PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
UNLIMITS
切なさと激しさが同居した哀愁メロディーと突き刺さるような女性ギターボーカル&女性ドラムボーカルからなる絶妙なハーモニーが聴く者の心を掴んで離さないUNLIMITS。レーベル移籍、「蒼-アオイ-」「茜-アカネ-」の2部作を経て、フルアルバムとしては「夢幻シンドローム」から2年9カ月振りの2ndフルアルバム「トランキライザー」が完成。トランキライザー(抗不安薬、精神安定剤)と名付けられた今作はその名の通り、様々な不安を吹き飛ばすような、またはそっと寄り添ってくれるような、力強くも優しく暖かいアルバムとなっている。もしかして今、あなたに必要なのはこういう音楽なのでは?ぜひ聴いてみて欲しい。

Q.久しぶりのフルアルバムですが、今回のアルバムを聴いて「蒼-アオイ-」と「茜-アカネ-」の2枚のミニアルバムの 答えが出たような気がしました。たぶんあの2部作がなかったら辿り着かなかったアルバムだと感じたんですよ。

清水:まさにその通りで「茜-アカネ-」で新しい扉を開けて、「蒼-アオイ-」でその扉が「バーン!」って開け放った感じだったんですよ。そこから一歩飛び出したのが今回の「トランキライザー」かなって思いますね。


Q.ホップ・ステップ・ジャンプみたいな。

大月:うんうんうん。

清水:あの2部作を踏まえたうえで、とにかく我武者羅に作りましたね。自分が一番気持ちいいと思えるメロディーを作ることに専念しました。


Q.1stフルアルバム「夢幻シンドローム」は結成からアルバムまでの全てが詰まった、言ってみればそれまでのベストアルバムだったと思うんですけど、今回は作り方で変わったことはありますか?

大月:そうですね。1stの時とは作り方は全然違いますね。あのアルバムはとにかくそれまでの全部を詰め込んだ作品だったんですよ。もちろん今回も「夢幻シンドローム」から今日までの全部を詰め込んだつもりなんですけど、それだけじゃなくて。
さっき言ったホップ・ステップ・ジャンプじゃないですけど、やっぱりジャンプしないといけないし、でもジャンプしすぎちゃいけない気持ちもあったので。


Q.ジャンプしすぎないっていうのは、UNLIMITSという軸から外れすぎないってこと?

大月:そうですね。あくまでUNLIMITSらしさはそのままじゃないと。


Q.今回のアルバムは一聴して凄くポップになったと思うんですよ。でもそれはしっかりUNLIMITSという核があった上で、自然に今の流れになってきたように感じるんですよね。

清水:はい。ポップな曲も増えたんですけど、狙って出来たわけじゃなくて自然と出来たんです。やっぱりそれは「茜-アカネ-」と「蒼-アオイ-」を経たことも大きいと思います。


Q.前作から活動の場をメジャーに移して変わったことは?

清水:バンドに関わる人が凄く増えて、私達が作る曲に対する意見も色んな人から聞けるので責任感は出ますよね。でもとにかく良い曲を作りたいっていう心だけはインディーズの頃から変わっていないのでそこは一本筋を通しながらも、今は音楽に専念できるし色んな事をしたいなっていう意欲が湧いていますね。


Q.今回のアルバムタイトル「トランキライザー」にはどういう意味が?あまり耳馴染みのない言葉ですが。

清水:これはドラムの郡島が自転車につけようとしてた名前で、ずっと隠し持ってたみたいなんですよ(笑)。
この言葉には「精神安定剤」っていう意味があるんですけど、今回のアルバムの曲にぴったりな言葉だなって思ったんです。人間の持つ憂鬱や不安を全て受け止めて「隣にいるよ」とか「一緒に歩いていこうよ」っていう。
アルバム最後のM-12「パズル」では希望の光も見えたりしてまさに安定剤って言葉がぴったりだなって思っています。


Q.アルバムはM-1「ループ」M-2「偽りの世界」といきなり立て続けに必殺技が炸裂してますね。

清水:UNLIMITS節が炸裂してる2曲ですよね。そこからM-3「ハロー」でさわやかな感じにいくのも面白いかなって。


Q.確かに。この流れは斬新だしM-3「ハロー」はこれまでのUNLIMITSにはなかったタイプの曲ですよね。

清水:昔だったらこういう曲は作れなかったし、出来たとしてもボツにしてましたね。それを今のUNLIMITSなら出せるっていう自信がついたことによって生まれた曲ですね。

大月:「すごいポップなの持ってきたな」って印象は実はそんなになくて。単純に良い曲だし、今のUNLIMITSなら出来るなっていう気持ちが4人共通してあったので割とすんなり完成までいきましたね。

清水:嬉しいことに、周りの人からの評判は凄く良いですね。「ループ」「偽りの世界」で激しく攻めて、「ハロー」で春風がふわっと吹くような流れが凄く好きです。


Q.そんな爽やかさも手に入れながらM-7「暗闇ノイローゼ」のような実験的な曲もあるという。

清水:この曲はかなり振り切った結果、振り切りすぎて針が落ちちゃったくらいの凄い曲になりました(笑)。


Q.この曲は是非ヘッドフォンで聴いて欲しいですね。

清水:子供が聴いたらきっと泣いちゃいますよね(笑)。自分じゃないような歌い方にも挑戦したし、囁き声も入っているし。本当にお化け屋敷みたいですね(笑)。

大月:フルアルバムじゃないと出来ないような曲ですよね。スパイスにもなってると思うし。

清水:この曲みたいな実験的なことはこれからも色々やってみたいですね。


Q.新しいことという意味ではM-8「雨音」にも語りが入っていてびっくりしました。

清水:これは郡島が語っているんですけど、まるで少年のような語りを聴いて欲しいです。ベースの石島が言ってたんですけど、ちょっとヱヴァンゲリヲンの碇シンジ君のような感じもあって(笑)。

大月:やってる事やメロディーはそんなに真新しいことはやってないんですよ。だけど入れるスパイスだったり構成で面白いことは出来たかなって思います。


Q.この曲からはハードコアの要素も感じます。

大月:それはあるかも。

清水:途中叫びたくなるようなハードコアっぽい展開はありますよね。ライブで絶叫するかもしれません(笑)。


Q.M-11「道しるべ」は石島さんが歌詞を書いていますが、きっと大切なバンドの解散に向き合った曲ですよね。

清水:まさにその通りで、SHACHIっていうバンドの解散について歌っているんです。この曲が出来た時に、すごく感動的なメロディーだと思ったんですよね。そのときに丁度SHACHIが解散っていう話を聞いて。
石島はSHACHIと同郷の磐田出身で高校時代からの後輩なんですよ。それで今、石島が感じていることはいっぱいあるだろうなって思ってそれを書きとめておかないと勿体ないと思って「SHACHIのことを書いてくれ!」って頼みました。凄く沁みる歌詞が出来ましたね。


Q.SHACHIの名古屋ラストの時にUNLIMITSがSHACHIのカヴァーしたじゃないですか。あの日の光景が浮かびました。

清水:SHACHIの「あかし」って曲を石島がボーカルでカヴァーしたんですけど、あれはやってて楽しかったですね。これから石島にも歌ってもらうのもありだなって。1曲メインで歌う曲を作るかもしれないですね(笑)。


Q.SHACHIもそうですけど、去年くらいから解散や脱退のニュースが多いですよね。

清水:戦う仲間が辞めていくのはやっぱり寂しいですよね。でもそういう人達が残してくれたものは偉大で、それを引き継いでいく自分達が止まらないように頑張っていきたいって常に思っています。

大月:なんか今の時代だとCDが売れなくなったっていうのに直結しているのも解散のひとつの側面としてあるとは思うんですよね。
バンドをやるとかバンドを続けることに対する考え方は人それぞれでいいと思うんですけど、ちょっと音楽っていうものが非現実的なとこにあると思ってしまっているから辞めていってしまうのかなって思う瞬間もあったりして。もっとライフワークとしてやれたらいいなって思いますよね。中々難しいとは思いますけどね。
だからこそ長く活動を続けられるようなバンドでいたいとは思いますね。


Q.2枚のミニアルバムに収録されてたM-4「茜唄」とM-10「蒼」が今回も入っているのは?

清水:今までの軌跡をフルアルバムには入れたかったし、「茜-アカネ-」と「蒼-アオイ-」を経て今のUNLIMITSがある証として収録しましたね。あとは単純にイントロが鳴った瞬間に「キター!!」みたいになる曲じゃないですか。あれを味わってもらいたいですね。


Q.アルバム最後の曲M-12「パズル」はさっき希望の光が見えた曲だと言っていましたが。

清水:この曲の中で「悲しいことばかりが街に溢れて見えるのは君が下を向いてばかりいるからさ」っていう歌詞があるんですけどまさにこれがこの曲で言いたいことだったんですよ。ここは本当に大事な部分ですね。
あと今までUNLIMITSは速いビートに明るいメロディーって曲を作ったことがなかったので挑戦してみた新しいタイプの曲でもあって。そこに郡島の優しい歌詞が乗ったことで曲が引き締まってアルバムの最後を飾るのに相応しい曲になりましたね。


Q.こういう歌詞の世界観を2ビートで表したのは?

清水:速いものとゆっくりなものって表裏一体な気がしていて。敢えて速いビートでやる必要のないものでも、ビートを速めただけ心拍数があがったりスリリングになるんですよね。それが面白いなって思って。


Q.UNLIMITSってバンド自体が表裏一体なところがありますもんね。

清水:やっぱり哀しみと喜びって両方あるから映えると思うし。なんかそれが人生だとも思うんですよね。


Q.今回のアルバムのツアーはかなり長いツアーですよね。

大月:久々のロングツアーなので無事終わらせたいなっていうのが一番にはありますね。色んな人が協力してくれて色んな人が参加してくれているツアーなので、終わったあとにみんなが「良いツアーだったね」って思えるような3ヶ月間にしたいですね。


Q.名古屋でも初ワンマンもありますよね。

清水:名古屋のお客さんはいつも待ってくれている感が凄くあるんですよ。ライブ中もお客さんとリンクする瞬間が沢山あって凄く面白いんです。私達も楽しみにしています。

大月:昔からずっと名古屋にはライブしに来てるんですけど、ようやくひとつの形を見せることが出来ます。ワンマンってやっぱりバンドにとって凄く重要なライブなので、名古屋でUNLIMITSがやってきたことの集大成が出せたらなって思います。

 

UNLIMITS:
石島直和(Ba)
大月義隆(Gt)
清水葉子(Vo.Gt)
郡島陽子(Dr.Vo)

【HPアドレス】
http://www.unlimits.jp/

dustboxアルバム

UNLIMITS
New Album
トランキライザー
SRCL-7521

NOW ON SALE

\2520

トランキライザーTOUR2011

■3/23(水) 岐阜BRAVO
■4/16(土) 三重 M’AXA
■4/17(日) 浜松 FORCE
■5/29(日) 名古屋 APOLLO THEATER
前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993