PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
UPLIFT SPICE

バンドのルーツを掘り下げるような作品「Memento」を昨年9月にリリースし、レコ発ツアーを決行したUPLIFT SPICE。だがそのツアーで事件は起きた。ツアー中盤にメンバーから脱退の意志を告げられたのだ。ツアーファイナルまで全力で走り続けたUPLIFT SPICE。そのツアー直後、新メンバーでありドラムtovitaの実弟でもあるkenjiが加入。兄弟パワー炸裂でバンドはより強靭となったのだ。そして当たり前だと思われている価値観や思想をひっくり返すようなアルバム「パラダイムシフト」を完成させた。千織とYOOKEYに話を訊く。

Q.まずは前作「Memento」のツアーの話から訊きたいんですが、かなり波乱万丈のツアーだったんじゃないですか?

YOOKEY:波乱万丈でしたね(笑)。


Q.守安君の脱退はツアー中に決まったんですか?

千織:ツアーの中盤くらいに決まりました。

YOOKEY:ツアー中に脱退の意思を告げられ、それから何回も話し合ってツアーファイナルでの脱退が決まったんですよ。


Q.残ったツアーに対してだったり、メンバーのモチベーションは大丈夫でした?

YOOKEY:それが逆に良くなったんですよ。この4人で出来る最後のツアーだなって思ったらより気合が入って(笑)。

千織:脱退が決まってからのライブは1本1本物凄く前向きにやれましたね。

YOOKEY:これまでとは違うツアーになったので、精神面でも成長出来ましたね。


Q.お客さんからの反応はどうでした?

千織:泣いてる人もいたし、「UPLIFT SPICEは辞めないで」って声はいっぱいもらいました。やっぱりお客さんにそういう思いをさせるのは辛かったですね。

YOOKEY:でもお客さんも僕らと一緒で決まったことを受け入れようとしてくれてたんですよ。だから僕らも残されたツアーを全力でやることが出来たのかもしれないです。


Q.そんな中、ツアー中には怪我もあったり。

YOOKEY:そうなんですよ。僕が首のヘルニアになって。

千織:私は腰を痛めました(脊椎分離症)。

YOOKEY:千織は時おり倒れそうになりながらも歌ってたし、僕もいつ手のしびれでギターが弾けなくなるかわからなくて。だから脱退のことも怪我のこともあって、物事の終わりをリアルに意識したからこそ逆に前向きになれたんだと思います。

千織:本当に大変だったけどいい経験のツアーでした。


Q.そしてツアー後には新メンバーにkenji君が加入しましたが、なんとtovita君の弟なんですよね?

YOOKEY:そうなんです(笑)。

千織:ツアーファイナルくらいから新しいベースを探し始めて、何人か会ってみたんですよ。確かに上手な人もいたしメジャーでやってた人もいたから形にはなるんですけど、なんせ前の守安の個性が強すぎたから、誰と合わせてもはまらなかったんですよね。楽器の上手さだけでない面白さを求めてたのもあるし。

YOOKEY:普通に上手な人はどこにでもいるじゃないですか。でも合わせてみてもなんか違うんですよね。そんな時にtovitaが「俺の弟ベース弾けるけど」って。それで合わせてみたらびっくりするくらいハマったんです(笑)。


Q.人間関係も兄弟ならばっちりですもんね。

千織:最初のスタジオから「兄ちゃん、ドラム走ってる」とか平気でつっこんでましたからね(笑)。あとリンク具合が半端ないんですよ。例えば「この中からどの曲が好き?」とか「このジャケットの中でどれが良い?」とか聞くと2人の意見は一緒なんですよ(笑)。

YOOKEY:兄弟パワーって呼んでます(笑)。


Q.kenji君はどんなベーシストなんですか?

千織:前のバンドではジャズとかヒップホップをやってたみたいで、新しい要素がバンドに入るのは凄く面白いと思っていて。


Q.ジャズやヒップホップの要素はバンドの音に影響したりはしましたか?

YOOKEY:僕達はジャズやヒップホップがやりたいわけじゃないから直接的な影響はないかもしれないけど、少なからず影響はありますね。自分達なりに消化して面白い音楽を作っていければと思っています。


Q.「パラダイムシフト」は価値観や常識が変化するっていう意味の言葉だと思うんですが、これをタイトルにしたのは?

YOOKEY:このタイトルはアルバムの曲が全部出来てからつけたんですけど、僕達は常に新しいことをしたいし、常識も価値観もどうでもいいと思っているんですよ。アルバムの推し曲としてM-2「リバティ・ベル」とかM-3「スターバースト」がいいのでは?という意見もスタッフからあったんですけど。でもM-1「マイノリティ・パレード」の破壊力を提示したくて、今回のアルバムの推し曲としました。歌詞に問題があるという事でラジオでかけられない局もあったみたいですけど(笑)。


Q.この曲は歌詞も過激ですもんね(笑)。

YOOKEY:「精液」とか出てきますからね。楽曲の組み立て方も変わっていて。でもラジオで流れないからなんて理由で推し曲から外すのはくだらないと自分達は思いますね。「聞いてる人からクレームがくる可能性がある」って言われたんですけど「そんなの知らねー!」って(笑)。

千織:「やかましいわー!」ってね(笑)。そういう制約にとらわれずやりたいことをやらないとUPLIFT SPICEじゃないと思うし。


Q.だからといって難しいアルバムでは決してないじゃないですか。物凄くキャッチーだし。

YOOKEY:そうそう。自己満足で終わるアルバムにはしたくなかったんですよね。前作「Memento」では自分達のルーツを掘り下げたコアな作品だったんですけど、今回はそれを踏まえた上で一段階上に登った作品にしたかったんです。クオリティーも上げつつ、色んな人に伝えられたらなっていうことに重きを置いたのでキャッチーさも際立ってますよね。

千織:聴きやすいけどアレンジは面白く出来たし、深いことを歌った歌詞も多いので、より楽しんでもらえると思いますよ。


Q.入口は広いけど一度入ったら出れない罠みたいなアルバムですよね。

YOOKEY:出れないように「かえし」がありますからね(笑)。


Q.あと最後にアーティスト写真のことも訊きたいんですけどあのコンセプトは?

YOOKEY:あれもパラダイムシフトですよ。アー写っていえば、みんなかっこつけてちょっと斜め向いてるみたいなイメージでしょ?

千織:女の子だったらばっちりメイクしてる。そういうのも一回壊してやろうと思って(笑)。

YOOKEY:じゃあもう包帯グルグル巻いて顔隠しちゃおうよって(笑)。常識にとらわれたくない意志表示です。

千織:まさにパラダイムシフトですね(笑)。

 

UPLIFT SPICE:
YOOKEY (Gt)  千織 (Vo)  tovita (Dr)  Kenji (Ba)

【HPアドレス】
http://www.upliftspice.com

アルバムタイトル

UPLIFT SPICE
NEW ALBUM
パラダイムシフト
GUDY-2009

NOW ON SALE

¥2,520 Dynamord Label

UPLIFT SPICE レコ発 パラダイムシフト TOUR

08/07(日) 渋谷 O-Crest
08/11(木) 名古屋 UPSET
08/12(金) 名古屋 R.A.D
08/17(水) 岡崎 CAM HALL
08/18(木) 大阪 DROP
08/20(土) 名古屋 R.A.D
08/21(日) 新宿 ACB
08/23(火) 名古屋 MUSIC FARM
08/24(水) 岐阜 RAD REVER
08/25(木) 岐阜・中津川 Breath
08/27(土) 福岡 BEAT STATION
08/29(月) 浜松 G-SIDE
08/30(火) 渋谷 Milkyway
09/07(水) 千葉 LOOK
09/09(金) 新潟 RIVERST
09/11(日) 横浜 B.B.STREET
09/16(金) 熊谷 BLUE FOREST
09/19(月・祝) 大阪 2nd LINE
09/21(水) 下北沢 SHELTER
09/22(木) 水戸 LIGHT HOUSE
09/24(土) 諏訪 CLUB ROCK HEARTS
09/25(日) 群馬 SUNBURST
09/28(水) 岡山 PEPPER LAND
09/29(木) 出雲 APOLLO
09/30(金) 広島 CAVE-BE
10/03(月) 大分 T.O.P.S Bitts HALL
10/04(火) 山口・周南 rise
10/07(金) 郡山 CLUB #9
10/09(日) 盛岡 club Change
10/18(火) 徳島 GRINDHOUSE
10/20(木) 高松 DIME
10/21(金) 神戸 太陽と虎
10/22(土) 京都MOJO
10/29(土)〜11/06(日) フランスツアー
11/13(日) 仙台 MACANA
11/20(金) 札幌 SUSUKINO 810
11/19(土) 苫小牧 ELLCUBE
11/23(水・祝) 豊橋 ell.KNOT
11/26(土) 名古屋APOLLO THEATER
12/02(金) 福岡 graf
12/03(土) 長崎 studio DO!
12/04(日) 小倉 WOW
12/09(金) 福井CHOP
12/11(日) 大阪 2nd LINE <<ワンマンLIVE>>
12/15(木) 松本 ALECX
12/17(土) 渋谷 O-Crest <<ワンマンLIVE>>
and more...


前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993