PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
NUDGE'EM ALL

ずっと待ってました!!NUDGE'EM ALL、待望の4thアルバム!前作「SUNN」から実に6年振り!!60’Sポップ、70’Sシティポップ、パワーポップ、エモ、カレッジ系インディーギターポップ、はたまた渋谷系などのファンまで巻き込んで興奮させる抜群のポップセンスは健在!!「ナッヂ節」はそのままに、日本語詞を取り入れるなど更に自由度を増したアルバムにワクワクします!サポートギターに小野武正(KEYTALK)を迎えた新体制でのNUDGE'EM ALL!音楽ファン全員に絶対聴いて欲しい!!

Q.本当に待ってました。まずは2009年に活動を再開した経緯を訊かせてください。

坂木:活動を休止してから、2回ほど限定でライブを行う機会がありまして、その弾みでもう一回やろうかということになりました。たしか「一回集まろうよ」というメールを僕が送ったような気がします。

真田:「そろそろやっちゃう?」みたいな感じでしたね。


Q.実に6年振りのアルバムですが率直な感想を訊かせてください。

坂木:とても気に入っています。聴きやすいと思いますよ。特に僕らと同世代(団塊ジュニア)の方々にフィット感があるのではないでしょうか。

真田:老若男女誰にでも喜ばれるアルバム!となるといいですね。


Q.今回のレコーディングは自宅レコーディングですよね。レコーディングのやり方自体が変わったと思いますが、pro toolsでのレコーディングに挑んだ経緯やエピソードがあれば教えてください。

坂木:ギター、ベース、コーラス、アコースティックギターの一部は自宅で録音しました。結局スタジオでリアンプ等しておりまして、最終的には馴染みの敏腕エンジニアの方にどうにかして頂いた形です。自宅録音にしたきっかけは経費削減(笑)。僕が結構何度もやり直したりとか多いので…。

真田:リアンプとミックスで音がすごく良くなりました。さすが敏腕エンジニア!時間の都合上リズム隊以外のアレンジがあいまいなままレコーディングに突入したので、考える時間を得るためには今回の方式はかえって良かったかもしれません。


Q.これまでの所謂「ナッヂ節」はしっかり核に持ちつつ、かなり自由な作品になっている印象を受けましたが意識されたことはありますか?

坂木:自由にやろうという意識はありました。いままで歌詞は英語に統一していましたが、日本語もやってみようとか。それと、曲を作った時期が2005年〜2011年の間で、だいぶ幅があるので色々なタイプの曲がそろってる印象なのではないでしょうか。

真田:いままでになく幅広い楽曲ですね。とても一枚のアルバムとは思えません。


Q.KEYTALKの武正君をサポートに迎えたことでバンドに変化はありましたか?

坂木:もちろん変化はありまして、今回のアルバムではソロのほとんどを武正に弾いてもらってます。僕はあんなの弾けませんから(笑)。僕は一曲だけで。

真田:演奏の平均レベルとライブパフォーマンスのお笑い度があがりました。あと、キャラに似合わずバンドに対してマジメなので、こっちも真剣にやらざるを得ません。


Q. 若いリスナーの中にはNUDGE'EM ALLを聴いて初めて色んな音楽に触れることもあると思います。改めてみなさんのルーツを伺わせてください。

坂木:中学生ごろにはユニコーンが大好きで、その流れでビートルズ、レッドツェッペリン、ナック、ジェリーフィッシュを聴き、高校時代はメタル全盛期で、メタリカ、メガデス、ガンズを聴き、一方でニルヴァーナなどサブポップ系、卒業くらいから、スティービーワンダー、キャロルキング、セルメンとかオシャレなやつを聴き、大学時代にはホリーズ、ゾンビーズの60年代のバンド、フライングマシーン、エジソンライトハウスなどのソフトロック、その時同時にNOFXとかランシドとか、日本のロックではロンロンクルーやプレイメイツ、そしてティーンジェネレイトなどのガレージパンクと言われていたもの、その後ウィーザーやフーファイターズなどを聴くようになり、もうそっから先は割と何でも。

真田:上に挙がっているアーティストは比較的メンバー全員が好きですね。元々学生時代に友達同士で始めたバンドなので聴いていた音楽も結構共有されています。


Q.最近気になったバンドがいたら教えてください。

坂木:バンドではありませんが、最近しびれたのはwouter hamelというオランダのジャズボーカリスト。バンドと一緒に来日したのですが、コーラスワークの素晴らしさに愕然としました。身近な所だと、世代的に似たような感じのenie meenieとかASPARAGUSを久しぶりに見てしびれました。

真田:いまの若いバンドは楽曲のクオリティも演奏能力も高く、たいていのバンドに対して嫉妬しています。


Q.では最後にタイトル「SEE」ですが、3枚目が「SUNN」だったから4枚目は「SEE」ってことで宜しいですか?(笑)。

坂木:それだけは内緒です(笑)。

真田:それだけは内緒です(笑)。

 

NUDGE'EM ALL:
野沢信之(Ba / Cho)
真田太洋(Dr / Cho.)
坂木誠(Vo/ Gt)
小野武正(KEYTALK・サポートGt)

【HPアドレス】
http://www.nudgeemall.com/
【NUDGE'EM ALL"SEE"特設webサイト】
http://www.koga-records.net/nudgeemall/

アルバムタイトル

NUDGE'EM ALL
NEW ALBUM
SEE
KOCA-66  ¥2,310

2011/09/07 ON SALE

LIVE SCHEDULE

■10/21(fri)大阪 北堀江club vijon
■10/22(sat)名古屋 今池HUCK FINN
■10/23(sun)広島 福山Cable
■10/28(fri)東京 下北沢SHELTER
■11/3(thu)埼玉 熊谷BLUE FOREST
■11/13(sun)東京 高円寺HIGH
■11/19(sat)北海道 旭川casino drive
■11/20(sun)北海道 札幌HALL SPIRITUAL ROUNGE
■12/3(sat)宮城 仙台FLYING STUDIO

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993