PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
palitextdestroy
2010年1月に結成された3ピース・ジャムバンド、palitextdestroy。様々なジャンルを包括するその独自の音楽性は瞬く間に話題になり、結成から僅か1年にも関わらず、white white sisters、mudy on the昨晩、viridian等、名古屋シーンを代表するバンドと数多く共演。そしてあのDOPING PANDAフルカワユタカ氏出演のZIP FMラジオ番組「DP CROSS」にて楽曲がオンエアされたことをきっかけに、DOPING PANDA主催イベント「DP SUMMIT season1 FINAL TOUR」の名古屋公演に大抜擢される。一気に名古屋シーンに躍り出た彼らから目を離すな!

Q. 結成の経緯は?

河本:もともと大学のサークルが3人とも一緒だったんですよ。それで卒業してからはそれぞれ違うバンドをやってたんですけど、共通の友人の結婚式をきっかけにバンドをやることになって。3人でスタジオでジャムってみた結果、インストをやることになりました。
 

Q. それまではどういうバンドをやってたの?

河本:僕は暗いギターロックをやってました。

常見:僕はオルタナ系の3ピースバンドをやってました。

河本:誠人さん(伊藤)は滅茶苦茶いっぱいバンドやってますもんね。

伊藤:そうだね。キーボードってサポートを頼まれる機会が多いんですよ。これまでにJONNYや不完全密室殺人のサポートをしてきました。


Q.palitextdestroyの曲作りは基本的にはジャム?

河本:そうですね。誰もモチーフすら持ってこないです。スタジオでいきなり「バーン!」って音を出して、みんなの反応を伺うみたいな。腹の探り合いを楽しんでいます(笑)。
 

Q.だから展開も面白いんだ。突拍子なかったりするもんね(笑)。

伊藤:面白いって言ってもらうのが一番嬉しいですね。

河本:僕ら、コンセプトとかも無いんですよ。面白ければ何でもOKなんです。

常見:LUNA SEAの「ROSIER」をインストでカヴァーしたこともありますしね。

河本:M-5「vech」なんてスタジオに貼ってあった映画「BECK」のポスターを見て「BECKがやりそうなリフで曲作ってみる?」くらいのノリで作りましたからね(笑)。

伊藤:でもみんなBECKをあまり知らないからあくまでイメージっていう(笑)。


Q.じゃあインスピレーションで曲が出来る感じなんだ。

河本:そうですね。曲名に関しては完全に常見のインスピレーションです。M-3「the京都」なんてライブ直前に「常見、この曲の名前なんだっけ?」って無茶ぶりしたら「the京都です」って即答されて(笑)。

常見:無茶ぶりされるんです。「この曲、漢字2文字じゃなかったけ?」って(笑)。そしたら京都しか思い浮かばなかったんです(笑)。
 

Q.コンセプトが無いっていうより、きっと何でもありなんだよね(笑)。

河本:はい。何でもありだから、自分達でも飽きないです(笑)。

伊藤:曲を作ってても途中から悪ふざけが始まるんですよ。

河本:M-4「mother」の最後の変拍子なんて常見の携帯番号の下4桁ですからね。○○○-○○○○-7838だから7、8、3、8拍子でいこうよって(笑)。


Q.面白いなあ。規格外のバンドが出来るはずだね(笑)。

常見:「これ、馬鹿だよね!」ってメンバーで笑い合いながら作っています(笑)。

河本:この前もライブハウスのBGMがかっこ良かったから「今度こういう曲作ろうか」って話してたんですけど、「っていうかもう今日やらない?」ってなって、いきなりぶっつけでジャムりましたからね(笑)。

伊藤:あったね。でもジャムってることを感付かれないようにやるのをもう一個のテーマにしたり(笑)。

河本:そうそう。「ちゃんとした曲ですよ」っていうフリをして(笑)。

伊藤:ライブ中、テンションが上がると我を忘れちゃうんですよね。そうなったらまた腹の探り合いですよ(笑)。

河本:誠人さん、この前のライブで10秒くらいのキーボードソロを1分30秒くらいやりましたからね。

伊藤:僕らもスリリングなライブをしています(笑)。


Q.まさに「ライブ」だね。そういえばDOPING PANDAのイベント出演はどうやって決まったの?

河本:これ、実は2YOU MAGAZINEがきっかけなんですよ。
 

Q. え?2YOUが?

河本:2YOUに掲載されてたDOUBLE CLAMPのターニャさんとZIP FMの多田さんの対談で「音源を送ってください」って言ってたので、スタジオで一発録りした音源を試しに送ってみたんですよ。そうしたら「DOPING PANDAの番組で流していいですか?」って連絡を頂いて。
 

Q.本当に?それは凄く嬉しいなあ。

河本:感謝してるのはこっちですよ!それで僕らの音源を聴いてくれたDOPING PANDAの古川さんが「このバンド面白いね」って言ってくれて。その番組きっかけでDOPING PANDA主宰のイベントに出させてもらうことになったんです。
 

Q.いきなりの大舞台はどうでした?

河本:どんな状況のライブでもいつも通りのライブをやることを心掛けているのでそんなに意識はしませんでしたけど、あんなに沢山の人の前でライブをやったのは初めてだったので、終わってから変に緊張しました(笑)。凄く良いきっかけをDOPING PANDA先輩やZIP FM、2YOU MAGAZINEにもらったのでこれからも楽しみながら自分達の音楽をやっていきたいですね。

伊藤:悪ふざけしながらね(笑)。

常見:当たり前です!


Q.期待してます!あと最後に気になってたことを訊いていい?アルバムタイトルの「IトS」って何のことなの?

常見:INORANとSUGIZOです。(一同爆笑)

 

palitextdestroy:
常見翔太(Dr) 河本拓也(Gt) 伊藤誠人(Key)

【Myspace】
http://www.myspace.com/palitextdestroy

アルバムジャケット

palitextdestroy
NEW SINGLE
IトS
PTDR-01

NOW ON SALE

\1000

LIVE SCHEDULE

■5/20名古屋新栄CLUB ROCK'N'ROLL
■6/4 ZIP FM主催 SAKAE SPRING
■6/30名古屋新栄CLUB ROCK'N'ROLL
■7/13名古屋新栄CLUB ROCK'N'ROLL

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993