PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
サンボマスター
昨年10周年を迎えたサンボマスターから究極のベストアルバムが届きました。その名も「サンボマスター 究極ベスト」。サンボマスターに励まされている人がいる。サンボマスターと一緒に泣き、笑い、怒っている人がいる。サンボマスターが歌う「君と僕」を自分に重ねている人がいる。サンボマスターと「愛と平和」を叫んでいる人がいる。サンボマスターと「ロックンロール」を唱えている人がいる。サンボマスターと、サンボマスターと、サンボマスターと…。この究極ベストには僕の、あなたの、みんなのサンボマスターがぎっしり詰め込まれている。

Q.昨年結成10周年を迎えましたが、サンボマスターにとってどんな10周年でしたか?

山口:楽しいっぱなしの10年でしたねぇ!バンドを組んだら楽しいことばっかり!悲しくたって、それを味わえる楽しさっス!!

木内:楽しくやっていたらいつの間にか10年経っていました。本当にあっという間でしたね。

近藤:この10年とても楽しかったです。純粋に、バンド活動を10年もやってこれた事、それは幸せな事です。毎日が楽しい日々でした。


Q.今回はベストアルバムということで、1stアルバム「新しき日本語ロックの道と光」から順番に振り返っていきたい思います。このアルバムは、まさにタイトル通り、日本語ロックの道に光がさしたアルバムでしたよね。

山口:ありがとうございます!このアルバムは自分がやりたかった、自分がアルバムを出すならこうしたかったてのをかたっぱしからやりまくったアルバムですね。

木内:思いがけず、たくさんの人が受け入れてくれて本当にびっくりしました。

近藤:自分たちでもビックリする程のスピードで沢山の方々に広まっていって本当にバンドの転機となりました。あらためて思うのは、中学生時代にこのアルバムに出会いたかったですね(笑)。きっと大ファンになったでしょう(笑)。


Q.続いて「サンボマスターは君に語りかける」ですが、1stで色んな人がサンボマスターを聴くようになったと思うんですけど、そういう人達全員に「わかち合おうぜ」って語りかけるようなアルバムだと思いました。

近藤:改めて聴きかえしてみても、名曲ぞろいのいいアルバムだと思います。1stの後、急に忙しくなって、制作時間もタイトなアルバムでしたが、キラキラしたこの感じはとても愛しいです。

山口:このアルバムはたくさんの人に聴いていただけました。2005年に一番高らかに叫べるロックンロールはコレだ!っつーカンジですかね。音の録り方もちょっと工夫しました。

木内:今でも2ndアルバムが好きだといってくれる人が多いです。そう言ってもらえて幸せですね。


Q.「僕と君の全てをロックンロールと呼べ」をリリースした頃は、やはり「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」の大ヒットでバンドを取り巻く状況も凄く変わったと思うんです。でもそんな状況も関係なく18曲というフルボリュームで叫び続ける姿に感動しました。

近藤:とても沢山の人に知ってもらえるようになって、すべてを込めたアルバムを作って届けようという気持ちで作りました。

山口:まぁあの作品くらいぶちまけたアルバムはないですね!「心の闇から希望から全部ぶちまけてやるぜ!」ってアルバムっす。

木内:あの頃のライブを見返したりすると、やはりとんでもないライブをしてました。最高にカッコ良くて、我ながら驚きました。


Q.「音楽の子供はみな歌う」は凄く優しいアルバムでしたよね。特に「I LOVE YOU」はサンボマスターそのものだと思います。

山口:あざっす!今聴いてもやさしさに満ちてるなぁと自分でも思います。4thアルバムは自分でもお気に入りのアルバムです。

近藤:ありがとうございます。「光のロック」から「I Love You」までのアルバムの流れが僕も大好きです。とても自由で、おっしゃる通り優しさにあふれてますよね。

木内:4枚目は僕も実はとても大好きなアルバムです。


Q.去年リリースされた「きみのために強くなりたい」。あのアルバムに励まされた人は沢山いると思います。巷にあふれる応援歌じゃなくて、本当に寄り添ってくれる、暖かくて力強いアルバムですよね。

山口:ありがとうございます!このアルバムはどう受けとってもらえるのだろうと少しだけ心配な野心作だったのですが、多くの皆さんに支持していただいて本当に嬉しかったです!

近藤:嬉しいな!ありがとうございます!DEMO作りから3人だけで作業して、より純度の高い「サンボマスター」のアルバムになったと思います。これは本当によく出来ました。

木内:僕らの音楽をそういう風に自分の事として受け取ってくれる皆さんがいて、本当に嬉しく思っています。


Q.こうやって改めてサンボマスターを聴いていくと、昔から今もずっと「君と僕」「アイラブユー」「ロックンロール」っていうテーマは一貫していますね。

山口:それを爆音で!声高で!やりたいわけですよ!

近藤:僕も、それしかないと思います!

木内:実は昔も今も中身はそんなに変わらないですからね(笑)。


Q.ずっと思ってたんですけど、サンボマスターは自分なんじゃないかって思って聴いてる人がたくさんいると思うんですよ。自分そのものじゃないかって。

近藤:ありがとうございます。そこまでシンクロして聴いていただけると、音楽もよろこびます。音楽を愛するみなさんに聴いていただけて幸せです。

木内:ありがとうございます。そういうのもすごく励みになります。

山口:君も僕も同じロックンローラーじゃないのかい?


Q.だからサンボマスターにはこれからもずっと歌い続けていて欲しいです!

近藤:はい!!がんばります!!

木内:頑張ります!!

山口:一緒に歌うべ!!

 

サンボマスター:
近藤洋一(ベースとコーラス)
木内泰史(ドラムスとコーラス)
山口隆(唄とギター)

【HPアドレス】
http://www.sambomaster.com

アルバムジャケット

サンボマスター
NEW ALBUM
サンボマスター 究極ベスト

2011/3/23 ON SALE

【初回限定盤】2CD+DVD SRCL-7609〜7611  \3675
【通常盤】2CD SRCL-7612  \3150

アルバムジャケット

サンボマスター
NEW SINGLE
希望の道
SRCL-7575

NOW ON SALE

\1223

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993