PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
FOUR GET ME NOTS
ミニアルバム『TRIAD』で「三和音」という彼等の魅力を最大限に見せつけ、日本のメロディック・シーンにおいて最重要バンドの一つとなったFOUR GET ME A NOTS。そんな彼らが活動のフィールドをメジャーに移すこととなった。メジャー・デビュー!なんて騒がず、今まで通り、そして今まで以上に自分たちの魅力を追及し、振り幅を広げつつも奥の深いアルバム『SILVER LINING』を完成させた。メジャー第一弾シングル『HIROINE』と共に名盤と呼ばれるのは間違いなさそうだ。1曲1曲の際立った世界観、3/11の震災を受けて作られたという歌詞…気持ちが揺り動かされる。

Q.まずはシングル「HEROINE」について聞かせてください。シングルをリリースするのは初めてですよね。何故今回シングルを出そうと思ったのですか?

石坪:今回、メジャーからのリリースっていうことで、シングルをやってみようって話になったんです。で、曲を作っていく中で「この2曲だ!」っていうものができて。それを「シングル」という作品として、うまく作れたんじゃないかなと。アルバムに入れないんですよ、この2曲は。別の作品として…1個の作品として出したかったので。


Q.実際作ってみてどうですか?

石坪:ホントいいものができたなっていう…シングルとして良い作品に仕上がったんじゃないかと思います。アルバムの曲と同時進行で、その中からこの2曲を抜き取った形なんですけど、抜き取った結果その2曲としてすごい色を帯びたなって感じてます。


Q.タイトル曲でもある「Heroine」は、前作で見せた三和音を突き詰めた結果のように感じます。

石坪:そういう風にしたかったっていうのもありますね。曲が上がってきた段階でこの曲は自分たちの…コーラスを絡めた壮大な雰囲気、世界観のある曲にしようっていう。


Q.アルバムの曲も全部聴いたんですけど、この曲が一番「今のFOUR GET ME A NOTS」を表してるように感じますね。

石坪:前作からの流れからいくとそうですね。入りやすいのかなっていう感じがしますね。そういう意味でもこのシングルを作ることができて良かったと思います。


Q.タイトルは「Heroine」でも歌詞では「Hero」だと歌ってますよね。それは何か狙いがあるんですか?

石坪:これは智恵(高橋)が作詞・作曲した曲なんで…元々智恵が書いてきた段階では「Hero」だったんですけど、女性が作った曲だから女性名詞にしたいなと思いまして。ただそれだけなんですけどね(笑)。


Q.深読みはいらないと(笑)。

石坪:全然単純です!僕らそんな深く読ませるようなこと苦手なんで。(一同笑)


Q.「Goodbye」はミッド・テンポの曲と切ない歌詞が相まって素晴らしい出来ですね。

高橋:これは私の祖父が亡くなってできた曲なんです。「Goodbye」というテーマもあった上で今回のCDに是非入れたいっていう風に思ってて。やっぱり歌詞っていうのは「今の自分がそれに対して思うこと」を書きたいんですよね。
祖父が亡くなったのは1年ぐらい前なんですけど、その1年を経て思ってることだったりとか、現在自分の近くのバンドの人たちとか自分の大切な人たちの中で、バンドを辞めてしまったりとか、遠くの土地に行ってしまったりとか…そういう人たちに対して「さよならだけどまた絶対会えるよね」っていうすごい前向きな気持ちを込めて書きましたね。
祖父は亡くなってしまったけど、自分らに先祖がいるように、生まれ変わってまた会えるんじゃないかって。存在は分かんないかもしれないけど、どこかしらでもしかしたらまた会えるんじゃないかなっていう…自分の勝手な妄想の世界なんですけど。

阿部:いつも2人(石坪・高橋)が曲を作ってきて、リズムに関しては僕が考えたりするんですけど、この曲に関してはめずらしく「こういう感じでいきたい」って智恵が持ってきたんです。僕らにしてはゆっくりな曲で、新しいといえば新しい一面なのかもしれない。何だろう…言ってしまえば「Goodbye」は高橋智恵の曲ですね。


Q.フェードアウトっていうのが「また会おう」っていう気持ちを増幅させますよね。

阿部:ああ…それは実はちょっとやってみたかったっていうだけで(笑)。最近フェードアウトの曲ってあんまりないじゃないですか。曲も曲だし面白いかなと思って(笑)。

高橋:それが偶然歌詞の内容とマッチしたんですね(笑)。

阿部:歌詞とリンクさせるっていうのは考えてなかったんですけど、うまい具合に…(笑)。

石坪:結果良かったみたいなね(笑)。これも単純ですね。(一同爆笑)


Q.このシングルを経てのアルバム「SILVER LINING」をリリースするわけですが、タイトルに込められた意味を教えてください。

石坪:直訳すると「銀色の線を引く」っていう意味なんですけど、これはことわざ的な意味で「希望の兆し」っていう…こう雲間から光が差しこんでくるみたいな光景のことをSILVER LININGって言うらしいんですよ。それが「希望の兆し」っていう風に捉えられてて。
今回、僕と智恵が書いた歌詞がアルバム全体を通して「希望の兆し・SILVER LININGに行く」っていうテーマに沿ってる感じの…希望を持とうよ、希望を持たせる、そういうのは一貫してるんで。タイトルは最後に考えたんですけど、そういうテーマに合った、しかもSILVER LININGっていう言葉もかっこいいなっていう風に付けたタイトルです。


Q. SILVER LININGっていう言葉を調べてみたら「(逆境があっての)希望の光」っていう風に出てきたんですよ。それを知って思ったんですけど、3/11の震災があっての「SILVER LINING」なのかなって。

石坪:正直それはあります!僕が歌詞を書いていく中でそれはすごい大きかったです。こういう状況だけど、ここから希望を見つけようよっていう気持ちはありますね。

高橋:元々音楽を始めたキッカケだったりとか、自分らが曲を作っていく意味を考えたら、色んな人に力を与えたいっていうのがあったんですよね。それが特に研ぎ澄まされた瞬間だったんだと思います。

石坪:すごいお金があって義援金とか沢山出せるわけじゃないから、こういう形で作品を作ってライブをやりに行くっていうのが一番僕らとしてできることなので。そういった意味も込めたタイトルなんですよね。


Q.今まで以上に楽曲の幅が広がったように感じます。それぞれの曲を更に活かすためのアレンジや編曲にも磨きがかかっているような。

石坪:やっぱりライブを観たり、普段聴いてる音楽だったり、そういうものの影響を受けての今なんでしょうけど…。単純にそういった中で自分たちがやれること、やってみたいことを集結させて、メンバー同士でお互いに投げ合ってやっていったらこういう形になったんでしょうね。

高橋:1曲、1曲の良さだったり、世界観だったりを、より深めるにはどうしたらいいのか?っていうのを、メンバー全員が個々に無意識に考えることができたんだと思います。

石坪:何を一番活かしたかったかといえば、確実にメロディなんですよね。メロディを活かすにはどういうリズムがいいのか?とか、どんなコーラスを当てはめるのか?とか、展開をどうするのか?とか、みんなで話し合いながら作っていきましたね。


Q.M-1「Universe」M-2「Zip」と初っ端から勢いのある楽曲に強い意思を感じる歌詞を持ってきましたね。(どっちもほぼ2分)

石坪:そうなんですよ。最初はM-3の「Pike your shield」を2曲目に持っていこうとしてたんですけど、それだと早い段階でお腹一杯になっちゃうなっていうのがあってやめました。最初にスカッとさせてM-3でガラッと雰囲気を変えるみたいなところでこの曲順にして。しかも1曲、1曲全部世界観が違うので、そこも考えながらやりましたね。


Q.確かに曲順を一つでも変えたら印象ががらりと変わりそうなアルバムですよね。

阿部:そうですね。色々試したんですけど、ホント全然変わりますね。


Q.M-3「Pike your shield」は勢いがありながら、メロディもコーラスワークも秀逸で4分近い曲なのにあっという間に終わってしまう。

石坪:実は一番長い曲なんですよね(笑)。そうやって感じてもらえたなら本当にうれしいです!自分たちの感覚で長いとか短いとか決めていく感じなんですよね。

高橋:あとは録ってみて…。

石坪:で、聴いて「間違いないな」って。

高橋:「でも4分ある!」って(笑)。

阿部:「長げえ!」って(笑)。

石坪:「ちょっとヤバいかも!」…なんていうのも実はあるんですけど。(一同爆笑)でも全員納得してますからね。


Q.歌詞はどんなことを歌ってるんですか?

石坪:この歌詞は、地震があった直後の情報が錯綜してる時に、自分が思ってたことを歌ってます。こんなにみんなが乱れるんだ、混乱しちゃうんだなっていうところで。ホントにネット上とか酷かったですから。みんなネットに依存して生きてるんだなって。で、ちゃんと自分の足で立って生きていかないとダメだなっていう風に思ったんです。情報に左右されるんじゃなく、自分で判断するべきだと。


Q.この曲やM-5「My guitar my song」の歌詞あの地震で情報に振り回された日本人全てに聴いてもらいたいです。M-5はそういう意味合いの曲ではないと思いますけど、受け止め方によってはそう捉えることもできるんじゃないかなと。

高橋:自分が音楽をやっていくに当たって、もっとこうしたほうがいいとか…観る人によって、聴く人によって、いろんな感じ方があるわけで。でも、そこで自分さえ真っ直ぐ気持ちをしっかり持ってれば…何かこう…あっ話し分かんなくなった!(一同爆笑)

阿部:何だそれ!(一同爆笑)

高橋:(笑)いい自分に出会えるんじゃないかって。自分は女性なので、同じ女の子に向けて「女の子だからこれはできない」とかそういう気持ちで立ち向かってほしくないなっていうのもあって。「みんなやってみればいいじゃん!」っていう前向きな気持ちで書いた歌詞です。


Q.M-4「Shining」の物語のような曲構成と歌詞の絡みも今まで以上に仕上がっていますよね。

石坪:いつも曲があって歌詞を書くんですけど、ぼやけてる…何て言うんですかね…色んな風景や世界を想起させるメロディになったと思うんですよ、この曲は。だからそれに対して自分の思い出…場所とか、風景とか、音楽とか、そういうのをこう…まあ走馬灯みたいなイメージがあって。死ぬ前ではないんですけど(笑)。そういうのを表現したかった。
自分だけじゃなくて、読んだ人が自分の思い出の風景を出せるような歌詞…どの歌詞もそうしてるつもりなんですけど、この曲は特にストレートな言葉で書いてますね。みんながそれぞれ自分の思い出の風景を思い浮かべながら聴いてもらえればなと思ってます。


Q.この曲は「Pike your shield」とは逆に、3分の曲とは思えないぐらい聴き応えのある内容で。

石坪:1・2曲目で、ドカン、ドカンとやって、面白い展開を見せる3・4曲目っていう流れが僕はすごい好きなんですよね。


Q.M-5でパッと雰囲気を変えて、爽快な一面を見せてきて。

石坪:「メロディック・パンク!」っていう感じでドカン!と来るみたいな。ホント色んな気持ちになってもらいたくて。色んな感情になってほしくて、色んな世界観の曲を入れてるつもりなんで、良い意味で凸凹感みたいなものを感じてもらえればなっていう。感情を揺り動かしてほしいですね。


Q.M-6「Render」を聴いた時、曲が似ているとかそういう意味ではなく…Hi-STANDARDの「Brand New Sunset」を思い出しました。歌詞に出てくる決意みたいなものも含めて。

阿部・高橋:ほーーーー!

石坪:この曲はメロディ自体は昔からあって、歌詞を今の言葉に変えてっていう感じなんですけど…。全然意識はしてないですけど、そういう雰囲気っぽいねって言ってもらえるのはすごくうれしいです。


Q.これは言われたくないかもしれないですけど…このアルバムを通して聴いてHi-STANDARDの「MAKING THE ROAD」を彷彿させる作品だなと思ったんですよね。

阿部:うおーーー!それは超褒め言葉です!ありがとうございます!

石坪:自分たちがバンドをやってきた過程でできたアルバムなので、特別意識をしたわけではないですけど、ホントにうれしいです!

阿部:でも、ああいうアルバムを目指したいっていうのはあったよね。僕らハイスタと出会ったのも「MAKING THE ROAD」だし、今聴いてもすごく良いアルバムですし。

石坪:意識してなくても、良いアルバムっていう感覚は絶対持ってるんで、そこはあるのかもしれないですね。


Q.特に曲順を決める時には無意識に出てるんじゃないですかね。

石坪:それは絶対にあると思います。もう擦り切れるぐらい聴いたアルバムですから。「アルバムってこうだよな」みたいなのは、無意識にありますね。


Q.M-7「Keep trying under all circumstances」はPOPでメロディアスな曲調に自分たちのバンド人生を歌詞にして乗せているのかなと。

高橋:このバンドに入って、色んなことがあって、色んなことを乗り越えてきて。これからもきっと色んなことがあって、乗り越えなきゃいけないこともあるだろうと思うんですよね。私50歳までバンドやってたいんですよ、この3人で。

阿部:50歳「まで」?(一同爆笑)

高橋:ごめん、ごめん。50歳以上!(一同爆笑)歳を取ってもやっていたい!今まで出会ってきた仲間たちと支えあいながら頑張っていきたいなっていう。「前を向いていこうよ」って自分に対しても言ってるし…個人的な話ですけど、離れていっちゃったバンドの仲間たちっていうのもやっぱりいるので、そういう人たちに対する気持ちもあったりとか。


Q.M-8「Blue」は今までにないタイプの曲だと思います。それこそ50歳になってもやってそうな、いつまでも愛される曲というか。

石坪:こういう曲って、僕らの技術とか持ってるものでは表現できないものだと思ってたんですよ、この曲を作るまでは。でも、やってみたら楽しいし、できるかもって。

高橋:無茶苦茶やりたい世界観の曲だったんですよ、私の中で。


Q.アコギをメインにしたり、ブルースハープを使ったりと新たな試みもありますよね。完成形が見えた状態で録ったんですか?

石坪:プリプロの時はハープも使ってなかったし、ギターもエレアコだったし…。

阿部:何となくのイメージは分かってたけど、全容は見えてなかったですね。

石坪:結果、すごい良い雰囲気になったと思います。ホント新しい試みだったんですけど…やってみたら良かったなみたいな感じですね(笑)。

阿部:思ってた以上に良くなって。


Q.その後にM-9「Just do it」が来るっていう(笑)。

石坪:1分ないですからね(笑)。また戻すっていう。そんな雰囲気にはさせないよみたいな(笑)。


Q.この曲がこの位置にあるっていうのがポイントなんじゃないかなと。

石坪:この曲キッカケで、また雰囲気を戻して次に行くっていうアクセント的な意味合いもありますね。この曲もすごい昔からあって、ホントはもっと長く、周りにメロ付け足して、1曲として成立させようとして、ずっと温存してたんですけど…。いつまで経っても思いつかないので、1分の作品として録ってしまおうと。

高橋:これがベストなんだなって話になって。

石坪:一切付け足すことのできない曲なんだと思ってやりましたね。


Q.M-10「Innocent」みたいな甘酸っぱい曲もあるっていうことがいいですよね。人間味があるというか、人生において恋愛だってやっぱり大切なことで。

石坪:これは僕がもっと若いときに作った曲で。歌詞も昔書いたものなんですけど、今の自分の感覚と上手くまとめて物語調にしたというか。こういう曲も作ってみたかったんですよね。メロディも物語っぽいメロディというか…そういうのを想起させる歌詞にしたかったっていうのもあります。地震のことも、こういう恋愛のことも、等身大だと思います。


Q.M-11「Sway」を聴くと勇気が湧いてきますね。これはどのようにできた曲なんですか?

石坪:これはベック(阿部)がコードとか楽曲全体を作ってきて、みんなで構成を決めて、歌詞とメロディは俺が作りました。歌詞はホントにギリギリ…録ってるときに思いついて、その時の言葉を書いた…これもSILVER LININGに沿った内容ですね。


Q.M-10からM-12「Blame and braves」までメロディ重視の楽曲がズラッと並んでるじゃないですか。これは狙ってそうしたんですか?

石坪:採用が決まった曲が溜まってきた時に、所謂メロディック・パンクみたいな、速くて分かりやすいみたいな曲ばっかりじゃなかったんですね、結果的に。その中で曲順を決めていったら、これがベストだと思っただけで、特に意識はなくて感覚ですね。


Q.この3曲の流れは、幅の広さよりもバンドの軸を感じさせるんですよね。

石坪:確かにそうかもしれないですね。僕がメインで歌ってる曲で、畳み掛けてるっていうところもあって。メロディの良さとか、歌詞の伝えたいこととか、そういうところに集中して…アルバムの後半はそういう気持ちになってもらいたいっていう感じですね。


Q.M-13「Unconditional love」最後にもう一度痛快な2ビートの曲に戻って…もう1周聴きたくなる。

石坪:この曲が一番ストレートなメロディック・パンクだと思うんですよ。僕らが今までやってきたような曲で締め括ってる。ホント最後の曲っぽいというか、これがあって俺たちっぽいと思ってもらえると思うし、これがあってまた最初に戻って色んな気持ちになってもらえるというか。良い意味で感情をリセットできる材料になってるのかなって。


Q.こうやって話を聞いてると、今回の作品は幅の広さもあるけど、ブレない軸がしっかりあるからこそ生まれたんだなって感じますね。

石坪:その軸っていうのが、3人で出来ること・やれることっていうのを持ててることだと思います。

高橋:そしてメロディをこだわろうとか、雰囲気を重視していこうとか…。

石坪:3人ともがそれをしっかり理解できてるっていうところが軸なのかなっていう気がしますね。

Q.今回レコ発ツアーも33本とかなりボリュームのある感じで。

石坪:フルアルバムを出したらこれぐらいは回りたいと思ってたので。ミニの時には行けなかった場所や、最近全然行けてないところにも届けたいっていうところがあるんですよね。


Q.ツアー先にちゃんと被災地も含まれてて、福島なんて2箇所もあって。

石坪:いわきSONICも最近全然行けてなくて。実はいわきSONICの店長に「さくらの唄」っていう漫画を借りててですね…まだ返してないっていう(笑)。それを返しにいくっていう意味もあるんです(笑)。


Q.最後に東海地方の読者の皆さんにメッセージをお願いします!

石坪:今回のアルバムをすごい聴きこんでもらいたいですね、ホントに。そういう曲ばっかりだと思うんで。で、ライブで僕らがどう表現するのかっていうのを観にきてもらいたいし、それを感じて感情を揺り動かして帰ってもらいたいなと思うので、是非アルバムを聴いて、ライブに遊びに来てください!

阿部:色んな表情のある曲たちなので、ライブでも、もちろん僕らも色んな表情で表現するし、観にきてくれる人にも色んな表情で観てほしい…気持ちを動かしてほしい。さっき(石坪も)言ってましたけど、まさにその通りで、色んなことを感じてほしいです。なので是非ライブに遊びに来てください!…2回目。

高橋:今回のアルバムの13曲っていうのは、13曲を通して聴いても一つの物語があるし、1曲、1曲にも小さな物語があると思うんです。それを個人個人で、色んな世界観で聴いてほしいですね。石坪も私も歌詞にも強い思いを込めているので、歌詞カードを見ながら聴いてもらって、是非ライブに来てください!

阿部:…3回目。(一同爆笑)


Q.要するにどうしてもライブに来い!ってことですね(笑)。

石坪:そう!ライブに来てほしいってことですね!

 

FOUR GET ME A NOTS:
石坪泰知(Vo.B)高橋智恵(Vo.G)阿部貴之(Dr.Vo)

【HPアドレス】
http://www.fourgetmeanots.net/

アルバムジャケット

FOUR GET ME A NOTS
2nd FULL ALBUM
SILVER LINING
KICS-1689

2011/09/07 ON SALE

\2,300(税込み)

アルバムジャケット

FOUR GET ME A NOTS
1st MAXI SINGLE
HIROINE
KICM-1354

NOW ON SALE

\800(税込み)

LIVE SCHEDULE

2011年
■10/28(金)松阪MAX’A
■10/30(日)磐田FM STAGE
■12/10(土)清水JAMJAMJAM
2012年
■1/21(土)名古屋HUCK FINN
(東海地方のみ抜粋。詳しくはhttp://www.fourgetmeanots.net/にて)

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993