PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
嘘つきバービー
「嘘つきバービーの正体を知りたい。」これが、このバンドと出会ってからずっと思っていたことだった。2002年に長崎・佐世保で結成された嘘つきバービーは、その特異な音楽性とシュールな空想世界をリスナーに覗かせることで中毒者を続出させてきた。そして、これまでに数々の作品をインディーズで発表してきた彼らが遂にメジャー・デビュー・アルバムとなる「ニニニニ」を発表。このアルバム、全くもってとんでもない作品だ。「音楽をやりたかったわけじゃない」。そう語る岩下優介(Vo.Ba)が、自分の脳内をさらけ出し作りあげた異世界で鳴っている「音楽」こそ、嘘つきバービーなのかもしれない。彼らの正体に一歩でも近づくべく、岩下優介を訪ねた。

Q.岩下さんが音楽を始めたきっかけは?

岩下:あの、僕は音楽をやりたかったわけじゃないんですよ。


Q.え?どういうことですか?

岩下:音楽よりも文をやりたかったんです。


Q.文?

岩下:はい。でもただ文を書くんじゃなくて、何か違う表現方法はないかなって思ってて。なにか変なことをしたかったんですよね。
僕の家は友達が集まる溜まり場みたいなところで、友達とビデオを撮ったりして遊んでたんですよ。その友達と「演劇をやってみようか?」ってなったんですけど、僕が演劇を好き過ぎてやれなかったんです。
どうやったら文を表現できるか考えてたら、また友達に「音楽やってみたら?」って言われて。それで音楽を始めたんです。


Q.音楽は文を表現するための手段だと。

岩下:そうですね。表現する場所を探してたんです。それが音楽だったっていう。


Q.そもそも文を書くようになったきっかけは何だったんですか?

岩下:文で表現するのは元々好きだったんですけど、普段から大喜利をしたり創作童話を書いたりして遊んでいましたね。お笑いの影響は大きいと思います。


Q.大喜利や連想ゲームの延長のような歌詞が多いですもんね。

岩下:はい。大喜利をするように文を書いて、それをバンドでやってみたらこういう音楽になりました。


Q.表現方法として今のような音楽性を選んだのは?

岩下:僕は全く音楽を知らなかったんですよ。それで「音楽ってどんなのがあるの?」ってなったときにゆらゆら帝国とたまを教えてもらったんです。かっこ良くて面白い人達見つけたなって。僕はこのふたつ以外は今までもあまり聴いたことはないですね。だからルーツがあるとすればゆらゆら帝国とたまにあります。


Q.所謂一般的なロックをすっ飛ばしてゆらゆら帝国とたまに出会ったのは衝撃的すぎたんじゃないですか?

岩下:でも純粋に音楽として聴いたっていうよりか、「こんな表現方法もあるんだなあ」って感覚で出会ったんですよね。表現したいものが似ているっていう感覚は特になくて、単純に世界観が好きなんですよね。


Q.嘘つきバービーの世界観も凄く独特ですよね。今回のアルバムのタイトル「ニニニニ」も、アルバムを聴きながらどういう意味のタイトルなのか、一生懸命考えたんですよ。でも結局僕には意味が解らなかったんです。

岩下:それが正解ですよ。意味なんて何もないですから。今までの作品にはアルバム毎にテーマを付けてたんですよ。でも今回のアルバムにはテーマがないんです。だからタイトルにも意味はないんです。


Q.それは何か理由があるのですか?

岩下:9曲分の色んなストーリーをそれぞれしっかり固めた結果、その曲達を総称する言葉が付けれなくなったんです。だったらタイトルは一番意味のない言葉にしたかったんです。それで「ニ」って棒にも見えるじゃないですか。棒に意味なんてないんですよ。だからそれを羅列して「ニニニニ」になりました。


Q.本当に意味のないタイトルなんですね(笑)。これまでの作品って、ジャケットのアートワークとタイトルがリンクしてたり、曲の中にもヒントがあったりしたじゃないですか。でも今回は意味も解らなければ読み方すら解らなかったですからね。

岩下:「ニニニニ」です。してやったりです。


Q.このアルバムでメジャー進出をされるわけですが、昨年もアルバムを発表する予定だったんですよね?

岩下:レコーディングの3日前に倒れて入院しちゃったんです。それでそのアルバム用のアイディアは全部ボツにしたんです。だから今回のアルバムに入ってるのは全部退院してからの曲なんですよ。


Q.それは倒れたことで表現したい文章が変わったとか?

岩下:う〜ん。そういう訳でもないんですけどね。あ、でも実は僕、入院中に病院の掃除のおばちゃんの首がびよ〜んって伸びてるのを見たんですよ。妖怪っていうか。


Q.ええ!!妖怪ですか!?

岩下:本物を見ました。それで書く物語に説得力が増したのはあるかもしれないです。僕の書く歌詞には変な形をした人がよく出てきますし。


Q.M-9「ひざにペット」なんてまさにそうですよね。

岩下:僕は最初に主人公を思い浮かべるんですよ。この曲の主人公は体は普通の大きさなんですけど膝だけめちゃくちゃ大きいんです。それこそ東京タワーくらいあるんです。そういう人を想像して、「何故この人はこうなってしまったのか」とか「この人はこれからどういう人生を歩んでいくのか」っていう物語を妄想するんですよ。


Q.M-2「バビブベ以外人間」も、まずバビブベが何者なんだっていう(笑)。

岩下:僕、犬を飼ってたんですけど、バビブベっていう名前だったんですよ。この曲では犬を主人公にしたかったんです。人間が願い事をする度に神様からセロテープを顔に貼っつけられていって段々犬になっていくっていう物語なんですけど。


Q.なんかダウンタウンのコントや松本人志の映画のような印象を受けました。

岩下:嬉しいです。僕のリスペクト・ナンバー1はダウンタウンですから。ダウンタウンのコントに出てくるようなありえない設定の人物達の日常を描く感じが好きです。


Q.嘘つきバービーの世界観が特殊なのって、歌詞に感情やメッセージがあまりないこともひとつの要因だと思うのですが。

岩下:歌詞に僕の感情はありませんね。まず僕の頭の中で登場人物を空想するんですよ。それでその人の人生を想像していくんですけど、やっぱり切なくなっちゃうんですよ。「僕は人と違う」みたいな。その物語の主人公が思うようなことを僕が書いているんです。


Q.代弁しているような。

岩下:代弁というか、そいつの歴史を僕が読んでいるみたいな感覚ですね。僕は書き手として物語を書いているんで。


Q.「世にも奇妙な物語」のタモリさんのような。

岩下:そうですね。ストーリーテラー的な。でもそいつに成り切って書くときもたまにありますよ。


Q.ライブではどうですか?

岩下:ライブは「ライブ」っていうひとつの作品だと思っています。僕は今回のアルバムもそうだけど1曲1曲が作品だと思っているんですよ。でもライブはその場で生まれる空気も含めてひとつの作品だと思っています。


Q.ライブハウスの雰囲気やお客さん全部含めてライブという作品だと。

岩下:全部含めて。それを演出していくっていう。だから匂いとかも演出したら面白いと思いますね。ライブハウスに入った瞬間に嘘つきバービーの空気にしたいんですよね。だからアルバムを好きなように聴いてもらって、自分が思った感情のままライブハウスに遊びにきてもらえれば、色んな空気が混じって面白い化学反応が起きると思っています。自由にライブに来て欲しいですね。


Q.次に岩下さんが嘘つきバービーで表現したいことって何かありますか?

岩下:今はまだ無いですけどすぐ生まれると思います。う〜ん。泣ける歌とかも作ってみたいですね。僕は悲しみと可笑しみの間くらいのことをやっているつもりなんですけど、もっと悲しみに寄せてみても面白いかもって思いますね。


Q.次のアルバムではもしかしたらそういう曲が聴けるかもしれないですか?

岩下:思いっきり島唄みたいなのが出来るかもしれませんよ。

 

嘘つきバービー:
岩下優介(B & Vo) 千布寿也(G) 豊田茂(Dr)

【HPアドレス】
http://www.usotsukibarbie.com/

アルバムジャケット

アルバムジャケット

嘘つきバービー
NEW ALBUM
ニニニニ

NOW ON SALE

【期間生産限定盤】【CD】 ESCL-3667 ¥2222
【完全限定盤】【CD+Tシャツ】ESCL-3665 ¥3990

LIVE SCHEDULE

「不不不の不定期発表会」
■2011年5月14日(土)佐賀県 佐賀RAG・G
■2011年5月15日(日)宮崎県 宮崎SR BOX
■2011年5月16日(月)鹿児島県 鹿児島SRホール
■2011年5月18日(水)熊本県 熊本Django
■2011年5月19日(木)大分県 大分club Spot
■2011年5月20日(金)長崎県 佐世保ガァネット
■2011年5月22日(日)福岡県 福岡SPIRAL FACTORY(ワンマン)

「不定期大発表会」
■2011年5月27日(金)札幌BESSIE HALL
■2011年6月3日 (金)新潟県 新潟CLUB RIVERST
■2011年6月5日 (日)宮城県 仙台enn 2nd
■2011年6月10日(金)愛知県 名古屋APOLLO THEATER
■2011年6月12日(日)東京都 LIQUIDROOM ebisu
■2011年6月17日(金)大阪府 心斎橋CLUB QUATTRO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993