PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
Nothing's Carved In Stone

Nothing's Carved In Stone(以下NCIS)の3rdアルバム「echo」がとてつもなく素晴らしい。ELLEGARDENの活動休止直後、音楽的ルーツもキャリアも全く違う4人が生形の呼びかけで集まったのがNCIS。その4人の個性がぶつかり合って爆発したのが1stアルバム「PARALLEL LIVES」、ツアーを重ねたことでバンドがよりバンドになった2ndアルバム「Sands of Time」と、作品を発表することで進化を続けてきた彼らが次に目指したのは関わるもの全ての「共鳴」。同じ時代に生きる人と人が共鳴しあい、同じ場所に集まり、時間と音楽を共有する。その「共鳴」が生んだのが今回の作品「echo」だ。2YOU MAGAZINE主催イベント「LIVE UP TOKAI!!!!!」の翌日、前日のライブで共鳴させられた状態で生形と村松にたっぷり話を訊いてきた。

Q.今作からは物凄く自然体な印象を受けました。メンバーそれぞれの個性や引き出しがサラッとバンドに反映されているような。

生形:まさにその通りで、意識したわけじゃないんだけど自然と出来ましたね。「Sands of Time」ほどコンセプトもなく、どっちかっていうと「PARALLEL LIVES」に近い感覚で作ったのかな。俺ら的には自然にも出来たし、新しいことも出来たし、それでもNCISらしさを凄く出せたなって思っています。そこが一番自分達には重要だったりするんですよね。何をやってもNCISになるっていう。


Q.このメンバーなら何をやってもNCISだっていう。

生形:そうそう。前だったらやらなかったようなファンキーなリズムの曲もやってるし。ただ目新しいからやるっていうんじゃなくて、ちゃんとNCISの音楽として成立している自信もあるんです。


Q.新しいけどしっかりNCISの音になっていますよね。

生形:はい。常に思ってるのは、俺達は毎回同じことを繰り返してやるようなタイプのバンドじゃないなって。それで常に新しいことをやっていきたいって思ってるんですけど、ただ新しいだけじゃ嫌なんですよね。新しいけどNCISっぽい音にならなきゃ嫌なんです。今回はファンキーなグル―ヴにしても、日本語詞にしても、そういうところで折り合いがついたかなって。


Q.ツアーを重ねたりアルバムを制作してきて、バンドの軸がしっかり出来たから何をやってもブレないんですよね。

生形:そうですね。レコーディングもそうだけど、やっぱり唯一俺達がずっと一緒にいる時間がツアーなので、そこで固まることはいっぱいありますよね。今回の「echo」も前回のツアー中にちょこちょこアイディアは出てきてたんですよね。


Q.今作から日本語詞の曲もありますが、日本語で歌うきっかけは何かあったのですか?

村松:「Sands of Time」の頃から日本語詞もやってみたいねって話はしてたんですよね。それで2009年の年末にイエローモンキーのトリビュートアルバムに「バラ色の日々」で参加したときに日本語で歌ったら結構ハマってて。それで日本語でもやりたいねって話になったんです。


Q.日本語で歌詞を書くことで意識したことはありますか?

村松:もともと英語でやってたのはメロディーの気持ち良さからだったりしたんで、日本語で歌うときも語呂は気をつけましたね。響きは意識しました。


Q.例えば桑田佳祐さんや宇多田ヒカルさんの歌い方って、日本語だけど英語に聴こえたり言葉の乗せ方が所謂日本語の歌とは違ったりするじゃないですか。NCISもそういう感じで来るのかなって思って聴いたら…。

村松:ばりばり日本語ですよね(笑)。いつも英語で歌ってる僕らが日本語で歌うんだったら、自己満足になっちゃ駄目だと思ったんですよ。ライブで聴きとれて、ちゃんと伝わる言葉で歌いたかったんですよね。何を歌ってるかわからないんじゃわざわざ日本語で歌う意味ないなって。だから歌詞も一行書く度に真一(生形)に相談して(笑)。「これ伝わるかな?」って(笑)。


Q.その「伝える」っていうのは最近のライブを見て凄く感じました。バンドとお客さんが共鳴してるというか。今作のタイトル「echo」はもしかしたらそういうバンドの状態も表れているのかなって思ったんですが。

村松:まさにそういう意味合いでつけたんですよ。それが伝わってて凄く嬉しいです。


Q. 一方通行のライブでは決してないじゃないですか。メンバーもお客さんも含めてNCISのメンバーみたいな。

村松:それ滅茶苦茶嬉しいです。NCISってメンバーそれぞれが響き合わせて拡がっていく世界観があると思ってるんですよ。それをオーディエンスもNCISに求めてくれているのかなって。それがライブでも作品でも伝えられているのなら最高ですね。でも今作はまさにそういうアルバムになりましたね。


Q.過去2作とは違って今回はインストからアルバムが始まりますが、この曲はライブのSEでも使われてましたよね。

生形:そうですね。M-2「Truth」がアルバムの2曲目っていうのは決まってて、その前に何かSEをつけたかったんですよ。そういう目的で作った曲なんですけど、アルバムやライブのSEにはぴったりな曲になりましたね。


Q.続くM-2「Truth」は「これぞNCIS!」な名曲ですね。

生形:うん。今までのNCISらしさが一番ある曲なのかな。そのまま進化もしてるし。演奏から何から、全部が前を向いてる曲ですね。


Q.M-4「Spiralbreak」のギターのディレイが滅茶苦茶かっこいい。

生形:この曲は前作のツアーのリハーサル中に原曲が出来たんですよ。それで「かっこいい曲が出来たね」って録音だけしておいたんです。それで今作で仕上げたんですけど、さっき言ってもらったギターのディレイのような10人いたら1人が気付くような細かい部分も拘って作っているんで、そういう聴き方も出来る曲だと思いますね。


Q.この曲もそうですけど、今作はひなっちさん(日向)のベースの音色が本当に面白いですよね。

生形:音色面白いですよね。ベーシストっぽくないっていうか。そこがひなっちのベースの良いところですよね。テクニックのあるベーシストって素の音で録りたがる人が多いと思うんですよ。「微妙なニュアンスを俺は出したいんだ」って。でもひなっちの凄いところは自分を出すことより楽曲優先なんですよ。曲にシンセベースが合ってればシンセベースにしちゃうし、曲に合うならエフェクターかけてベースじゃない音にしちゃう。うちのメンバーってみんなそうかもしれないですね。あくまでも楽曲を優先するっていう。


Q.メンバーそれぞれ相当のキャリアもあれば全員がテクニックを持ってるのに、楽曲としてシンプルに聴こえるのはそういうところからなのかもしれないですね。

生形:それはもう凄く意識してますね。難しいことを難しく見せることは簡単だけど、シンプルの中に色んな要素が入ってる方が聴いてて面白いなって思うし。あとは出しゃばりがいないのかも。テクニックを見せびらかすより、バンドの中のひとつとして機能してたほうがかっこいいと思うんですよね。


Q.それが出来るのってバンドの状況が良くないと出来ないことでもありますよね。

生形:それはありますね。そこがNCISの良いところだとも思いますね。仲も良いしね。


Q.M-7「Seasons of Me」は中期のビートルズのサイケっぽさをNCIS流に解釈したような曲に感じました。

生形:まさに。これは今の時代のサイケを作りたかったんですよ。だから思いっきりデジタルの音も入ってるし、アナログの音も入ってるんです。そういう面白さはこの曲にはありますね。


Q.楽曲中にまさかのドラムソロもあって。

村松:あれはひなっちが言い出したんだっけ?

生形:確かそうだね。俺達って思いついたらまずは入れてみるんですよ。それで必要なかったら省いていくんですけど、あのドラムソロは俺らにとって凄く面白かったですね。


Q.M-8「My Ground」は後半がまさかの展開ですね。

生形:後半の部分は最初無かったんですよ。でもちょっと曲としてシンプルすぎると思って、家で適当に弾き語りでやってたのをくっつけてみたんですよ。でもキーも違うから中々難しかったんですけどシンセとかで絡めたら面白い展開になったんですよね。でもあれこそビートルズ的発想ですよね。2曲を繋げるとか、全く違う展開になるとか。


Q.M-11「Goodnight & Goodluck」は震災後に書かれた曲ですか?

生形:よく言われるんですけど、震災前に書いた曲なんですよ。

村松:よく言われるよね。

生形:たぶんみんな普段から考えてることは同じなんですよ。でも震災があって前面に出ているんじゃないかな。俺はそんな気がしますね。


Q.アルバム最後のM-13「To Where My Shoe Points」はかなり壮大な曲ですよね。

生形:これは結構アレンジしなおしましたね。最初はアカペラじゃなかったし、エンディングも最後の最後で伸ばしたり。伸ばしたうえでまた縮めたりもしたし。アルバムのエンディングを飾る壮大な曲になりましたね。ストリングスとシンセとギターを何本も重ねています。


Q.今回のアルバムは村松さんのボーカルが力強くて男臭い印象があるのですが、この曲からは優しさも感じました。

生形:歌に表情が凄く出てるよね。

村松:人間っぽさは出てるかもしれないですね。NCISをやる前は表情をつけない歌い方の方が好きだったんですよね。でもNCISでツアーを経験して伝えることを意識するようになったら、より肉感のある歌い方をしたくなったんですよね。


Q.結成からの3年間、相当濃い時間を過ごしてるんじゃないですか?瞬間にかける熱量が物凄いというか。

村松:詰め込んでますからね。

生形:NCISはライブ一本にしても凄い密度なんですよね。それが大きいかな。


Q.ワンマンツアーはどんなツアーになりそうですか?

生形:空間を作り上げていくライブが好きだし、今回もそうなっていくんじゃないかな。楽しみですね。

村松:アルバムを生かすも殺すもツアー次第だと思うんですよ。特に俺達はツアーで次の作品も見えてくるんで、僕らが変わるチャンスをオーディエンスからライブで貰うんですよね。だからみんなでNCISを作りあげるようなツアーにしたいですね。


Q.まさにechoですよね。

村松:おお!凄い!!(笑)。


Q.では最後にですね、今日いない2人のメンバーにメッセージをください(笑)。

村松:あの2人にメッセージ?(笑)。

生形:それ新しいね(笑)。あ、でもね、バンドって、音よりも難しいのは人間関係だと思うんですよ。あの2人は凄く優しいし、しっかり自分の我も持っているし、ミュージシャンとしての責任も持ってる。そういうところが尊敬出来るから一緒にやってこれたんだろうね。自分達でいうのも変だけどNCISは良いバンドだと思いますよ(笑)。

 

Nothing's Carved In Stone:
日向 秀和(Bass)
生形 真一(Guitar)
村松 拓(Vocal/Guitar)
大喜多 崇規 (Drums)

【HPアドレス】
http://www.ncis.jp

アルバムタイトル

Nothing's Carved In Stone
2nd フルアルバム
echo
GUDY-2008

2011/6/8 ON SALE

\2,520(税込価格) GROWING UP Inc. / Dynamord Label

Tour echo

■6/18(土) 千葉LOOK
■6/19(日) 水戸LIGHT HOUSE
■6/22(水) 滋賀U★STONE
■6/24(金) 金沢AZ
■6/25(土) 長野LIVE HOUSE J
■6/27(月) 新潟Live Hall GOLDEN PIGS RED STAGE
■6/29(水) 仙台darwin
■6/30(木) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
■7/02(土) 札幌PENNY LANE 24
■7/05(火) 岡山live house IMAGE
■7/07(木) 宮崎SR BOX
■7/09(土) 長崎DRUM Be-7
■7/10(日) 福岡DRUM LOGOS
■7/20(水) 清水JAM JAM JAM
■7/22(金) 大阪BIG CAT
■7/29(金) 高松DIME
■7/31(日) 松江AZTiC canova
■8/16(火) 町田The Play House
■8/17(水) 本八幡THE 3rd STAGE
■8/26(金) 名古屋CLUB DIAMOND HALL
■9/03(土) 新木場STUDIO COAST

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993