PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
mudy on the 昨晩

インストバンドとして確固たる地位を確立する名古屋のmudy on the 昨晩がとんでもない爆発力を持ったアルバムを完成させた。今作の制作にあたり「mudy on the 昨晩にとっての新しい音楽を絶対に作りたい」と意気込むメンバーの強い意志が込められた全10曲。インストバンドとしのアイデンティティと向き合い、インストバンドとしての本質を見出した渾身の作品だ。様々な経験をした彼らだからこそ辿り着いた「新しいスタンダード」が盤の中で暴れまわっているような感覚に興奮がおさまらない。間違いなく最高傑作です。

Q.アルバム、大爆発してるね。

フルサワ:ありがとうございます。楽曲の制作自体はそんなに前と変わったことはしてないんですけど、続けてきたことが積み重なってよりシンプルに、よりしっかりした輪郭のある音源が出来たと思ってます。テンションは高めです(笑)。


Q.バンドのアイデンティティと向き合った作品だと思うんだけど。

フルサワ:それはありますね。

森:昔の僕らに近いのかもしれないです。前作ではフレーズも凄く考えて作ったんですけど、今回は昔の様に自然にフレーズが出来てきたんです。

フルサワ:「pavilion」は構えて作った作品だったんですよ。それはそれで良かったし、あのアルバムは器楽曲として良い曲を書きたかったんです。楽譜にしたときにしっかり良い曲っていうか。その感覚は「VOI」や「kidnie」ではなかったし。 色んな経験をして「pavilion」に辿りついて、じゃあ今度はもうちょっと違う方向でやってみようかなって。それで割とすっきりやってみようかなって。あまり制約をなくしたんですよ。例えばフレーズも、今までは審査が厳しかったけど自由にやってみたんです。フレッシュなアイディア重視で(笑)。そうしたら昔のように自然にフレーズが出来たりして。だからもしかしたら回りくどかったのかもしれないですね(笑)。


Q.でもそれは「pavilion」の方法論がなかったら気付かなかったかも。

フルサワ:そう、そうなんですよね。「kidnie」からいきなり今回のアルバムは作れなかったし、逆にもっと複雑になってたかもしれません。それと、アルバム制作にあたって「pavilion」で自分達が出来たことや出来なかったことは考えたんです。そういう部分では音を鳴らすより先に考えてたのかもしれません。その結果、肩の力を抜いてやれたのかもしれません。どっちにしても曲が良いのはクリアした上での話ですよね。


Q.うん。あと今作はインストバンドであることの意味や本質を問う作品だと思うんだよね。

フルサワ:ああ、はい。個人的な考えですけど、インストバンドってジャムっぽい感じやライブが楽しいものか、物凄く音楽的で構成美や構築美だったり音楽をどの様に組み立てるかを重視してるものかに分かれると思うんですよね。でも僕らはどっちにも行けなかったんです。というか行かなかったし。簡単にやるのもしゃくだし、ただ難しいだけでも嫌だし。


Q.そんな中、M-9「メッセージとは」って曲があるけど、これは「インストバンドとしてのメッセージとは」っていうこと?

フルサワ:そうですね。さっきも言ったように僕達はどちらにも行かず、自分達の場所でやってきました。mudy on the 昨晩は2008年に結成したんですけど、その頃と比べてインストバンドって凄く増えたじゃないですか。で、他のインストバンドの方ってどういうメッセージを持ってやってるのかなって思って作った曲なんです。


Q.mudy on the 昨晩はどうなの?

フルサワ:答えは出てないんです。自分達にメッセージがあるのかどうか、また必要なのかどうかってところに行きつき、そもそもメッセージはあるべきなのかも分からなくなって自問自答しているような。そういう、こんがらがった気持ちが曲になったと思います。

森:昔はライブをするにあたってメッセージは必要だと思ってたけど、最近は「かっこよければ問題ないでしょ?」ってとこに僕は行きつきましたね。難しいことはどうでも良くてかっこいいか、かっこ悪いかだけだと思っています。


Q.mudy on the 昨晩の楽曲はメッセージよりスト―リーのほうがあるよね。

フルサワ:はい、そっちのほうが多いですね。ストーリーは全曲あって、それは単純に楽譜でいうところの「強く」とか「速く」みたいなノリですよね。あと、やっぱり何かしらのメッセージはあるのかもしれません。メッセージの出し方なんだと思うんですよね。こういうことをずっと考えてたから「メッセージとは」が出来たんじゃないでしょうか(笑)。


Q.アルバムタイトル「mudy in squall」はどういう意味?

森:これはアディ(朴木)が濡れてたからです。(一同爆笑)


Q.どういうこと?(笑)

朴木:僕が汗でビショビショだったんです。(一同爆笑)

森:タイトル付けるときに、アディが濡れてたからです。(一同爆笑)


Q.「VOI」の頃とかそういうタイトルの付け方だったもんね。で、本当の意味は?(一同爆笑)

フルサワ:スコールは日本では起きないんですけど、まあ夕立のようなニュアンスです。いきなりの豪雨に向かって行く感じというか、そこに人生をリンクさせて付けたタイトルですね。実際にレコーディングの最終日にも晴れてるのに雨が降ったんですよ。

森:アディも濡れました(笑)。


Q.何、今回のアディ推しな感じ(笑)。せっかくぴっぴ(フルサワ)が良いこと言ってるのに(笑)。そういえばPVもアディが凄いことになってたけど(笑)。

フルサワ:いじれるだけいじり倒そうって(笑)。

朴木:会う人会う人に「板長!」って言われます。

桐山:「味いちもんめ」っていうドラマでSMAPの中居くんが土下座しているシーンがあるんですけど、テンションがあがって「これ、PVでやりたいな」って思ったんですよ。前のPVがライブだったし、今回は演技させて欲しいってレーベルにお願いしたら「テーマは?」って聞かれて。それで「板前の格好で土下座!」ってことだけ監督に伝えたんです(笑)。

フルサワ:お願いしたはいいけど「どうしよう?」って(笑)

桐山:そうしたら当日、板前の衣装が用意されてて(笑)。それでアディに板長になってもらいました(笑)。


QそのPVにもなってる.M-1「PERSON!PERSON!!」は本当に素晴らしいです。今までのmudy on the 昨晩と新しいmudy on the 昨晩が全部詰まったような曲だよね。

フルサワ:そうですね。自由にアイディア重視でやったらこうなりました。好き勝手に何も考えずにやったんですよ。思いついたアイディアはとにかくやってみました。


Q.LOSTAGE五味岳久さんのコーラスもめちゃくちゃ良い。

フルサワ:最高ですよね。たまたまレコーディングスタジオがLOSTAGEと一緒で、急遽お願いしました。今までの勢いとフレッシュなアイディアを詰め込んだら、僕らになかった新しい曲になりました。


Q.アルバム冒頭はとにかく畳み掛けるイメージだね。

フルサワ:はい。でも曲順は結構難航しましたね。当初はM-10「this squall」を1曲目にしようと思ってましたし。でもこの曲順で成功です。


Q.M-3「BEA」やM-5「Your entrails and laughter」はライブで盛り上がりそうだね。

フルサワ:まさにライブで盛り上がるための曲ですね。「BEA」は攻めまくってます。今回のアルバムの中で一番明るい曲かもしれないです。「Your entrails and laughter」はとにかく勢い重視ですね。ライブで盛り上がって欲しいです。


Q.M-4「秘密」は的外れかも知れないけど、漫画「北斗の拳」のユダっぽいと思いました。ユダの美学が勝手にリンクして。

フルサワ:ユダですか。(一同爆笑)

桐山:あ、でも僕らも漫画を読みながら作ったりするんですよ。この曲は「新宿スワン」のイメージです。だからユダも一理あります(笑)。


Q.ありがとう、優しいね(笑)。続くM-6「lookilus」はロールプレイングゲームのボス戦みたい。

フルサワ:正解です。それで合ってます(笑)。アルバム後半のきっかけの曲ですね。凄くコミカルでmudy on the 昨晩らしい曲だと思います。


Q.M-7「Wes.」でアルバムのムードが変わるよね。アウトロのドラムが凄くかっこいい。

伊藤:凄くシンプルなんですけど、ハイハットとギターの絡みは面白いのが出来たと思ってます。

フルサワ:リズム重視ですね。3拍子と4拍子が絡み合って面白くなればいいなって。


Q.弦楽器が打楽器のような感覚で聴こえるのが面白いね。

フルサワ:今回はそれが僕のやりたかったことなんですよ。嬉しいです。


Q.M-8「gellar/sun/flight」のドリル奏法もやばい。

森:これは僕が電動ドリルで弾いてるんですよ。工場っぽい金属音を入れたかったんです。


Q.光るドリルとかでライブやったら面白そう。

森:あ、それやりたいですね。

フルサワ:いいな、それ。


Q.最後の2曲でアルバムはまた大きくストーリーが動くね。

フルサワ:そうですね。まさに人生とリンクしてます。ここからリピートでまた始めからアルバムを聴くと面白いんですよ。


Q.凄く輪廻転生を感じる流れだよね。

フルサワ:まさにその通りですね。人生を全うしたことはないので分かりませんが、人生を1周したらどうなるかみたいなことは考えて曲順も並べたので、きっと聴くたびに新しい発見もあるんじゃないかなって思います。

伊藤:色んなところにネタや仕掛けもあるので何度も聴いて欲しいです。

朴木:色んな表情のあるアルバムだと思います。

森:自分の持ってるアイディアを全部詰め込んだので絶対に面白いはずです。

桐山:自己ベストを出したので次の制作が不安です(笑)。でもそれくらい自信作ですね。

フルサワ:僕らって似たようなバンドもいないし、お手本にするバンドもいないのでゼロから生みだしてるんです。簡単なほうでも、難しいほうでもないこの場所をスタンダードとして土台を作っていく作業をアルバムをリリースする度に行っているんです。アルバムを作るってそういうことなんだと思いますし。その中でも、今回は凄く「作った!」って感じがあるんですよね。曲順も完璧だと思うし。自分達が積み重ねてきたものがスタンダードになればいいなって思うきっかけになった大切なアルバムになりました。

 

mudy on the 昨晩:
Gt. フルサワ ヒロカズ
Gt. 桐山 良太
Ba. 朴木 祐貴
Dr. 伊藤 浩平
Gt. 森ワティフォ

【HPアドレス】
http://sakuban.com/

アルバムタイトル

mudy on the 昨晩
NEW ALBUM
mudy in squall
ZNR-111

NOW ON SALE

¥2300

LIVE SCHEDULE

残響祭 7th ANNIVERSARY
2011/9/17(sat) 名古屋CLUB QUATTRO
2011/9/19(mon) 心斎橋CLUB QUATTRO
2011/9/24(sat) Shibuya O-EAST & DUO MUSIC EXCHANGE

mudy in squall リリースツアー「ファインディング・アディ」
2011/10/2(sun) 岐阜51
2011/10/4(tue) HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2011/10/5(wed) 千葉LOOK
2011/10/6(thu) HEAVEN'S ROCK kumagaya VJ-1
2011/10/13(thu) 新潟CLUB RIVERST
2011/10/14(fri) 金沢vanvan V4
2011/10/15(sat) 神戸 太陽と虎
2011/10/17(mon) 京都 磔磔
2011/10/20(thu) 広島CAVE-BE
2011/10/22(sat) 福岡graf
2011/10/23(sun) 鹿児島SR HALL
2011/10/25(tue) 小倉WOW!
2011/10/26(wed) 松山SALONKITTY
2011/10/28(fri) 高松DIME
2011/11/06(sun) F.A.D YOKOHAMA
2011/11/09(wed)旭川CASINO DRIVE
2011/11/10(thu) 札幌COLONY
2011/11/12(sat) 盛岡club Change
2011/11/13(sun) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
" mudy in squall TOUR FINAL!!"
2011/11/19(sat) 池下CLUB UPSET
2011/11/23(wed) 十三FANDANGO
2011/11/25(fri) 渋谷O-WEST

BURSTING CORE 3nd J ROCK Day in Taiwan
2011/10/09(sun) 台湾 Legacy Taipei

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993