011/1/19 ON SALE

CD(2CD) ¥3,000(tax in)

DP SUMMIT season1 FINAL TOUR

2/23(水)@名古屋CLUB QUATTRO
w/ CUBISMO GRAFICO FIVE、FRONTIER BACK YARD、RIDDIM SAUNTER

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993