PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
1000say

エレクトロとロックを融合させた独自の音楽性で話題の男女混合バンド1000sayが、3枚のミニアルバムを経て初のフルアルバムをリリースした。前作発表以降、初のワンマン、パリでのJAPAN EXPO2011出演、国内初のミュージックアプリ・シングル「HANE」のリリースなど、様々な活動を経て完成したフルアルバムは、12星座をモチーフに、初のセルフプロデュースで制作された自信作。神秘的であり、初期衝動も封じ込められた今の1000sayが閉じ込められた12の物語。あなたは小宇宙を感じたことはありますか?

Q.今作は初のフルアルバムにして初のセルフプロデュースなんですね。

MAN:はい。もともと自宅に曲作りが出来る環境はあったんですけど、今回機材をレベルアップしてプリプロまでしっかり出来るシステムを構築したんですよ。それでセルフレコーディングに近い状態でデモを作っていくなかで、このまま最後まで自分で作れるんじゃないかって思ったんです。自分達のやれる範囲が広がった中でアルバム制作に挑めましたね。


Q.自由度が増えた分、MANくんの作業はかなり増えたんじゃないですか?

MAN:単純にめちゃめちゃ増えたし大変だったけど、それ以上に楽しかったです。時間の制限もなかったので納得いくアルバムが作れました。


Q.今作からは初期衝動を凄く感じました。

MAN:それはありますね。レーベルの移籍や、前作から2年弱空いたこともあって、リスタートの気持ちもあるんです。今まで3枚のミニアルバムを出して、自分達の可能性を盤ごとに広げていきました。広げた中で「じゃあ結局、1000sayって何なんだ?」って突き詰めたときに1stミニアルバム「STARGAZER ORCHESTRA」の質感がしっくりきてたんです。

API:私は今回のアルバムを作るときに、「STARGAZER ORCHESTRA」の雰囲気や世界観の延長線上というか、あそこからまた更に広がっているアルバムを作りたいなって思っていました。


Q.これまでの3枚はアルバムごとに違うカラ―やスタイルを提示していましたよね。

MAN:「STARGAZER ORCHESTRA」で意識してたのはクールでスペーシーなものを、「MICROWAVE HEARTBEAT」はポップ感やキュート感を、「LIGHTNING AMPLIFIER」はアグレッシブでクレイジーなライブ感を意識しました。3枚とも違うカラ―なんですけど芯はしっかり通っていますね。この3枚を経たからこそ今回のフルアルバムが出来たと思います。


Q.では今回の作品ですが、12星座をイメージして作られていますよね?

MAN:はい。収録曲も12曲で。12星座って朝のランキングでも使われてるくらい馴染みのあるものじゃないですか。自分の星座って誰でも持っているし。何かしらの思い入れもあると思うんですよ。そういう12通りのストーリーを描いていきたいなって思ったんです。


Q.確かに自分の星座って意識しますよね。聖闘士星矢でも自分の星座の黄金聖闘士は意識しましたもんね。

MAN:まさに。柴山さんは何座の聖闘士ですか?


Q.僕は魚座のビスケスなんですよ。

MAN:ビスケスのアフロディーテ!


Q.ビスケス凄く嫌でした(笑)。やっぱりアイオロスが良かった(笑)。

MAN:ぼく、アイオロスなんですよ(笑)。


Q.サジタリウスのアイオロス!じゃあ射手座だ!良いなあ(笑)。でも男の子だったら聖闘士星矢だったり、女の子だったら星占いだったり、イメージして聴いたら面白いですよね。

API:思った通りに聴いてくれてる(笑)。

MAN:でも最初にコンセプトがあった訳じゃなかったんですよ。何となくおぼろげな音像があったくらいで。今作ではストリングスをフィーチャーしたり、フルートの音を趣味レートしたんですけど、改めてその音像を何故求めてるんだろうって考えたときに、より壮大でより神々しいものを作りたかったことに気付いたんです。それでその後に12星座ってコンセプトを打ち立てたときに一本筋が通ったんですよね。


Q.確かに12曲並べたときに凄く神秘的ですよね。

MAN:そうなんですよ。1曲1曲だとそうでもない曲もあるけど12曲並べると神秘的なんですよね。


Q.タイトルの「APOLLON」はどういう意味ですか?

MAN:12星座を調べていくと13星座説もあるんです。その13星座説のストーリーの中の神のひとりにAPOLLONがいるんです。そのAPOLLONはギリシャ神話で音楽の神なんですよ。それでアルバムタイトルは「APOLLON」にしようかなって思ったタイミングで、JAPAN EXPOでフランスにライブに行ったんですけど、その時泊まったホテルがパリ市内のオペラ座の近くだったんですよ。そのオペラ座の頂上に君臨してたのがAPOLLONの像だったんです。もう運命感じちゃって(笑)。


Q.素敵ですね。今回のアルバムは神秘的でもあり初期衝動もある素晴らしい作品ですね。

API:聴いてくれた人がずっと聴き続けてくれるアルバムになったと思っています。沢山の人に聴いて欲しいです。

MAN:僕は1000sayのメールマガジンやライブのMCで今回のアルバムはロック史に残る名盤だって散々宣言してきたんですよ。評価は聴いてくれた人それぞれが決めれば良いと思うんですけど、僕が思うロック史に残る名盤は今回確実に出来たと胸を張って言えます。心に残るアルバムになったので是非聴いて欲しいです。

 

1000say:
MAN(Vo.Gt)  MICHELLE(Synthesizer)  API(Vo.Ba)  NON(Dr)

【HPアドレス】
http://1000say.main.jp/

アルバムタイトル

1000say
NEW ALBUM
APOLLON
IKCQ-1007  \2300

NOW ON SALE

LIVE SCHEDULE

■2011/11/24(木) 池下UPSET
2YOU presents 「LIVE UP TOKAI!!!!!」

■2012/03/04(日)渋谷QUATTRO (ワンマン)
前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993