PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
HEY-SMITH

大阪極上バンド「HEY-SMITH」が待望の2ndフルアルバム『Free Your Mind』をリリースする!NOFXやPENNYWISEなどのメロディック好きも、GORILLA BISCUITSなどのハードコア好きも、Dropkick MurphysやRANCIDなどのPUNK好きも納得の大名盤!!!ユーモアとLOVEとポリティカルが共存する歌詞を初期衝動感タップリのショート・チューンに乗せてぶっ飛ばす!モッシュ&ダイブ&シンガロング間違いなし!アルバム聴いてライブハウスへ急げ!

Q.まずは本誌初登場ということで結成の経緯を教えてください。

猪狩:僕とベースのMukkyとSaxの満が昔一緒にバンドをやってて、TpのIoriは別のバンドでやってたんですよね。その頃に対バンとかもしてて。で、お互いに解散して「どうしよう?」ってなってる時に、DrのTask-nのコピーバンドのライブをたまたま俺が観て。「これや!」と思って、すぐに声をかけてしばらくは2人でやってました。メンバー募集して、色んな人と会ったり…。

Task-n:スタジオにも入ったりしたけど。

猪狩:…イマイチで(笑)。結局、元々やってたMukkyに電話して「もう一回やろうぜ」って感じで。


Q.その当時はどんな音楽性を目指してたんですか?

猪狩:今のHEY-SMITHの感じですね。ホーンも最初から入れようと思ってましたし。僕は最初からずっとNOFXとかが好きで。NOFX、RANCID…あの辺のバンドが好きで。NOFXもちょいちょいホーン入れてたりするじゃないですか。ああいうのがすごく耳に残ったんですよね。そういうのの影響がかなり大きいと思います。


Q.LESS THAN JAKEなどのSKA PUNKの影響っていうわけではないんですね。

猪狩:僕はそこまで…もちろんLESS THAN JAKEも聴きましたし、好きですけど…こう、中3とか高1ぐらいの聴きまくる時期あるじゃないですか。その頃に聴きまくってたのがPUNKが多くて。NOFXやRANCID、SUBLIME辺りのやるSKAは好きでしたけど。


Q.SKAどうこうよりもホーンが入ってる音楽が好きだったっていうことなんですね。

猪狩:そうですね。SKAって全然詳しくないですし(笑)。で、当時、大阪にベイサイドジェニーっていうライブハウスがあったんですけど、週に3回ぐらい行ってたんですよ。そこでホーンのバンドもチラホラ出てたんですよね…流行ってたし。それを聴いてると、やっぱり管楽器の響きがたまらんかった。


Q.当時のベイサイドジェニーだと、3.6MILKとかKNUCKLES辺りが活躍してた頃ですよね。

猪狩:そう!大阪バーニングの頃!個人的にはその辺の影響も大きいですね。


Q.デモ音源が大反響を呼んで、レーベルが決まってmini ALBUMがリリースされて、色々と状況が変わったと思いますが。

猪狩:確かに変わりましたよね…状況か…どう言ったらいいんやろう…パス!(一同爆笑)

Task-n:(笑)それまでデモ音源のCDとか自分たちで焼いてたんですよ。最初のは7,000枚配ったんですけど、それも全部自分たちでバルクに持ち込んだりとか。そういう作業をしてたんですけど、そういうのを全部任せられる存在というか…音源をちゃんと作ってくれる立場の人が1人いてくれるっていうのが大きいですね。僕らが分からんことも全部聞けるし…すごい感謝してます。

猪狩:(レーベルオーナー森氏に向かって)何笑ってるんですか?照れですか?(一同爆笑)

森氏:いや…なんかもう…ありがとうございます。(一同爆笑)


Q.mini ALBUM、1stフルアルバムとリリースして、反響も大きかったのでは?

猪狩:確かにお客さんは増えてきましたけど…別にそんなに…(笑)。もうちょっと反響あってもええのになと思ってますけどね。


Q.それを踏まえての今作ということで、何か特別に意識したことってありますか?

猪狩:特別には何もないですね。作曲も「この期間に作曲しよう」っていうのじゃないし。新曲ができたらお披露目していく感じなんで。そんな「これに絶対にこだわる」とかは別に…。

Task-n:うん、ないっすね。

猪狩:いい曲をやろうみたいな。


Q.まずはライブでやってからっていう感じなんですね。

猪狩:割りとそうですね。個人的には常々…1stをリリースした頃から作曲は続けてて。形になったり、ならなかったりするんですけど、それが数曲になった段階で「次はこの辺で出そっか」みたいな話になって、その数曲を中心に他の曲を考えていくっていう感じですね。


Q.特にテーマはないってことですね。

猪狩:そうですね、特に考えてはいないですね。「初期衝動感」は大事にしてますけど。


Q.あ、それはすごく伝わります。

猪狩:ホントですか!うれしい!

Task-n:うれしいです!


Q.これが褒め言葉になるのかどうか分からないんですけど…個人的にCHILD SCHOOL TV!!がすごく好きで…。

猪狩:(爆笑)それを「褒め言葉かどうか分からん」って言うのがヤバいっすね!(一同爆笑)


Q.(笑)まぁ、あれぐらい初期衝動が詰まってるなと。

猪狩:ホンマっすか?うれしいっす!


Q.アメリカのメロディック…NOFXやN.U.F.A.Nの影響も感じますが、USハードコアの影響も感じますが。

猪狩:それはもう完全に僕ですね。

Task-n:完全にそうやなぁ。リフ始まりとか。

猪狩:僕の我侭が入ってる(笑)。


Q.例えばどんなUSハードコアならバンドが好きなんですか?

猪狩:どうやろ?どっからがハードコアなんかなぁ?最初に洋楽好きになったんはGREEN DAYで、そっからNOFXとかRANCIDとかにハマって。で、PENNYWISEとかBAD RELIGIONにガンハマリして。


Q. PENNYWISEっぽい曲も1曲ありますよね。

猪狩:ありますね!で、ハードコアの話ですけど…誰だろうな?


Q.個人的に思ったのは7SECONDSやGORILLA BISCUITSの影響もあるんじゃないかなと。

猪狩:ああ!ゴリビス好きですね!


Q.やっぱり好きですよね!それを更にPOPにしてメジャー感を出したのかなと。

猪狩:ありがとうございます!そんな解釈ありがたいです!(一同爆笑)絶対に影響はあると思います!


Q.シンガロング・パートが多いのもその辺りの影響かなと。

猪狩:それもありますね。あとはアイリッシュな感じの…Dropkick MurphysとかFlogging Mollyとかも結構好きで。シンガロングっていう意味でいうとその辺の影響がデカいですね。


Q.RANCIDをはじめ、HELLCAT系の匂いがありますもんね。

猪狩:そうそう!HELL CATのバンドって好きなんですよ。


Q.美メロでハモリで聴かせるっていうよりは、一緒に歌おうって感じなんですね。

猪狩:そうなんですよ。一緒に歌うの好きなんですよね。


Q.ボーナストラックのインストのように大人っぽいSKAもできるという強みもありますね。

猪狩:これは実は1stに入れてた曲のセルフ・カバーなんですよ。1stでは普通に歌もあったんですけど、RANCIDやSUBLIMEのゆるいSKAの影響でああいう風にやってみたかったんです。


Q.M-3『Skate Or Die』というVANSコンピにも参加した楽曲からの想像ですがSKATEやられるんですか?

猪狩:僕はもう全然やってないですけど…。

Iori:Mukkyと満が。

猪狩:そう、まさにこの場にいない2人がガンガンやってますね。僕もSKATEは好きなんですけど、大怪我しましてね…昔。ちょっともう怖いですね。もう乗るのが怖い。どっちやったかな…アバラが全部折れたんですよ。で、引退です。(一同爆笑)中3やったと思うんですけど、ホンマに調子乗ってて。音楽にも…エクストリームに目覚めだした頃やから一番すごいの見るじゃないですか、ビデオとかでも。で、それ見て「できる」って思っちゃうんですよね、やっぱり(笑)。


Q.初期衝動ですね(笑)。

猪狩:(笑)そう初期衝動です。で、やっぱりそんなわけにいかず(笑)。鉄パイプみたいなのに打ち付けたんですけどね。もう「バキバキッ」って音も聞こえて(笑)。周りのヤツラも「今、絶対折れたやろ!」って。みんなにも音が聞こえてたらしくて(笑)。で、ピーポーピーポーと(笑)。


Q.そんな目にあってもタイトルに『Skate Or Die』って付けちゃうんですね(笑)。

猪狩:まぁ…VANSにそれっぽい曲出した方がいいのかなっていうのもありましたけど。(一同爆笑)

Task-n:ぶっちゃけたな(笑)。

Iori:完全にぶっちゃけちゃったね(笑)。


Q.その『Skate Or Die』というタイトルですが、envyの前身バンドであるBLIND JUSTICEの代表曲だったりもするんですよね。

一同:ええーーーーー!?

Task-n:それは初めて聞きました。

猪狩:ケンカ売ったつもりはないです!(一同爆笑)


Q.それは分かってますよ(笑)。単純に知っててリスペクトを込めてのタイトルなのかなと勝手に思っただけです。

猪狩:全然知らなかったです。すいませんでした。

Task-n:この場を借りて謝罪します(笑)。


Q.アルバムタイトルにもなっているM-8『Free Your Mind』にHEY-SMITHの魅力が最も表れてるように感じます。

猪狩:これがまさに初期衝動ですよ。仮タイトルが「初期衝動」やったんですよ。とにかく、これ作るとき「初期衝動」「初期衝動」連呼してましたね。

Task-n:出来上がるまでまた早かったんですよ。

猪狩:ホントすぐ出来たんすよ、10分ぐらいで。ほんで「いいな」って思ったんで、やっぱ初期衝動感って大事やなって思って。そっからやね。一瞬で「いいな」と思える曲を作ろかってなりましたね。


Q.この曲があったからアルバムの流れができたっていう感じなんですかね?

猪狩:それはちょっとありますね、僕は。その前から数曲あったんですけど…この曲だけ僕が作った曲じゃないんですよ。この曲だけ彼(Task-n)で。何か…「お!それアツイ!」ってなって。

Task-n:そっから広がったのかも。

猪狩:メッチャ簡単な曲なんで。

Task-n:同じこと繰り返してるだけだし(笑)。

猪狩:多分、1週間ぐらい練習したら、ギター始めたてのヤツでも出来るんちゃうか?っていう。ホンマにそんな感じで…でも、そうしたかったんですよ。


Q.歌詞にポリティカルな部分もあるとか?

猪狩:分かりやすいので言うと、M-4『Endless Sorrow』は戦争反対の歌ですね。M-9『Judement Day』は、大人とか社会に頼ったところで何にもなんないよ、自分で決めないと…みたいな感じですね。ホントはね…鳩山さんの歌とか歌いたかったんですけど…俺、許せなくて。

Task-n:仮タイトル「鳩山」って曲もあったし(笑)。

猪狩:歌詞を英語にすると、分かりにくくなっちゃったんですよね。日本語でしか表現できないことってあるじゃないですか、やっぱり。…もう鳩山さんのせいで鳩まで嫌いになったし。

Task-n:そういう歌詞やったな。

猪狩:それが上手いこと英語で表現できなかったんですよ。ネイティブのヤツと一緒に歌詞作ってるんですけど、そいつが「そんな表現方法は英語にはない」って言ってて。だから思いっきりそういう曲にはなってないけど、そういう意味合いの曲ですね、M-9『Judement Day』とかM-11『Change Your Life』は。


Q.鳩山さんが嫌いだっていう気持ちの歌なんですね(笑)。

猪狩:もう大嫌いですね(笑)。英語では表現できない日本語が何だったのか今はちょっと思い出せないですけど、気持ち的には「I hate HATOYAMA」ですね。


Q.その歌詞の内容を思い出したらライブのMCで言ってやってください(笑)。

猪狩:分かりました。(一同爆笑)


Q.そもそも何故そこまで嫌いになったんですか?

猪狩:一番デカかったのは沖縄基地問題ですね。のらりくらりで…で、いきなり「辞める」でしょ。いやいやいや…えーー!?って。僕、政治興味あったんですけど…かなり興味あったんです。ちゃんと行動もしてて、昔。だけど、あの一件から一気にやる気なくなって。もう意味ないやんと思ってしまって。それでもう政治そのものが嫌いになりましたね。


Q.嫌いだから歌って伝えようってことなんですか?

猪狩:僕らの曲を聴いて「一緒に嫌いになろうぜ」っていうつもりはないんですけど、興味持ってしっかり好きになったり、しっかり嫌いになったりしてほしいなとは常々思ってます。政治なんて関心が無じゃないですか。そうじゃなくて興味持った挙句「マジ無理」とか「こんな活動してみようかな」とかっていうのには絶対繋がってほしいなっていうのはあります。


Q.僕が個人的に思うPUNKに「一つの事柄に対して自分なりの答えを模索すること」というのがあるので共感します。

猪狩:それは絶対ありますね。


Q.アー写や楽曲からは楽しさが大きく伝わってきますけど、実は根っこがどPUNKなんですね(笑)

一同:(爆笑)

猪狩:多分NOFXの影響が大きいんですね。僕はそうです。メンバーがどう思ってるのかは知らないですけど(笑)。


Q.一緒にやれてるから大丈夫だと思いますよ(笑)。PUNKにそういった思想を持ち込むことはアリだと思ってるんですね。

猪狩:アリだと思ってます。そうじゃないとダメだとかは全然思わないですけど、表現の一つとしてはアリだと思います。


Q.最近のメロディック・シーンは割りとHAPPYありきで、スポーツ感覚な部分があると思うんですけど。

猪狩:そのスポーツ感覚というのが、ぶっちゃけよく分かんないんですよね。ライブハウスでドリンクもらうときにスポーツドリンク頼むとか意味が分からない(笑)。ビールやろう。いいんですよ、全然自由なんやし。でも、汗かいてみんながカウンターに詰め寄って全員スポーツドリンク頼んで、外でて「イヤーッ!」ってやってるの見ると…うーん、よう分からんなぁって。(一同爆笑)


Q. そんな中HEY-SMITHは意外とOLD SCHOOLなノリなのかもしれないですね。

猪狩:割りと僕らのお客さん…特に大阪で自分らメインのライブしたら、もう酔っ払いだらけなんですよ(笑)。もう「早よやれ!」とか「あの曲やれ!」とか、すごい野次とか怒号が飛ぶんですよ。でも、俺そっちの方が全然楽しい!


Q.このアルバムを客観的に聴いてみてどうですか?

猪狩:(Ioriに)そろそろ喋れば?

Iori:客観的に…いいっすよね!(一同爆笑)いや、ホントにいいですよ…と勝手に思ってるんですけど。

猪狩:喋ったところでそんなもんってところです。(一同爆笑)

Task-n:この音源は「テッド・ジェンセン(GREEN DAY、METALLICA、YELLOWCARD、そして宇多田ヒカルまで手掛けるマスタリング・エンジニア)」にやってもらったんですよ。
昔からテッドのマスタリングした音源が好きやったんですけど、それにより近くなって…メッチャいい音になってます。って自分で思える音源をちゃんと作れたっていうか…「これでどうや!」っていう。

猪狩:音質ヤバいっすよ、多分。およそ日本では聴けないと思いますね、なかなか。


Q.録りの段階から音作りにはこだわったんですか?

Task-n:もう録りからテッド・ジェンセンに出すっていう前提で作りました。

猪狩:テッドのマスタリングの音源、死ぬほど聴いてるんで、やっぱテッドに出すんやったらドラムがスパンスパンいってないといかんなっていう感じやったすよ。ドラムありきの…それこそ海外っぽい「スパンッ!」っと。音圧もあんまり詰め込みすぎずに「スパンッ!」っていう。


Q.スネアの抜けがすごくいいですよね。

猪狩:そうです、ホンマそれですよね。そこにまずこだわって。もうチューニング長かったっすもんね。とにかくチューニングをしっかりして、ドラムとベースの音を決めて。からのギターやらホーンを乗せていくっていう作業やったんで。

Task-n:死ぬほどこだわりましたね、音は。


Q.全体的に中音の抜けがすごくいいと思います。

猪狩:そうなんですよ!ホンマはギターだけでいうと、もっと上にとっ散らかるような…ブワーッと。前のアルバムはそんな感じだったんですけど。それが好きなんですけど…その音を当ててみると、「このドラムの音がいい」っていうのを崩しちゃって。そこはちょっと大人になって(笑)。自分の…「ここまではいきたい」っていうところまでは出して、それでもドラムがしっかり鳴るようなところに落ち着けたって感じですね。


Q.そんな名盤を引っさげてのツアーですが、意気込みを聞かせてください!

Iori:ただ、とりあえずライブでこのアルバムの曲を早く聴かせたいなという気持ちですね。

Task-n:僕は音源聴いてからツアーに来てほしいですね。音源聴いて、歌詞カードとかちゃんと楽しんだ後に、ライブでもう1つ楽しみが増えるっていうのが僕は好きなので。歌詞を読んで意味を理解して観る楽しみ方もしてくれたらな、と思いながら頑張ります!

猪狩:僕は逆なんですけどね。僕、他人の曲だと歌詞どうでもええんで(笑)。
他人の曲聴いてる時、歌詞聞こえないんですよ、日本語でも。メロディしか聴こえないんです。だから聴く時は歌詞はどうでもいい。自分が伝える時は歌詞は大事ですけどね。(一同爆笑)
でも、さっき言ったみたいに英語の表現って知れてるから、日本語で自分が思った通りの訳にはできないんですよね。だから日本語訳も付けてないんです。
ライブも…急に来てほしいですけどね、CD聴いてからよりも。「今日やってるやん」ぐらいの感じで。それこそ2YOU見て「誰なん?これ」って思って急に来てほしいですね。
もう理想はそんな感じで来て、その日は一切盛り上がらずに、物販でCDを買って次の日隣の県に観に来るっていう。それ理想ですね。そうやって気に入った人がいっぱいついてくるようなツアーにしたいですね。まぁ毎日同じ曲を多分やりますけど、違うく聴こえると思うんで。


Q.ツアーがスタートして、ゴールに着くまでにどんどん人が増えていく(笑)。

猪狩:そんなのがいいですね、マジで。どんどんハイエース増えてね。(一同爆笑)全員ハイエースで移動。


Q.名古屋・東海の読者にメッセージをお願いします!

Iori:とりあえずいいアルバムが出来たので…。(一同爆笑)あ、これ全国の人に向けてですね(笑)。

猪狩:美味しいもの教えてくれませんかね?名古屋もそうだけど、愛知・岐阜・三重の3県行ったとき、ここでご飯食べようっていうのが決まってないんですよ。他の県だと大体「この店や!」っていうのが決まってるんですけど。
B級…1,000円ぐらいで食えるような美味しいもんを教えてほしいですね。結構ブログとかTwitterとかで聞くと教えてくれるんですよ、みんな。ホームページのinfoのところにメールで送ってくるヤツもいて。ホンマそれすっごいありがたいんで続けてください!(一同爆笑)それで店決めること結構ありますんで。

Task-n:観光名所とかも行きたいんですよ。穴場的なところがあったら是非それも教えてほしいですね。

猪狩:Ioriももう1回言えば?

Iori:僕も美味しい店を…。

猪狩:パクんなや!(一同大爆笑)

 

HEY-SMITH:
猪狩(G.Vo)、Mukky(B.Vo)、満(T.Sax)、Iori(Tp)、Task-n(Dr)

【HPアドレス】
http://www.hey-smith.com/

アルバムタイトル

HEY-SMITH
2nd フルアルバム
Free Your Mind
CBR-29

2011/5/4 ON SALE

\2,300(税込み)

LIVE SCHEDULE

■6/3(金)名古屋APOLLO THEATER
■6/24(金)三重松阪MAX’A
■7/1(金)静岡浜松MESCALINE DRIVE
■8/19(金)岐阜R.A.D REVER
■8/20(土)静岡磐田FM STAGE

FINAL SERIES
■10/1(土)名古屋CLUB QUATTORO

ツアー詳細はHP: http://www.hey-smith.com/ にて

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993