PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The Chrono HEAD
物凄いバンドが誕生した。活動休止中のnoteの真田修壱(Vo、Gt)、石黒健晋(Gt)、河合俊紀(Dr)、そしてARUで活躍中の平山裕一(Ba、Cho)。この4人が集結したのがThe ChronoHEAD だ。幼馴染だという真田と平山がnote、ARUというそれぞれ別のバンドで活動しながらも共鳴しあい、尊敬しあった結晶ともいえるこのバンド。インタビューを読んでからアルバムを聴くとより心に刺さるでしょう。もう一度言います。物凄いバンドが誕生しました。

Q.まずこの4人が集結したきっかけは?

真田:まあもともとタカ君(石黒)とトシ君(河合)と俺はnoteってバンドを一緒にやってたし、裕一とは小学校からの幼馴染なんですよ。自転車で2分くらいのとこに住んでて(笑)。


Q.え?裕一くん、岐阜じゃないの?

平山:今はARUを岐阜でやっているんですけど、もともと豊橋出身なんですよ。修(真田)とは完全に幼馴染ですね。

真田:それこそギターも一緒に練習しましたからね。

平山:僕のお父さんがギターを持ってて「裕一、修よ。ここに座りたまえ」って2人で正座させられて「これがCだ!」って。(一同爆笑)


Q.本当の幼馴染だ(笑)。一緒にはバンドはやらなかったの?

真田:中学の時に少し。それで裕一は今でもARUをやってるんですけど、僕がやってたnoteはべースが抜けて活動休止中なんですよ。
それでベースを探し始めたんですけど、俺って高校の頃からずっとバンドでコーラスをされたことがなかったから歌えるベースがいいなって思ってて。だけど地元には中々いなかったし、かといって健君と俊君も歌わないし。
それで中学の時に裕一と2人でゆずをコピーしてたのを思い出したんですよ(笑)。その後のミーティングで「裕一がいるけどね」ってサラッと言ったら全員「それでしょ!」って(笑)。

石黒:だからベースを探して裕一になったっていうよりコーラスメインで決まったみたいな。

真田:ギター弾けるからベースも弾けるだろって。そしたらまた良いベース弾くんですよ(笑)。

平山:今やコーラスあんまりやってないからね。(一同爆笑)

真田:まあそういういきさつもあって裕一を誘いました。


Q.誘われてどうだった?

平山:中学時代に修とバンドをやってて、高校で離ればなれになるんですよ。それで修は地元のヒーローみたいなバンドを始めて、俺は別のバンドやってたんですよね。だけど高校を卒業したくらいに一緒にバンドをやろうって話になったんですよ。

真田:なったね。俺の家で集まってミーティングしたよね。

平山:うん。その時に「バンド名どうする?」って言われて、俺が「ARUってどう?」って言ったんですよ。


Q.え!?ARU!?それでそれで?

平山:だけど僕が岐阜の大学に行くことになって結局一緒にバンドはやらなかったんです。

真田:それでしばらく連絡も取らなくなったんだよね。

平山:そしたらある日いきなり電話がかかってきて「裕一、俺メジャーデビューする」って言われたんですよ。その場は「おめでとう」って言ったけど凄く悔しかったんですよね。それで負けてられないって思って修と昔やろうとしてたARUを始めたんですよ。


Q.めちゃくちゃ良い話だ!

平山:修はいつも俺の前にいてずっと追いかける存在だったんですよ。でも色んな人にお世話になりながらARUを頑張っていくうちに、岐阜や名古屋のみんなから「裕一、一緒にやろうよ」って誘われたりもしたんだけど、俺はARUしかやらないって断ってたんですよ。
でも真田修壱からいつかバンドに誘われた時だけはすぐさま「うん」って言おうってずっと決めてたんです。それで修から電話がかかってきて「裕一、バンドに入ってくれない?」って言われて…。

石黒:なんて答えたの?

平山:「…入るよ」って。(一同爆笑)

真田:裕一は後先全く考えずに「やる」って言ったんですよ。レーベルの事とか何も考えずに(笑)。

平山:修が誘ってくれたことがとっても嬉しかったんだよね。認めてくれてたんだなって。それに俺は修と一緒に同じ曲を作って、同じ詩を書いて、一緒に歌うって作業をずっとやりたかったから、熱が突き動かしたんですよ。
もちろん健君も俊君も尊敬するプレイヤーだし、自分のポテンシャル以上のところで自分の可能性を確かめれるのは本当に嬉しいですね。


Q.映画作ろうよ。ドキュメント映画。凄くドラマチックだ。

真田:俺がARUを知ったのもドラマチックなんですよ(笑)。
裕一と昔バンドをやろうとしたときに「ARUって名前にしよう」って話をしたのは覚えてたんですよ。でもそのまま裕一が岐阜に行って俺はnoteやってて連絡もあまり取らなくなって。
ある日、ラジオを聴いてたらなんか聴いたことのある声が聞こえてきたんですよね。そしたら「お届けしたのはARUで…」とか言うんですよ。俺は裕一がバンドやってるのも知らなかったし、「こいつマジでARU組んでラジオで流れるくらいになってるんだ」って。すぐ電話したもんね。

平山:電話かかってきた(笑)。

真田:お互い頑張ろうなって。


Q.こうやって一緒にバンドをやるのは必然だったとしか思えないね。

真田:裕一とはずっとライバル同士なんですよね。ARUとnoteはベクトルは違ったけどライバル意識はあったんですよ。裕一がこういったら俺は違うほうにいくみたいな。言葉にはしなかったけどそういうのは絶対あって。
だからもしかしたらまだ一緒にやるのは早いのかもって話にもなったし、もしかしたら40歳くらいになったときに気ままにやる方が良かったかもしれないけど、なんかこの今の「やろうぜ!」っていう勢いが凄かったんですよね。いきなりCD出したのもそうだし。

平山:だからまだ未完成なんですよね。

真田:そうそう。俺たちがケミストリーしたらもっと凄いと思うもん。もちろん今も全力ですよ。でも全力のジャブみたいな。


Q.どんな作品になった?

真田:凄い未知数なアルバムですね。俺がnoteの頃から書き溜めた曲がまだ60曲くらいあったんですけど、このバンドではゼロから作りたかったから全部今のメンバーで作ったんです。やっぱり裕一と一緒に作りたかったし。
俺が作った曲を裕一がアレンジしたり、裕一が作ったM-6「Ghost」もARUとは全く違った裕一の顔だったり、本当に未知数。しかもバラバラだと思った曲がアルバムになると全部The ChronoHEADなんですよね。 

平山:俺もこのアルバムは神がかってると思う。

真田:今の俺たちの100%のものを出してるからね。

平山:ぶっちゃけARUは俺がやってきたっていう気持ちも少しあったんですよ。でもこのバンドに入って、ARUも含めてメンバーや周りのスタッフや関わってくれる人達全員で作っているって気付けたんですよ。だから俺、本当にみんなに感謝してるっす。

真田:みんなにメールは返さないけどね(笑)。

平山:メールは返さないっす。(一同爆笑)


Q.ライブはどう?

真田:なんかみんな若返ってる感じがするよね。

石黒:そうだね。俺達も個々で沢山ライブはやってきたけど、こんなにもライブが楽しみだって思う感覚は高校生の頃以来かもしれない。裕一が岐阜にいるし、そんなに頻繁にライブがやれないのも消化にならないライブが出来ているのかも。
俺らの初ライブも今回のツアーも変わらないテンションでやれるのは、これだけライブをやってきて新しい発見ですね。

真田:俺らのライブはテンションも高いよね。裕一はARUと違ってライブメイクしなくていい分、そこにプレッシャーがないから物凄く開放的なライブをするんですよ。「ワシャー!!」って(笑)。それでいつも「やりすぎたかな…」って反省してるんですよ(笑)。

平山:学祭ノリだったなって(笑)。

真田:このバンドを始めるにあたって「修はnoteの時はチャラかったからこのバンドはクールにいこうぜ」って言ってた裕一が一番チャラいんですよ。

平山:真田修壱を見て開眼したっす。(一同爆笑)


Q.これからThe ChronoHEADはどういうバンドになっていきたい?

石黒:noteの時は思いつくもの全部やってたんです。でも今思うとファミレスみたいだなって。ファミレスにはハンバーグもあるしカレーもあるしパスタもあるんですよ。それを俺らはカレー風味でやってみたりパスタ風味でやってみたりしてたんですよね。
だからThe ChronoHEADでは町のカツ丼屋になりたいんですよね。そこには味噌カツ丼もソースカツ丼もあると思うけどメインはカツじゃないですか。そういうバンドになりたいですよね。

平山:カツ丼をチョイスするあたりがエモいね。(一同爆笑)

真田:みんなそれぞれキャリアがある中で、また新人バンドとしてゼロから始めるのが凄く楽しいんですよね。もう好奇心しかないんですよ。
気持ちってやっぱり伝わるんですよね。例えば本当に愛してる人に「愛してるよ」って言えば伝わると思うんだけど、ちょっと口説いてやろうかってくらいの人に「愛してる」って言っても伝わらないんですよね。それと一緒で自信満々なことを堂々とステージでやらないとお客さんもついてきてくれないし、人を感動させられないですよね。
もし俺達が変な音楽やるようになったとしても、俺達が世界基準だっていうつもりで堂々とやっていきたいです。

平山:やっていこうよ。みんなでやっていこうよ。

真田:今回のアルバムタイトル「LATENT FIRE」っていうのは自分の奥底に潜在する魂っていう意味なんですよ。例え光をなくしてしまったとしても、自分の奥には光があると思うんですよね。
だからどれだけ転んでも自分が示した場所へ向かっていけばいいんですよ。そこで失敗してたとしても、今こうやってここで歌ってるっていうことは失敗も自分の光になっているってことなんですよね。だから俺はずっと歌っていきたいです。

平山:…修、説得力半端ねえっす。(一同爆笑)

 

The Chrono HEAD:
平山 裕一(Ba,Cho)
真田 修壱(Vo,Gt)
河合 俊紀(Dr)
石黒 健晋(Gt)

【HPアドレス】
http://chronohead.jp/

アルバムジャケット

The Chrono HEAD
NEW ALBUM
LATENT FIRE
WTCC-1001

NOW ON SALE

\1500
※TOWER RECORDS限定発売

The ChronoHEAD・TOUR 2011「LATENT FIRE」

■3/17  栄R.A.D
■4/2 豊橋 ell.KNOT
 TOUR FINAL ?FOR THE LATENT FIRE?

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993