PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
秀吉

昨年10月にリリースされたフルアルバム「むだい」は、秀吉が結成当初からずっと突き詰めてきた世界観が完成したとも言える名盤だった。それは様々な経験を積み重ね秀吉が辿り着いた唯一無二の世界観だっただけに、「むだい」リリース直後に濱野(Dr)の脱退が発表されたときは正直不安でいっぱいだった。しかし新メンバーに内田裕士(Dr)を迎えた新生秀吉から届いた「くだらないうた」を聴いて、その不安は完全に消えた。これまでの秀吉とは明らかに違う歌詞にまず驚いた。これまでも彼はありのままを歌ってきた。でも今作ではその先に希望が見えるような歌を歌うようになったのだ。サウンド面でもフォークを取り入れるなど音楽性の広がりも感じさせられる。メンバー脱退を乗り越えた秀吉、こうなったらバンドは強い。

Q.まずは濱野君の脱退の経緯から訊かせて下さい。

柿澤:前作「むだい」の製作中に脱退したいというはなしを受けて、彼は他にやりたいことがあるってことだったのでそこから話し合いを重ねて、去年いっぱいで脱退ということになりました。


Q.その後、内田君が加入と。

柿澤:裕士(内田)とはもともと仲がよくて、その相談とかしてたら「俺もいるから」といってくれて。でも彼もバンドをやっていたので、迷惑はかけられないなぁと思っていたんですがなかなか見つからなくて…。そしたら「むだい買ったよ なんとなく曲覚えとくわ」と連絡があって、「やりたいんかな」と思って(笑)。スタジオ入って曲作りをはじめていったらこの3人で音を作ることがすごく自然だったので、うまく両方やっていく方法をとっていこうということで加入しました。


Q.新しい体制になってみてどうですか?

柿澤:裕士はもともとドラムボーカルをやっていたので、濱野さんよりも「唄」にそったドラムをたたくというのが、このバンドにはすごく大きいなと思いました。もちろんメンバーチェンジで失った部分もあると思うんです。ただその分得たことが、このバンドにはいい方向のものだったとメンバーみんな思ってます。


Q.僕は本当に初期の頃から秀吉をずっと聴いてきたけど、バンドが最初から一貫して突き詰めてきた世界観って絶対にあったじゃないですか。それが完成したのが「むだい」だったと思うんです。

柿澤:さすがです(笑)。世界観かどうかはわからないけど、なんとなくそれまで表現しようと模索していたものが、ひとつ完成した形だったと僕も思っています。だからこそメンバー脱退は悲しかったですね。


Q.うん。でもその世界観が完成したことやメンバーが変わったことで、確実に秀吉はネクストステージに進んだように感じたんです。今作を聴いて、新しい秀吉の扉が開いた印象を物凄く受けたんですよね。

柿澤:それは確実にあると思います。やっぱりドラムが決まるまでなかなか曲作りも進まなくて。ただ裕士と合わせてるうちに、こんなこともできそうだなとか色々インスピレーションが湧いてきたのはありますね。


Q.これまでの柿澤君の歌って、悩んでたり葛藤してたり、そういった不安をそのまま歌にしてた事が多かったと思うんですけど、今回はその先の希望も歌っているような感じがしました。

柿澤:極論みたいになっちゃうんですけど、音楽に希望みたいなものはつき物かなとは思っていて。どんなに悲しい歌も絶望的な唄も、それが存在することによって希望を見出せるというか。ただやはりおもむろに希望を歌えばうそ臭くなって終わりだなと考えていたので、いままではそういう表現しかできなかったんです。
ただ今回メンバーチェンジとか、震災とか、自分の中で感じることがたくさんあって、今だったら変に気負わず歌えるかなと思ったんです。今確実に前に行こうとしている中で、ネガティブな表現は逆にうそ臭いなとも思いました。


Q.今作はフォークの要素も感じます。意識したことはありますか?

柿澤:もともと60〜70年代の日本のフォークはすっごく好きで。ただ自分にはまだまだあの味は出せないなぁと思っていたんですが、今だったら自然とできるかなぁ程度には意識しましたね。


Q.今回のアルバムって何でもない日常や、どこにでもある家族の風景が歌われているじゃないですか。だからか、「これは秀吉のアルバムだけど僕のアルバムだな」って思いました。

柿澤:ありがたいです!今までも「自分が作った歌ではあるけれど、耳に入った時点でその人の唄にしてほしい」という気持ちは常々あって。ただ今作はよりその気持ちが強いかもしれません。


Q.最初、アルバムタイトルにびっくりしたんですよ。でもアルバムを聴いて「くだらないうた」っていうのは「くだらないようで大切な日々を歌ったうた」なんだなって僕は解釈しました。

柿澤:「くだらない」って言葉自体、そんなネガティブなものじゃないんじゃないかとさえ今は思ってるくらいです。くだらないなぁといつも見過ごしてることって、きっと自分にとってすごい大切なことなんですよね。頭ではわかってるけどなかなか感じれないじゃないですか。僕もそうだし。だからこのCDがそのきっかけにでもなってくれたらすごく嬉しいです。

 

秀吉:
町田龍哉(Ba) / 内田裕士(Dr) / 柿澤秀吉(Vo,Gt)

【HPアドレス】
http://www.hideyosea.com/

アルバムタイトル

秀吉
NEW SINGLE
くだらないうた
LACD-0219

NOW ON SALE

¥1,785(tax in) LASTRUM

「くだらないうた」リリースツアー2011

■9/3(土) 高崎 Club FLEEZ
?ツアー初日・ワンマンライブ?
■9/9(金) さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK VJ-3
■9/17(土) イオン高崎 インストア・ライブ
■9/18(日) 長野 J
■9/19(月・祝) 名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL
■9/23(金・祝) 秋田 LIVE SPOT 2000
■9/24(土) 八戸 ROXX
■9/25(日) 仙台 PARK SQUARE
■9/30(金)宇都宮 HELLO DOLLY
■10/1(土) 熊谷 BLUE FOREST
■10/5(水) 水戸 LIGHT HOUSE
■10/8(土) 大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
■10/11(火) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
■10/13(木) 広島 CAVE-BE
■10/15(土) 福岡 SPIRAL FACTORY
■10/22(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
■ 11/18(金)渋谷O-WEST
?ツアーファイナル・ワンマンライブ?

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993