PICK UP INTERVIEW
WEB限定インタビュー


前のページに戻る
Wienners

昨年7月に発表された1stアルバム「CULT POP JAPAN」が、その規格外の世界観と爆発的なポップでシーンに衝撃を与えたWienners。ジャンルもスタイルもオーバーグラウンドもアンダーグラウンドも関係なく巻き込んで旋風を巻き起こした彼らから1年3ヶ月振りに届いたミニアルバム「W」は、「音楽」や「人生」に向き合った彼らの本質をリアルなまでにさらけ出したような、Wiennersが更なる地点へ進むための過程として非常に重要かつ赤裸々な作品だ。自分と向き合い、歌うことと向き合い、人生と向き合い始めた玉屋に話を訊いた。

Q.今作は確実にバンドのターニングポイントになる作品ですよね。

玉屋:そうですね。確実に。「CULT POP JAPAN」をリリースしてツアーをしながら、次の作品は今までのスピード感の中に壮大さを入れたいなって漠然と考えたりはしてたんですよ。それで曲を作り始めたんですけど思うように出来なくて壁にぶちあたったんです。このままじゃ「CULT POP JAPAN」のスピード感の先にいけないなって。


Q.それで手法を変えてみたと。

玉屋:はい。「CULT POP JAPAN」は僕らのエンターテイメントな部分を出した作品だったんですけど、自分のパーソナルな部分は出してなかったんですよね。それで今回はエンターテイメントな部分とパーソナルな部分を本当はひとつにまとめたかったんです。でも試行錯誤した結果、まだ今の自分達には出来なかったんです。でも目先の成功より長い音楽人生をみたときに、まずは自分がどういう人間なのかを自分で理解する必要があったから、今の現状を絶対に作品として出すべきだと思ったんです。


Q.次に進むための過程を作品として残すべきだと。

玉屋:そうですね。今作はここから更にゴールに向かうためにスタートなんですよ。だから個人的には方向転換したつもりもなく、ゴールに向かうまでの道がもう一本出来たような感覚というか。だから曲も両極端だし、このアルバムはWiennersとWiennersのスプリットのようなイメージなんです。タイトルの「W」はそういうことなんです。


Q.パーソナルな部分を出すのとリンクするかもしれませんが、今作を聴いて、玉屋くんが自分の人生や自分の音楽に向き合い始めたんじゃないかなって感じました。

玉屋:いや、本当にそうなんですよ。今までは漠然と「ずっと音楽やってたいな」くらいだったんですけど、音楽でメシを食いたいって思うようになったんですよね。自分の音楽で自分の生活が成り立ったら素晴らしいなって。そこからもう一歩具体的に考えたときに、自分は将来どういう人間になりたいかって考えたのも大きいです。そういうときに一回今の自分を認めて、自分がどういう人間で、何が出来て、何が出来なくて、自分のどこに魅力があるのか、自分の良いところも悪いところもさらけ出してみたのがこのアルバムだと思っています。


Q.その中でも特にM-7「午前6時」はもう全部出してますよね。

玉屋:今までだったら絶対に歌えない曲ですよね(笑)。曲が出来なくて朝の6時くらいまで寝れなくて、そんな時に寝そべったままギター持って歌い出したら自然と歌えたのがこの曲なんです。ああいう気持ちや状況を言葉にしてメロディーにして人に伝える手段として出せたのは凄く自信に繋がりました。この曲が出来たことで「歌を歌う」ってことが少しわかったかもしれませんね。


Q.より歌を届けることを意識するようになったと。

玉屋:これまでは楽器の一部として歌を捉えてたし、それがWiennersの武器でした。でも楽器じゃなくて「歌」って考えたときに、例えばソウルフラワーユニオンや銀杏BOYZのような気持ちが伝わる歌って、やっぱりありのままをさらけ出しているじゃないですか。どれだけ良いこと歌ったとしても等身大で出てきた言葉じゃなければあそこまで伝わらないと思うんですよね。例えば「水飲みたいな」みたいな何でもない言葉でも、ふっと出た言葉って魂を持っていると思うんですよ。そういう自分の中から自然と出てきたことを自分の言葉、リズム、メロディーで歌うのが「歌」だなって。そこに気付いたんです。歌を歌うことって、こんなにも身を削らないといけないんだなって思いましたけど、でもこれを経ないと「CULT POP JAPAN」のスピード感の先には行けないだろうし。


Q.だから今回のアルバムが出来たことで、音楽性が変わったわけじゃなく、武器が増えたというかNGが無くなったのかもしれない。

玉屋:まさにそうなんですよ。だから、これからゆっくりな曲が増えるわけじゃなくて、単純に道具が増えたイメージですね。今回のアルバムを作ったことで、もっと速いスピードの曲が作れるかも知れないですしね。今後、「CULT POP JAPAN」のような曲をやるにしても、また違ったことをやるにしても、今回しっかり音楽と向き合ってなければきっと先には進めないんじゃないかなって思いますね。


Q.ここまで音楽に真正面から向き合ってみて、改めて音楽に対して思うことは?

玉屋:もう単純に音楽が好きですね。これからもずっと音楽が好きでいたいし、音楽を嫌いになりたくないです。好きだからこそ押しつぶされそうになったりもするけど、結果助けてくれるのも音楽なんですよね。より深く音楽と付き合っていきたいと思っています。


Q.だから今作のように鳴らしている人の顔が浮かぶような作品が出来たのかもしれませんね。

玉屋:それは本当に凄く考えましたね。ひとりの人間が鳴らしているものを届けたいっていうのは本当に考えました。「この人がやってるからこの音になる」っていう、そこを本当に伝えたいと思っています。


Q.このアルバムを聴いたら玉屋くんに会いたくなりますもんね。

玉屋:凄く嬉しいです。そう思ってもらえる音楽を作りたいなって思ってましたから。

 

Wienners:
玉屋:(vo/gt)
∴560∵:(bass)
MAX:(key/sampler)
マナブシティ:(Drums)

【HPアドレス】
http://wienners.net/

アルバムタイトル
アルバム
※ジャケットリバーシブル仕様

Wienners
1st Mini Album
W
PDCX-9009

NOW ON SALE

アルバムタイトル

Wienners
配信限定シングル
午前6時 ブランニューアーバンタイプ
iTUNES  レコ直

NOW ON SALE

Wienners W RELEASE TOUR

■11/12(土) 大阪 十三FANDANGO
■11/13(日)名古屋  池下UPSET
■11/18(金)東京  新代田FEVER
■12/3(土)宮城  仙台MACANA

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0811 名古屋市中村区太閤通9-20 ミヤウラビル302
Tel: 052-485-5993