PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
AMPLI.

90年代初頭より名古屋を中心に活動していたオルタナティヴ・ロックバンド、AMPLIFIER108。その中心人物であったNAOJI氏とHAN氏がAMPLITRONを経て、NOZZY、K.IWATAというメンバーを迎え2006年に活動を開始したのがAMPLI.だ。60年代、70年代のイギリス、アメリカのロックや近年のオルタナ・カントリーに共鳴したアーシーなロック・サウンドはキャリアを重ねたからこそ表現できるAMPLI.ならではの音楽。名古屋で実に20年以上活動を続けてきたNAOJI氏とHAN氏率いるAMPLI.に貴重なお話を訊いてきた。

Q.バンドの歴史をお伺いしたいのですが。

NAOJI:90年代から名古屋で活動しているのでもう20年くらいなのかな。僕とHANが世民研(名城大学の音楽サークル)で一緒だったんだけど、始めたのは社会人になってからかな。

HAN:僕はまだ学生だったよ。

NAOJI:それが前身バンドのAMPLIFIER108だね。


Q. AMPLIFIER108はどのようなバンドだったのでしょうか?

NAOJI:アメリカやイギリスのオルタナティブ・バンドに影響を受けていました。今よりもっと爆音だったね(笑)。その頃作ったCDも爆音だったし。

NOZZY:いや、本当に爆音なんだよ(笑)。

NAOJI:あの頃、何でもありだったから。「どんな音楽をどんな風にやったって別にいいじゃん」って世界中のバンドが思ってやってた時代だったからね。


Q.その頃の名古屋のライブハウスシーンはどのようなものだったのですか?

NAOJI:当時はElectric Lady LandとHeart LandとHUCK FINNに住み分けされてたんだけど、そういう垣根がなくなりかけた頃じゃないかな。僕らもメインはHUCK FINNでやってたけど、基本的にはどこでもやってたし。あとはバンドブームが去って、売れることよりも、好きなことをやるバンドが一気に出てきた頃だよね。


Q.その後、2002年に活動休止されて翌年にNAOJIさんとHANさんのお二人でAMPLITRONを始めたと。

NAOJI:そうだね。特にパートも決めず、ギターとギターの時もあれば、ギターとキーボードの時もあったし。

HAN:色んな楽器をやっとったね。マンドリンとか。


Q.特に形を決めずにやってたのですか?

NAOJI:今もそうだよ。例えばさ、ライブを見た人が気にいってくれて次のライブに来てくれるでしょ?でも次来たときは全然違うことやってるの(笑)。それが駄目だとは思ってなかったからね(笑)。

HAN:同じことは全然やらなかったよね(笑)。

NOZZY:今だってすぐに曲のイメージ変わるからね(笑)。若手は大変だよ(笑)。


Q.そうですよね(笑)。じゃあ若手の2人が加入したのはどういう経緯なんですか?

NAOJI:同世代とはバンドをやるのが厳しくなってきたんだよね。それで年も離れたNOZZYとK.IWATAが入った。2人とも世民研出身なんだけどね(笑)。

K.IWATA:大先輩です(笑)。

NOZZY:可哀想だなって思って入ってあげました。(一同爆笑)

HAN:もうNOZZYがどうやって入ったか覚えてないわ(笑)。

NOZZY:バンドマンって、バンドを好きな人はいても音楽を好きなっ人って実は少ないじゃん。でもこの2人は音楽が好きな人だなって思ったんだよね。それは世民研の先輩とか全然関係なく。音楽的には自分がやってきたキャリアの引き出しとは全然違ったんだけど、この人達と一緒にやってみたいなって、後輩のくせに上から目線で思ってたんだよ。それで徳三でやったライブに5、6曲ゲストで参加したことがあるんだけど、そのまま今に至る感じかな(笑)。


Q.今回のアルバムがバラエティ豊かなのは、形を決めずにやってきたことや、メンバーの年齢差が要因かもしれないですね。

NAOJI:それはあると思うね。狙ったわけじゃないんだけどね。


Q.みなさんそれぞれのルーツはそういった音楽なんですか?

NAOJI:基本的に僕とHANは60年代のイギリスからの影響は大きいよね。ザ・ビートルズとか。勿論ビーチボーイズみたいにアメリカにも好きなバンドはいっぱいいるけどね。

NOZZY:俺は完全にアメリカ。ライ・クーダーとか好きだね。あとはポコとか。

K.IWATA:僕はオアシスのような歌のメロディーんいインパクトがある音楽が好きですね。

NOZZY:みんなバラバラだよ(笑)。


Q.そのバラバラの個性が一緒に集まって音楽をやるのって、バンドの醍醐味でもありますね。では20年以上バンドを続けてきた秘訣があればお訊きしたいです。

NAOJI:20年もやってこれば上手くいかないときだってあったし僕達だって紆余曲折あった。でもやっぱり音楽が好きなんだよね。あと探究心ね。僕達、探究心はあると思うよ。


Q.それ大事ですよね。興味を持てなくなったら終わりですもんね。

NAOJI:そうなんだよね。だってさ、これだけやってきてまだ何かあると思って探してるんだよ(笑)。まだまだわからないことだらけだし。やっぱりロックってティーンエイジャーのものなのかもしれないし本来そうあるべきなんだけど、僕ら30代40代には僕らのロックがあるんだよね。自分の中で終わりを決めちゃったらさ、そこで終わりだよね。


Q.それは楽曲にも表れてますよね。

NAOJI:うん。20代の気持ちで歌ってる曲なんてないからね。このアルバムだって今の僕がやってる音楽だから。でも色んな経験はしてきたけど円熟はしてないよ。(一同爆笑)

NOZZY:円熟はしてないなあ(笑)。

NAOJI:でもそれがロックだよね。(一同爆笑)

 

AMPLI.:
NAOJI(VO/Gt.) DUNG(Dr) HAN(Vo/Ba) NOZZY(Gt)

【HPアドレス】
http://www.ampli.x0.com/

アルバムタイトル

AMPLI.
NEW ALBUM
AMPLI.HAVE COME OUT!
YO-A6

NOW ON SALE

\2000

LIVE SCHEDULE

■7月12日 今池 得三

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993