PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
KEYTALK

KEYTALKの約1年振りのミニアルバム「SUGAR TITLE」が堂々完成!前作「TIMES SQUARE」に引き続きTGMX氏(FRONTIER BACKYARD)によるプロデュースでKEYTALKの華やかなサウンドが倍増したついつい踊りだしたくなるような作品に仕上がっている。今回から首藤と寺中によるツインボーカルも導入、歌詞も全曲日本語詞になるなど新しい試みもプラスに転じ、更なるブレイクの予感も!最新型KEYTALK、お楽しみください!!

Q.まずタイトルの意味から訊かせてください。

小野:早速来ましたね!今作の重要ポイント!義勝くん、説明して下さい!

首藤:僕らの大好きなUNCHAINの佐藤さんと飲んだときにアルバムのタイトルどうするかって話になったんですよ。全然タイトルが決まらなくて。


Q.まさか…。

首藤:佐藤さん、砂糖さん、シュガーさんみたいな話をしてて…。

小野:からの?

首藤:タイトルどうしよう、タイトルどうしよう…。

小野:はい!シュガーとタイトルでsugar titleに決定しました!


Q.全く意味ないじゃん!

小野:いやいや、UNCHAINの魂が込められてますから!!


Q.KEYTALKの魂込めてください(笑)。

小野:まあそうなんですけど(笑)。もともとUNCHAIN先輩はTGMXさんに紹介してもらったんですよ。それから2、3年くらい前からライブに来てくれたりして。だから成るべくして成ったタイトルなんです(笑)。


Q.そういう事にしましょう(笑)。そのTGMXさんが前作に引き続きプロデュースですね。

小野:はい。前作はかなりTGMXさんにテコ入れというか楽曲自体をシェイプアップして頂いたので、今回は自分達なりにTGMXさんのやり方を曲作りの段階から意識してやれてたと思うんですよ。曲をTGMXさんに聴いて頂いたときも「もういじるとこ無いくらいまとまってるね」って言っていただいて。だから今回はTGMXさんが後ろで見守ってくれる感じのレコーディングでしたね。


Q.アルバム冒頭のM-1「PASSION」はタイトル通り、パッション全開の曲ですね。

首藤:1stアルバムに入ってた「トラベリング」が好感触でライブでもお客さんが踊ってくれるので、そのテイストに近い曲を作ろうと思って出来た曲です。もう既にライブでの定番曲になっていますね。手拍子が入ってたりして無意識に踊りたくなるような曲になったと思います。


Q.M-2「アゲイン」はKEYTALK節炸裂の四つ打ちナンバー。

小野:所もともとの僕らのイメージ通りの音楽を楽しみにしてくれている人の期待に応えられているような曲になったと思います!

首藤:KEYTALKらしいってどういうことか最近自分達で分かってきた感じはしますね。

小野:凄く僕ららしい曲になりました。


Q.M-3「sympathy」はツインボーカルが意外にも新鮮でした。

小野:色の違うボーカルがKEYTALKには2人いるから、曲でボーカルを分けるんじゃなくて、曲中でボーカルを分けてみたら大正解でした。


Q.新しいKEYTALKの武器になるかもしれないですね。

小野:そうなんですよ。この路線はこの路線で、これから突き詰めていきたいなって思ってます。ボーカルが2人いるのはKEYTALKの面白い部分だとも思いますしね。


Q.M-4「ストラクチャー」はギターが印象的でした。

首藤:ライブを想定したときに「ライブのセットリストにあったらいいな」っていう曲を曲作りの段階で意識して作った曲ですね。こういう激しいリズムでフロアが盛り上がったらいいなって。

小野:ギターは弾き倒してます。ボーカルの歌メロ関係なく弾きまくるギターが好きなんですよ。ボーカルを邪魔しかねないギターのフレーズが好きなんです。そういうバンドってあまりいないなって。ギターで攻めたいって気持ちが強く表れた曲ですね。


Q.M-5「僕のなか」はこのアルバムの中では異質な曲ですね。

小野:この曲だけアルバムの中で唯一ミドルテンポの曲ですからね。でもこの曲があることでアルバムが凄く締まりましたね。これが無かったら勢いだらけのアルバムになりかねませんから(笑)。


Q.M-6「a picture book」はクラブミュージックと日本語の歌詞のバランスが面白い。

首藤:日本語でやって面白い曲を作ってみたかったんですよ。

小野:意外と1曲通して四つ打ちで最後まで押しきる曲が僕らにはなかったですからね。凄く新鮮な曲になったと思います。


Q.こういう曲が生まれるのってKEYTALKの世代ならではですよね。

小野:それはあると思いますね。ダンスミュージック世代ですからね(笑)。


Q.M-7「アワ―ワールド」はKEYTALKを形成する様々な音楽要素をシンプルかつ大胆にぶち込んだような曲ですね。

小野:スカもメロコアもあって、でもコード感は渋谷系で、最後は裏打ちで締めるっていう(笑)。でもごちゃ混ぜだけど、くどくない感じにしたかったんです。なので曲構成とメロディーと分数に拘ったんですよ。メロディーもAメロとBメロの2種類しかなくて、最後はスカだったAメロをギターロックの裏打ちに変化させるっていう。そこは意識しましたね。

首藤:面白い曲になりました。


Q.今回のアルバムは凄く今のKEYTALKが詰まった作品ですよね。

首藤:はい。これが今のKEYTALKだって自信を持って送り出せるアルバムになったと思います。

小野:現段階のKEYTALKを提示出来るアルバムになりましたね。でも勿論これだけじゃないですよ!まだまだ色々隠してますから(笑)。

 

KEYTALK:
小野武正(Gt.) 首藤義勝(Ba./Cho.) 寺中友将(Vo./Gt.) 八木優樹(Dr.)

【HPアドレス】
http://www.keytalkweb.com/
【KEYTALK 「SUGAR TITLE」特設web site】
http://www.koga-records.net/keytalk/

アルバムタイトル

KEYTALK
NEW ALBUM
SUGAR TITLE
KOCA-68  ¥1800(in tax)

NOW ON SALE

LIVE SCHEDULE

■11/19(土) 下北沢SHELTER - ワンマンライブ
■12/2(金) 高崎FLEEZ
■12/3(土) 仙台FLYING SON
■12/4(日) 盛岡CLUB CHANGE
■12/6(火) 京都MUSE
■12/7(水) 神戸太陽と虎
■12/8(木) 大阪2nd Line
■12/9(金) 名古屋UP SET
■12/10(土) 沼津LIVE HOUSE WAVE
■12/11(日) 新潟GOLDENPIGS RED
■12/15(木) 横浜FAD
■12/17(土) 熊谷BLUE FOREST
■12/22(木) 宇都宮HEVEAN'S ROCK
■12/23(金・祝) 広島NAMIKI JUNCTION
■12/24(土) 岡山PEPPER LAND
■12/26(月) 松山SALON KITTY
■1/12(木) 鹿児島SR HALL
■1/13(金) 大分TOPS
■1/14(土) 福岡SPIRAL FACTORY
■1/15(日) 熊本Django
■1/16(月) 小倉LIVE SPOT WOW!
■1/21(土) 新代田FEVER - TOUR FINAL!!!
■1/27(金) 札幌SPIRITUAL LOUNGE
■ 1/29(日) 旭川CASINO DRIVE

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993