PICK UP INTERVIEW
前のページに戻る
The ChronoHEAD

タワーレコード限定デビューアルバム「LATENT FIRE」が耳の早いロックファンから絶大な支持を受けたThe ChronoHEADが約1年振りに待望の全国デビューアルバム「SUPERNOVA」を完成させた。彼らは元note・真田修壱、石黒健晋、河合俊紀+ARU・平山裕一といったメンバーが集結したスーパーバンドだ。真田と平山の幼馴染のコンビがそれぞれの音楽活動を経て同じバンドでプレイすることで生まれた新時代の幕開けを予感させるキラーチューンで溢れた全11曲のフルアルバム「SUPERNOVA」。彼らの新たな物語が 今、始まる!

Q.前作「LATENT FIRE」の反響はどうでした?

真田:親父には声が聴きにくいって言われました(笑)。

平山:修ちゃん(真田)、本当運命感じちゃうけど、偶然僕の親父も声が聴きにくいって言ってた。(一同爆笑)

真田:なにそれ(笑)。音楽をやってる仲間からは凄く評判が良かったですね。

平山:試行錯誤しながら作ったアルバムだしね。

真田:そうそう。まだThe ChronoHEADが「バンド」として固まっていない中で作ったアルバムなんですよ。所謂化学反応の始まる瞬間が形として残ったようなアルバムなんですよね。


Q.あの頃にしか作れなかった作品だと。

真田:まさに。たぶん今あのアルバムを作ろうとしても作れないと思います。だから今回の「SUPERNOVA」は、また全然違った作品だと思いますね。あの頃にはどう頑張っても出せなかったものも今回は出せているし。


Q.The ChronoHEADはnoteのメンバーだった3人とARUの平山君から構成されていますけど、それぞれのバンドと差別化している部分はありますか?

真田:実はあまり意識はしていないんですよね。noteとThe ChronoHEADはメンバー的にはベースが違うだけなんですけど、でも裕一(平山)じゃなかったら絶対にThe ChronoHEAD じゃないんですよね。例えば裕一のフレーズを誰かが変わりに弾いたとしても、それはThe ChronoHEADじゃないし。漠然としているけど、それだけのことだと僕は思っています。

平山:僕は逆に、ずっとARUをやってきて、最初は自分の力がnoteの3人にどこまで通用するかっていう冒険みたいな感覚もあったんですよ。でもやっていくうちThe ChronoHEADとARUの違いが僕の中では明確になってきたんですよね。言うなれば、The ChronoHEADをやることでよりARUの立ち位置がはっきりしたかもしれません。

真田:発見は凄くありますよね。意識してnoteと差別化しているわけじゃないんですけど、発見は凄くある。スタジオがまるで実験室みたいなんですよ。僕達4人で音を出せば新しい何かが生まれそうなワクワクが常にあるんです。


Q.真田くんと平山くんは幼馴染だし、遊んでいるものがオモチャから音楽に変わっただけで、子供の頃と何も変わっていない感覚なのかもしれないですね。

真田:本当にそう。だからかくれんぼする感覚で音楽をやっているっていうか。

平山:間違いないです。チロルチョコを大人買いで50個買ったみたいな。(ドヤ顔)

真田:なんか今もドヤ顔してますけど、こういう時、裕一は昔からめちゃくちゃ粋な顔するんですよ。(一同爆笑)

平山:子供の頃に憧れてたものを今買える幸せってあるでしょ(笑)。

真田:それあまりバンドに関係ないしね(笑)。でもこうやってドヤ顔レベルでまだ僕達笑えるんですよね(笑)。

平山:だから本当に子供の遊びの延長なんですよね。今でもメンバーと一緒に何かやるのが楽しくて仕方ないですもん。メンバーが一番の遊び相手だから(笑)。

真田:勿論バンドには色んな形があると思うんですけど、僕達はこのスタイルが楽しいんですよね。メンバー誰かが「これどう?」って持ってきたものに対してみんなが「うわ、それヤバいじゃん!」って目をキラキラさせてますからね(笑)。


Q.昔から本当に仲が良かったんですね。

真田:それが、たまに不思議に思うことがあるんですけど、実はいつも一緒にいたかっていうとそうでもなかったんですよ。他にも友達はいっぱいいたし。でも小学生の頃を思い出すと大事なときには絶対に裕一が一緒にいるんですよね。だよね?

平山:そうだね。それぞれのテリトリーはあるんだけど大事なときは何故か一緒っていう。

真田:ドラゴンボールの映画を観にいくときは裕一と一緒みたいな。

平山:市民プールに行くときは修ちゃんと一緒みたいな。


Q.それが今でもこうやってバンドやってるんですもんね。

平山:僕は未だに忘れない出来事があるんですよ。大学時代に漫画喫茶でバイトしてるときに修ちゃんから「メジャーデビューが決まった」って電話がかかってきたんですよ。僕は漫画喫茶の机を雑巾で拭きながら悔しくて悔しくて。子供の頃からいつも修を意識してましたからね。でも、それで僕もこのままじゃ駄目だってARUを始動したんですよ。

真田:僕も裕一がARUを始めたのは知ってたんです。それである日、裕一の声がラジオから流れてきて。それがARUだったんですよね。


Q.ドラマチックすぎます(笑)。

真田:ですよね(笑)。

平山:こうやってThe ChronoHEADで一緒にバンドをやるようになって、やっぱり修ちゃんは凄いなって思いますよ。今は地元の豊橋で活動しているんですけど、豊橋での修ちゃんの存在感や、ネガティブをポジティブに変える空気感は凄いんですよ。だから一緒にバンドをやるようになって、俄然修ちゃんを超えたいって思うようになったし。常にライバルでいたいですよね。

真田:ありがとう。僕もそう思ってるよ。

平山:でもこのアルバムは完全に敗戦しました。(一同爆笑)

真田:どういうこと?(笑)。

平山:やっぱこいつ凄いって思っちゃった(笑)。全国のみなさん、豊橋に凄い男がいますよ。真田修壱は凄い男ですよ。

真田:やめろ(笑)。

平山:僕がべジータで、修ちゃんが悟空です。(一同爆笑)


Q.ではアルバムの話をしましょうか(笑)。

真田:そうですね(笑)。今回のアルバムは前作ではやれなかったことをやりたかったし、前作で見えたことを実現させたかったんですよね。制作は凄く楽しかったです。「あれやろう、これやろう」ってみんなどんどん楽しくなっていくレコーディングだったんですよ。でも楽しいだけじゃなくて、まずはThe ChronoHEADのスタッフやチームに「かっこいい!」って言わせたかったんです。僕達、対象が近いんですよ。親に自慢したい子供みたいな(笑)。

平山:そうそう、まずは親に自慢したい(笑)。

真田:勿論沢山の人に聴いて欲しいですけど、スタッフにまずは「かっこいい!」って思わせたい気持ちが強いんです。作ってる側の人間がかっこいいって思わないものはお客さんには聴かせたくないですし。

石黒:「LATENT FIRE」を聴いてくれた人にも今回のアルバムを聴いてかっこいいって思ってもらえると嬉しいですね。1枚目で気に行ってくれた人に2枚目でがっかりして欲しくないじゃないですか。でもそんなことないくらい自信作が出来ました。


Q.「LATENT FIRE」にも収録されているM-3「Shine on me」はバンドの核となる曲のように感じました。

真田:はい。あの曲がThe ChronoHEADって言ってもいいくらい。今回の作品を作るにあたって色々考えたんですよ。考えた結果、「Shine on me」を超える必要なんてないことに気付いたんです。だから全国発売盤の今作にももう一回入れたんです。この曲を超える曲を作ろうと思うと絶対に泥沼にはまるし、あの曲はあの曲で大事に持っておくべきだと思ったんですよね。あの曲を大事に思いながら活動するほうが大事なことなんじゃないかって。だって自分達の曲と曲を競わせたって仕方ないですもんね。

平山:そうそう。それに「Shine on me」に対して気負ってもないですしね。

真田:逆にこういう代表曲を持てたことを嬉しく思います。自分達の中から名曲が生まれたことにプレッシャーを感じているようじゃ、聴く人も迷うと思うんですよ。この曲が出来たThe ChronoHEADは本当にかっこいいって自信を持って言いたいですね。


Q.やりたいことが明確になった部分も大きいんじゃないですか?

真田:それは本当にそう思いますね。このアルバムはThe ChronoHEADの方向性が分かるアルバムになってると思いますよ。そこはマジで明白だよね?

平山:明白の、明白中の、明白です。

河合:僕はドラムを取り終えた時点で達成感もあったんですよ。でも更に次はもっといけるっていう確信を持てたんです。バンドとしても個人的にも方向性は定まりましたね。

石黒:ギターを持って始めた頃の僕に聴かせたいですね。あの頃の自分に聴かせてもかっこいいって言わせる自信は凄くあります。

真田:今回のアルバムは、「SUPERNOVA」っていう名前通り、大爆発が起こせるアルバムだと思うんですよ。

平山:うん、そうだね。

真田:あ、でも大爆発とか超新星とか言っても、クロノは今の時代だけに爆発して輝きたいっていうわけじゃなくて。時間や時期に捉われずに、新しい爆発を起こしたいんですよね。

平山:修ちゃん、それって超新星ってことじゃないの?

真田:…そういうことだよね。(一同爆笑)

平山:大爆発、したいよね?(笑)。

真田:したいね。(一同爆笑)


Q.とにかく大爆発させるアルバムが出来たと(笑)。

平山:一個だけ言ってもいいですか?

真田:ん?なになに?

平山:敢えて言いますよ。今回のアルバム、マジ最高だと思うんですよ。そこは間違いないっす。

真田:うん、そうだね。それでどうした?

平山:僕の作った曲をもっと入れたかったです。(一同爆笑)

真田:それはさ、じゃあ次やろうよ(笑)。

平山:あとライブ前とかの円陣が早いっす。僕、ついていけないっす。

真田:…。今、超すべってますけどそのまま書いておいてください。(一同爆笑)


Q.今日、話をきいて思ったんですが、The ChronoHEADってクラスの男子が騒いでる感じがありますよね。

平山:それを女子が見て「男子、うるさい〜」みたいなことですか?それ、興奮します。

真田:良いね、それね。

平山:全然意識してない振りはするけどね。(一同爆笑)

真田:でも本当に学生の頃に騒いでいたままだよね。

平山:僕達、女子にモテないですかね(笑)。

真田:今、俄然モテないからね(笑)。でもさ、どう天地がひっくりかえっても僕達は僕達でいたいよね。もう本当にそれだけ。敵も味方も、正義も悪もなくて、僕達は僕達でいたいだけなんですよね。ずっとこのままみんなで音楽で遊んでいたいです。

平山:修ちゃん、ついていくっす。(一同爆笑)

 

The Chrono HEAD:
平山裕一(Ba、Cho)真田修壱(Vo、Gt)河合俊紀(Dr)石黒健晋(Gt)

【HPアドレス】
http://chronohead.jp/

アルバムタイトル

The Chrono HEAD
NEW ALBUM
SUPERNOVA
【CD+DVD】¥1995  WTCC-1002

2012年1月11日 ON SALE

LIVE SCHEDULE

01.15(日)愛知・岡崎 CAM HALL
01.21(土)東京・渋谷 RUIDO K2
02.03(金)新潟・上越 EARTH
02.04(土)新潟・三条 ROCKET PINK
02.05(日) 山梨・甲府 CONVICTION
02.09(木) 大阪・福島 2nd LINE
02.10(金)兵庫・神戸 ART HOUSE
02.11(土)鳥取・米子 AZTiC laughs
02.12(日) 滋賀・大津 B-FLAT
02.17(金)群馬・高崎 club FLEEZ
02.18(土)静岡・浜松 MESCALIN DRIVE
02.19(日) 愛知・安城 夢希望RADIO CLUB
02.24(金)東京・大塚 Deepa
02.25(土)千葉・柏 DRUNKARD'S STADIUM
02.26(日)埼玉・熊谷 BLUE FOREST
03.02(金)石川・金沢 vanvan V4
03.03(土) 岐阜・岐阜 BRAVO
03.04(日)三重・四日市 CLUB CHAOS
03.10(土)静岡・浜松 FORCE
03.16(金)岡山・岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
03.17(土)香川・高松 DIME
03.18(日) 島根・松江 AZTiC canova

前のページに戻る
2YOU MAGAZINE編集部
〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室
Tel: 052-485-5993